サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ボブという名の猫

    ダンケルク

    僕のワンダフル・ライフ

    ドリーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »

2010年4月17日 (土)

フェーズ6 (試写会)

生き残ることに
意味はあるのか


6_2

公式サイト http://www.phase6-movie.jp
4月24日公開

治療不能で致死率100%のウイルスが、蔓延した世界。
感染を逃れるために車を走らせる、お調子者で粗暴な兄ブライアン(クリス・パイン)と、真面目で心優しい弟ダニー(ルー・テイラー・プッチ)、ブライアンの快活な恋人ボビー、ダニーが想いを寄せるケイト。
4人は生き残るためのルールを設け、兄弟が子供時代に夏を過ごした、まだ感染に冒されていないと思われる、メキシコ湾のビーチを目指している。そこで病気が死滅するまで、外界との接触を絶つつもりだ。
しかし途中で、感染している幼い娘を連れた父親と遭遇したことで、彼らのルールが崩れて行く。



感染を恐れながら生き残っている人達が、どう行動するかがメインの、人間ドラマでした。

「スター・トレック」で注目されたクリス・パインが出演しているので、興味を持った作品です。
試写会場は配給会社の試写室だったので、椅子がとてもよくて、スクリーンも見やすかったです。

ルー・テイラー・プッチは、髪の色も髪型も「サムサッカー」と違っていて、最初、同じ人?って思いました。

Lou1jpg


感染経路も予防法もはっきりわかっていないみたいだけど、4人の予防方法は、そんなんで大丈夫なのかって、首を傾げたくなる。
大体、空気感染の恐れもあるかもって言うのに、兄弟の両親も死んでいて、感染者と全く接触していないわけではないので、どんな予防をしても、すぐに発症するか、しばらくあとかの違いだけで無駄だと思うけど、その辺はスルーして、受け入れましょう。

感染しても、「28日後...」や「ハプニング」のように凶暴化することはないけれど、かなり悲惨で苦しんで死ぬらしい。

メインテーマは、極限状態に置かれた人間の心理と行動。
感染していない人達が、情け容赦なく、段々凶暴になっていく。
恐いのはウイルスではなく人間だってとこが、「28日後...」と共通しますね。

感染していない人、感染してしまった人、双方の心理と行動。
感染しないためには、心を鬼にしなければならないんですよね。
生き残るためには、他人には容赦なく、暴力的になっていく。
自分だったらどう行動するかなと考えると、かなりきつくて辛いです。

もちろん、無人と思われる場所や建物を、恐る恐る探索する、スリリングでドキドキのシーンも多々あります。

ラストの哲学的なセリフが、一番心に残りました。

これが一番考えさせられる事なので、
ここからネタバレ!


生き残っても、隣りにいるのは言葉を交わす事もない他人のケイトしかいないダニー。
心に浮かぶのは、兄との海辺での楽しい思い出。
「生き残っているけど、孤独だ。」
孤独で生きる事に、意味はあるのだろうか。

逆にダニーが感染していたら、ブライアンはどうしただろうと思いました。
粗暴ではあるけれど、彼は弟のために必死で生き残ろうとしていたのではないか。もし弟が感染しても、彼は弟のそばにいたかもと思いました。
ずっとふたりの子供の頃の思い出の写真を車内に貼っていたのは、そういう気持ちの表れなのでは。

弟が感染した自分を置いて行くつもりとわかって、一人で苦しんで死ぬよりはと、弟に銃で撃たれるようにして、
安楽死を選んだ感じでしたよね。

新薬があるかもと行ってみた緊急対応センターには、たった3日症状を抑える薬しか開発できず、唯一生き残ったが感染して死期が近い医師が、子供達を安楽死させてたものね。

逃れられない死が迫ってきたらどう過ごすかっていうのは、
パニック映画ではよくあるテーマ

(鑑賞日4月16日)

« ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/34248029

この記事へのトラックバック一覧です: フェーズ6 (試写会):

» フェーズ6 [LOVE Cinemas 調布]
致死率100%のウイルスが世界中に蔓延し人類の滅亡が迫る中、4人の未感染者の若者が海を目指す…。先にあるのは希望か絶望か。究極の狂気を描いたウィルス・パニックムービーだ。主演は『スター・トレック』で若き日のJ.T.カーク船長を演じたクリス・パイン。共演に『ホースメン』のルー・テイラー・プッチ、『ビバリーヒルズ・チワワ』のパイパー・ペラーボが出演している。監督はアレックス・パストール。... [続きを読む]

» フェーズ6 [そーれりぽーと]
そういや昨年はGW直前から豚フルエンザで世界中がパニック状態。 フェーズ4からフェーズ5になり、戦々恐々とした中GWはお隣の国に行ってはじけてましたが、今年は金欠で旅行を自粛中。 退屈な7連休初日に『フェーズ6』を観てきました。 ★★ くだらない男達による、つまらないロードムービー。 ツメが甘すぎるのと、パンチが足りないのとでウィルスパニックものとしては微妙。 台詞の中に出てくる背景と、彼らの行動のギャップが変。 上手くやれば『ミスト』的な不条理劇としても面白い映画にできたはずなのに。 どこに... [続きを読む]

» フェーズ6 [だらだら無気力ブログ]
致死率100%という謎のウイルスが地球じゅうに蔓延した世界で、感染を 免れた4人の男女が、行くあてもなく終わりが見えない状況下で、必死に 生き残ろうとするサバイバルな状態を描いたパニックスリラー。 致死率100%という謎のウイルスが地球じゅうに蔓延した世界。 治..... [続きを読む]

» フェーズ6 [映画鑑賞★日記・・・]
【CARRIERS】 2010/04/24公開 アメリカ 85分監督:アレックス・パストール、ダビ・パストール出演:クリス・パイン、ルー・テイラー・プッチ、パイパー・ペラーボ、エミリー・ヴァンキャンプ致死率100%全世界感染生き残ることに、意味はあるのか──致死率100%の謎のウイル....... [続きを読む]

» 【映画】フェーズ6 [★紅茶屋ロンド★]
<フェーズ6 を観ました> 原題:Carriers 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 映画館に観に行きたかったけど行けなかった作品。 なんと85分…み、短い。 致死率100%の新型ウイルスが蔓延した世界。殆どの人間が死に絶えてしまった地上を一台の車が走る。 乗っているのは気楽なお調子者ブライアンと、真面目なその弟ダニー。そしてブライアンの彼女のボビーと、ダニーの友人ケイト。 4人は兄弟が昔訪れた事のある海岸を目指していた。その場所は、ウイルスの感染を免れていると信... [続きを読む]

» フェーズ6 [映画、言いたい放題!]
タイトルの「フェーズ6」とは、 WHOの定めた最高度の感染症警戒レベルであり、 パンデミック警告状態のこと。 公開当時、 インフルエンザが流行っていて、 遠いところにあった、フェーズとかバンデミックという言葉が 急に身近になって怖かったです。 近未来、 世界... [続きを読む]

» 映画『フェーズ6』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-29.フェーズ6■原題:Carriers■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:85分■鑑賞日:5月2日、シネマスクエアとうきゅう(歌舞伎町)■料金:1,800円■字幕:伊東... [続きを読む]

» フェーズ6☆独り言 [黒猫のうたた寝]
WOWOW放送で鑑賞したクリス・パイン出演作。近未来、致死率の高い感染症が蔓延し生き残った兄弟と兄の恋人、弟のガールフレンドの4人は安全な場所を目指し車で旅をしていた。でも結局、4人のうちの一人が感染し、生き残る為に感染者は切り捨てられていく・・・ロードムービー... [続きを読む]

» 『フェーズ6』 [cinema-days 映画な日々]
フェーズ6 ウイルスが蔓延し人類が殆ど滅亡した中、 新薬を求めて旅する4人を待っていたのは... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Carriers(保菌者たち) [続きを読む]

» フェーズ6 ★★ [パピとママ映画のblog]
「スター・トレック」のクリス・パイン主演で贈るパニックスリラー。殺人ウィルスが蔓延した世界で、生き残りを賭けて人里離れた土地を目指す男女のグループ。やがて1人がウィルスに感染したことをきっかけに、内面に潜む本性を剥き出しにしていく。監督はスペインの新鋭...... [続きを読む]

« ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

COMING SOON

無料ブログはココログ