サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト

日本へのメッセージ

« 兵士の物語 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 | トップページ | 日本人の知らない日本語 »

2009年9月14日 (月)

アダムとウィル

熊川哲也の踊りを1度見てみたいと思って、Kバレエ・カンパニーの公演に行ったら、その時の客演がアダム・クーパーだった。
その時初めて、彼を生で見た。

チケットを予約して買った時は、彼が出演する事は知らなかったんです。
たまたま「リトル・ダンサー」の試写会に行った数日後が、公演の日でした。

「リトル・ダンサー」のラストで、成長してバレエダンサーとなった主人公ビリーの役が、マシュー・ボーン振付の「白鳥の湖」を踊るアダム・クーパー。

なんてタイムリー。

客演で踊った演目には牧神の午後もあって、彼の素晴らしい上半身も鑑賞できたし。

↓白鳥の湖の抜粋映像



ウィル・ケンプを初めて見たのは、某シネコンのオープニングイベント。
「ヴァン・ヘルシング」のプロモーションも兼ねていました。

次に見たのは、2005年のバレエ公演、愛と幻想のシルフィード。
この時初めて、ダンサーとしての公演で来日。

アダム・クーパーが「白鳥の湖」の日本公演で来た時は、当日にならないとキャストがわからないからと、チケットを取らなかったんですよね。
その時後悔したので、愛のシルフィードの時は、ウィルが出演する可能性が高そうな日時を選んでチケットを取って、めでたく的中。

ダンスだけでなく芝居の好きなウィルは、「マインドハンター」とか、映画にもちょこちょこ出演している。

アダム・クーパーも、最近は演出家、振付家、俳優としても活動している。
2人とも多才ねえ。

ウィルの超カッコいいGAPのCM映像はこちら

アダム・クーパーの公式サイト http://www.adam-cooper.com
ウィル・ケンプの公式サイト http://www.willkemp.co.uk  

« 兵士の物語 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 | トップページ | 日本人の知らない日本語 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/31358743

この記事へのトラックバック一覧です: アダムとウィル:

« 兵士の物語 英国ロイヤル・オペラ・ハウス版 | トップページ | 日本人の知らない日本語 »