サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« シャッター アイランド <超>日本語吹替版 (試写会) | トップページ | 桜満開 »

2010年4月 1日 (木)

誰かが私にキスをした

外人スタッフだけど 日本映画です

Darekiss

公式サイト http://darekiss.com

原作: 失くした記憶の物語(ガブリエル・ゼヴィン著)
監督:  ハンス・カノーザ 「カンバセーションズ」
脚本: ガブリエル・ゼヴィン

製作は日本です

2009年9月。
階段から落ちて救急車で搬送された、インターナショナルスクールに通うナオミ(堀北真希)は、過去4年間の記憶を失っていた。そんな彼女の前に現われた3人の男の子。
事故の日、何故か病院まで付き添ってくれていたユウジ(松山ケンイチ)。
親友だと言うミライ(手越祐也)。
彼氏だと言うエース(アントン・イェルチン)。
記憶を失くす前のナオミは、何を考えどんな子で、誰を想っていたのか。そして今のナオミと、3人の男の子との関係は、どうなって行くのか。

もともと観客は少なく、男性は皆無、しかもほとんどが中学生くらいの女の子。場違いなわたし?
上映前のマナーに関するCMで、おしゃべりのところになったら、場内が静かになりました。(笑)
終映までマナーの良い子ばかりで、気分よく鑑賞できましたわ。

アントンくんとエマ・ロバーツが、どんな感じなのかなと見にいきました。

記憶を失くして、不安なナオミ。学校へ行っても勝手はわからないし、誰とどんな関係だったのかも、まるでわからない。

Darekiss_anton

主要キャスト4人の中で、実年齢はアントンくんが一番下ですね。
日本語のセリフは、いくつかの単語だけでした。
テニスがうまいカレシ。どうやら、勉強の成績はよくはないみたい。
かなり自分勝手で、ナオミへの気遣いはないし、記憶を失くしてからのナオミの変化に戸惑っちゃう。
あと、いつも窓からナオミの部屋に入るって、どうよ。
嫌な印象だけで終わっちゃうのかなと思ったけど、ラスト近くでは反省もしていて、まあまあいい奴になっていました。

Tegoshi

手越くんはナオミと一緒に、イヤーブックの編集をしている。
記憶を失くしたナオミを、優しくサポート。
一番ノーマルで紳士的。
ナオミが好きだけど、カレシがいるし、自分の気持ちを言い出せない。

Darekiss_matsu

松山ケンイチは、悪い噂のある転校生。
兄の死や家庭環境のせいで、情緒不安定。自殺未遂の経験もあり、精神的な病で、服薬もしている。
一番難しいキャラだと思うけど、うまくこなしていたと思います。

渡部篤郎: ナオミのパパ
「絶対に忘れないと思ったことでも、忘れるからまた次の恋ができる。」byパパ
忘れるって、悪い事でもいい事でもあるのよね。

桐島かれん: パパが再婚を考えている相手。
清水美沙: ミライのママで、インターナショナルスクールの先生
エマ・ロバーツは、大した事ない脇役でした。

思春期は、ただでさえ色々悩む時期。
記憶を失くして、いったい本当の自分は?と悩むナオミ。記憶が戻っても、今さら失くす前に戻って、そこから始めるわけにも行かないし、戻った事を言い出せずにまた悩む。

過去はどうでも、結局進むしかないのよね。時間が癒してくれる事もある。

時々スクリーンの中に、ナオミが撮った写真のフレームが出てきます。この映像がカノーザ監督っぽいですね。
ナオミとユウジが、カメラを投げて写真を撮る場面があるんだけど、その時のフレームが細かく砕ける様子の映像とか、とても気に入りました。


堀北真希 松山ケンイチ アントン・イェルチン スペシャル・コメント


(鑑賞日3月31日)

« シャッター アイランド <超>日本語吹替版 (試写会) | トップページ | 桜満開 »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~~。
そう、スターことアントン君。
最後、いいやつでしたね。
そのあたりも好きな話でした。
ユウジが卒業式の日にお母さんに連れられて
とっても子供っぽくみえたのも良かったです。

★mariyonさん
ユウジは卒業式の日は、気分が安定していたようですね。

流石にもうこの世代の作品はしんどかった~(笑)
まあ試写会だったんで良しです。普通なら見てないさくひんですから。^^;松ケンは相変わらずカッコいいけど、流石にハイスクールは無理があるかな…。
堀北さんて可愛らしいとは思うんですが、そもそもミスマガ時代から今一つ魅力を感じないんですよ…(苦笑)

★KLYさん
年代だけでなく、男性には特にしんどいかも。(爆)
ヒロインがひいきの女優さんでないと、よけいでしょう。
マツケンは、あちこち退学になっていて、他の子たちより年齢がいってる設定ですからね。日本の普通の高校だったらいないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/33930828

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かが私にキスをした:

» 良くも悪くも日本映画と違う「誰かがわたしにキスをした」 [茅kaya日記]
nbsp;マツケン人気衰えるどころか…春休みってことで、学生多かったですが、中学生の一団(5〜6人くらいの集団)!!キスシーンで小さな歓声があがってました(笑) 日本映画とは言え、監督がアメリカなので設定がちょっと違う気が…(-_-;)... [続きを読む]

» 誰かが私にキスをした [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
日本の中の異国アメリカンスクールを舞台にしたことで新鮮な空気を漂わせる学園ラブストーリー。東京のインターナショナルスクールに通う女子高生ナオミは、階段から落ちて過去4年間の記憶を失う。退院して戻った日常には、すべてが初めての新鮮さと戸惑いが。ナオミの周り....... [続きを読む]

» 誰かが私にキスをした [LOVE Cinemas 調布]
東京のとあるアメリカンスクールを舞台に、ある日逆行性健忘症で過去4年の記憶をなくした少女と3人の男性の恋愛模様を描いた青春ラブストーリー。ヒロインを演じるのはドラマ「特上カバチ!!」の堀北真希。彼女を巡る3人の男性を『ウルトラミラクルラブストーリー』の松山ケンイチ、『ターミネーター4』のアントン・イェルチン、ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」の手越祐也が演じる。監督はハンス・カノーザ。... [続きを読む]

» 誰かが私にキスをした [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[堀北真希] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:小吉 2010年24本目(23作品)です。 【あらすじ】 アメリカンスクールに通う女子高生のナオミ(堀北真希)は、落としかけたカメラを取ろうとして、階段から真っ逆さまに転げ落ち、..... [続きを読む]

» 誰かが私にキスをした [to Heart]
原題 MEMOIRS OF A TEENAGE AMNESIAC 製作年度 2010年 製作国・地域 日本 上映時間 124分 原作 ガブリエル・ゼヴィン『誰かが私にキスをした』(集英社文庫刊)『失くした記憶の物語』(理論社刊) 脚本 ガブリエル・ゼヴィン 監督 ハンス・カノーザ 出演 堀北真希/松山ケンイチ/手越祐也/アントン・イェルチン/桐島かれん/渡部篤郎 {/book_mov/}階段から落ちて病院に運ばれたナオミ(堀北真希)は、過去4年間の記憶を失い、退院して復学する... [続きを読む]

» 誰かが私にキスをした [いい加減社長の日記]
観てから、ずいぶん時間が経ってしまいましたが^^; 特に観たいという映画もなく、「とりあえず」という感じで「誰かが私にキスをした 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、土曜日の午前中にしては、ちょっと少なめか。 「誰かが私にキスをした 」は、中くらいのスクリー... [続きを読む]

» 過去からの開放。『誰かが私にキスをした』 [水曜日のシネマ日記]
アメリカンハイスクールを舞台に描かれた青春映画。学校の階段から落ちてケガをした事で4年間の記憶を失くしてしまったひとりの女子学生の物語です。 [続きを読む]

» (映画)誰かが私にキスをした [ゼロから]
階段から落ちて、少し前の記憶を失ったナオミが、付き合っていた恋人を誰だか思い出せずに以前とは違ったことをしているような印象だったが、蓋を空けて見れば記憶を失う前から、そんな兆候が出ており一体、何が言いたいのか解らずじまい。... [続きを読む]

» 『誰かが私にキスをした』 | 堀北真希が本当の自分と恋を探して彷徨うキュートな映画です [23:30の雑記帳]
バカ映画に目がないワタシです。こちらの方のブログを読んで「ついに突然変異種誕生!?」「25年間待っていた甲斐があったか!」と、思わず全力疾走で映画館に駆けつけました。"堀北真希の美少女力炸裂!異次元の映画『誰かが私にキスをした』-俺の邪悪なメモ"(勝手リンクご...... [続きを読む]

» 『誰かが私にキスをした』 [cinema-days 映画な日々]
誰かが私にキスをした アメリカンスクールの女子高生が 階段でコケ、4年間の記憶を失くす... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:ガブリエル・ゼビン著 『亡くした記憶の物語』... [続きを読む]

« シャッター アイランド <超>日本語吹替版 (試写会) | トップページ | 桜満開 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ