サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

« ノーボーイズ,ノークライ (試写会) | トップページ | 食わず嫌い王にチョン・ウソン »

2009年8月 5日 (水)

クララ・シューマン 愛の協奏曲

   芸術家の大人の愛

Photo

公式サイト http://www.clara-movie.com

監督・脚本はブラームスの叔父の子孫のヘルマ・サンダース=ブラームス

クララ・シューマン: マルティナ・ゲデック
ロベルト・シューマン: バスカル・グレゴリー
ヨハネス・ブラームス: マリック・ジディ

シューマン夫妻とブラームスの出会いから、シューマンが亡くなるまでを描いています。

去年のドイツ映画祭で上映されましたが、その時すでに日本公開が決まっていたし、ゲストが来るわけでもないから、公開後のサービスデイに見に行けばいいと思いました。

早めに映画館へ行ったつもりでしたが、やはりサービスデイは侮れません。
大勢並んでいて、朝一の回がぎりぎりで買えました。coldsweats02

デュッセルドルフの音楽監督に就任しても、ロベルトは持病の精神障害のため指揮者としての仕事がままならず、生活は困窮。クララが演奏活動をしたり、ブラームスが援助したりしていたんですね。

シューマン家の料理人が言うように、稀有な才能を天から授かった人は、代償がつき物なのでしょうかね。優れた芸術家には、精神疾患の人って結構いますよね。

ロベルトもクララも、ブラームスの才能を高く評価していました。
ブラームスは自分の唯一の理解者というロベルトのセリフもあるので、精神的な絆もあったのですね。
ブラームスも、ロベルトとクララの才能を敬愛していたのでしょう。
3人がそれぞれ互いの才能を愛していました。

Photo

クララとヨハネスは肉体関係があったかどうかは、昔から色々言われているようですが、真実は当人達しか知りません。
どちらにしても精神的な強い絆があったのは確かで、ヨハネスの支えがあったから、クララは夫の死後40年も生きられたのかもしれませんね。

実際には8人の子供を産んだクララ。
育児と仕事の両立は大変だったと思います。

女性の地位がずっと低かった時代。
現代であれば、才能あふれるクララはピアニストとしてだけでなく、作曲家やオーケストラの指揮者としても活躍できたのではないでしょうか。

愛する夫を献身的に支えながら、家族の生活も支えたクララ。
たぶん強くて活発で愛情あふれる女性だったのね。

陽気で魅力的なブラームスを演じているマリック・ジディは、とてもハンサムですねえ。
ただし、ハゲそうな気配。1975年生まれ
Malik_zidi

ドイツ・フランス・ハンガリーの合作で劇中はドイツ語ですが、ロベルトとヨハネスはどうしてフランス人俳優を起用したのでしょうかね。

ブラームスが20歳の時、出会ったクララは34歳。
それに比べて俳優は、3人ともちょっと年齢が行き過ぎています。
マルティナ・ゲデックは美人だけど、「マーサの幸せレシピ」の時と比べると、やはりかなり老けましたよね。

使用曲も楽しめる映画です。
個人的には、シューマンよりブラームスの曲が好きです。
特にこの映画にも使用されたハンガリア舞曲第5番は大好きな曲です。

(鑑賞日8月4日)

« ノーボーイズ,ノークライ (試写会) | トップページ | 食わず嫌い王にチョン・ウソン »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー^^
単純にどろどろの三角関係じゃなくて、それぞれがそれぞれを愛する微妙なバランスの描き方が絶妙でしたね。監督がブラームスの末裔とのことですから、ちょっとブラームスを綺麗に描いている気もしなくはないんですが、ただ実際の歴史上の人物の子孫が先祖の映画を作ると言うこと自体、ヨーロッパの歴史の深遠さを感じます。happy01

★KLYさん
男女の恋愛中心ではなく、3人とも才能を持っていて、それぞれの才能を評価しそして愛している感じがよかったです。

>ブラームスを綺麗に描いている気もしなくはないんですが

クララとヨハネスに関しては、男女の関係があったかどうかははっきりとはわからないんですよね。そうであったかもしれないし、単なる世間の噂や邪推かもしれないので。

ブラームスとシューマン夫妻の出会いは、特別なものだったのですね。

監督は、芸術家の才能を受け継いでいるのでかもしれませんね。
画家のルノアールの息子さんも、映画監督ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/30650034

この記事へのトラックバック一覧です: クララ・シューマン 愛の協奏曲:

» クララ・シューマン 愛の協奏曲 [LOVE Cinemas 調布]
ドイツを代表する音楽家のロベルト・シューマンの妻であり、自身も著名なピアニストであったクララ・シューマンの人生を描いた作品。主演はアカデミー賞外国語映画賞を『おくりびと』と争った『バーダー・マインホフ 理想の果てに』でも主演を務めるマルティナ・ゲデック。監督はクララと親しい関係にあったと言われるヨハネス・ブラームスの子孫であるヘルマ・サンダース=ブラームス。もはや存在が歴史です…。... [続きを読む]

» 『クララ・シューマン愛の協奏曲』 (2008)/ドイツ・フランス・ハ... [NiceOne!!]
原題:GELIEBTECLARA/CLARA監督・脚本:ヘルマ・サンダース=ブラームス出演:マルティナ・ゲデック、パスカル・グレゴリー、マリック・ジディ鑑賞劇場 : CINECITTA公式サイトはこちら。<Story>満員の聴衆を集めたハンブルグのコンサートホールで、ピアノを演奏...... [続きを読む]

» クララ・シューマン 愛の協奏曲 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
クララ・シューマン 愛の協奏曲 [DVD]/マルティナ・ゲデック,パスカル・グレゴリー,マリック・ジディ ¥3,990 Amazon.co.jp 後世に残る名曲を生み出した作曲家、ロベルト・シューマンの妻、クララは、ピアニストとしてヨーロッパ各地で演奏会を開きながら、精神を... [続きを読む]

» 『クララ・シューマン/愛の協奏曲』(2008) [【徒然なるままに・・・】]
作曲家ロベルト・シューマンと、妻でピアニストのクララは、ヨーロッパ各地を演奏旅行で回り、多忙な日々を送っていた。そんな二人の前に、若き天才作曲家ヨハネス・ブラームスが現れた。 体調不良に悩まされ続けるロベルトにとり、ヨハネスは自分の音楽に対する唯一の理解者となり、やがて彼を「後継者」とまで公言するようになる。気難し屋の夫と沢山の子どもを抱えるクララも、ひたすら彼女を崇拝するヨハネスの存在に平安を見出して行く。 だが酒と薬の影響もあって次第に狂気に駆られていくロベルトは、クララとヨハネスの関係を疑... [続きを読む]

» 映画『クララ・シューマン 愛の協奏曲』★ため息のでるような関係として… [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/24381/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 作曲家 ロベルト・シューマン の妻で、ピアニストの クララ 。 若い作曲家 ヨハネス・ブラームス は、夫妻に近づきになり ロベルトはヨハネスを後継者だと言って絶賛し、クララも一目置いてくれます。 ..... [続きを読む]

« ノーボーイズ,ノークライ (試写会) | トップページ | 食わず嫌い王にチョン・ウソン »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ