サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 笑っていいとも 増刊号のヒュー映像 | トップページ | 兵士の物語 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 »

2009年9月10日 (木)

あの日、欲望の大地で (試写会)

愛ゆえに 女ゆえに

Photo

公式サイト http://yokubou-daichi.jp
9月26日公開

監督・脚本: ギジェルモ・アリアガ
「アモーレス・ペロス」「21グラム」「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」「バベル」の脚本を手がけ、今作が長編監督デビュー作。

音楽: ハンス・ジマー

主演のシャーリーズ・セロンが、プロデューサーも兼ねています。

高級レストランでマネージャーとして、てきぱきと仕事をこなすシルヴィア(シャーリーズ・セロン)だが、私生活では行きずりの男と安易に肉体関係を持ち、自傷行為に走る。そんな彼女の前に、カルロスという男が現れる。
秘密を抱え、心に傷を負っている彼女は、過去と向き合う事になる。

シャーリーズ・セロンとキム・ベイシンガーの出演は知っていましたが、試写会場の入り口でもらったアンケート用紙から、監督が「21グラム」などの人だと知りました。

この人の作品て、やたら時間軸があちこち移動するんですよね。今回も同じで、時間をシャッフルしすぎ。こんなに混ぜなくてもいいと思うんですけど。

自分の頭の中で、時間軸通りにストーリーを並べ直さないといけないんですよね。

キム・ベイシンガーとシャーリーズ・セロンが母娘だと、予告編などで知っていたのでまだよかったですけど、何も知らないで見たら、始めのうちはかなり混乱すると思います。
登場人物も最初は誰なのか説明もないのでわからず、徐々に明かされていくのです。

話は大きく分けて4つ。

① 4人の子供がいる人妻ジーナ(キム・ベイシンガー)と、妻子持ちの男性ニック(ヨアキム・デ・アルメイダ)が、砂漠にあるトレーラーハウスで密会を重ねる。

1

② ジーナとニックが情事の最中に、火事でトレイラーハウス内で死んだあと、ジーナの娘マリアーナ(ジェニファー・ローレンス)と、ニックの息子サンティアゴ(J・D・パルド)が互いの家族に内緒で付き合い始める。

2

③ 12歳の娘マリアとメキシコで暮らしているサンティアゴ。

④ レストランで働いているシルヴィアの様子。

最後に話がつながって、ジーナが密会を続けた理由や、マリアーナがなぜ生まれたばかりの娘とサンティアゴを置いて、出て行ってしまったのかがわかります。
ニックが不倫していた理由はわかりませんが、ジーナが不倫するようになった理由は、女性にはわかるし同情もできます。

4人兄弟の一番上のマリアーナは、母の様子に不信感を持ち、娘としては当然とも思える行動に出ます。
娘に気づかれたと感じたジーナは、ニックとの密会をやめようとしますが...

夫にも娘にも言えない、ジーナの女としての辛さと苦しみ、そして心の葛藤。
父親にも幼い弟や妹にも言えない、マリアーナの気持ちと秘密。

何も告げられずマリアーナに出て行かれたサンティアゴも、きっと悩み苦しんだと思いますね。それと、マリアーナとサンティアゴの交際を知った親達も辛いし、悲しんだでしょう。
登場人物たちが悪人でないので、やりきれないですね。

愛ゆえに苦しみ傷ついた人達。

マリアーナの秘密は、早くに推測できたので驚きませんでしたが、ジーナが不倫を続けた理由はそうだったのかあと溜息。

時間の激しいシャッフルにはちょっと閉口しますが、この監督なら多分ラストは希望があるものだろうと、その点は安心して見られました。
ラストはうるっときました。

それと、密会のトレーラーがある場所や崖の上に立つシャーリーズなど、風景が心情を表すかのように、とても合っています。

シャーリーズ・セロンが大胆なヌードを披露していますが、50代半ばのキム・ベイジンガーも、ベッドシーンでヌードを披露しているのが驚きです。w(゚o゚)w

ジェニファー・ローレンスは今作で、ヴェネチア映画祭の新人賞を受賞しています。
ネタバレになるので話せませんが、あるシーンの演技がとても良かったと思いました。

レストランの料理人で、妻帯者でありながらシルヴィアと関係を持ち、彼女にご執心のジョンは、見覚えがあったけど、どこで見たのか思い出せませんでした。「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」のお婿さんだった俳優なのね。髪型が全く違ったので、印象が違うのよ。

3


今作のイケメン!
出演シーンは少ないものの、いい男だわと思ったのが、大人になったサンティアゴ役の、ダニー・ピノ。
テレビシーズ「コールドケース」に出演しているようですね。

Danny_pino_2

(鑑賞日9月9日)

« 笑っていいとも 増刊号のヒュー映像 | トップページ | 兵士の物語 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

なるほど風子さんは4つに分けましたか。私はマリアとの関わりも含めて現在のシルヴィアというくくりで大きく3つに大別して観ていました。いずれにしてもそれぞれが係わり合いを持ちつつ、パラレルに進行する展開は、最初ちょっと戸惑いますがなれるとむしろ解りやすいぐらいでした。
ちょっと丁寧に描きすぎて全ての事柄をセリフで説明してしまった嫌いはあるかなぁと。そこまで言わなくても解るよって感じ?(笑)
女優陣が素晴らしい演技でしたよね^^

★KLYさん
確かに戸惑うのは、登場人物が誰なのか、全員の関係がわかるまででしたね。

>女優陣が素晴らしい演技でしたよね^^

アカデミー賞女優ふたりはさすがでした。
新人のジェニファー・ローレンスも、今後が楽しみですね。

9月に公開されてたんですね。
田舎にまで来るのは、三か月もかかってます。
母の不倫の方がわかりましたか?
あたしは、ちょっとわかんなかった。
母の役割もほって、不倫に走っていくのが??それが本能で欲望かな・・とも思いましたが、ニックの不倫は納得いきました。
あの妻じゃなあ、って。

★sakuraiさん
そちらでも公開されたんですね。

>ニックの不倫は納得いきました。

あらま、そうですか。(^-^;

母親の役割もほおってというのは、どうかと思いますが、ジーナのような手術をした人は、女としてかなり辛く悲しい思いをするし、それを誰にも話せないんですよ。

TBありがとうございます。
ジーナの姿を見てマリアーナがどう思ったのか、それは彼女の行動に集約されていましたね。
マリアーナがサンティアゴに惹かれ、彼も彼女に惹かれる。磁石のSM極のように引き寄せられる姿は、あとで考えると納得しました。
マリアーナがなぜ姿を消したのかも理解できます。
希望のあるラストがよかったですね。

★ミス・マープルさん
それぞれの苦悩と葛藤が切なかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/31125694

この記事へのトラックバック一覧です: あの日、欲望の大地で (試写会):

» 『あの日、欲望の大地で』 [・*・ etoile ・*・]
'09.09.09 『あの日、欲望の大地で』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。また重めの作品(笑) 『バベル』『21グラム』の脚本家ギジェルモ・アリアガの初長編監督作品ってことで、ズッシリ重量級間違いなしながら、きっといいに違いないと応募。当選した。 *やや、ネタバレしてます! そして、熱く語ってます 「ポートランドの人気レストランでマネージャーとして働くシルビア。仕事は順調ながら満たされず、自傷行為を繰り返している。同僚との不倫も、行きずりの男たちと関係を重ねてしま... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [ともやの映画大好きっ!]
(原題:THE BURNING PLAIN) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 「21グラム」「バベル」の脚本を手掛けたギジェルモ・アリアガの初監督作品。 時代と場所を越えて、さまざまな女性たちが織りなす愛と葛藤の物語。 アメリカ北東部、メイン州の海辺の街ポートランド。高級レストランの女マネージャーを務めるシルヴィア(シャーリーズ・セロン)は、てきぱきと仕事をこなしスタッフからの信頼も厚い。しかし、職場を一歩離れると、行きずりの男と安易に情事を繰り返していた。ある日、そんな彼女の... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [LOVE Cinemas 調布]
ギジェルモ・アリアガは本作が監督デビュー作。元々は『21グラム』、『バベル』で知られる脚本家で、もちろん本作も脚本を務める。主演は『ハンコック』のシャーリーズ・セロンと『L.A.コンフィデンシャル』のキム・ベイシンガーというオスカー女優2人。共演のジェニファー・ローレンスは若干19歳ながらヴェネチア国際映画祭新人賞に輝いている。時代を超越した親子3世代の絆を描いたヒューマンドラマです。... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [だらだら無気力ブログ]
『21グラム』、『パベル』の脚本家であるギジェルモ・アリアガが2人の オスカー女優を主演として撮った監督デビュー作。 3世代にわたる女性の愛の物語。アメリカ・ポートランドのある高級レストランで働く女マネージャーの シルヴィアは、心の傷を抱えており、その反動か..... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [心のままに映画の風景]
ポートランドの海辺にたたずむ高級レストランのマネージャー、シルヴィア(シャーリーズ・セロン)は、心に傷を抱え自らを罰するように行き... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
あの日、欲望の大地で’08:米 ◆原題:THE BURNING PLAIN◆監督:ギジェルモ・アリアガ「バベル(原案)」「21グラム(脚本)」◆出演:シャーリーズ・セロン、キム・ベイシンガー、ジェニファー・ローレンス、ブレット・カレン、テッサ・イア ◆STORY◆断崖にあるレスト...... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [映画鑑賞★日記・・・]
【THE BURNING PLAIN】 2009/09/26公開 アメリカPG12 106分監督:ギジェルモ・アリアガ出演:シャーリーズ・セロン、キム・ベイシンガー、ジェニファー・ローレンス、ホセ・マリア・ヤスピク、ヨアキム・デ・アルメイダ、ジョン・コーベット、ダニー・ピノ、J・D・パル....... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [☆ひっくり返ったおもちゃ箱☆]
「21グラム」「バベル」の脚本家ギジェルモ・アリアガが、2人のオスカー女優、シャーリーズ・セロンとキム・ベイシンガーを主演に迎えて撮り上げた記念すべき監督デビュー作。時代と場所を越えて3世代にわたる女性たちが織りなす愛と葛藤と再生の物語を、時制を錯綜させた巧みな語り口で描き出していく。共演は、本作の演技でヴェネチア国際映画祭新人賞に輝いた期待の若手女優、ジェニファー・ローレンス。  アメリカ北東部、メイン州の海辺の街ポートランド。高級レストランの女マネージャー、シルヴィアは、心に傷を抱え、自..... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [いやいやえん]
時系列のない同時進行のような形で進んで行く物語は、最初違和感を覚えますが、後半になってわかってくると、なるほどと頷かずにはいられないミステリーの様相を呈している。 シャーリーズ・セロンさん主演です。重く沈んでいくような話で、ラストでようやく浮上する。 美貌のレストラン経営者のわざと自分をおとしめるような行為の裏には、取り返しのつかない過去があった、というもの。それをずっと引きずって、身を傷つけながらも後悔しても拭えない、過去。 彼女の少女時代を演じたジェニファー・ローレンスさんがまた素... [続きを読む]

» 『あの日、欲望の大地で』 [cinema-days 映画な日々]
あの日、欲望の大地で 重い過去を背負うレストランマネージャーの前に、 ある日、少女を連れた見知らぬメキシコ人が現れる... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Burning Plain... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [miaのmovie★DIARY]
【THE BURNING PLAIN】 制作国: アメリカ 制作年:2008年 行きずりの情事を繰り返し、孤独を守る美しきレストランマネージャー、 シルヴィア。ある日、彼女のもとに見知らぬメキシコ人が現れた。 彼の傍らに立つ少女マリアの姿に動揺し、思わず逃げ出すシル ヴィアの脳裏に、若き日の過ちがよみがえる。ニューメキシコの 荒野で真っ赤に燃え上がるトレーラーハウスの幻影。心...... [続きを読む]

» あの日、欲望の大地で [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:洋画 「あの日、欲望の大地で」 原題:The Burning Plain 監督:ギジェルモ・アリアカ 2008年 アメリカ映画 106分 PG12 キャスト:シャリーズ・セロン      キム・ベイシンガー      ジェニファー・ローレンス      ホセ・マリア・ヤスピク      ヨアキム・デ・アルメイダ シルヴィアはレストランのマネージャーをしつつ、 行きずりの男たちと関係を重ねている。ある日カルロス という男が彼女の前に現れ「マリア... [続きを読む]

« 笑っていいとも 増刊号のヒュー映像 | トップページ | 兵士の物語 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ