サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« Dr.パルナサスの鏡  ジャパンプレミア試写会 | トップページ | サロゲート (試写会) »

2010年1月19日 (火)

おとうと (試写会)

願はくは花の下にて春死なむ
愛すべき厄介者

Photo

公式サイト http://www.ototo-movie.jp
1月30日公開

監督: 山田洋次

東京の郊外で、小さな薬局を薬局を営む吟子(吉永小百合)。
若くして未亡人になり、一人娘の小春(蒼井優)を女手一人で育てながら、姑(加藤治子)と三人暮らし。
娘とエリート医師の結婚式当日、昔から問題ばかり起こし、身内の厄介者で、音信不通になっていた弟、鉄郎(笑福亭鶴瓶)が突然現われ、酔っ払って披露宴を台無しにしてしまう。

山田洋次監督らしい人情物ですね。

市川崑監督の「おとうと」は、幸田文の自伝的小説の映画化。
家族の事と、不良の弟が、結核で若くして亡くなった話。

映画はよくは覚えていないけど、かなり前にテレビで見た覚えがあるし、弟が木村拓哉で姉が斉藤由貴のテレビドラマも、見た覚えがあります。

今回の物語は、もしも“弟”が亡くならず、“姉弟”にその後の人生があったらどうだろうというアイディアから作られたそうです。

吟子には兄(小林稔侍)もいますが、披露宴での失態で、鉄郎に縁を切ると言い渡します。
吟子達の母親は早くに亡くなり、母親代わりでもあった吟子だけが、ずっと鉄郎をかばって心配してきました。
しかしある出来事で、吟子も鉄郎に絶縁を言い渡します。

根は悪人ではないけれど、兄や姉と違って出来の悪い問題児の弟。

なぜ小春の名付け親が鉄郎なのかと思っていましたが、後半で明かされます。

ある日、鉄郎が救急車で病院に運ばれたという連絡が入り、吟子が大阪に赴くと、鉄郎は癌で余命わずかとなっていました。

友人や伴侶は選べますが、血のつながりは選べないし、永遠につながったままですよね。
兄弟で出来が違うと、いろいろあるようですね。
ひとりっこなので、兄弟の思いは推測のみで、実感できないんですけどね。

鉄郎は、民間のホスピスで面倒を見てくれます。
これは現代社会の問題ですね。
そのモデルは台東区の山谷で身寄りのない人々、または何らかの事情で家族との結びつきを断った人々の、あまり長くない人生の最期の時を見守る施設「きぼうのいえ」という民間のホスピスだそうです。

ラストの姉と弟のやり取りは、泣けましたよぉ。
身内に看取られるのは、幸せですよね。

吉永さんの台詞回しが昔風なのか、演技が下手に見えました。後半はよかったと思います。
小日向さんや笹野高史さんはいつもながらうまいし、鶴瓶さんも、能天気のしょーもない弟にはまっていました。

加瀬亮が、小春の幼なじみの大工で、純情な好青年を好演しています。

SMAPの中居くんも、ワンシーンだけ出演しています。

(鑑賞日1月15日)

« Dr.パルナサスの鏡  ジャパンプレミア試写会 | トップページ | サロゲート (試写会) »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

俳優さんは好みだったのですが、如何せん脚本が…幾らなんでも古過ぎると思いました。
何だか大昔の、それこそ吉永さんが若い頃の作品を観ているかのような錯覚すら起こしてしまいましたよ。(苦笑)
期待していたのですが、私はちとダメです…。

TBありがとうございます。
いろいろなものを入れ込みたいという監督の気持ちが出てましたね。
さまざまなモデルがあったんですね。
市川監督のを見てないので、いつか見たいですわ。
良くも悪くも山田洋次でしたが、自分のスタイルを貫いて、これだけの要素を含んだものを作っていくバイタリティは感服します。

★KLYさん
役者さん達はよかったけれど、確かに、平成というより昭和って感じでしたね。


★sakuraiさん
>良くも悪くも山田洋次でしたが

そうですね。悪く言うと、かわりばえしませんね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/32961886

この記事へのトラックバック一覧です: おとうと (試写会):

» おとうと [LOVE Cinemas 調布]
名匠・山田洋二監督が10年ぶりに送る現代劇。1960年に公開された市川崑監督の『おとうと』にオマージュを捧げた作品だ。主演は『母べえ』に続く山田洋二作品の吉永小百合。共演に『ディア・ドクター』の笑福亭鶴瓶、『百万円と苦虫女』の蒼井優。他にも加瀬亮、小林稔侍、森本レオ、笹野高史ら若手ベテランともに実力派がずらりと揃った。... [続きを読む]

» おとうと [迷宮映画館]
山田洋次節、炸裂。 [続きを読む]

» 映画「おとうと」@よみうりホール [masalaの辛口映画館]
 客入りは8〜9割くらい、作品柄か年配のお客さんが多い。    映画の話 夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て、義母の絹代(加藤治子)と3人で暮らしていた。やがて、小春の結婚が...... [続きを読む]

» 『おとうと』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おとうと」□監督・脚本 山田洋次 □脚本 平松恵美子 □キャスト 吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井 優、加瀬 亮、小林稔侍、       加藤治子、笹野高史、森本レオ ■鑑賞日 1月31日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> “芸のためなら姉貴も泣かす〜 それがどうした文句があるか〜♪” って、何だか鶴瓶が演じるとまさに浪花節なのだが 多少の時代錯誤はあるにしろ、日本における「家族」の... [続きを読む]

» おとうと [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て... [続きを読む]

» 「おとうと」  50年の時を経て蘇った、市川崑に捧ぐ1本。 邦画の力を痛感・・・・・ [取手物語~取手より愛をこめて]
市川崑監督作品「おとうと」に捧ぐ・・・・・。 [続きを読む]

» おとうと [映画的・絵画的・音楽的]
 『おとうと』を渋谷シネパレスで見ました。  このところDVDは別として、映画館では吉永小百合の映画を敬遠していたのですが、山田洋次監督久々の現代劇であり、そろそろ見頃ではないか、それに私が丁度弟のポジションにいることでもあるし、ということで見に行ったところです。  実際のところ、この映画における吉永小百合は、控え目で堅実な演技を見せていてマズマズでした〔鳥肌が立つような良妻賢母型のセリフだけは言わないでくれと願っていたところ、そんなシーンはありませんでした〕。彼女は、おそらくは実年齢よりも10... [続きを読む]

» おとうと (2009) 126分 [極私的映画論+α]
 久々の大阪弁(笑) [続きを読む]

» おとうと [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
おとうと 通常版> [DVD]/吉永小百合,笑福亭鶴瓶,蒼井優 ¥3,990 Amazon.co.jp 東京の郊外で、小さな薬局を営み、夫亡き後、女手一つで一人娘の小春を育ててきた吟子には、ずっと音信普通だった問題を起こしてばかりの弟がいます。その弟、鉄郎が、突然、小春... [続きを読む]

« Dr.パルナサスの鏡  ジャパンプレミア試写会 | トップページ | サロゲート (試写会) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ