サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 新聞広告のレオ | トップページ | サインの値段 »

2010年2月 2日 (火)

ラブリーボーン

骨はどこ

Lovely_bones

公式サイト http://www.lovelyb.jp

同名小説(アリス・シーポルト著)の映画化

監督: ピーター・ジャクソン

スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)、14歳。
両親(マーク・ウォールバーグ,レイチェル・ワイズ)に妹、弟と暮らしていたが、ある日学校帰りに、隣人(スタンリー・トゥッチ)に殺された。
やりたい事、家族に伝えたい事があるスージーは、天国と地上の間に留まっている。

これ、見ていた視点が違っていたせいで、面白くなかった。
サスペンスの部分を期待していたので、犯人を知らせるため、遺族とスージーのやり取りがメインなのかと思っていたからです。
それと、「骨」が発見されるのかと。

14歳のスージーの視点での話で、スージーの心情がメインなのね。
色々心残りがあるスージーが、天国へ行く決心をするまでの話。

原作には、家族が再生するまでや、スージーの心の変化が、もっと丁寧に描かれているらしい。まあ、そうでなければベストセラーにはなりませんよね。

帰りが遅いスージーを心配して、警察に失踪届けを出す両親。
父ジャックは娘の写真を手に、車で捜し回ります。

やがて、娘がかぶっていた毛糸の帽子が、冬のとうもろこし畑で発見されます。

Photo

大量の血液反応が出たことから、娘はもう死んでいると悲しむ両親。
父親が帆船を入れた瓶を次々割る様子が、心情を良く表していて切なくなりました。

父 ─ 必死に犯人を捜しだそうとする
母 ─ 悲しみに耐えられず、家を出てリンゴ農園で働く
妹 ─ 飼い犬を散歩させていたら、隣人に吠えたのをきっかけに、その隣人を怪しみ、それとなく様子をうかがう
弟 ─ スージーが、天国と地上の間にいると感じる

中間の世界で、スージーが楽しい思いをしたり、悲しんだり怖がったりする心情を、うまく映像化していると思います。
中間の世界で出会ったホリーが誰なのかわかった時には、重苦しくて悲しい気持ちになりました。

スージーの初恋の相手レン

006

初デートの約束をしたのに、果たせなかった。

スージーが、最後にもう一つやり残した事がと戻ったとき、別の事を考えていたので、がっかり。でもまあ、14歳だとそうなのかな。

主人公には無名の女優をという事で、キャスティングされたシアーシャ・ローナン。しかし、「つぐない」でオスカーノミネートとなり、製作側の意図と違ってしまいました。
「プライベート・ライアン」のマット・デイモンと同じですね。

シアーシャは、美人に成長していますねえ。今後も楽しみです。

最初にキャステイングされたのは、レイチェル・ワイズ。

父親役には、ヒュー・ジャックマンにオファーがいったらしいけど、ライアン・ゴスリングに決定。それが撮影3日前に降板し、急遽決まったマークは、大変だったと思います。
マークは、実際にも3人の子供がいる。ひいきの俳優のひとりなので、父ジャックに一番感情移入してしまいました。

ファンキーなおばあちゃんに、スーザン・サランドン。唯一コミカルなキャラで、楽しませてくれます。

スタンリー・トゥッチも、いつも楽しませてくれる好きな俳優さんですが、今回の変態男もうまい。超キモーい。

(鑑賞日2月1日)

« 新聞広告のレオ | トップページ | サインの値段 »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
この映画はファンタジーをそのまま受け入れて、
スージーの気持ちに寄り添ってみれば感動できたのでしょうけど、
私は、サスペンスの方に期待していたのでガッカリでした。
最後に「骨」は発見してほしかったですわ。
あれだけじらされたら見つかるのかと思いますよね!?(苦笑)
じらされた分、余計にガッカリ度がUPしました!(~_~メ)

★ミストさん
私も、もっとサスペンスに期待していました。

>じらされた分、余計にガッカリ度がUPしました!

同感です。(爆)

こんにちは。
スージーのやり残しは「そっちかよ」って肩透かしでしたね(^^;
スピリチュアルなのも悪くは無いけれど、サスペンスタッチのスリルの方が私も好みですw

★たいむさん
>スージーのやり残しは「そっちかよ」って肩透かしでしたね(^^;

そうなんですよ。なんでよって思いました。

私ももっとサスペンスなのかと思っていました。

こんにちは。jesterともうします。TBありがとうございました。

わたしはこの映画、まったく楽しめなくて、途中から見なきゃ良かったとず~~っと思ってました。

冷静になれば良いシーンもあったのだと思いますが、女性として痛い映画は、もう見たくないという気持ちなので・・・

>父親役には、ヒュー・ジャックマンにオファーがいったらしいけど、ライアン・ゴスリングに決定。それが撮影3日前に降板し、急遽決まったマークは、大変だったと思います。

へ~~ そうなんですね。
しかしどの人もそうそうたるメンバーですね。

これからもよろしくお願い致します。

★jesterさん
>女性として痛い映画は、もう見たくないという気持ちなので・・・

お話自体が、NGだったのですね。
知りすぎるとつまらないし、前知識をどれだけ入れるかは、難しいところですよね。

私もどうもいま一つでした。
シアーシャ・ローナンちゃんはすごい美人だし、スタンリー・トゥッチは素晴らしくキモいしと、出ている人は結構気に入ってるし、個々のシーンそれぞれにもあまり文句は無いんです。妹のファーストキスのシーンとか切なくて良かったですよね。
ただ、全体としてみると、どうも登場人物の絡み具合が薄いというか、バラバラな気がして。それぞれの行動による因果関係が見えてこないのがどうにも…。
あとは最後ですかね、やっぱり。日本人的感情としてはどうもスッキリしないです。

★KLYさん
色々???な部分があって、どうもねえ。
遺体が発見されないと、遺族も気持ちの整理がつけにくいと思うんですよね。

こんにちは~♪

風子さんも面白くなかったですか~coldsweats01

これは、予告で想像していた内容とは違いましたよね~
まぁ~それはいいとしても、、、物語の視点がよく分からん(汗)
エピソードが散漫で、こちらに提示されたっぽい伏線が放りっぱなしでイラッときちゃいました~gawk

★由香さん
あのアイテムは事件解決にはなんの関係もなかったのかとか、なんだ?と思う点も多かったですよね。

これってやっぱり予告編から予想される内容と全く違う方向向いてたことに、ガックリしたんですね~ 更にやはりどなたかおっしゃっているように、日本人的にはどうにもやりきれない最後。。
これでは監督の意図がまったく掴めませんよね。
とはいえ、シアーシャちゃんの演技力に泣かされもしたんですが。

★エマさん
天国へ行ってからじゃなくて、行くまでの話じゃないのと思いましたよ。しかも、ラブリーボーンは出てこないし。
これは、原作を読んでから見た方がよかったのでしょうか。
シアーシャちゃんは、今後も楽しみですね。

ファンタジックな映像は素敵でしたが、
ストーリーはもう一つでしたねっ。

予期しない方向に行ってしまって、
結局じらされた感じでした。
もっと私もサスペンスフルな映画と思いましたが。

★紫の上さん
やはり、違う内容を予想されていましたか。
残念な鑑賞になってしまいましたよね。

えーー、ヒュー様だったんですか?
まるで違った映画になったでしょうね。ライアン君も、なんか違うし・・。結果的に、マークでよかったのかも。
スタンリー・トゥッチは、うまいですね。
きもさで評価されるのもどうかと思いますが、これで助演とったら、役者冥利に尽きるのかしら?

★sakuraiさん
ライアン・ゴスリングはこの映画のために、体重を増やして中年体形にしていたようですよ。
マークはごく普通のお父さんらしくて、良かったと思います。
スタンリー・トゥッチのキモさはさすがですが、助演の本命はクリストフ・ヴァルツと言われているようですね。

こんにちは~
ファンキーなおばあちゃん、いいキャラでしたね。
彼女のお陰で、家族は結構救われたんだと思います。
(仕事は増えたけど)
冒頭の場面でおもちゃのタンクローリー車に、朝ごはんのオートミールを流し込んでいた弟ちゃんと、きっとおばあちゃんは気が合ったんでしょうね。(笑)
可愛いスージーらしい天罰が、この物語を救ってくれてい多と思います。

こんにちは、風子さんにはお気にめさなかったようですね。私は大変気に入りましたが(笑)。サスペンス期待の視点で見ると確かに完全に消化不良です。先入観があったので面白くなかったかも。私も予告編を見てそっち方面もあるのかなとは思ってましたが自分でも予想外にニュートラルな気持ちで見ました。
そしてこの映画で製作者の語りかけたかったのはもっと大きな視点、たとえば生きる、死ぬ、心のありどころなどではないかと思いました。ストーリーに散漫さがありますが私には許せる範囲。心からいい作品に出会えたと思いました。

★ノルウェーまだ~むさん
おばあちゃんの陽気さで、残された兄弟たちは何とか耐えられたのかも。
私はあの天罰には、すっきり出来ませんでした。


★名無しさんは、taiykiさんでしょうか。
違っていたらごめんなさい。
スージーが天国へ行く決心をするまでの話と事前にわかっていればその視点で見て、違う感想になったと思います。
ですが、全く違う内容を予想していたもので、宣伝の予告編にだまされたって思いが強く残ってしまいました。

風子さん、おはようございます~
うっかりミスはよくやるのですが、失礼しました☆
早速TBしなおしますね。

★ノルウェーまだ~むさん
TBありがとうございました。(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/33107263

この記事へのトラックバック一覧です: ラブリーボーン:

» 「ラブリーボーン」 ◆感想を追記しました。 [MOVIE レビュー]
1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしています。 1月29日(金)公開の映画「ラブリーボーン」も観る予定です。1月はこれで4本目のピックアップです。殺人の被害者となってしまった14歳の少女が天国へ行くのですが、残された家族の嘆き悲しむ姿を見て、何とか地上に留まって家族を救おうとする。単なる殺人事件の犯人探しだけの、今までのこの手の映画のストーリー展開とはちょっと趣が違う、ファンタジーを取り入れたクライムサスペンスになっているみたいです。ちょっとヘビーな内容かも知れません。 (この映画... [続きを読む]

» 【ラブリーボーン】 [日々のつぶやき]
監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ   これは、私が天国に行ってからのお話。 「14歳のスージー・サーモンは近所に住む男にトウモロコシ畑で... [続きを読む]

» 【ラブリーボーン】★シアーシャ・ローナン [猫とHidamariで]
私は、14歳で殺された―これは私が天国に行ってからのお話。お願い。私の思い、届いて。ラブリーボーンHPラブリーボーン シネマトゥデイ英題:THELOVELYBONES製作年:2009年製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド日本公開:2010年1月29日チェック14歳で殺さ...... [続きを読む]

» ラブリーボーン [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ロ...... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」みた。 [たいむのひとりごと]
原作は知らない。そして予告編では、「私は14歳で殺された―」と、え?っと思う内容をまるで「昨日の映画面白かったねー」ってサラリと会話しているような明るい雰囲気になっており(しかも「ラブリー」だし)、イ... [続きを読む]

» ラブリーボーン [Akira's VOICE]
生と死を繋ぐファンタジー。   [続きを読む]

» ラブリーボーン (THE LOVELY BONES) [JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD]
この映画をこれから絶対ご覧になると心に決めてる方は、以下をスルーしてくださいませ。 jesterはこの映画、だめでした。 『14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。全世界30か国以上..... [続きを読む]

» ラブリーボーン/THE LOVELY BONES [映画感想つれづれ日記]
ロード・オブ・ザ・リング(LOTR)のピーター・ジャクソンが、失敗作(日本はだめでしたなぁ)の「キング・コング」の汚名返上とばかりに気合の入った作品といえる。 [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おまけに宣伝であれだけ『泣ける!』って煽られたらね~。  スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は14歳。父・ジャック(マーク・ウォールバーグ)、母・アビゲイル(レイチェル・ワイズ)、妹、弟の4人家族で仲良く幸せに暮らしていた。或る日... [続きを読む]

» ラブリーボーン [悠雅的生活]
手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。 [続きを読む]

» ラブリーボーン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪なんと言っても注目は、「「....... [続きを読む]

» 「ラブリー・ボーン」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; テーマが重たいこと、アメリカでの評判があまり良くないこと、いくつかの不安要素はあったものの、ピーター・ジャクソン監督作品ということに加え、とても豪華なキャスティングで、これはやはり見逃せない…と思い劇場に足を運びました。映像の美しさ、芸達者な俳優たちの演技、あらゆる意味で完成度が高く見応えある作品で、やはり観ておいて良かったと感じました。原作の世界観を損なう事無く、残酷さはやや控えめに(…とは言っても、かなりサスペンス度は高く、途中、心拍数はかなり上... [続きを読む]

» 『ラブリーボーン』・・・スージーがやり残したこと [SOARのパストラーレ♪]
独特の雰囲気を持つ秀作。サスペンスとしての手に汗握る緊張感もいいし、なにより鑑賞後に残る余韻があまり味わったことのない類のもので、なんとも心地よい感動を味わえた。 [続きを読む]

» ラブリーボーン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
2010年最初の感動大作―観て来ました〜【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは―     監督 : ピーター・ジャクソン 『ロード・オブ・ザ・リング』     製作総指揮 : スティーヴン・スピルバーグ     【comment】            ... [続きを読む]

» 『ラブリーボーン』(2009)/アメリカ・イギリス・ニュージーランド [NiceOne!!]
原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン試写会場 : よみうりホール公式サイトはこち...... [続きを読む]

» ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES [銅版画制作の日々]
ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。いきなり14歳の主人公の少女が殺害されたところから始まる不思議な物語。同名小説「ラブリーボーン」の映画化。何と世界30カ国以上で1000万部以上売上げ、出版界に一大センセーションを巻き起こした驚異のベストセラー。 監督ピーター・ジャクソンが原作と出会ったの... [続きを読む]

» ラブリーボーン [LOVE Cinemas 調布]
アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家族双方の再生を描いたファンタジードラマだ。出演は『つぐない』のシアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ。... [続きを読む]

» ラブリーボーン [ゴリラも寄り道]
<ストーリー>スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14 歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、... [続きを読む]

» ラブリーボーン (試写会) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボルドの同名原作「ラブリーボーン」の映画化だ。 「ロード・オブ・ザ...... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」 死により生を描く [はらやんの映画徒然草]
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と [続きを読む]

» ラブリーボーン (2009) THE LOVELY BONES 135分 [極私的映画論+α]
 満中陰ムービー? [続きを読む]

» ラブリーボーン [だらだら無気力ブログ]
nbsp; 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両親と..... [続きを読む]

» ★「ラブリーボーン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。 [続きを読む]

» ラブリーボーン 心残りがそこか〜=( ・_・;)⇒ アレ? [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=5 -3-】 今日は、先日仕事中に体調が悪いと早退なさって、ご帰宅後さらに容体が悪くなり救急車で搬送されたけどそのまま急逝されたうちの組合員さんご本人のお葬式だった。 1000人以上の組合員、なかなか全員は覚えられないが、御遺影を拝見して「あ!」、ご冥福をお祈りします、ありがとうございました。  スージー・サーモンは、14歳のときに近所に住む男にトウモロコシ畑で襲われ、殺されてしまった。父は犯人捜しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦み、家を飛び出してしまった。ス... [続きを読む]

» ラブリーボーン [ケントのたそがれ劇場]
★★★  とにかく嫌になるほど長~いエンディングクレジットだ。時間を測っていた訳ではないので、正確な時間は不明であるが、体感的には15分以上に感じられた。 最近の映画はやたらエンディングクレジットが長い。それでもクレジットと同時に、感動的な映像や心に染みわ... [続きを読む]

» ♯08 「ラブリーボーン」 [cocowacoco]
映画 「ラブリーボーン」 THE LOVELY BONES       ピーター・ジャクソン監督 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド 丁寧な作りで好感は持てるのですが、内容がどこかでみた感じなのがちょっと残念。 サスペンス・ミステリー・ホラーのミックスのような・・・雰囲気が映画「シックス・センス」にちょっと似てました。 <ネタバレあり徒然> 犯罪被害者の家族や親しかった者たちの苦しみを、亡くなった少女スージーの明るい目を通して描かれる。 その苦しみを乗り越えて幸せになるには... [続きを読む]

» ラブリーボーン(試写会) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年6本目です。 【あらすじ】 1973年12月6日。 学校の帰り道に、近所に住む男ジョージ・ハーヴェイ(スタンリー・トゥッチ)に呼び止められ、そのまま殺されてしまった..... [続きを読む]

» ラブリーボーン [りらの感想日記♪]
【ラブリーボーン】 ★★★★ 映画(5)ストーリー 優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サ [続きを読む]

» 『ラブリーボーン』 [・*・ etoile ・*・]
'10.01.18 『ラブリーボーン』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。これは見たかった。試写会プレゼントのお知らせを見た時はうれしくて、早速応募。見事当選した。 *ネタバレしてます! そして熱弁(笑) 「14歳のスージー・サーモンは会計士の父、母、妹、そしてまだ幼い弟の5人家族。ある日、トウモロコシ畑で近所に住む男に殺されてしまう。天国の手前でさ迷う彼女には、まだやり残したことがあった…」という話。いきなり少女が殺されてしまうという、ショッキングな... [続きを読む]

» ラブリーボーン(試写会) THELOVELYBONES [まてぃの徒然映画+雑記]
『私の名前はスージー・サーモン、お魚みたいな名前でしょ』愛らしい14歳のスージー・サーモン、お誕生日にはカメラを貰って、将来の夢はカメラマン。学校でひとつ年上のレイに片思い中。弟と妹がひとりずついて、パパの趣味はビンの中に帆船を作ること。おばあちゃんはい...... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」(2009) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
{{{: 出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、 スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ    マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン、ローズ・マクアイヴァー 監督: ピーター・ジャクソン 製作総指揮:スティーヴン・スピルバー、 テッサ・ロス、ケン・カミンズ、ジェームズ・ウィルソン 原作:アリス・シーボルド 『ラブリー・ボーン』(アーティストハウス刊) 脚本:フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ピーター・ジャクソン 原題..... [続きを読む]

» ラブリーボーン [菫色映画]
The Lovely Bones2009年 アメリカ=イギリス=ニュージーランド 監督:ピーター・ジャクソン 原作:アリス・シーボルド 出演:シアーシャ・ローナン    マーク・ウォールバーグ    レイチェル・ワイズ    スーザン・サランドン    スタンリー・トゥッチb...... [続きを読む]

» *『ラブリーボーン』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:アメリカ+イギリス+ニュージーランド合作映画、ピーター・ジャクソン監督&脚本、アリス・シーボルド原作、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ出演。... [続きを読む]

» ラブリーボーン [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ&イギリス&ニュージーランド  ドラマ&ファンタジー&サスペンス  監督:ピーター・ジャクソン  出演:シアーシャ・ローナン      マーク・ウォールバーグ      レイチェル・ワイズ      スーザン・サランドン 【物語】  スージー・サーモンという...... [続きを読む]

» 家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』 [水曜日のシネマ日記]
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。 [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」 [みんなシネマいいのに!]
 予告編の「私はスージー・サーモン。お魚みたいな名前でしょ」のセリフが頭に残って [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」胸に迫る想い [ノルウェー暮らし・イン・London]
今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・ [続きを読む]

» ★ラブリーボーン(2009)★ [CinemaCollection]
THELOVELYBONES上映時間135分製作国アメリカ/イギリス/ニュージーランド公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2010/01/29ジャンルドラマ/ファンタジー/サスペンス映倫G【解説】アリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピー...... [続きを読む]

» ラブリーボーン [映画大好き!]
ラブリーボーン、衝撃的とはいえないが心をわしづかみにされた。本当に愛しくてたまら [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」胸に迫る想い [ノルウェー暮らし・イン・London]
今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・ [続きを読む]

» 【映画】ラブリーボーン [新!やさぐれ日記]
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。 ▼コメント 多分、かなり辻褄の合ってない映画だと思う。 色々な見方ができる映... [続きを読む]

» ラブリーボーン [Movies 1-800]
The Lovely Bones (2009年) 監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スタンリー・トゥッチ アリス・シーボルトの全米ベストセラー小説の映画化で、殺害された14歳の少女が、地上と天国の間の不思議な空間に留まり、家族と犯人を見つめているというファンタジー。 何故、少女が天国の手前で留まることになったかと言うと、まだ地上で遣り残したことがあったからで、それは何かというのが本作のメインテーマとなっている。 そして、それは当人も... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死んでいた」というオチの作品は多々あるが、殺された側から...... [続きを読む]

» ラブリーボーン [映画、言いたい放題!]
話題になってますね。 主演のシアーシャ・ローナンは、 「つぐない 」がとても良かったので楽しみです。(^^) 家族に愛され、恋に胸をときめかす14歳のスージー・サーモンは、 近所に住む男に殺されてしまう。 父は犯人捜しに明け暮れ、 母は愛娘を失った苦みに耐えき... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」:築地市場正門前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}ここは、築地の魚市場。 {/kaeru_en4/}魚って、骨があって面倒なんだよな。 {/hiyo_en2/}そんなこと、ないでしょ。骨にだって栄養はあるし、愛すべき骨たちよ。 {/kaeru_en4/}愛すべき骨たち?ラブリーボーンか。 {/hiyo_en2/}ラブリーボーン?それって、ピーター・ジャクソン監督の新作のタイトルじゃない。 {/kaeru_en4/}冬のトウモロコシ畑で殺された14歳の少女が、この世とあの世の狭間から残された家族や犯人の行く末を見守る物語。 ... [続きを読む]

» ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(映画/劇場鑑賞) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[ラブリーボーン] ブログ村キーワードラブリーボーン(原題:THE LOVELY BONES)キャッチコピー:これは、私が天国に行ってからのお話製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド製作年:200...... [続きを読む]

» 「ラブリーボーン」喪失と可能性を秘めたファンタジー [soramove]
「ラブリーボーン」★★★★ マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、シアーシャ・ローナン主演 ピーター・ジャクソン 監督、135分、 2010年1月29日公開、2009,アメリカ,パラマウント (原題:THE LOVELY BONES)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「スージーは14歳で近所に住む男に殺害された、 この世とあの世の中間の天上から まだ終... [続きを読む]

» 『ラブリーボーン』 [シネマのある生活~とウダウダな日々]
『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソンが全世界に贈る、渾身の感動作 [続きを読む]

» 映画:ラブリーボーン [よしなしごと]
 話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。 [続きを読む]

» ラブリーボーン (The Lovely Bones) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力…... [続きを読む]

» 【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却{/dododo/}に行って、帰宅後レンタルしてた映画{/m_0058/}を観ました…で、夕方に食料品の買い出し{/silver/}…以上{/face_ase2/} …折角の休みなのにねぇ{/face_ase2/} 本当は散髪{/m_0056/}に行きたかったんだ... [続きを読む]

» 『ラブリーボーン』'09・米・英・新 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ14歳のスージーが近所の男に襲われ殺された。深い悲しみを負った家族は、いつしかバラバラに。そんな様子を、スージーは天国から見守っていたが・・・。感想ハラハラする... [続きを読む]

» 『ラブリーボーン』 [『映画な日々』 cinema-days]
ラブリーボーン 隣家の男に殺された14歳の少女が 天国と現世の狭間に留まり、 家族の行く末を見守る... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:アリス・シーボルド 『ラブリー・ボーン』... [続きを読む]

» ラブリーボーン [こんな映画見ました〜]
『ラブリーボーン』---THE LOVELY BONES---2009年(アメリカ/イギリス/ニュージーランド )監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ 、シアーシャ・ローナン 、ローズ・マク...... [続きを読む]

« 新聞広告のレオ | トップページ | サインの値段 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ