サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« しあわせの隠れ場所 (試写会) | トップページ | ルドandクルシ »

2010年2月24日 (水)

フローズン・リバー

二人の母親
貧しさゆえに

Photo

公式サイト http://www.astaire.co.jp/frozenriver

2008年サンダンス映画祭グランプリ受賞

カナダとの国境に面し、モホーク族の保留地を抱えるニューヨーク州最北部の町で、2人の息子を育てながら1ドル・ショップの店員として働く、白人女性のレイ・エディ(メリッサ・レオ)。クリスマス直前だというのに、ギャンブル依存症の夫が、待望の新しいトレーラーハウスを買うために貯めていたお金を持っていなくなった。
夫の行方を探すレイは、モホーク族のライラ・リトルウルフ(ミスティ・アップハム)知り合い、アジアからの不法移民をカナダからアメリカに密入国させる、危険な仕事に引き入れられる。

貧しさから、犯罪に手を染めるふたりの女性。

Photo_2

ビンゴ会場の駐車場で夫の車を見つけたレナ。
運転する女を追跡すると、男がバス停に置いてバスに乗っていってしまったので、捨てたのだと思ったと言う。
レナがお金に困っているのを知ると、車が高く売れるからと、カナダ側の保留地に一緒に行きますが、実はトランクに不法入国者を入れて、アメリカ側に運ぶのをレナは手伝わされます。

3

実はライラはこの仕事用に車がほしかったのですが、彼女のしていることを知っている中古車販売の店は、彼女が欲しがる型の車を売ってはくれません。

4

橋ではなく、表面が凍結したセントローレンス川を渡れば、保留地内は警察に追われる心配はありません。でもこちらも気をつけないと、氷が割れる危険があります。

セントローレンス川は、オンタリオ湖を水源としてセントローレンス湾まで1,197km。水源からの全長は3,058kmもある。オンタリオ州とアメリカ合衆国のニューヨーク州を隔てる国境を形成し、その後はケベック州内を流れる。

Photo_4

だまされて不法入国を手伝うはめになり驚いたレナですが、テレビのレンタル料や手付金を払ったトレーラーハウスの残金の支払いのために、ライラの仕事を手伝う事にします。

ライラは未亡人で、幼い子供は姑に取られてしまいました。子供と暮らすお金を稼ぐために、危険で違法な仕事をしています。
レナには、15歳と5歳の息子がいます。
長男のトロイ(チャーリー・マクダーモット)は、母がお金の工面に苦労しているのを知っていて、内緒でヤバイアルバイトに手を出します。

2

クリスマスイブにパキスタン人夫婦を運んだあと、ライラは違法な仕事をやめて、まともに働こうとします。しかしレナは、あと1回で残金が払えるからと、ライラを誘って国境を越えます。その帰り道、警察に追われてしまいます。

始めはいがみ合っていたレナとライラですが、次第に信頼関係を築いていきます。それは、ふたりが母親であるという共通点によるところが大きいです。

パキスタン人の荷物が爆弾だったりしたらと思ったレナは、川の途中で荷物を捨てましたが、それには赤ちゃんが入っていたと知り、二人は川へ探しに戻ります。
姑に子供をとられたライラの気持ちも、レナには充分わかるのです。
ふたりが母親だからこそというラストでもありました。

二人とも肝っ玉のある女性。特にレナは、銃を撃つ事もいとわない。
家族の生活を守るためならと、罪を犯す。
背に腹はかえられず、罪を犯す。

雌は種の保存本能なのか、生き続けよう、生き抜こうとする生き物だと思います。
生存第一。そのために、善悪は二の次になる。

監督のコートニー・ハントがニューヨーク州北部にある夫の実家を訪れた際、国境を越えてタバコを密輸しているカナダ人がいるという実話をヒントにした話だそうですね。

アメリカの現状の一端を知りました。
ごく普通の人が、貧困ゆえに犯罪しか生きる道がないというのは考えさせられますねえ。まあ、アメリカに限った事ではないですけどね。

始めの二人の様子もスリリングだし、不法入国者を運ぶ様子も毎回違うし、サスペンスとしてもよくできていたと思います。
女性監督らしい演出だなあと思うシーンも、多々ありました。そういうシーンも印象深かったです。

メリッサ・レオは「21グラム」「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」に出演していたそうですが、覚えていませんでした。
不法移民のブローカー(?)のマーク・ブーン・ジュニアは、脇役でよく見かける俳優さんですね。

(鑑賞日2月23日)

« しあわせの隠れ場所 (試写会) | トップページ | ルドandクルシ »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

今度の家は水道管が凍らないなどということに小さな喜びを見出すほどの貧困に、まさにアメリカのリアリティを感じました。60万位ですよ?国の援助を受けたGMのCEOは億のお金もらっているというのに!
日本は早めに方向修正しようとしていますが、こんな社会を目指し突き進んでいたとは空恐ろしさを感じます。

★KLYさん
アメリカは本当に両極端なんですよね。
課題を突きつけられた感じです。

根本的に、女性と男性の違いを感じますよね。
子供のために働き、子供のためにトンデモのことをしちゃうのも、女だから。
不法なことではあるけれど、悪いことではないが、国の基準では悪いことになってしまう。
格差やら、民族やら、いろんなことを考えさせられた秀作でした。

★sakuraiさん
社会問題を扱いながら、映画としても面白くできていたと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/33511578

この記事へのトラックバック一覧です: フローズン・リバー:

» 「フローズン・リバー」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
アメリカの南からの密入国関連の映画は見た事がありましたが、北の国境の密入国というのは、初見でした。 [続きを読む]

» フローズン・リバー [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
夫に新居を購入するための費用を持ち逃げされたレイは、家を手に入れるため、支払期日までに金を工面しなければならなくなります。そんな時、ひょんなことから知り合ったモホーク族の女性、ライらから、不法移民をカナダ側から車のトランクに載せ、凍てついたセントフローレンス川... [続きを読む]

» フローズン・リバー [LOVE Cinemas 調布]
昨年末の「TOKYO FILMeX」で公開された作品。アメリカとカナダの国境付近の町を舞台に、密入国者の手引きをする白人女性とホモーク族の女性を実話をベースに描いている。主演のメリッサ・レオは本作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートを果たした。監督のコートニー・ハントはなんと長編デビュー作。サンダンス映画祭ではグランプリを受賞し、あのタランティーノ監督をうならせたという注目の作品だ。... [続きを読む]

» 『フローズン・リバー』 [ラムの大通り]
(原題:Frozen River) ----「凍りついた川」?ニャんだか寒そうな映画だニャあ。 「その背景はね。 でも、映画はほんとアツい。 川の氷を溶かしてしまいそうなくらいだ」 ----へぇ〜っ。それはまた…。 どういうお話ニャの? 「新居購入のために貯めていた大金をギャンブル依存症の夫に持ち逃げされ、 ふたりの子供を抱えて途方に暮れている白人女性レイ(メリッサ・レオ)。 彼女は、ふとしたきっかけでとモホーク族のライラ(ミスティ・アップハム)という女性と出会う。 ライラは、愛する夫に先立たれ... [続きを読む]

» フローズン・リバー [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
スター不在で監督も無名だが、深みのある物語が感動を誘う秀作だ。米国とカナダにまたがるセントローレンス川。そこでは多額の報酬と引き換えに不法入国者を運ぶ闇のビジネスが行なわれていた。夫に新しいトレーラーハウスの購入費用を持ち逃げされた白人女性のレイと、義母....... [続きを読む]

» 『フローズン・リバー』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
ちょっと前に、GyaO!のオンライン試写会で『フローズン・リバー』を観賞しましたー。 アカデミー主演女優賞ノミネートの主演演技がどんなものなのかを観たくて、気になってた作品です。 ******************** 08年のサンダンス映画祭グランプリに輝くなど多くの映画賞... [続きを読む]

» フローズン・リバー /FROZEN RIVER [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年のサンダンス映画祭でグランプリ、 同じく去年のアカデミー賞で脚本賞と主演女優賞にノミネート。 この時の審査員の一人に、映画オタクで数多く観てるタランティーノ。 その際は、「今年観た中で最高にエキサイティングで息をのむほど素晴らしい。」 とコメント。劇場の予告篇でもこの映像が起用されてる。 でもちょっと待って、タラ... [続きを読む]

» フローズン・リバー [とりあえず、コメントです]
カナダ国境近くの小さな町を舞台に、二人の女性の生き様を描いた作品です。 白人とモホーク族という異文化の境遇を持つ女性たちの心の交流を通して 子供を思う母の強い想いが真っ直ぐに伝わってくる物語でした。 ... [続きを読む]

» フローズン・リバー FROZENRIVER [まてぃの徒然映画+雑記]
カナダとの国境沿いの町、隣接してインディアンの居留地があり、そこは町の警察も手が出せない場所である。クリスマスを前にして、新しいトレーラーハウスのお金を夫に持ち逃げされたレイ(メリッサ・レオ)は、インディアンのライラとともに、不法入国の手引きをして大金...... [続きを読む]

» フローズン・リバー [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
フローズン・リバー'08:米 ◆原題:FROZEN RIVER◆監督・脚本:コートニー・ハント◆出演:メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダーモット 、マーク・ブーン・ジュニア、マイケル・オキーフ ◆STORY◆夫に新居購入費用を持ち逃げされた妻のレイは、支....... [続きを読む]

» 『フローズン・リバー』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:アメリカ映画、コートニー・ハント監督&脚本、メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダーモット、マーク・ブーン・ジュニア、マイケル・オキーフ出演。 [続きを読む]

» フローズン・リバー [Movies 1-800]
Frozen River (2008年) 監督:コートニー・ハント 出演:メリッサ・レオ、ミスティ・アッパム、チャーリー・マクダーモット、マイケル・オキーフ 子供を養う為に、密入国業に手を出した2人の母親の行末を描いたドラマ。 夫が生活費を持って蒸発した、2人の子持ちの白人レイと1歳の娘を義母に奪われた先住民のライラは、それぞれの目的の為に手を組み、真冬に凍りつくカナダ国境沿いの川を車で渡り、密入国者を運ぶ裏稼業に手を出す。 一面の雪景色から生まれる寒々しさが、2人の母の置かれた状況を際立たせ、サ... [続きを読む]

» フローズン・リバー [シネマ大好き]
足の親指のタトゥー、よれたジーンズ、手の中のタバコ、そして女の顔と涙が映る。二人の息子を抱え、1ドルショップで働いているレイ(メリッサ・レオ)。夫が、家を買うため金をもって失踪したのだ。彼女は、夫を探してモホーク族の保留地のビンゴ会場を訪ね、夫の車に乗っ..... [続きを読む]

» 映画「フローズン・リバー」凍った心を溶かす優しい日差しが降り注ぐ [soramove]
「フローズン・リバー」★★★★ メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダーモット主演 コートニー・ハント 監督、97分 、 2010年3月27日公開、2008,アメリカ,アステア (原題:Frozen River )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 2008年サンダンス映画祭ドラマ部門グランプリ作品。 「荒れ放題の素顔のアップ、もう若くはない トレーラーハウスで... [続きを読む]

» 『フローズン・リバー』 [シネマな時間に考察を。]
アメリカ映画の中で<国境>を描いた“選択”の物語。 社会の底辺に暮らす2人が犯罪によって築いていく絆を力強く浮き彫りにする。 母親同士の自己犠牲の譲り合い。そこに宿るものとは・・。 『フローズン・リバー』 Frozen River 2008年/アメリカ/97min 監督・脚本... [続きを読む]

» フローズン・リバー [迷宮映画館]
善なるものとして生きて行きたい・・・。 [続きを読む]

» 「フローズン・リバー」 [みんなシネマいいのに!]
 新居の購入費用をギャンブル依存症の夫に持ち逃げされた白人女性と、夫に先立たれた [続きを読む]

» フローズン・リバー Frozen River (2010) 2008年サンダンス映画祭グランプリ [国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ]
   夫に新居購入費用を持ち逃げされた妻のレイは、支払期日までに金を工面しなければならなくなる。ひょんなことから知り合ったモホーク族の女性ライラから持ちかけられたのは、移民をカナダ側で車のトランクに積み、セントローレンス川を越えアメリカ側に不法入国させる闇の... [続きを読む]

» 映画『フローズン・リバー』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-6.フローズン・リバー■原題:FrozenRiver■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:97分■字幕:石田泰子■鑑賞日:1月30日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト(... [続きを読む]

» フローズン・リバー [映画通信みるみる]
監督さんの、確かな実力で、力強く、川を渡りきった作品。 2008年サンダンス映画祭グランプリをはじめ、多くの映画賞で絶賛されています。 監督・脚本は、新人女性監督コートニー・ハント。 2009年の第8...... [続きを読む]

» フローズン・リバー [ゴリラも寄り道]
フローズン・リバー [DVD](2010/12/10)メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム 他商品詳細を見る<<ストーリー>>新居購入のために貯めていた大金をギャンブル依存症の夫に持ち逃げされ 2人の子供を抱えて途...... [続きを読む]

» フローズン・リバー [映画鑑賞★日記・・・]
【FROZEN RIVER】 2010/01/30公開 アメリカ 97分監督:コートニー・ハント出演:メリッサ・レオ、ミスティ・アッパム、チャーリー・マクダーモット、マーク・ブーン・ジュニア光を信じてニ ... [続きを読む]

» フローズン・リバー [こんな映画見ました〜]
『フローズン・リバー』---FROZEN RIVER---2008年(アメリカ)監督:コートニー・ハント 出演:メリッサ・レオ、nbsp;ミスティ・アッパム 、nbsp;チャーリー・マクダーモット 08年のサンダンス映画祭グランプリに輝くなど多くの映画賞で絶賛された感...... [続きを読む]

» フローズン・リバー [銀幕大帝α]
FROZEN RIVER/08年/米/97分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:コートニー・ハント 脚本:コートニー・ハント 出演:メリッサ・レオ、ミスティ・アッパム、チャーリー・マクダーモット <ストーリー> 夫に逃げられふたりの子供を抱えて貧困生活を送る白人女...... [続きを読む]

» フローズン・リバー [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:日曜の夜って憂鬱?  参加中 明日は連休でお休みですが、 日曜の夜って憂鬱ですよね。 夜21時からの映画を観て、 ますます終わりに近づく日曜にため息をつく。 そんな感じですね。 でも明日は祝日。 もっと映画を観てしまえ! さてこれは、 気... [続きを読む]

» フローズン・リバー ★★★ [パピとママ映画のblog]
ニューヨーク州とカナダの国境にある川を舞台に、多額の報酬と引き換えに、不法入国者を手助けする白人女性とモホーク族女性の運命を描くドラマ。違法な密輸ビジネスにかかわる女性たちの実話をベースに、本作で長編監督デビューを果たしたコートニー・ハントが子を守る母...... [続きを読む]

« しあわせの隠れ場所 (試写会) | トップページ | ルドandクルシ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ