鑑賞予定

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ハート・ロッカー | トップページ | レオ 来日記者会見 »

2010年3月11日 (木)

モリエール 恋こそ喜劇

喜劇を創造して

Moliere

公式サイト  http://www.cetera.co.jp/moliere

劇作家モリエールの伝記上、空白とされる数ヶ月を、フィクションで描く。

1644年のパリ。
若きモリエール(ロマン・デュリス)は駆け出しの役者で、仲間たちと旗揚げした劇団は経営難。債権者に訴えられて投獄されたが、裕福な商人のジュルダン(ファブリス・ルキーニ)が、交換条件付きで借金を肩代わりしてくれて釈放された。その条件とは、ジュルダンに演技を教える事。但しその事は、ジュルダンの家族には内緒にしなくてはならない。モリエールは聖職者のふりをし、次女の家庭教師として、ジュルダンの屋敷に行く。

モリエールの名作誕生の陰には、知的で美しいあるマダムの存在があったとするフィクション。

ジュルダンは妻子のある身にもかかわらず、若い侯爵夫人セリメーヌ(リュディヴィーヌ・サニエ)にご執心。貧乏貴族のドラント伯爵(エドゥアール・ルベール)を仲介として、彼女に会おうとします。そして自作の演劇を披露して彼女の心をつかもうと、モリエールを雇いました。

モリエールは彼の劇作家としての才能を見抜いたジュルダンの妻、エルミール(ラウラ・モランテ)に恋心を抱きます。しばらくして聖職者ではないと夫人にばれますが、二人は愛し合うようになります。
ラウラ・モランテは、とても綺麗な女優さんだと思ったら、イタリア人なんですね。

Moliereelmire11

すっごく笑えるコメディーでした。
とても楽しく鑑賞しました。

Romainduris_moliere

ロマン・デュリスもうまいけど、その上を いくルキーニ。
さすがベテラン。女装まで見せてくれます。
もう、見事に笑わせてくれましたー。ヽ(*≧ε≦*)

ふたりの馬のマネには、特に笑わせていただきました。happy01


ドラント伯爵は、実は自分もセリメーヌにご執心。
Photo

ジュルダンを騙して、お金を巻き上げています。
そして自分の息子を、ジュルダンの長女アンリエットと結婚させようとします。

しかしアンリエットには、相思相愛のヴァレールがいる。ヴァレールと結婚させたいマダムジュルダンは、ドラント伯爵からの縁談を、夫に断って欲しいけれど、なかなかうまくいきません。

言い寄る男は数知れずというセリメーヌ。
若くて綺麗だけど、性格は傲慢で鼻持ちならない女。

セリメーヌの本性を知ったジュルダンは、妻の浮気に気づいて愕然とします。
自分がセリメーヌに熱をあげて、妻を顧みなかった間に、妻には愛人が...
反省するムッシュジュルダン。娘の縁談も破棄しようとしますが、伯爵に脅されてままならない。

マダムジュルダンには、自分の幸せより、娘の幸せが第一。
ムッシュジュルダン対し、アンリエットと伯爵家の縁談を壊すなら、身を引くというモリエール。

ずっとコミカルだった話が、ラストで切ない話となりますが、ロマン・デュリスの演技力で、感情移入できました。

悲劇を書きたかったモリエールですが、悲劇以上の喜劇がないなら、あなたが創造して、涙を笑いに変えるような喜劇がないなら、あなたが創造してしてと言ったマダムの言葉が、モリエールの創作の力になったという話でした。

(鑑賞日3月9日)

« ハート・ロッカー | トップページ | レオ 来日記者会見 »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

面白かったですねぇ。
フランスの喜劇って初めて観たんですが、上品な笑いでした。ルキーニは申し訳ないけどもう顔からお間抜けで可笑しくて。(笑)
作品全体がまさしくモリエールの喜劇って感じがしました^^

★KLYさん
こんなに面白い作品とは思っていませんでした。
ほんと、モリエールの舞台喜劇を見ているようでした。happy01

風子さん、こんばんは。
いつもトラックバックありがとうございます。(*^-^*

>ずっとコミカルだった話が、ラストで切ない話となりますが、ロマン・デュリスの演技力で、感情移入できました。

この場面のロマン・デュリスの憂いのある瞳が印象深かったです。
相手の目を見て話す彼の演じ方は誠実ですよね。

マダムのアドバイスを素直に受け入れた事が
モリエールの創作の原動力となっていったのでしょうね。

★BCさん
ロマン・デュリスは二枚目ではありませんが、好きな俳優さんです。
ベッドに横たわるマダムとの再会のシーンも、とてもよかったです。

素敵な映画でしたね。
大好きなフランス映画のエッセンスがぷんぷんで、堪能しました!!
私は、ロマン君、ちょっと苦手だったのですが、これで赤マル急上昇です!!!

★sakuraiさん
ロマンくん、くせのある顔ですからね。
もうすぐ公開の、「メッセージ そして、愛が残る」も楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/33527225

この記事へのトラックバック一覧です: モリエール 恋こそ喜劇:

» モリエール 恋こそ喜劇 [LOVE Cinemas 調布]
17世紀フランスの天才劇作家モリエールの若かりし頃を描いたまさにフィクションの伝記だ。まさに映画そのもので舞台喜劇を演じているかのようなストーリーはフランス映画でありながらも明るい笑いが溢れている。主演は『PARIS(パリ)』のロマン・デュリス。共演にファブリス・ルキーニ、リュディヴィーヌ・サニエらが出演。監督はこれが2作目の長編作品となるローラン・ティラール。 ... [続きを読む]

» 〜『モリエール 恋こそ喜劇』〜 ※ネタバレ少々 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2007年:フランス映画、ローラン・ティラール監督、ロマン・デュリス、リュディヴィーヌ・サニエ、ファブリス・ルキーニ、ラウラ・モランテ、エドゥアール・ベール出演。 [続きを読む]

» 『モリエール恋こそ喜劇』(2007)/フランス [NiceOne!!]
原題:MOLIERE監督:ローラン・ティラール出演:ロマン・デュリス、リュディヴィーヌ・サニエ、ファブリス・ルキーニ、ラウラ・モランテ鑑賞劇場 : ル・シネマ公式サイトはこちら。<Story>1644年・パリ。22歳の演劇青年モリエール(ロマン・デュリス)は、「タ...... [続きを読む]

» モリエール 恋こそ喜劇 [シネマ大好き]
劇団が破産し、借金のせいで投獄されたモリエールが、釈放されてから再び劇団と合流するまでの間に起こったことを描いたフィクション。 投獄されたモリエール(ロマン・デュラス)を救ったのは、裕福な商人ジュルダン(ファブリス・ルキーニ)だが、彼の目的は、社交界の華..... [続きを読む]

» 「モリエール 恋こそ悲劇」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; 17世紀のフランスの喜劇作家モリエール。後に「コメディ・フランセーズ」として成功する劇団を立ち上げたばかりの頃、多額の借金に追われていた彼は、それを肩代わりしてもらうのと引き換えに、お金持ちの商人ジュルダン氏の演技指南役を引き受けることになります。その中で起こる出会いと別れ、笑いと涙の物語でした。モリエール役のロマン・デュリスは、本当に素晴らしい役者さん!観ている間はすっかり忘れていましたが、「スパニッシュ・アパートメント」の主人公グザヴィエを演じて... [続きを読む]

» モリエール 恋こそ喜劇   (2007) [Chocolat Noir 76]
Bunkamura ル・シネマにて。格式の高い畏まった店のフランス料理ではなく、小さくて家庭的なビストロの素朴で美味しい料理のようなフランス映画でした。実在した17世紀フランスの劇作家モリエール。売れない劇団の座長だった彼は、若い頃に2度も借金のために投獄されます。2度目の投獄の際には、謎の後援者が彼を釈放させるために仲裁者となったとか。この作品は、その2度目の釈放後の空白の数ヵ月に焦点を当てています。といっても、あくまでもこんなことがあったのかもしれない?という想像の物語。後年、モリエールがシリア... [続きを読む]

» モリエール 恋こそ喜劇 [迷宮映画館]
これは傑作!!フランス映画を堪能した! [続きを読む]

» 映画『モリエール 恋こそ喜劇』★ロマンの馬(!)も美しい涙もイイ☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/150837/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 モリエールが22歳のときの空白期間のことを 創作した作品なのだそうです。 貴劇団の団長:モリエールは、借金の肩代わりを、ある富豪にしてもらいました。 代わりに、その富豪は、娘ほど若い侯爵夫人の愛を得るための、寸劇を試み..... [続きを読む]

« ハート・ロッカー | トップページ | レオ 来日記者会見 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ