サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« 幸せはシャンソニア劇場から (試写会) | トップページ | セントアンナの奇跡 (試写会) »

2009年7月13日 (月)

ノウイング

地球消滅 その時あなたは?

Photo

公式サイト http://knowing.jp

MIT宇宙物理学の教授のジョン(ニコラス・ケイジ)は、妻を事故で亡くし、息子のケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)と暮らしている。息子が通う小学校で、50年前に埋められたタイムカプセルを掘り起こす式典が行なわれ、その中からケイレブが持ち帰ったのは、ルシンダという子がびっしりと数字の羅列を書いた、一枚の紙だった。
それに興味を持ったジョンは、過去に起きた事故の日時と犠牲者の数が書かれている事に気づく。

ルシンダは囁く声が聞こえると言って、数字を書き始めました。
ケイレブも紙を持ち帰ってから、囁く声が聞こえるようになります。

ルシンダの事を聞こうと、ジョンはルシンダの娘に近づきます。

まだこれから起きる事故の日時もあったので、ジョンは何とか未然に防ごうとしますが...

気になるのは、その声の正体ですよね。
ジョンの専門分野に関係があるのか、それともジョンの父親の職業に関係する方なのか、どっちかなあと思いながら見ていました。でも、どっちにしても大して面白いオチではないですよね。

声の正体がわかるまでは、まずまずだと思います。
地下鉄が迫ってくるところでは、思わず体をよけちゃいました。
製作費の大半は、大惨事の映像に使われたそうですからね。それらの映像はすごいです。

声の正体がわかると、一気にテンションが下がってしまいました。
親子愛で泣かせようというのでしょうが、「ディープ・インパクト」なんかも、どういう選択をするかって話だったし。
かわいそうだったのは、ルシンダですね。声が聞こえちゃうのも、良し悪し。知りたくない事まで知ってしまう。

それにしても、宣伝でかなりの部分まで言っちゃってていいのかしら。
地球消滅って文句も、かなりのネタバレだと思うんですけど。

残るのは声の正体と、ジョンの最後の選択だけですよ。

ケイレブ役の子は「ベンジャミン・バトン」で、8歳の時のブラピだそうです。
プロモーションで来日しましたね。

Photo

ルシンダの娘は、「トロイ」「ホワイト・ライズ」のローズ・バーン。

(鑑賞日7月10日)

« 幸せはシャンソニア劇場から (試写会) | トップページ | セントアンナの奇跡 (試写会) »

【映画】な行」カテゴリの記事

コメント

もしや・・・って思いながら観てて、声の正体がわかると「なんだかなぁ…」な気持ちに。途中までいい感じだったんですけどねぇ。coldsweats01

★KLYさん
>声の正体がわかると「なんだかなぁ…」な気持ちに

そうなんですよねえ。
またこのオチかって思いました。

こんにちは♪
声の正体にはそっちかーと苦笑しちゃいましたが、映像がきれいで迫力あったので甘めの評価しちゃってます。

先日、あるテレビ番組を見ていたら思いっきりクライマックスシーンが流れていてなんだかなーと思いましたねぇ。テレビCMも流しすぎですよねー。

★yukarinさん
見せ場の映像を出しすぎの宣伝ですよねえ。
宣伝や予告編を一切見ないで見たら、もっと楽しめたと思います。

おう、イチゴのかき氷が涼しそうで、素敵note

飛行機の墜落や地下鉄のシーンは迫力満点で、思わず、身をよけそうになったくらいです。
親子愛(父と子」をストーリーの軸にしているけど、
こういう作品って、たいがい父と子や母と子の愛なので、こちらでの感動は今ひとつ。
それに、キリスト教てきなものが根幹をなしていましたねっ。アダムとイブ。

でも映像が幻想的で、とても綺麗でした・・・shine

★紫の上さん
梅雨明けして暑いですわ。

映像はすごかったですねえ。
でも、キリスト教徒でないので、アダムとイブはあれで幸せなのかとちょっと疑問です。

災害のシーンだけは本当に良かったんですけどね。特にご指摘の地下鉄の脱線シーンは目を瞠る出来でした。
それだけに、あのラストが…。ローランド・エメリッヒの「2012」に期待しましょう。

★デポさん
「2012」はどういう結末なんでしょうかね。
ローランド・エメリッヒ監督のVFXはいつもすごいので、きっとその点は期待通りのできだ思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/30314587

この記事へのトラックバック一覧です: ノウイング:

» ノウイング [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ブログをはじめてから劇場鑑賞したニコラス・ケイジの映画、『ゴーストライダー』『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』『NEXT』は、どれも個人的には期待ハズレだったので、期待せずに鑑賞―【story】50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、その数列を解析し、激しく動揺する。その数列は、実際に起きてきた過去の惨事と、これから先の未来に起こる災難を予... [続きを読む]

» ノウイング [LOVE Cinemas 調布]
ニコラス・ケイジ主演最新作。監督は『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス。共演は『28週後...』のローズ・バーン。飛行機の墜落事故、謎の数列…あの予告編を観る限りディザスタームービーでありながら、なにやら深い秘密を秘めていそうな魅力を感じたのでした。まあ魅力を感じなくてもニコラス主演作品はそれだけで全部観ると決めているのですが。(笑)... [続きを読む]

» ノウイング [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:KNOWING公開:2009/07/10製作国:アメリカ上映時間:122分鑑賞日:2009/07/10監督:アレックス・プロヤス出演:ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソーン、ナディア・タウンゼンド地球消滅その時、人類....... [続きを読む]

» 『ノウイング』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『ノウイング』を観ました『アイ,ロボット』のアレックス・プロヤス監督が放つディザスター・ムービー超大作です>>『ノウイング』関連原題: KNOWINGジャンル: サスペンス/SF上映時間: 122分製作国: 2009年・アメリカ監督・製作:アレックス・プロヤス出演: ...... [続きを読む]

» 映画「ノウイング」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Knowing 確かにこの結末には驚いちゃうかもしれない、空から得体の知れないものが舞い降りてくるあたりからこの映画って何だっけと思わされずにはいられない~ なぜ1959年なのかは分からないけど、映画の始まりは創立記念日を迎えたとある小学校でのタイムカプセ... [続きを読む]

» 「ノウイング」予言されていた大惨事、ラストはやっぱりアレだ。 [soramove]
「ノウイング」★★★ ニコラス・ケイジ 、ローズ・バーン 、チャンドラー・カンタベリー 主演 アレックス・プロヤス 監督、2008年、122分 、アメリカ                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「50年振りに取り出されたタイムカプセル、 小学生の手紙のひとつは 数字だけの奇妙なものだったが、 それが世界の大惨事と符合することを 発見し... [続きを読む]

» ノウイング [Addict allcinema 映画レビュー]
地球消滅 その時、人類は何を残せるだろうか。 [続きを読む]

» ★「ノウイング」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
毎月14日は「TOHOシネマズ・デー」で1本1000円の日なので、 まとめて4本観てきました・・・「ららぽーと横浜」で。 その3本目。 こちらは最近流行の「デジタル上映版」で鑑賞。 [続きを読む]

» ノウイング [だらだら無気力ブログ]
50年前のタイムカプセルから出てきた一枚の紙に書かれた内容から、 重大な事実に気づいた大学教授がそれを回避しようと奔走する様を 描いたディザスタームービー。 監督は『アイ・ロボット』のアレックス・プロヤスで主演の大学教授を ニコラス・ケイジが努める。マサチュ..... [続きを読む]

» 【映画評】ノウイング [未完の映画評]
50年前に記された数字の予言通りに地球規模の大惨事が襲うディザスター・ムービー。 [続きを読む]

» 映画:ノウイング [よしなしごと]
 予告編を見るだけでドキドキしてしまう映画ノウイングを観てきました。 [続きを読む]

» 映画 ノウイング の感想 [エンタメ日々更新]
映画ノウイングの感想 ニコラス・ケイジはこういう役が似合いますね^^ たよりなさげで、暗さもあり、でもある程度壁を乗り越えると意志... [続きを読む]

» 映画「ノウイング」@ヤクルトホール [masalaの辛口映画館]
 試写会場は8〜9割くらいの客入りで、小学生位のお子さんも来場している。   映画の話 50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニ...... [続きを読む]

» ノウイング [映画通の部屋]
「ノウイング」KNOWING/製作:2009年、アメリカ 122分 監督:アレッ [続きを読む]

» ノウイング [映画とTVとゲームの感想]
ニコラスケイジ主演の映画ノウイング見てきました。 主演といっても、なんかさえないおじさんにしか見えないところがすごいです(笑) も... [続きを読む]

» ノウイング [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2009年7月10日 配給:東宝東和 監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコラス・ケイジ,ローズ・バーン,チャンドラー・カンタベリー 鑑賞日:2009年7月18日 MOVIX三郷 シアター4(座席数141) 【ストーリー】 マサチューセッツ工科大学の宇宙物理学者ジョンは、息子ケイレブが通う小学校の記念式典で50年前のタイムカプセルから取り出された1枚の紙に綴られた数字の羅列が、過去50年間の災害、事故、事件の発生と犠牲者数を的... [続きを読む]

» [映画『ノウイング』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆ちょいと個人的に色々あって、一週間ほど前に、この映画を見ようとした時、一緒に行った人とケンカして、見ないで帰ってきた(チケットは買っていた^^;)。  故に、この映画にはケチがついたので、見るつもりはなかったのだが、先日、『クヌート』を見たとき、あのローランド・ヱメリッヒ監督のマヤの地球滅亡予言を題材にした『2012』の予告編を見て、そのダイナミックな破壊描写に、地球滅亡繋がりで、この『ノウイング』を思い出し、ちょいと見ようと思い立った次第だ^^;  傑作『ブラインドネス』の前座に『ハプニング... [続きを読む]

» ノウイング (2009) KNOWING 122分 [極私的映画論+α]
 117もネタにされてたしなぁ [続きを読む]

» 「ノウイング」 狙いが見えない [はらやんの映画徒然草]
ニコラス・ケイジってなんだかこういうSF要素の入っているタイプの作品が好きですね [続きを読む]

» 【映画】ノウイング…禿げ(かか)るのも決まってた事なので不可避 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
{/kaeru_rain/} これが五月病なのでしょうか{/eq_2/} ちゃんと仕事はしてるけど、やる気が全然出ない気がするピロEKです{/face_acha/} 先日(2010年5月22日・土曜日)にブックオフ{/book/}に行った時のお話。 ブックオフの中古ゲームコーナー付近で小学校低学年ぐらいの男の子が、 “ギャバクラ”なるものについて熱弁{/face_ase2/} 「俺は絶対ギャバクラにはいかんバイ」 ってな感じで友達だか兄弟だかに向かって強い口調で{/face_ase2/}…ここ... [続きを読む]

» ノウイング (Knowing) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アレックス・プロヤス 主演 ニコラス・ケイジ 2009年 アメリカ映画 122分 SF 採点★★★★ 「ハイ、明日で世界が終わりです。さぁ、あなたならどうする?」なんて質問をたまに耳にしますが、どうするもこうするも。アワワアワワと一日中慌てふためいて終了です。 ..... [続きを読む]

» ノウイング―映画感想― [デコ親父はいつも減量中]
2009年アメリカ 監督:アレックス・プロヤス 出演:ニコラス・ケイジ、チャンドラー・カンタベリー、ローズ・バーン 評価:58点 ネタばれしていいでしょうか。 いいよね。いいと言って〜! 先日DMMどっとこむで、1800円払って郵送でDVDが送られてくるシステムに入会した...... [続きを読む]

» ノウイング [RISING STEEL]
ニコラス・ケイジ主演、不条理(?)パニック・サスペンス「ノウイング」を見ました。 ニコラス・ケイジといえば、”今や存在だけで客を笑わすことができる俳優”などと いう褒めてるのか貶してるのかわから...... [続きを読む]

» ノウイング [いやいやえん]
提示される謎、その解明に奔走、そして驚愕の事実。王道的なディザスター物ですが、顔を覗かせるミステリー要素がとてもよい。全体の迫力ある映像や勢いで乗り切ってしまう作品でした。宗教的な着地で落ち着くので、日本人にはあまり馴染みがないかもですが、宗教学などが好きな方には結構面白い作品かも。聖書観をSFで表した作品ともいえる。 ジョンは、MITで宇宙物理学を教えているのですが、そこでも多数の知的生命体の存在を示唆しています、それに肯定的な映画作品とも言えると思います。 ニコラス・ケイジ主演で、キ... [続きを読む]

« 幸せはシャンソニア劇場から (試写会) | トップページ | セントアンナの奇跡 (試写会) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ