サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ターミネーター:ニュー・フェイト

    ベラのワンダフル・ホーム

    エンド・オブ・ステイツ

    シュヴァルの理想宮

    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

日本へのメッセージ

« アバター 主題歌 PV | トップページ | 海角七号 君想う、国境の南 »

2010年1月 6日 (水)

アメリアの予習に

日本でも公開予定のヒラリー・スワンク主演の「アメリア」

その参考にと、テレビ放映で
ラストフライト アメリアの挑戦」(1974)を見ました。

Amelia_earhart

ダイアン・キートン主演のテレビ映画らしいです。

女性で初めて大西洋横断飛行をしたアメリア・イアハート。
その後は、CM出演や講演で資金稼ぎ。
飛行機は大金が要りますからね。嫌々そういう仕事をするアメリア。

同時代のハワード・ヒューズはとんでもない大金持ちだったから、彼女のような苦労とは無縁だったものね。

夫は彼女のプロモーターみたいな存在ですね。

アメリアは、自分がまだ現役の飛行家だと証明しようと、赤道を周る世界一周飛行を計画。しかし時は1937年、不況の時代だったから、資金がなかなか集まらない。
第二次世界大戦前の、不穏な時でもあるんですね。
だから、日本が支配する島々の上空を飛ぶ航路に軍部が目をつけ、軍部が極秘で資金や機材を提供。

ニューギニアまでは行ったけど、太平洋上にはちっちゃな無人島のハウランド島以外、寄航する島がない。当時の状況から、日本の支配下の島に着陸するわけにはいかないものね。

機体を軽くするために、救命ボートなども積んでいなかった。他にも、いろいろな装備を排除した状態で飛んでいたのね。
一応無線はあったけど、今のような性能とは比べ物にならないし、彼女がモールス信号を学ばなかったのも悪かったのね。

アメリカ政府は大金をかけて行方を捜索したけど、結局見つからずそのまま。

ユアン・マクレガーが「アメリア」で演じるのは、夫も公認だったというアメリアの愛人らしいけど、その人物はこの映画には出てこない。

« アバター 主題歌 PV | トップページ | 海角七号 君想う、国境の南 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリアの予習に:

« アバター 主題歌 PV | トップページ | 海角七号 君想う、国境の南 »