サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

    ジョン・ウィック:パラベラム

    僕のワンダフル・ジャーニー

日本へのメッセージ

« あの日、欲望の大地で (試写会) | トップページ | アダムとウィル »

2009年9月13日 (日)

兵士の物語 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版

アダム・クーパー
ウィル・ケンプ共演


Photo

公演公式サイト http://www.heishi.jp
   公式ブログ http://ameblo.jp/heishimono  

演出・振付 ウィル・タケット

出演
兵士:            アダム・クーパー
ストーリーテラー,王様: ウィル・ケンプ
悪魔:            マシュー・ハート
婚約者,王女:       ゼナイダ・ヤノウスキー

2004年と2005年、英国でしか公演されなかったのが、なんとオリジナルキャストで日本で!
ルックスがよくて実力もある、バレエダンサーのアダムとウィルの共演でしょ。

Photo_2

これは見に行くしかない!
で、昨日行ってきました。

新国立劇場は初めて行きましたが、きれいですね。
ロビーも広くて、ゆったりしていました。
椅子やテーブルもあったし。

ロビーにあるテレビに、舞台のセットが映し出されていたので、それを撮ってきました。

2


舞台の前方中央部分に、オーケストラピットがあるので、踊りに使える部分は少ないですね。
派手に端から端まで飛んで回ってなんて踊りは出来ません。

驚いたのは、舞台上にも客席があった事。
舞台のセットの一部のようになっていて、左右4人ずつくらいかな。
あれってVIP席?

出演しているの優秀なバレエダンサー達ですが、今作の特徴は、踊りだけでなくセリフもあって、バレエと演劇が組み合わされている事。

特にストーリーテラーのウィルは、すごくセリフが多い。

最初にウィルが登場し、彼のコミカルな口上から始まります。
メモを見ながらではありましたが、日本語のセリフもちょっとだけありましたよ。

下手の前方に出てきたときに小さく手を振ったら、私の方を見てニコッとしてくれましたわん。 (←単なる思い込み?)

出演者4人とも優秀なダンサーであるだけでなく、役者としてもいいのがすごい!

音が鳴らないバイオリンを投げ捨てる時のアダムは、拍手したくなるくらいうまかった。

悪魔は老人や老婆にも化けるので、もしかしたら、一番演技力が要求される役かも。マシュー・ハートは初めて見ましたが、彼もとてもうまかったです。
特にラストは、凄みがあって恐怖を感じさせますね。怪演て感じ。
だからこそ、兵士の末路が悲しくて恐ろしい。

アダムは結構長身なんですが、それほど身長差を感じなかったので、ゼナイダ・ヤノウスキーも長身の女性なんでしょうね。
婚約者は素朴で普通な踊り。王女はちょっとコミカルなキャラで、これも面白おかしくうまく演じていたので、客席から笑い声もあがりました。

後半のアダム、ウィル、マシューの3人が一緒に踊るシーンは、ちょっとでも呼吸やタイミングがずれたら、大怪我するんじゃないかと思う振り付けでした。
踊りでは、このシーンが一番かな。

アダム、ウィル、ゼナイダの3人で踊るシーンも、見せ場の一つだと思いました。

あとね、出演者達が、指揮者にキューを出す時が何回かあったんですよ。
踊りのポーズが、指揮者に顔を向けて、はい、ここで音楽始めてって合図になっているんです。
これが面白いと思いました。

上演前のアナウンスで、休憩なしで1時間15分との事でしたが、もうちょっと長かったでしょうか。

面白い舞台でした。

« あの日、欲望の大地で (試写会) | トップページ | アダムとウィル »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵士の物語 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版:

« あの日、欲望の大地で (試写会) | トップページ | アダムとウィル »