サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« タイタンの戦い レッド・カーペット観覧 | トップページ | ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い »

2010年4月12日 (月)

プレシャス (試写会)

幸せに生きる勇気を

Precious

公式サイト http://precious-movie.net
4月24日公開

同名小説(サファイア著)の映画化

1987年、ニューヨークのハーレム。
体形的なコンプレックスを持ち、文字の読み書きもできない16歳のプレシャス(ガボレイ・シディベ)は、2度目の妊娠をしている。友達もなく、幼い頃から両親の虐待を受けて育ったたが、誰にも話せず、悲惨な日々を過ごしている。
そんな中、フリースクールに通い始めたのをきっかけに、「学ぶ喜び」、「人を愛し、愛される喜び」を知り、幸せになろうと、勇気ある一歩を踏み出そうとする。
 

20年前のアメリカでは、こういう状況の人は珍しくないのかもしれないけど、幸いにも自分には無縁の事なのでピンとこず、感情移入はしにくいし、両親の虐待のシーンを見ているのは不快。
でも最近のニュースを聞いていると、日本でも親から虐待を受ける子供は、かなり増えて大勢いるのかしら。

プレシャスにとって、空想や幻想は、辛い現実を耐えるための手段。現実逃避する場所がないと、とても生活していけないわよね。

教室でも一度も発言した事がなかった。クラスメートと手をつないだ事もなかった。
よい教師と出会ったことで、自分の未来は自分で決めていこうという、勇気がもてたんですね。

親や先生は選べないから、その点では運もありますね。

こういう映画を見ると、義務教育のある日本はいいなと思いますね。正常なら、読み書きが全くできない子はいないでしょ。

愛されるべき相手の親から愛されないのは、本当に辛く悲しいと思います。
母(モニーク)が、自分を虐待した理由を知る場面がよかったですね。

モニークの演技は、助演女優賞受賞に納得です。

マライア・キャリーがほぼすっぴんで、ソーシャル・ワーカーの役。
レニー・クラヴィッツは、看護助手。
レイン先生役のポーラ・パットンは、とっても綺麗な女優さんですね。

地味な映画だし、アカデミー賞関連作でなければ、日本では未公開になったと思います。

(鑑賞日4月9日)

« タイタンの戦い レッド・カーペット観覧 | トップページ | ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

風子さん、こんばんは。

自分の事を理解し親身になってくれるフリースクールの教師に出逢えた事は
プレシャスにとっては救いだったでしょうね。

そして、母の心境も知った事で
プレシャスは自分で人生を決めて生きていこうと決意する事が出来たのでしょうね。

★BCさん
いろいろな意味で、学校教育って大事だなあと思いました。
もちろん家庭も大事ですけど。
プレシャスが2人の子供に、とても愛情を持っているのがよかったです。

虐待のシーンなぞは、やはり見たくないもんですが、母の複雑な思いと、娘を愛したかったのに愛せなかった・・・という辺りが、ズシーンと来ました。
わが子に対して満面の笑みを向けるプレシャスがよかったです。

★sakuraiさん
女として母として色々複雑なんですね。
虐待を受けても、愛する心を持つ子に育ったプレシャスでよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/34102919

この記事へのトラックバック一覧です: プレシャス (試写会):

» プレシャス/PRECIOUS BASED ON THE NOVEL PUSH by SAPPHIRE [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アカデミー賞作品賞、ゴールデン・グローブ賞ノミニー、 トロント映画祭、サンダンス映画祭などでも観客賞受賞{/kirakira/}で注目の1作いよいよ日本上陸{/atten/} 観たい映画リストでも書いたけど、 基本的にトロント映画祭で最高の賞にハズレなしって思ってるので期待値も自然にあがってた。 500円をチャリテ... [続きを読む]

» 『プレシャス』 [ラムの大通り]
(原題:Precious) ----あらら。日本映画のお話かと思ったら、 まさか『プレシャス』とは? これって、アメリカで大旋風を巻き起こした映画だよね。 体型にコンプレックスを持つ16歳の少女の悲惨なお話でしょ。 文字も読めず、母親に虐げられ、 しかも実の父親の子どもを2回も身ごもっている…。 「うん。それだけで気が滅入りそうで、 後回しにしていたんだけど、 なるほど、こういう描き方もあったのかって…」 ----どういうこと?。 「うん。『アメリ』じゃないけど、 主人公プレシャスの空想の世界が... [続きを読む]

» 映画:プレシャス Precious アカデミー作品賞、音楽賞じゃないのは全く謎! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
圧倒されっぱなしの 104分間。 アカデミー賞が、あくまでお祭りという認識はあるが、それにしても「ハートロッカー」か「アバター」なんていう図式が吹き飛んでしまう! 少なくともこの映画を観た後では。。。 第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、脚色賞、編集賞の6部門にノミネートされてはいた。 音楽も良かったのに、そこになぜノミネートされてないのだろう(まあ終わったことだけど) 音楽だけでなく音の入り方に、何度も痺れただけに。 サントラ買おうかな、と思わせる出来だった。 ま... [続きを読む]

» ■映画『プレシャス』 [Viva La Vida!]
「愛」と言う言葉の意味を「たたかれたり、レイプされたりすること」だと思っている16歳の少女・プレシャスの生活を描いた映画『プレシャス』。 実の娘を、性の道具や家政婦としか思っていないような両親に育てられ、文字も満足に読めず、友人もいない少女・プレシャス。 胸が... [続きを読む]

» プレシャス [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:昨日一番うれしかったこと 参加中 久しぶりに試写会に招待して頂きました。 観たかった映画なので嬉しい~。(*^^*) 妹と行ってきました。 1987年、ニューヨークのハーレムに暮らす16歳の黒人少女、 クレアリース・プレシャスジョーンズは、 二人... [続きを読む]

» 大好き!映画・試写会「プレシャス」 [かるかるかるぴん♪]
昨日の試写会「プレシャス」 [続きを読む]

» 「プレシャス」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
過酷過ぎる・・・ [続きを読む]

» 『プレシャス』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:アメリカ映画、リー・ダニエルズ監督&脚本、ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニー・クラヴィッツ出演。 [続きを読む]

» *プレシャス* [Cartouche]
[[attached(0,class=popup_img_500_335 width=350 height=235)]]      ***STORY***                    2009年  アメリカ          ニューヨーク・ハーレムに暮らす16歳の黒人少女プレシャスは、二人目の子どもを妊娠していた。二人とも、実の父親に性的虐待されてできた子どもだ。彼女は実の母からも虐待を受けている。妊娠の事実が学校に知れ、プレシャスは学校を退学になる。代替学校に通い始めた..... [続きを読む]

» プレシャス(2009) [銅版画制作の日々]
原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE 24日から公開となった「プレシャス」。初日に鑑賞しました。 クレアリース・プレシャス・ジョーンズは16歳の女の子。彼女のミドルネームのプレシャスは「愛しい、貴い」という意味を持つ愛情溢れた名前だった。しかし現実はその名前とは裏腹で彼女の日々は苛酷なものだった。 アメリカの今を伝えている。その現実はプレシャスと同じような状況にある人が多いのだろうと思う。もちろん日本にもこういうケースは多かれ少なかれ... [続きを読む]

» PRECIOUS~名は心を表す鏡だから~ [Piattの私的映画生活]
               ――私の名前は「プレシャス(素敵な、極上の…)」、TVや雑誌で活躍する私。       誰もが私を特別視してくれて、とびきりカッコイイ彼氏がいる。       母親はとっても優しいし、もうこれ以上なにもいらないくらい、私は幸せ…――... [続きを読む]

» プレシャス [映画道]
ニューヨーク・ハーレムに暮らす16歳の黒人少女プレシャスは、二人目の子どもを妊娠していた。二人とも、実の父親に性的虐待されてできた子どもだ。彼女は実の母からも虐待を受けている。妊娠の事実が学校に知れ、プレシャスは学校を退学になる。代替学校に通い始めたプレシャスは、レイン先生と出会い、文字が読めるようになり、自分の感情を文字で人に伝える方法を知る。そして、劣悪な環境から抜け出そうと戦い始める…。 (goo映画さんより) 2010年4月24日 公開 監督 リー・ダニエルズ 原作 サファイア「Push」... [続きを読む]

» 『プレシャス』 [シネマな時間に考察を。]
生まれる環境は選べない。 気がつくと不幸で不遇で最悪だった。 だからこそ、人生に“尊さ”を見つけたくて。 人は誰でも自分だけの“プレシャス”を持っている。 Love=Precious. 『プレシャス』 PRECIOUS:BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE 2009年/アメリ... [続きを読む]

» プレシャス [そーれりぽーと]
アカデミー主演女優賞にノミネートされてた百貫デブの女の子のインパクトと、助演女優賞を受賞したモニークがベタ褒めされてたのが印象的な『プレシャス』を観てきました。 ★★★★ 父からの日常的なレイプによる出産、母による虐待、余りに辛い現実を受け入れられず、妄想の世界に逃げて生きてきた16歳のプレシャス。 「お前は勉強なんてしても無駄!」と言い続けられ、学校には通っているものの教科書は開いたことすら無く、文字を読もうと思ったことは無い…。 これがアメリカの貧困層の現実なのか? プレシャスの母を演じてア... [続きを読む]

» プレシャス [★ Shaberiba ]
メアリ-さん。子供を生むと決めた時から女は「母」にならなきゃね〜(涙) [続きを読む]

» 映画「プレシャス」自分には、この映画の意味が分かりませんでした [soramove]
「プレシャス 」★★★☆ ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン主演 リー・ダニエルズ監督、109分 、 2010年4月24日公開、2009,アメリカ,ファントム・フィルム (原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「アカデミー賞助演女優賞をモニークが受賞した作品、 おおよそ... [続きを読む]

» 『プレシャス』 (Precious: Based on the Novel Push by Sapphire) [Mooovingな日々]
プレシャス・ジョーンズはハーレム生まれの16歳の高校生。夢も希望もない。父親のレイプによって二人目の子を妊娠している。彼女は読み書きが出来ず、太っていることでクラスメートにからかわれていた。彼女の家での生活はまるでホラーだ。暴力的な母親には精神的にも肉体的にも虐待され、毎日が支配されている。そんな彼女の感情を生き返らせたのがレイン先生との出会いだった。運命に傷つけられながらも、つたない文字を綴った日記を書き始めることは彼女にとって新しい楽しみになってゆく。 出演はガボリー・シディベ、モニー..... [続きを読む]

» 『プレシャス』:なんだか微妙な出来栄えの映画だなぁ @ロードショウ・ミニシアター [りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど]
16歳のアフリカ系アメリカ人の少女プレシャス。 呼び名のプレシャスは宝物の意味。 そんな彼女が辿る過酷な人生・・・ [続きを読む]

» 『プレシャス』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:PRECIOUS:BASEDONTHENOVELPUSHBYSAPPHIRE監督・脚本:リー・ダニエルズ出演:ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニー・クラ... [続きを読む]

» 大切なあなた〜『プレシャス』 [真紅のthinkingdays]
 PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL  PUSH BY SAPPHIRE  1987年、ハーレム。16歳の少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)は二度目の 妊娠が学校に知られ... [続きを読む]

» 「プレシャス」(2009) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
[[attached(0,class=popup_img_303_448 width=303 height=448)]] 今年のアカデミー賞では、主演、助演女優賞のみならず、作品賞にもノミネートされた本作。予告を観た時から過酷な内容だろうと思いつつも、期待していた一作です。 今から20数年前のハーレム地区でのできごとですが、まだまだエイズについても正しく理解されていなかった頃ですね。時期的にも 「RENT」 とちょうど同じでしょうか。本作..... [続きを読む]

» 「プレシャス」圧倒的に不幸で理不尽! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[プレシャス] ブログ村キーワード  “本年度アカデミー賞・2部門受賞!”「プレシャス」(ファントム・フィルム)。「おしん」も真っ青!な、不幸のテンコ盛り映画。はたしてプレシャスの未来に、希望はあるのか…?  1987年のハーレム。16歳のプレシャス(ガボレイ・シディベ)は、妊娠が発覚し学校を退学に。実はお腹の子供は、父親にレイプされて出来た子で、プレシャスは既に、同じ境遇の子供を出産済みだった。家ではそんなプレシャスを、母のメアリー(モニーク)がこき使い、虐待する。その行動のウラには、... [続きを読む]

» プレシャス [映画的・絵画的・音楽的]
 映画『プレシャス』に出演したモニークという俳優が、アカデミー賞助演女優賞を獲得しているというので、それならばいい映画に違いないと見込んでTOHOシネマズ・シャンテで見てきました。 (1)この作品の主人公プレシャスは、恐ろしいほどの肥満体質に加えて、読み書きが出来ず、いつも一人でいます。  おまけに16歳という年齢でありながら、映画の開始の時点では2度目の妊娠中。それも、母親がとっかえひっかえする父親のレイプによるとのこと〔最初の子供―なんとダウン症なのです!―は、お祖母さんが養育中〕。  失業し... [続きを読む]

» プレシャス [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:昨日一番うれしかったこと 参加中 久しぶりに試写会に招待して頂きました。 観たかった映画なので嬉しい~。(*^^*) 妹と行ってきました。 1987年、ニューヨークのハーレムに暮らす16歳の黒人少女、 クレアリース・プレシャスジョーンズは、 二人... [続きを読む]

» プレシャス [迷宮映画館]
胸に迫った!!どころではないくらいにがしっと来ました。 [続きを読む]

» プレシャス [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
2人目の子供を身ごもり、愛を受けずに育った少女。 [続きを読む]

» mini review 10504「プレシャス」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
ハーレムを舞台に、過酷な運命を生きる16歳のアフリカ系アメリカ人少女、クレアリースldquo;プレシャスrdquo;ジョーンズの人生を描く人間ドラマ。サンダンス映画祭でグランプリを受賞したほか、各映画賞...... [続きを読む]

» プレシャス [映画鑑賞★日記・・・]
【PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE】2010/04/24公開 アメリカ R15+ 109分監督・製作:リー・ダニエルズ出演:ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェ ... [続きを読む]

» 【映画】プレシャス…マライアの話でもしとけば無難なのでしょうが… [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
先日2010年12月5日(日曜日)の事… 当日のブログにも書きましたが、その日は夕方までほとんど何もしていなかったのですが、夕方から近所の家電量販店に出かけまし... [続きを読む]

» 『プレシャス』(09) [国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ]
社会の底辺、人生の底辺、いや、ドン底にもほどがあるだろうと、ガツンドカンとやられる。 とりあえずおおまかなあらすじは↓な感じです。 <あらすじ> 実父によって妊娠を2度させられ、母親(モニーク)からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャス(ガボ... [続きを読む]

» 映画『プレシャス』を観て~アカデミー賞受... [KINTYRE’SDIARY]
10-28.プレシャス■原題:Precious■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:109分■鑑賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,000円スタッフ・キャスト(役名)... [続きを読む]

» プレシャス [ハクナマタタ]
最近少し避けていたのもあって、 久々にヘビーな後味の映画 内容も体重もヘビーだ プレシャスとは宝物という意味 わたしの宝物 人は生まれるとき誰しも何かになれる可能性と 愛される未来を含んでいる 宝物という名の子供 それがこの映画の主人公、16歳... [続きを読む]

» 『プレシャス』'09・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ1987年のニューヨーク、ハーレム。16歳の少女プレシャスのお腹の中には子供がいた・・・。感想アカデミー賞脚色賞『ファット・ガール 愛はサイズを超える』のモニー... [続きを読む]

» プレシャス [我が頭に巣くう映画達]
55点 2009年のアメリカ映画で、 アカデミー賞の助演女優賞と脚色賞を受賞している。 監督はリー・ダニエルズ、 主演はガボレイ・シディベという新人の女優さん。 ニューヨークのハーレムで暮らす16...... [続きを読む]

« タイタンの戦い レッド・カーペット観覧 | トップページ | ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ