サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ボブという名の猫

    ダンケルク

    僕のワンダフル・ライフ

    ドリーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« シャーロック・ホームズ (試写会) | トップページ | モリエール 恋こそ喜劇 »

2010年3月10日 (水)

ハート・ロッカー

War is drug
なぜ 再び戦場へ行く

Hurtlocker_2

公式サイト http://www.hurtlocker.jp

監督: キャスリン・ビグロー 「ハートブルー」「K-19」

原題“The Hurt Locker”の意味は「棺桶」
兵隊用語で「行きたくない場所」の意味もある

イラクの爆弾処理班の様子を、ドキュメンタリータッチで描いています。
脚本のマーク・ボールはジャーナリストでもあり、本作は彼の取材体験に基づいている。

2004年イラク。
新しく爆発物処理班の班長として赴任してきたウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、優秀だが、作業上のルールを無視した行動ばかりで、補佐につくサンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵は不安を感じる。

アカデミー賞の作品賞と監督賞も獲りましたね。
もし獲ったらかなり混むだろうと、発表前に見に行きました。

爆破物処理班は、チームで行動しています。
爆発物に直接触れて解除などをする人と、処理の間、周囲に起爆装置や銃などの武器を所持している人物がいないか監視をする人。

自分もチームの一員になったように、思わず画面の中に不審者がいないか、探してしまいました。

ルールに従わないと、自分だけでなくチームのメンバーも危険にさらされるので、ジェームズ軍曹の行動に、気が気でないサンボーンとエルドリッジ。

Mackierenner

爆弾の処理だけでなく、常に死と隣り合わせの戦場ですから、全編を通して緊張の連続です。そして戦地にいる兵士たちの心理状態も、描かれています。
まともな神経ではいられなくなるのもわかります。生きるか死ぬかの、どちらかしかないのですから。
そして戦場を去る者と、再び戻る者。

「ストップ・ロス」の出演者も言っていましたが、戦場さながらのすごい爆発や銃撃戦があっても、本物の兵士と決定的に違うのは、自分達には死の恐怖がない事。

また「ジャーヘッド」の主人公が、実戦に一度も参加する事なく帰還したが、軍を辞めても銃の感触が忘れられないと言っていたのを思い出したりしました。

ジェレミー・レナーは、「S.W.A.T.」の悪役くらいしか覚えていません。
オスカーにノミネートされて、これから主役が増えそうですね。
Jeremyrenner

ちょい役で有名俳優が出演しているのは知らなかったので、うれしい驚きでした。


ガイ・ピアース
爆弾処理班の班長トンプソン軍曹
Hurt_locker_gai


レイフ・ファインズ
請負チームリーダーで、砂漠で突然出てきてびっくり。Thehurtlockerpic8


デヴィッド・モース
リード大佐
Hurt_david

それにしても、あんなすごい防爆服を着て歩くだけでも大変だと思うのに、繊細さと冷静さが要求される爆弾処理をする人って、ただただすごいと敬服するばかりです。

それにしても、イラクが平和になるのは、いつなのでしょうか。

(鑑賞日3月8日)

« シャーロック・ホームズ (試写会) | トップページ | モリエール 恋こそ喜劇 »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

凄い緊張感でした。あのスーパースローを使った映像表現は秀逸です。確かに映画だから死の恐怖はないんですよね。
この間イラクの爆弾テロのニュースをやっていて、そこには映画で観た米兵がでてくるんですよ、当然。でも彼らは死と隣り合わせなんですよね。
映画の映像と実際の映像の境目が自分の中で何だかあやふやになっていて怖かったです。

★KLYさん
イラクはまだまだ危険な戦場なんですよね。
映画のような映像が今もあると思うと、なんともいえない気持ちです。

こんばんは^^
私も公開初日に観たかったのですが、都合が
悪くて、アカデミー賞受賞翌日の火曜日に行ったら、
風子さんの読みどおり混んでました(T^T)

有名俳優結構出演していたのに、ガイ・ピーアス
以外気がつかなかった私でした(^^;

ほんと、イラクに平和が訪れ日はくるのでしょうか・・・

★ひろちゃんさん
アカデミー賞作品になると、普段映画を見ない人も来ますからね。ただ券で見に行きました。
イラクも早く平和になって欲しいと思います。

TBありがとうございました♪

防爆服ってまるで宇宙服のようで驚きました。
他の戦争映画とは違った視点の描き方が印象的です。
個人的にはオスカー受賞は納得の作品でした。

★choroさん
>防爆服ってまるで宇宙服のようで驚きました。

あんなのを着て作業するなんて、すごいですよねえ。
無重力の宇宙と違いますもんね。

見る側に考えさせる作りの映画でしたね。

こんにちは~♪
今日から4月ですね~
コチラでは冷たい雨が降っています。せっかく桜が咲いてきたのに・・・

>ジェレミー・レナーは、「S.W.A.T.」の悪役くらいしか覚えていません
私もです(笑)
上手かったですよね~ジェームズ役。難しい役どころだったと思いますが。
これからどんどん活躍しそうですね♪

映画はずっと緊張感があって観終わったらグッタリでした。言葉にならなくてもズシンと響くものがある作品だったわ~

★由香さん
ジェレミー・レナーは、知名度がぐっと上がりますよね。

戦争って...と、溜息です。

なんか見た後も、いつまでももやもやが残る、どうにもスッキリしない映画でしたね。
釈然としないまま、いまだにおりますが、それがきっと戦争なんでしょうね。
ああいった、何が敵なのか、何に対して戦っているのもわからないような今の複雑さをよく表していたと思います。

★sakuraiさん
戦争のむなしさを感じさせますねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/33599283

この記事へのトラックバック一覧です: ハート・ロッカー:

» 分かっちゃいるけど止められない。『ハート・ロッカー』 [水曜日のシネマ日記]
イラクに駐留するアメリカ軍爆発物処理班の兵士たちの姿を描いた作品です。 [続きを読む]

» ハート・ロッカー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ〜♪監督は、「...... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [Akira's VOICE]
処理できないものは人間の心。   [続きを読む]

» ハート・ロッカー/ The Hurt Locker [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 各映画祭などでの受賞数、100近く{/eq_1/} もうすぐ発表される、アカデミー賞作品賞の大本命{/eq_1/} 21日に発表になったばかりの英国アカデミー賞でも圧勝{/atten/}  監督賞、作品賞はじめ、6部門で受賞した。 本家アメリカのアカデミー賞と受賞作品・俳優が重なることが多い。 監督は、同じくアカデミ... [続きを読む]

» 『ハート・ロッカー』 [ラムの大通り]
(原題:The Hurt Locker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ〜あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞するべきでした。」と、 監督賞受賞スピーチにてコメント!』というヤツだね。 ぼくは、その昔、 ダスティン・ホフマンが『クレイマー、クレイマー』で ゴールデングローブ賞の男優賞を受賞したときを思い出した。 本来ならばジャック・レモ... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [LOVE Cinemas 調布]
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイフ・ファインズが出演している。次の瞬間に何が起こるか解らない極限の緊張感で手に汗握る展開に引き込まれる。... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [小部屋日記]
The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース 彼らは、数えきれない命を救う。 たった一つの命を懸けてー。 久しぶりに試写会にいってきました。 今年のアカデミー賞で作品賞、監督賞を含む9部門にノミネート。 監督は「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー。業界内ではアカデミー史上初となる監督同士(『アバター』のジェーム... [続きを読む]

» 「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年2月4日21:23 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています。  2004年、夏。イラク、バグダッドで爆発物処理の任務に就く“ブラボー中隊”。或る日、市街地で爆弾処理を遂行中に、予期せぬトラ... [続きを読む]

» 『ハート・ロッカー』・・・もうひとつのイラク戦争 [SOARのパストラーレ♪]
イラク戦争を題材にしながらこの作品にはスーパーホーネットも、ストライクイーグルも、アパッチロングボウも、エイブラムスも、ブラッドレーも登場しない。 [続きを読む]

» ハート・ロッカー [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
【THE HURT LOCKER】 2010/03/06公開 アメリカ(PG12) 131分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン・....... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
防護服に身を包み、爆弾の配線を確認して信管を取り除く任務。戦場という名の日常。 死に最も近い米軍爆発物処理班の兵士たちを描き、本年度アカデミー賞最有力_。 物語:2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中でも...... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [元レンタルビデオ屋店長の映画感想]
オフィシャル・サイト  「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。テロの脅威が続く混沌のイラク・バグダッドを舞台に、爆発処理チームの... [続きを読む]

» 『ハート・ロッカー』 (The Hurt Locker) [Mooovingな日々]
キャスリンビグロー監督、ジェレミーレナー、アンソニーマッキー、ブライアンジェラティ、レイフファインズ、デヴィットモース、ガイピアース。 2004年イラクバクダット郊外。米軍爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中で最も死を身近に感じながら作業を行うスペシャリスト。 ある日爆発物処理中に爆弾が爆破し1人が殉職。新しいリーダーに就任したジェームズ二等軍曹は、基本的な安全対策も行わず死に対する恐れがないかのように振舞う。 補佐に付く兵士たちは、一瞬の判断ミスが死に直結する処理班の任務のなかで..... [続きを読む]

» 「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 [はらやんの映画徒然草]
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった [続きを読む]

» ハート・ロッカー [映画通信みるみる]
第82回アカデミー賞で、 6冠(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、音響編集賞、録音賞)に輝やきました。 監督さんは、「ハートブルー」「K-19」... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】 緊張とスリルを味わいたかったらお薦めの本作。 [続きを読む]

» ハート・ロッカー [りらの感想日記♪]
【ハート・ロッカー】 ★★★★☆ 映画(祭)(12)ストーリー 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班 [続きを読む]

» ハート・ロッカー◆◇THE HURT LOCKER [銅版画制作の日々]
イラクでの取材体験に基づいて描く戦場の恐るべき実態 東宝シネマズ二条にて鑑賞。仕事終了後、急いでシアターに。。。。今日はアカデミー賞6冠に輝いた「ハート・ロッカー」です。ニューヨークアイラブユーパート2はちょっと後にしてまずこの記事を書きたいと思います。 さてTHE HURT LOCKERとは?アメリカ軍の隠語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」という意味だそうです。サンボーンがこの地での恐怖をジェームズに語るシーンが後半にありましたが。まさにこのタイトルの恐怖を語っていました。 かなりリアルでした。... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [映画の話でコーヒーブレイク]
アカデミー賞発表前の公開初日、完売で見れなかった本作見てきました。 流石に、アカデミー賞6冠獲得!     興行成績を塗り替えた「アバター」を抑えての受賞!     初の女性監督、監督賞獲得!     元夫(キャメロン){/v/}元妻対決で妻の勝利! な〜んて、巷を賑わした話題作だけあって、ほぼ満席でした。 タイトルの「ハート・ロッカー」のハートは心じゃなくって「hurt 傷ついた、こわれた」 ロッカーは 「locker 戸棚、箱」でベトナム戦争以来米軍の隠語で「棺桶」を意味するらしい。 カタカ... [続きを読む]

» [映画『ハート・ロッカー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われた。  キューブリックの作品の如く、客観的かつ硬質な作風であった。  監督のキャスリン・ビグローには、20年ほど前に、『ブルースチール』や『ハートブルー』を「一風変わった」アクション映画として楽しませてもらったものだ。  その「一風変わった作風... [続きを読む]

» 「ハート・ロッカー」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; アカデミー賞の呼び声が高く、発表前に観ておきたいと思い、公開初日の3月6日に観に行きました。ネット予約で席を確保していたので観ることができましたが終日、どの回も満席になっていて人気の高さに驚きました。観終わっての正直な感想は「すごい映画だった…。でも、この作品にオスカーをとってほしくない…」というものでした。何故なら、この作品のテーマである“戦争は中毒になる”…という考えが恐ろしいと思ったからです。間違っている、とは思いませんでした。間違っていないか... [続きを読む]

» ハート・ロッカー THEHURTLOCKER [まてぃの徒然映画+雑記]
ヒリヒリとした緊迫感が続く2時間。今年のアカデミー賞受賞作、だからというわけではないけれど、結構ノミネートされてたので前売りを買って日曜日に行ったら、すでにお目当ての回は満員で、平日仕事が終わった後に出直したのでした。それでも6〜7割の入りだったから、相...... [続きを読む]

» 『ハート・ロッカー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3月13日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 色々物議を醸し出した今回のアカデミー賞。  “元夫婦対決”なんてマスコミのオイシがる素材。 興行数字は文句なしに元夫に軍配が上がっている... [続きを読む]

» ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー! [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響編集賞、音響調整賞の6部門を受賞したことで圧勝、今もっともホットな作品。 観に来たいと思っている映画が、話題を呼んで、新聞やテレビとかいろいろなメディアで取り上げられてしまうと、予備知識を入れないように情報をシ... [続きを読む]

» 「ハート・ロッカー」:築地三丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}ずいぶん頑丈そうなビルだな。 {/hiyo_en2/}テロに攻撃された場合でも想定しているのかしら。 {/kaeru_en4/}しかし、テロって言っても、人間爆弾みたいなテロもあるから、建物を頑丈にしても防ぎきれるとは限らない。 {/hiyo_en2/}「ハート・ロッカー」に描かれたイラクの状況みたいにね。 {/kaeru_en4/}アメリカ軍の爆弾処理班の物語なんだけど、相手は得体のしれないイラク人。それだけで恐怖の対象になる。 {/hiyo_en2/}イラク人は全員が... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [映画大好き!]
アカデミー最優秀作品賞に輝いたハート・ロッカーを見てきました。戦場を舞台を題材に [続きを読む]

» ★ハート・ロッカー(2008)★ [CinemaCollection]
THEHURTLOCKER永遠を思わせる戦場。刹那を生きる男たち──。メディア映画上映時間131分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)初公開年月2010/03/06ジャンルアクション/サスペンス/戦争映倫PG12【解説】「ハートブルー」「K-19」のキャスリン...... [続きを読む]

» 映画「ハート・ロッカー」ヒリヒリするような恐怖を感じる [soramove]
「ハート・ロッカー」★★★★ ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース 主演 キャスリン・ビグロー 監督、131分 、 2010年3月6日公開、2008,アメリカ,ブロードメディア・スタジオ (原題:THE HURT LOCKER)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「アカデミーの作品賞と監督賞という 主要部門を元ダンナ... [続きを読む]

» 「ハート・ロッカー」新宿武蔵野館にて鑑賞 [流れ流れて八丈島]
当直明けで新宿へ回り、武蔵野館で「ハート・ロッカー」を観てきました自分的には予定の行動だったんだけど、おとといの米国アカデミー賞で最優秀作品賞をとったばかりなので、平日の昼間なのに満員でしたねぇとにかくもう、あの「アバター」を押さえて、最優秀作品賞ほか...... [続きを読む]

» 「ハート・ロッカー」(2008) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
やはりオスカー受賞作というブランドは凄いですね〜(笑) 私が一昨日予約した時はウィークデーの午前中ということもありまだ2〜3席しか埋まっていなかったのに、今日映画館に行ったら、チケット売り場は長蛇の列で、この「ハート・ロッカー」のスクリーンは最終的には8割以上埋まっていたように思います。本編が始まるギリギリまで人が次々と入ってくるのもウィークデーの劇場としては珍しい!(笑)終わった後もロビーはいつになく込み合ってましたから、次の回を観る人も多かったのでしょうね。ちなみに男女の割合は7:3くらい..... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任。 ..... [続きを読む]

» ♯18 「ハート・ロッカー」 [cocowacoco]
映画 「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER         キャスリン・ビグロー監督 2008年 アメリカ 観たのはアカデミー賞発表の翌日です。 さすがアカデミー賞受賞効果でしょうか。 平日の通常料金の時間帯で、並んで入ったのは久しぶりです。 (私は安い福袋チケット使ったけれど) (ネタバレあり) 観る前はネタバレ避けつつも、テレビなどでチラホラ思わず耳にした・・・。 『戦争を題材にしながらも、ストーリー性や押し付けがましいメッセージはない』 そうか、ストーリーはない... [続きを読む]

» 映画「ハート・ロッカー」 [FREE TIME]
話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» ハート・ロッカー [映画的・絵画的・音楽的]
 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描かれているのだろうと興味がありました。ですが、実際には、『Hurt Locker』とのこと。『ワールド・オブ・ライズ』も、『World of Rise』ではなく『World of Lies』だったことが思い出されます! (1)映画は、イ... [続きを読む]

» 『ハート・ロッカー』... ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:アメリカ映画、キャスリン・ビグロー監督、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース出演。... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [ぷち てんてん]
オスカー取ったおかげで地方でも上映が始まった^^)☆ハート・ロッカー☆(2008)キャスリン・ビグロー監督ジェレミー・レナーアンソニー・マッキーブライアン・ジェラティレイフ・ファインズガイ・ピアースストーリー 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍...... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱くようになり―     監督 : キャスリン・ピグロー 『K-19』【comme... [続きを読む]

» 被害者意識だけの「ハート・ロッカー」 [映画と出会う・世界が変わる]
この作品が描くのはあまりにも過酷な爆弾処理の業務である。普通、「日常業務」という言葉には何の変哲もない業務を連想しがちであるが、ここでの日常業務は全く違う。異常な日常、異常な環境である。そうした業務がそれに携わる人々の人間性を変えていくことは明らかであ...... [続きを読む]

» 【映画】ハート・ロッカー [新!やさぐれ日記]
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱く。 ▼コメント 「戦争は麻薬」というテーマを打ち立てたまではよか... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ハート・ロッカー’08:米 ◆原題:THE HURT LOCKER ◆監督: キャスリン・ビグロー「K-17」「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」◆出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース ...... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [迷宮映画館]
緊迫感は半端でない。 [続きを読む]

» ハート・ロッカー [映画、言いたい放題!]
第82回アカデミー賞の話題の的の作品でしたね。 「アバター 」は観たけれど、 私は、映像以外は今一つだったので 結果は、やっぱりねぇ、、、という感じでしたが、 こちらも観てみないとね。 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊の... [続きを読む]

» 映画:ハート・ロッカー [よしなしごと]
 自称映画ブログなのに、最近は全然映画を観に行っていない。観たい映画がどんどん終わってしまう中、時間を作ってハート・ロッカーを観てきました。 [続きを読む]

» ハート・ロッカー [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー... [続きを読む]

» 「ハート・ロッカー」 [ドゥル的映画鑑賞ダイアリー]
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 監督・製作 : キャスリン・ビグロー 脚本・製作 : マーク・ボール 出演 : ジェレミー・レナー 、 アンソニー・マッキー 、 ブライアン・ジェラティ 、 レイフ・ファインズ 、 ガイ・ピアース 、 デヴィッド・モース あらすじ 004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業中に爆発が起き、班長のトンプソン軍曹が爆死してしまう。トンプソン軍曹の代わりに派遣されて... [続きを読む]

» 『ハート・ロッカー』'09・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーにジェームズ軍曹が就任する・・・。感想『ハートブルー』のキャスリン・ビグロー... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [いやいやえん]
アクションというか戦争スリラーといってもいいような内容でした。 リアルな迫力があって、空気がぢりぢりとしてるので、観終わって本当に疲れました。ドンパチするだけが戦争ではないというのを改めて感じた作品でした。 人間が壊れてしまう。戦争中毒者となってしまった人間は、もう元には戻れない。彼らを待つ家族の元には心が帰ってこないのだ。 ちょっとした人の動きとか、胡乱な目でみている現地の人々などの映像がリアル感を出しています。いつ、どこで、誰がテロを起こすのかわからない、どこに潜んでいるのか、男か... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [我が頭に巣くう映画達]
29点 2009年のアメリカ映画で、 監督は「K-19」のキャスリン・ビグロー、 主演はジェレミー・レナーです。 2009年度のアカデミー賞で、 作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、録音賞、音響効果賞の6部門...... [続きを読む]

» ハート・ロッカー [ごみつ通信]
The Hurt Locker 2008年/アメリカ (監)キャサリン・ビグロー [続きを読む]

« シャーロック・ホームズ (試写会) | トップページ | モリエール 恋こそ喜劇 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ