サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« アレックスくん | トップページ | カールじいさんの空飛ぶ家 (試写会) »

2009年11月26日 (木)

キャピタリズム~マネーは踊る~ (試写会)

   金返せ!

勉強になりました

Photo

公式サイト http://capitalism.jp
12月5日TOHOシネマズシャンテ、TOHOシネマズ梅田にて限定公開
2010年1月9日全国拡大ロードショー

監督: マイケル・ムーア

銃、医療問題など、アメリカの社会問題を取り上げてきたマイケル・ムーアが、今度は資本主義経済に迫る。

今回も、ムーア監督の突撃取材満載です。

ムーアが子供の頃、彼のお父さんは工員で、中流家庭だった。お母さんが専業主婦でも、一家は生活できていたし、彼は大学にも行けた。
しかし今の工員は、そんな生活は出来ない。

2008年9月15日、リーマン・ブラザーズ倒産
世界的不況になった。

話は耳にしていますが、映像で見せられると、アメリカの現状を実感しました。

詐欺まがいの銀行ローンが払えず、長年住んでいる家を差し押さえられ、その家から追い出される人達。ゴーストタウンと化す町。

しかし、そういう住宅を買い叩き、転売して大儲けする不動産ブローカー。

今年、ハドソン川の奇跡として、英雄となったパイロット。
でも、アメリカの旅客機のパイロット達の年俸が、1万ドル代とか2万ドル代で、生活保護を受けているなんて、信じられない事実!
ファーストフード店で働いた方がお金になるなんて、いったいどうなってるの?

アメリカは、国民のほんの数パーセントしかいない富裕層が、経済を支えているというか牛耳っているとは聞いていたけど、本当なのねえ。

国政の財務担当も、銀行や保険会社のトップ達。

べらぼうなお金を手にしているのは、大企業や大銀行のトップ連中だけ。そして、不況時も、自分達の収入の維持だけしか考えていない。

世間から優良と思われている企業でも、従業員には知らせず彼らに生命保険をかけ、死亡すると大金が入る。残された家族達は働き手を失い、医療費の借金を抱えているというのに。

リーマンショックの原因を作った投資銀行や保険会社の役員たちは、税金からの救済金で倒産を免れたにもかかわらず、その後も1億円以上のボーナスを手にしたのは、日本でも報道されましたよね。

救済金の用途の明細は、報告されていないそうです。そもそも、報告義務を付けずに、支払われたようですね。

日本のバブルも、銀行が地上げ屋にどんどんお金を貸して、破綻したら税金の投入でしょう。付けを払うのは、バブルで儲けていない、一般市民のわたしらよ。

アメリカの大学卒業者は、たいてい大学へ行くために借りたローンが10万ドルくらい残っている。
本来なら優秀なエンジニアなどになるはずの人が、ローンを払うため、ウォール街に就職しているという。
これが続いたら、アメリカの国内産業はどんどんだめになっていくんじゃないの?

日本も気をつけないと、同じよね。

それにしても、デリバティブってなんぞや。数学の天才しかわからないシステム?

ルーズベルト大統領の第2の憲章の考えを引き継ごうとする者が、なぜいなかったんだろう。

色々考えるきっかけになる映画でした。

(鑑賞日11月24日)

« アレックスくん | トップページ | カールじいさんの空飛ぶ家 (試写会) »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

気をつけないとってより、既に同じだと思いますよ~。ついこの間まで一億総中流とか言ってたのに、今じゃこの格差社会。
それにしてもアメリカの悲惨な現状が実に良く解りました。あれみせられたら、そりゃオバマに賭けて見たくなる「チェンジ!」って叫びたくなる気持ちもわかりますよね。

★KLYさん
同じ様な状態だとは思いますが、アメリカほどひどくはないかなと思います。もともとアメリカ様な階級社会ではないから。
それにしても、アメリカの現状には驚きました。

あのパイロットの話は、暗澹たる気持ちになりましたね。
お金持ちさんというのは、どうしてそんなにお金が好きなんでしょうね。そんなにあってもしようがないと思うんですが・・・。
日本も同じようなもんだと思うんですが、そういう状況をちゃんと見ることのできる目を、われわれは持って行かないとならないです。

★sakuraiさん
パイロットの話は、本当に驚きました。
日本の私たちも、よく考えないといけない問題ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/32335001

この記事へのトラックバック一覧です: キャピタリズム~マネーは踊る~ (試写会):

» キャピタリズム〜マネーは踊る〜 / CAPITALISM:A LOVE STORY [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click キャピタリズム=資本主義は悪だ{/ee_1/} アポ無し取材でこれまで数々のドキュメンタリーを撮ってきたマイケル・ムーアが 声高にしてNYウォール街に突撃! 観たDVDレビューもたまってるし あまり時間ないので今日はミニレビューで。(あれ?ちょっとのハズだったんだけど、、、) '89年の「ロジャー&ミー」で... [続きを読む]

» キャピタリズム マネーは踊る [LOVE Cinemas 調布]
『華氏911』、『シッコ』の社会派監督マイケル・ムーアが、『ロジャー&ミー』以来20年ぶりに経済問題を斬る!キャピタリズム(資本主義)とは一体何なのか?サブプライム・ローンに端を発する世界同時不況にあえぐ米国で、庶民目線で素朴な疑問を解き明かしていくエコノミックドキュメンタリーだ。当然出演は監督本人。今回もGM、AGIなどを始め、様々な企業や施設に突撃取材を敢行! ... [続きを読む]

» 「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」 怪物の見えざる手 [はらやんの映画徒然草]
昨年のアメリカのリーマンショックに端を発した世界の金融・経済の混乱は、やや落ち着 [続きを読む]

» キャピタリズム マネーは踊る [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:2010年に活躍しそうなアメブロガー 参加中 いつも読んで下さってありがとうございます。 今年も良い映画を沢山紹介して、 ブロガーとしてもっともっとstep up!したいと思ってます。 そのためには自分の好き嫌いに関係なく、 いろいろなジャンルの映画を... [続きを読む]

» キャピタリズム 〜マネーは踊る〜 [迷宮映画館]
マイケル・ムーアの心からの叫びを聞いたような気がする。 [続きを読む]

» mini review 10466「キャピタリズム マネーは踊る」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
『ボウリング・フォー・コロンバイン』のマイケル・ムーア監督が、キャピタリズム(資本主義)支配下の経済問題に迫るドキュメンタリー。巨大企業が利益を追求すると、世界にどのような影響が出るのかを検証する。デビュー作『ロジャー&ミー』で元GM(ゼネラル・モーターズ)会長に突撃取材を敢行したムーア監督が、GMが破綻した20年後の今、生活を支配する経済をテーマに選択。原点に立ち返ったムーア監督の覚悟と怒りが熱く伝わる。[もっと詳しく] この作品のマイケル・ムーアは、なんだか泣き出しそうな顔をしている。 マ... [続きを読む]

« アレックスくん | トップページ | カールじいさんの空飛ぶ家 (試写会) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ