サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

    ジョン・ウィック:パラベラム

    僕のワンダフル・ジャーニー

日本へのメッセージ

« グレイテスト・ゲーム | トップページ | ダニエルくん出演回 やっと来月放送が »

2009年7月25日 (土)

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

Photo

レオとケイト・ウィンスレットが共演した映画の原作本

文庫本はハヤカワ文庫ヴィレッジブックスから出ていますが、ハヤカワ文庫のを読みました。

気分のいい話ではないし、悲しい話だし、レオの出演作の原作でなければ読まない内容ですね。
まあ、映画もそうでしたけど。

やはり本だと登場人物達の詳しい背景がわかって、それぞれの感情や行動も理解できますね。

ウィーラー夫妻の隣人のシェプの生い立ちもわかり、妻のミリーやエイプリルに抱いている感情の理由もわかりました。

今となっては、なぜ知性もなく美人でもないミリーと結婚したのだろうかと悔やんでいて、ウィーラー夫妻は、彼の憧れであり妬みの対象でもある。

エイプリルは、親からも預けられた親族からも愛情を受けずに育ってしまった。
彼女は主婦には向かない性格なのだから、やはり結婚してはいけなかったのよね。

レオとケイトの演技は、原作の夫妻の雰囲気と合っていると思いました。
2人は役をよく把握していたということでしょう。

そしてやっぱりフランクがかわいそうに思えました。
彼はエイプリルを愛していたし、エイプリルに自分を愛してほしかっただけなのよ。

映画にはない、エイプリルが亡くなったあとのそれぞれの様子が、彼らの性格にぴったりで納得でしたね。
リアリティーが感じられました。

他人にウィーラー夫妻の悲劇を何ヶ月も話題にし、それを語るのを楽しんでいるミリー。
そんなミリーに苛立つシェプ。

そしてフランクは、精神的ダメージがあまりに大きく、生気が抜けてしまった。
ニューヨークに移り住み、子供を年の離れた兄夫婦に預けて、週末だけ会いに行っている。
シェプ曰く、仕事と精神分析医にかかってる話だけを延々とする、退屈な人間になりさがった。

不動産屋のヘレンは、息子を夫妻に会わせた翌日にエイプリルが死んだ事に、衝撃と罪悪感を感じました。
息子を社会復帰させるのはあきらめ、犬を飼い始めてからは、次第に息子への面会も減っていきました。

人生色々。夫婦も色々。

« グレイテスト・ゲーム | トップページ | ダニエルくん出演回 やっと来月放送が »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで:

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [LOVE Cinemas 調布]
つい先日のゴールデングローブ賞では主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来11年ぶりに共演。しかも監督のサム・メンデスはケイト・ウィンスレットの旦那様。アカデミー賞では3部門でノミネートするなど、とにかく話題には事欠かない作品。早速鑑賞してきました。... [続きを読む]

« グレイテスト・ゲーム | トップページ | ダニエルくん出演回 やっと来月放送が »