サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« アメリアの予習に | トップページ | リメイクだったのか »

2010年1月 9日 (土)

海角七号 君想う、国境の南

茂じいちゃんが良い

noteわらべはみ~た~りnote

Photo

公式サイト http://www.kaikaku7.jp

台北でミュージシャンとして成功するという夢に破れ、台湾最南端にある故郷の恒春に戻ったアガ(ファン・イーチェン)は、嫌々郵便配達の仕事をあてがわれる。無気力な日々を過ごす中、今はない日本統治時代の住所“海角七号(かいかくななごう)”と書かれた宛先不明の小包を開封すると、60年前、日本へ帰国する日本人教師が、敗戦によって別れなければならなかった台湾人女性を想って、船上で綴った7通の手紙が入っていた。
そんなある日アガは、地元で開催される日本人歌手のライブの前座のバンドメンバーとなる。即席の寄せ集めのメンバーで、練習もままならず、やる気のないアガの曲作りも難航し、日本人スタッフの友子(田中千絵)とも衝突してばかりなのに、ライヴの日は刻々と迫っていた。

Photo

前半はね、面白くないの。

無気力な阿嘉(アガ)は、配達もいい加減で、未配達の郵便物を自宅に置いていて、それがどんどん貯まっていく。
いくらバイトでも、日本では考えられない郵便配達員よ。
それに恒春では、規則を守らず、ノーヘルでバイクに乗っている人ばかり。
日本人としては、嫌悪感を持つばかり。

Kaikaku
台湾の郵便カラーは緑

友子も、自分はモデルとして見込みがあると言われて、留学後も台湾に残ったのに、仕事は雑用ばかりで、イライラしていてヒステリックなだけ。

ストーリーも、阿嘉と友子を結びつける理由に説得力がないし、手紙の宛先の判明のしかたも、都合がよすぎ。
展開が強引よ。

後半は、まあまあ面白くなってきて、ライヴの場面がいいというか、曲が良いです。
ファン・イーチェン(范逸臣)は、台湾の人気歌手だそうですね。

中孝介が本人役で出演していて、歌声も披露しています。

7通の手紙はベタなラブレターですが、阿嘉と友子の仲より心に響きます。
そして船出の場面の演出がとてもよくて、泣けます。weep

阿嘉と友子のラブストーリーは強引ですが、抱きしめられて帰るなと言われたら、女子はたまりませんわ~。

Kaikaku03

寄せ集めバンドのメンバーはそれぞれ個性的で、笑えます。

見所は綺麗な海辺の風景と、ライヴの曲でしたね。

(鑑賞日1月8日)

« アメリアの予習に | トップページ | リメイクだったのか »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♪TB&コメありがとうございました。

茂おじいさんよかったですよね~(^^♪
この方は、本当に人間国宝なんだそうですね!

>阿嘉と友子を結びつける理由に説得力がない
私もそう思いました。
「あれ?いつのまにそんな仲になったの??」って感じでしたよ。

>船出の場面の演出がとてもよくて
そうなんですよね!60年前の二人の話がもっと観たかったです。

★ひきばっちさん
>この方は、本当に人間国宝なんだそうですね!

まあ、すごい! 演技も笑えてよかったですよね。

60年前のふたりは、本当に泣く泣く別れなければならなかった思いが伝わってきましたよね。

連休中、PCほったらかしにしておいたもので、とんと反応遅くてすいません。
1月に上映だったんですね。田舎に来るまでに、3ヶ月も要していたんだ。
わーー、はっきり言っちゃって!!
まあ、前半のもたつきは、台湾映画の特徴みたいなもんもありますかね。でも、あの友子ちゃんのイラつきぶりは、こっちもいらいらさせられました。
それがいいのか、悪いのかは、ちょっとわかりませんが、後半の見せるとこはとってもよかったですね。
次回作に期待できそうな監督さんです。

★sakuraiさん
試写会と違って、お金払ってみた場合は、評価も厳しくなります。(笑)

後半の見せ場は、楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/32910061

この記事へのトラックバック一覧です: 海角七号 君想う、国境の南:

» 海角七号/君想う、国境の南 [to Heart]
時が流れても、心に残る歌がある。 遠く離れても、忘れられない人がいる。 原題 海角七號 製作年度 2008年 製作国・地域 台湾 上映時間 130分 監督・脚本 ウェイ・ダーション 出演 ファン・イーチェン/田中千絵/中孝介/イン・ウェイミン/マー・ニエンシエン/ミンション/イン・ウェイミン/マイズ/レイチェル・リャン この作品は、本国台湾で『タイタニック』に次いで歴代2位の画興行成績を収め、空前の大ヒットを呼び込んだという作品。 久々に苦手なシネスイッチ銀座にて鑑賞。結構混んでいましたがな... [続きを読む]

» 海角七号 君想う、国境の南 海角七號 [まてぃの徒然映画+雑記]
2008年、台湾で公開されると尻上がりに興行収入を上げていって、ついには台湾映画史上1位、そして洋画を含めても『タイタニック』に次ぐ記録をたてて、「君は海角七号を見たか?」という言葉が挨拶がわりになるほど台湾で支持された映画ということで、かなり期待をもって...... [続きを読む]

» 『海角七号 君想う、国境の南』:ありゃ、現代が舞台だったのね @ロードショウ・ミニシアター [りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど]
60年間届かなかったラブレター。 台湾と日本を結ぶ手紙。 現代と40年代が交互に描かれる・・・・と予備知識なしで観る前、勝手に思い込んでいました。 [続きを読む]

» 「海角七号 君想う、国境の南」人を想う気持ちは変わらない [soramove]
「海角七号 君想う、国境の南」★★★ ファン・イーチェン、田中千絵、中孝介出演 ウェイ・ダーション監督、98分 、 2010年1月9日公開、2009年、台湾 (原題:海角七號)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「2008年に台湾で公開され、台湾映画興行収入の記録を塗り替えた大ヒット作。 台湾でのミュージシャンになる夢に破れた主人公は 故郷の台湾最南端の... [続きを読む]

» 海角七号 [映画的・絵画的・音楽的]
 『海角七号/君想う、国境の南』を銀座のシネスイッチに行って見てきました。  この映画については、タイトルの意味が分からず余り関心もなかったところ、前田有一氏の映画評に「台湾で爆発的にヒットした(同国映画としては史上一位)」とあったことから、ベルギー映画『ロフト.』を見に行ったときと同じ感覚で(その映画に馴染みのない国のものという点で)、映画館に出向いてみました。  実際に見てみますと、地方都市に誕生した急ごしらえのロックバンドが聴衆に感動を与える演奏を行った、という最近よく見かける筋立てのもの... [続きを読む]

» 海角七号 君想う、国境の南 [LOVE Cinemas 調布]
台湾映画史上歴代1位のヒット作との触れ込みだ。戦後60年以上届かなかったラブレター、やむない理由で台湾を離れた男が友子という女性に送ったその手紙が、現代の友子と台湾人男性の恋愛とオーバーラップする…。主演は人気歌手のファン・イーチェンと日本人女優・田中千絵、監督はウェイ・ダーション。歌手の中孝介も本人役で映画初出演している。暖かな歌声に心打たれる。... [続きを読む]

» 「海角七号〜君想う、国境の南〜」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                       「海角七号〜君想う、国境の南〜」 シネスイッチ銀座にて。 監督・ウェイ・ダーション 台湾国内で爆発的な大ヒットとなった(「タイタニック」に次いで歴代2位!)本作であります。 ネタバレあります・・。 舞台は台湾最南端の町、恒春。 台北で音楽の道を夢見ていた主人公・アガ(ファン・イーチェン)が、夢に届かず、故郷の 恒春に帰ってきた・・。 とるものとりあえず、郵便の配達の仕事をいやいや始めたアガだったが・・。 ある日の郵便物の中に、あて先住所不明の物... [続きを読む]

» 『海角七号 君想う、国境の南』... ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:台湾映画、ウェイ・ダーション監督&脚本、ファン・イーチェン、田中千絵、中孝介出演。 [続きを読む]

» 「海角七号/君想う、国境の南」 [みんなシネマいいのに!]
 ポスターの明朝体っぽい文字とタイトルで何となく海洋アクション物かなと思っていた [続きを読む]

» 海角七号 君想う、国境の南 [cochi のArt-Mill]
この映画見て思ったことです。 少しずつですが、僕らが生きているこの東アジアのボーダレス化が進んでるなぁと。政治権力の枠(ボーダー)はまだまだ厳しいくらいですが、人の繋がりは明らかに広がってるいます。未来に希望が持てる映画でした。そう想うことに決めた作品です。  《海角七号 君想う、国境の南》公式サイト [続きを読む]

» 海角7号 君想う、国境の南○海角七號 [銅版画制作の日々]
魔可不思議なタイトル? 実はタイトルをどう読むのか知らなくて。シアターの受付でえ〜っと何て読むんですか?と聞いてしまいました(汗)チラシを見たら書いてあったのに、まったく読まず。 “かいかくななごう”と読みます。それにしても変なタイトルです。台湾語で「ハイジャオチ―ハオ」と発音。2008年8月に台湾で公開されて以来、ドンドン動員数を伸ばした大ロングラン作品だそうです。まったく予備知識なく、今回もシアターへ足を運んだわけですが。。。。台湾歴代ナンバー1。外国映画を含めてもあの「タイタニック」に次ぐ... [続きを読む]

» 海角7号 君思う、国境の南 [迷宮映画館]
ここは茂老人にもってかれました! [続きを読む]

» mini review 10467「海角七号/君想う、国境の南」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
1940年代と現代の台湾を舞台に、約60年間届かなかったラブレターが2つの時代の恋物語をつなぐ切ないラブストーリー。名匠エドワード・ヤンのもとでキャリアを重ねたウェイ・ダーション監督が、約60年前の小さな恋物語や現代の若者の姿を通して、夢かなわなかった者たちの思いを映し出す。主演は人気歌手で映画初出演のファン・イーチュン。現代のヒロインに日本人女優の田中千絵。日本の原風景のようなロケーション映像が郷愁を誘う。[もっと詳しく] 懐かしくて新しい・・・日本と台湾の親和性のようなもの もう20数年前... [続きを読む]

» 「海角七号/君想う、国境の南」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
勝手に私が想像、期待していた内容とは、かなり違っていました。 [続きを読む]

« アメリアの予習に | トップページ | リメイクだったのか »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ