サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 来月ドイツ映画祭2009 | トップページ | クリスチャン・スレーター 自らを語る »

2009年9月20日 (日)

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

それぞれの事情と心情

Photo

公式サイト http://seiginoyukue.jp

監督・脚本は「ワイルド・バレット」のウェイン・クラマー

アメリカの移民と不法滞在者の現状を描いた群像劇

目当てはジム・スタージェスですsmile
Jimsturgess

主な登場人物

マックス(ハリソンフォード): ロサンジェルスの移民税関捜査局の捜査官。不法滞在者の取り締まりが任務だが、正義感が強くて良心的なために、彼らの立場に同情的。

ハミード(クリフ・カーティス): マックスの相棒でイラン出身。もうすぐ父親の帰化が認められる。アメリカで生まれ育った妹のザーラは自由奔放で、身内の恥となっている。

Photo_2

ミレヤ: 不法就労者のメキシコ人。幼い息子をアメリカに残したまま強制送還されるが、息子が心配で、再び不法に国境を越えようとする。

ギャビン(ジム・スタージェス): 南アフリカ出身のユダヤ人で、プロのミュージシャン志望。身分をユダヤ教のラビだとして、グリーンカードを手に入れようとする。

Jim_sturgess_crossing_over

クレア: オーストラリア出身で女優志望。(結構ヌードシーンがありました)

コール(レイ・リオッタ): 移民判定官。グリーンカードを餌に、クレアに関係を迫る。

デニス(アシュレイ・ジャド): 移民弁護士。コールの妻。

Photo_4

タズリマ: バングラディシュ出身で、3歳からアメリカで育った、敬虔なイスラム教徒の少女。弟と妹はアメリカ生まれ。危険分子とみなされて、FBIに拘束されてしまう。

ヨン: 韓国出身の高校生。不良グループに誘われて、強盗事件を起こしてしまう。父親はもうすぐ帰化が認められる。

これらの人が絡みあって、ストーリーが進んでいきます。

「扉をたたく人」と同様の事を感じました。
不法滞在者などに対する取り締まりは、わりに寛容だったのが、9.11以降強化されたせいですね。
日本は移民は認められないけど、不法滞在者、不法就労者は多くなってきているので、他人事ではなくなってきていますよね。

また、「その名にちなんで」にあったように、移民の親と、アメリカで生まれて育った子供との、価値観の違いも描かれています。

アメリカが抱える、とても難しい問題ですね。
かわいそうと思うケースも多いですが、違法なのを承知でアメリカに来たのだからという思いもあります。
でも、10年とか20年とか経ってから、違法だから強制送還というのもどうかと思います。
もっと前に取り締まって送還していれば、こんな事にはならなかったとも。

一番かわいそうに思ったのは、危険人物と判定されたタズリマ。
危険思想なのか、違うのかの判断も難しいですね。
人が人を裁くのは、本当に難しい。

目当てだったジム・スタージェスは、歌声も披露していて満足でしたnote

内容のせいか、映画館は男性が多かったですね。

ぴあの出口調査の人達がいたので、協力しましたよ。
公開日に有楽町とか渋谷などに見に行くことはほとんどないので(今回は貯まったポイントを使用)、ぴあの出口調査にあったのは2度目でした。

(鑑賞日9月19日)

« 来月ドイツ映画祭2009 | トップページ | クリスチャン・スレーター 自らを語る »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

さすが人種のるつぼと言われるLOSが舞台で、
色々な国の人々が出演した群像劇で、今のアメリカを理解する上で、見る価値のある作品でした。
余談ですが、ハリソン・フォードが年取った感じは否めなかったけど、やはり存在感ありでしたねっ。

アメリカへの不法滞在者の目的によっても、送還されるときの違いが出ていましたねぇ~。
あのタズリマやクレヤには、とてもやりきれなさが感じられました。

でも、日本の場合を見ると、ズーと甘さを感じますね?帰化の時も、不法滞在者に対す時も。
難しい問題ではあるけど・・・。

★紫の上さん
ん~、本当に難しい問題ですよね。

>ハリソン・フォードが年取った感じは否めなかったけど、やはり存在感ありでしたねっ。

そうですね。キャリアからくる貫禄でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/31437204

この記事へのトラックバック一覧です: 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官:

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [だらだら無気力ブログ]
現代アメリカの抱える移民問題をハリソン・フォード主演で、不法移民達が 置かれた過酷な状況と様々な問題を描いた社会派ドラマ。ロサンゼルスのI.C.E(移民税関捜査局)捜査官のマックスは不法就労者の 摘発が仕事だが、彼らの立場に同情的な態度を取っていた。 そんなある..... [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★[4/5] 水を得た魚くん?酒屋ショップのクリフ・カーティス。 [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [LOVE Cinemas 調布]
ハリソン・フォード最新作。監督は『ワイルド・バレット』のウェイン・クラマー。監督自身も南アフリカ出身でグリーンカードを取得した移民なのだそう。共演にレイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスといった演技派が揃う。9.11を境に様変わりした、アメリカの不法移民問題全般を見つめたたヒューマン群像劇です。... [続きを読む]

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる [はらやんの映画徒然草]
映画というのは純粋にエンターテイメントであるという側面もありますが、社会について [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 不自由な国やんな亜米利加 [労組書記長社労士のブログ]
【 48 -11-】 台風14号で太平洋側は炸裂している{/m_0228/} もともと友人達とは日月で海に行きましょうという約束していたので、今日はもともと海行く予定にしていなかった。 しかしせっかく波があるし、よーし内海の台風ポイントに日帰りで行こうと思ってみんなに「行きましょう!」と次々にメールするが、次々に「無理っ!」という悲しい返事が・・・{/m_0252/} そんなやりとりをしているうちにいつの間にやら飲み過ぎたようで、朝寝坊・・・もういいや、明日明後日の海でもういいや。 昔は台風が来れば... [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [勝手に映画評]
ハリソン・フォードが初めて出演した、メジャーではないスタジオの作品。メジャーではないので配給が弱く、日本でもロードショー系の映画館ではあまり上映されないようです。 『バベル』で見られたような、異なる人たちが、同じ時間軸を異なる場所で過ごしていく描き方をしています。そして、その人々の運命は物語の結末に向けて、交差していったり、すれ違って行ったりします。原題の『CROSSING OVER』と言うのも納得です。 ハリソンが今回演じるのは、アメリカ移民税関執行局の捜査官。アメリカでは、様々な連邦政府の法... [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(試写会) CROSSINGOVER [まてぃの徒然映画+雑記]
移民大国アメリカの問題点を照らし出す社会派サスペンス!移民局の捜査官マックス・ブローガン(ハリソン・フォード)は、日々不法移民の摘発をしている。その日も摘発に踏み込んだ工場で、拘束したミレヤから息子のことを託される。マックスはミレヤの息子をメキシコの実...... [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [映画通の部屋]
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 CROSSING OVER/製作:20 [続きを読む]

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」正しいことが全てを幸... [soramove]
「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」★★★☆オススメ ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、 アシュレイ・ジャッド主演 ウェイン・クラマー監督、114分、2009年、2009-09-19公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ハリソン・フォードの映画をゴールド劇場で見るとは思わなかった。 「自由の国に幸せを求めてやってきた移民と それを取り締まる移民・... [続きを読む]

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(CROSSING OVER)」映画感想 [Wilderlandwandar]
久々のハリソン・フォード主演映画、「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(CROSSING OVER)」を見てきました、 [続きを読む]

» ★「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みも「1ヶ月フリーパス」を使ってバリバリ観てやろうと思ってたけど、 新規公開作品がぱっとしないので、ちょっとスローダウン・・で2本。 [続きを読む]

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [映画通信みるみる]
↑こんな感じの作品。 アメリカで1,100万人以上の不法滞在者がいるとされる現実を背景に、現代アメリカの抱える移民問題をリアルに描いた社... [続きを読む]

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(CROSSING OVER) [シネマ・ワンダーランド]
9・11同時テロ多発事件以降、深刻化する米国の不法移民問題をハリソン・フォード主演で描く社会派サスペンス「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(2009年、米、113分)。この映画は、様々な人種の移民を取り上げた群像劇で、不法移民らの過酷な現状と問題点を浮き彫りにする。監督は南アフリカ出身で、自身もグリーンカード(永住許可証)を取得した移民でもあるウェイン・クラマー。... [続きを読む]

» 【映画】正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官…の記事&景気向上に貢献し続ける我が家。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日{/kaeru_fine/}二度目の投稿(前のは寝る前の夜中ですが{/face_nika/}) ひとつ前の「サロゲート」の記事で、古いHDDレコーダーの故障{/face_hekomu/}に伴って、ブルーレイ&HDDレコーダーと、プラズマTV(42インチ)を買った事は書きましたが、最近の我が家の散在はそれに止まりません{/face_ase2/}{/ase/} 実はひと月ほど前に台所の蛇口{/namida/}が壊れました{/face_hekomu/} 私も嫁さんも忙しくて{/ase/}、元栓を... [続きを読む]

« 来月ドイツ映画祭2009 | トップページ | クリスチャン・スレーター 自らを語る »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ