サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

    パワーレンジャー

    トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

日本へのメッセージ

« 誰がため (試写会) | トップページ | パブリック・エネミーズ レッドカーペット・イベント »

2009年12月 9日 (水)

ヴィクトリア女王 世紀の愛 (試写会)

政略結婚のはすがheart04heart04結婚

Victoria

公式サイト http://victoria.gaga.ne.jp
12月26日公開

製作: マーティン・スコセッシ
監督: ジャン=マルク・ヴァレ
脚本: ジュリアン・フェロウズ 「ゴスフォード・パーク」
衣裳: サンディ・パウエル 「恋におちたシェイクスピア」「アビエイター」

19世紀のイギリス
病を抱えていたウィリアム4世(ジム・ブロードベント)の姪で王位継承者のヴィクトリア(エミリー・ブラント)の周囲には、母親ケント公爵夫人(ミランダ・リチャードソン)と深い仲にあり、個人秘書で摂政になろうとするコンロイ(マーク・ストロング)、母方の叔父でベルギー王のレオポルド(トーマス・クレッチマン)、首相のメルバーン卿(ポール・ベタニー)など、彼女を操って権力を手に入れようとする者達がひしめいていた。
レオポルドは甥のアルバート(ルパート・フレンド)を夫候補として、ヴィクトリアの元に送り込む。
ふたりは互いに好意を持ち、ヴィクトリアは、アルバートが彼女に手紙を書くこと許可する。

原題は“The Young Victoria”
文字通り、女王即位1年前から結婚後の数年までの、若き日のヴィクトリアの話でした。
ヴィクトリア女王というと、長く夫の喪に服したってイメージが強いけど、若い頃は快活だったのねえ。

宮廷に野心家がうようよいるのは、どこの国でも同じですね。
女王に即位するまで、そして18歳で即位してからも、様々な困難が待ち受けています。

Young_victoria

母親と根強い確執があったなんて。生後8ヶ月で父親を亡くし、母親だけが頼りなはずなのに。
やはり幼いながらも、母の愛人の存在をよく思っていなかったからかな。

孤独だったから、野心からではなく、真剣に自分を愛してくれる人に出会えて、この上なく嬉しかったのね。

女王への求婚は禁じられているので、ひたすら彼女からの求婚を待つアルバート。
「プライドと偏見」では、ルックスはいいけど中身はロクデナシ男だったルパート・フレンドが、純粋にヴィクトリアを愛する好青年をうまく演じています。
ヴィクトリアからの手紙を待ちわびる様子は、まさに恋する青年。

政治指南だったメルバーンが失脚してピールが首相になり、メルバーン一派で占められていた女官の交代を注進されるも、ヴィクトリアはそれを拒否。
そうすると、新聞が書きたて、民衆は王室を攻撃。

自分にはアルバートが必要と気づき、彼を呼び寄せついに求婚。

Young_victoria_2


Emilyblunt

heart01ラブラブなふたり~~~

Theyoungvictoria

夫が政治に関与しようとして言い争いになりますが、その後妥協しています。

ヨーロッパの王室といえば、政略結婚で形ばかりの結婚生活を送り、愛人がいるのは当然てとこですからね。そんな中、夫と9人の子をもうけ、円満な夫婦生活をした人は稀有な存在だったのですね。

権力争いも見所のひとつですが、ラブストーリーとして、なかなか楽しく鑑賞できました。
純粋に恋するふたりの様子が、ほほえましいです。

宮殿など、英国各地の撮影場所や、豪華で美しい衣裳も目の保養になりました。


本物の女王とアルバート公
Victoria_and_albert

(鑑賞日12月8日)

« 誰がため (試写会) | トップページ | パブリック・エネミーズ レッドカーペット・イベント »

【映画】あ行」カテゴリの記事

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

おっと、昨日の九段会館かしら?
私もいってきました^^
純粋なラブストーリーではないけれど、歴史モノ、西洋史モノだいすきなだけに満足です。ちょっと短かったかなぁって気もしますけど。何だか全体的に駆け足だったし。
やっぱりこの歴史の流れの裏にあるもの、ヨーロッパ王室の人の繋がり、そしてイギリスで早くも確立していた議院内閣制と、この辺の知識を事前に勉強していったんで、深い部分まで理解できたように思います。^^

★KLYさん
またまた同じ会場にいらしたのですね。
わたしも歴史物は好きです。

>この辺の知識を事前に勉強していったんで

やはりそういう下知識があると、理解度が違いますよねえ。^^

去年の鑑賞だったのですねえ。
うらやましい。
やっと来ました!!いやー、面白かったし、衣装に、風景に、宮殿の様子に、大満足でした!!
あんな結婚生活を送ることが出来たら、幸せだったろうし、夫を失ってからの落胆もわかりますね。

★sakuraiさん
素敵な衣装でしたよねえ。うっとり。
女王は長生きだったから、結婚生活より、未亡人の期間のほうがずっと長かったんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/32440565

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリア女王 世紀の愛 (試写会):

» ヴィクトリア女王 世紀の愛 [LOVE Cinemas 調布]
19世紀イギリスの黄金時代を築き、様々な権謀術数渦めく王室に身を置きながらもアルバート公との愛を成就させたヴィクトリア女王の若かりし頃を描いた歴史恋愛ドラマ。主演は『プラダを着た悪魔』のエミルーブラント。共演に『プライドと偏見』のルパート・フレンド。ほかにポール・ベタニー、ミランダ・リチャードソンらが出演している。プロデューサーは『ギャング・オブ・ニューヨーク』のマーティン・スコセッシ。... [続きを読む]

» 作品レビュー:ヴィクトリア女王 世紀の愛 [INTRO]
『羨ましいこと限りなし!完璧なまでの理想の幸福を見せつけられる』 / およそ1000年に及ぶ英国王室の歴史において最も有名な王は誰かと問われれば、私見であるがエリザベス1世(1533~1603)とヴィクトリア女王(1819~1901)の名前を挙げる。「英国は女王の時代に繁栄する」という言葉があるとおり、まさに2人の女王はそれぞれの時代に英国を世界のトップへと押し上げた。国家のために一生独身を貫いたエリザベス1世が生きたテューダー朝...... [続きを読む]

» 「ヴィクトリア女王 世紀の愛」絢爛豪華な舞台の生身の人間の孤独 [soramove]
「ヴィクトリア女王 世紀の愛 」★★★★オススメ エミリー・ブラント、ルパード・フレンド、ポール・ベタニー、ミランダ・リチャードソン出演 ジャン=マルク・ヴァレ監督、102分 、 2009年12月26日公開、2006年 (原題:THE YOUNG VICTORIA)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「イギリスを「太陽の沈まない帝国」と呼ばれるまでにした、... [続きを読む]

» 「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 一方聞いて沙汰するな [はらやんの映画徒然草]
昨年の最後の観賞はシャンテでしたが、今年の最初も同じくシャンテで。 「エリザベス [続きを読む]

» 「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 [みんなシネマいいのに!]
 イギリスがイケイケだった時代を築いた女王ヴィクトリアの若き日を描く歴史ドラマ。 [続きを読む]

» ヴィクトリア女王 世紀の愛 [りらの感想日記♪]
【ヴィクトリア女王 世紀の愛】 ★★★☆ 映画(6)ストーリー 19世紀のイギリス。ウィリアム国王の姪ヴィクトリア(エミリー・ブラント)は、 [続きを読む]

» ヴィクトリア女王 世紀の愛 [迷宮映画館]
これは面白い。よく出来ている。お見事! [続きを読む]

» ヴィクトリア女王 世紀の愛 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ヴィクトリア女王 世紀の愛 '09:イギリス◆原題:THE YOUNG VICTORIA ◆監督:ジャン=マルク・ヴァレ ◆出演:エミリー・ブラント、ルパート・フレンド、ミランダ・リチャードソン、ポール・ベタニー、ジム・ブロードベント ◆STORY◆18世紀の英国。ウィリアム王の姪ヴィクト....... [続きを読む]

» 「ヴィクトリア女王 世紀の愛」(THE YOUNG VICTORIA) [シネマ・ワンダーランド]
英国のヴィクトリア女王(1819~1901年)の若き日の恋愛や政争スキャンダルなどを描いた歴史ドラマ「ヴィクトリア女王 世紀の愛」(2009年、英米、102分、ジャン・マルク・ヴァレ監督)この映画はヴィクトリアとベルギー国王の甥(おい)であるアルバートとの間のピュアな愛の軌跡を中心に、若くして女王となったヴィクトリアを待ち受ける様々な試練を描写する。主演は「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント。本作は第82回オスカーで衣装デザイン賞を受賞した。... [続きを読む]

» ヴィクトリア女王 世紀の愛 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
19世紀のイギリス。ヴィクトリアは、国王、ジョージⅣ世の弟であるケント公の娘として生まれますが、生後8カ月でケント公は死去。ヴィクトリアが10歳の時、ジョージⅣ世は子どもがいないまま亡くなり、その弟のウィリアムⅣ世が王位を継ぎます。ウィリアムⅣ世にも子どもがなく、... [続きを読む]

« 誰がため (試写会) | トップページ | パブリック・エネミーズ レッドカーペット・イベント »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ