サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

    パワーレンジャー

    トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

日本へのメッセージ

« アリス・イン・ワンダーランド | トップページ | 第9地区 »

2010年4月22日 (木)

17歳の肖像

素敵な課外授業の代償

An_education

公式サイト http://www.17-sai.jp

原作: 「An Education」 リン・バーバー

脚本・製作総指揮: ニック・ホーンビィ 「アバウト・ア・ボーイ」

1961年、ロンドン郊外。
16歳のジェニー(キャリー・マリガン)は、オックスフォード大学を目指す高校生。優秀だけど、ラテン語だけが苦手。楽団でチェロを弾き、進学のために頑張るが、単調で退屈な日々。
そんな彼女の日常は、倍も年の離れた魅力的な男性、デイヴィッド(ピーター・サースガード)との出会いで一変する。
初めての音楽会や、ナイトクラブ。刺激的な大人の世界に魅了され、デイヴィッドと恋に落ちるジェニー。
17歳を迎えた彼女は、彼と憧れの街パリへ。そして彼女は、重大な決断を下すが... 

基は、10ページばかりの回想録だそうですね。

おしゃれでユーモアのセンスも良く、女の扱いもうまい。
16歳の小娘なんか、イチコロよ。それも無理ないでしょう。
今まで誰も経験させてくれなかった世界。胡散臭い奴だと気づきつつ、それでも彼に惹かれていってしまうジェニー。

Education_4_2

原作者によると、彼女と彼女の学校の生徒達が実践していた実存主義のルールのひとつに、決して質問をしないというのがあり、質問するのは世間知らずとブルジョワ。質問をしないのは教養人とフランス人。彼女は教養人になりたくて、彼に質問をしなかったそうです。

大学に行く意味なんかあるのか、と思い始めるジェニー。
高校のスタッブス先生みたいに、ケンブリッジを出ても、生徒の小論文を読む日々だなんてまっぴら。
父親(アルフレッド・モリーナ)も、生活に不自由ないお金持ちで教養もある男と結婚できるなら、無理に大学へ行くこともないと言うし。
大学へ行く意義について、校長(エマ・トンプソン)も、彼女を納得させる答えを持っていない。

イギリスも階級社会ですからね。当時の中流家庭の父親としては、普通なのじゃないかしら。相手の性格と弱点を見抜いて取り入る事にたけているデイヴィッドに、簡単に騙されてしまうのも無理ないのかも。

Education_7_2

デイヴィッドの仲間のヘレン(ロザムンド・パイク)は美人でおしゃれだけど、無教養な女性。
デイヴィッドのもうひとりの仲間のダニー(ドミニク・クーパー)が、知的な会話ができるジェニーの方に惹かれていくのも、当然かな。

そんなダニーの様子を見て、焦るデイヴィッド。

ここから先は、ネタバレを含みます。


ついに、デイヴィッドとジェニーは婚約。
ジェニーは進学をやめ、学校も自主退学。
しかし、とんでもない事実に愕然とする。

妊娠しなかったのが、不幸中の幸いよね。
自分の愚かさに気づいて先生に謝罪し、やり直そうとする。

学校ではできない、人生勉強しましたって話ですね。
女たらしの所帯持ち。ヘレンとも関係があったみたいですよね。

この映画の宣伝を最初に見た時、ケイティ・ホームズかと思ったのが、キャリー・マリガン。「マイ・ボーイ・ジャック」は、ダニエル君中心に見ていたので、覚えていませんわ。
若いのに、目の下の皺が多い人ね。

自分では大人のつもりの、生意気な主人公で、演技には説得力がありましたね。

(鑑賞日4月20日)

« アリス・イン・ワンダーランド | トップページ | 第9地区 »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

キャリー・マリガンの魅力いっぱいでした。すごく好きです、この子。でもアカデミー賞の時のショートカットは変だったけど…。
ピーター・サースガードも、かなりいやな役なのに、結構よさげに見えてしまうのは彼の人徳でしょうか?(笑)

デイヴィッドは、一度に大勢の女性と付き合うタイプではないみたいですよね。会っている時だけは真剣みたいなので、嫌悪感が軽減されているのかも。

風子さん

こんにちは♪
そうですね。おっしゃるように、妊娠しなかったのが、
不幸中の幸いでしたが。
仮に妊娠したとしたら、ジェニーはどうのように
切り抜けたでしょうね。

★mezzotintさん
妊娠していたら、やり直すにもかなり厳しい道ですよね。
男性と違って、女性はよく考えて行動しないとね。

おはようございます。
結構評判よかったので、あたし的には期待したんですよ。
そしたら結果オーライみたいな武勇伝聞かされたみたいで、気分はあまりよくなかったかです。
あほ娘ですよね。時代のせいにはしたくないなあ。

★sakuraiさん
ああいう男に声をかけられてついていっちゃうのはどうかと思いますよね。
自分の愚かさに気づき、軌道修正できてよかったです。
ま、無知な10代の一例ということで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/34270660

この記事へのトラックバック一覧です: 17歳の肖像:

» 「17歳の肖像」 [てんびんthe LIFE]
「17歳の肖像」ブロガー試写会 SONY PICTURES試写室で観賞 英国大使館より ご招待 原題”AN EDUCATION”これ、実に見事につけてあるとあると思いました。 その時ふと山口百恵「ひと夏の経験」思い出したんですけど、「あなたが思うなら 私何をされてもいいの…」 17歳の大人でも子供でもない宙ぶらりんな楽しい時代。 何にでも興味津々に恐いものなしに飛び込んでいける。 天真爛漫。 何も考えてない…。 そんな時代を過ごした大人に向けた作品でした。 特に、時代が1960... [続きを読む]

» 17歳の肖像 [LOVE Cinemas 調布]
イギリスの女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録をベースとした青春ドラマだ。『プライドと偏見』のキャリー・マリガンが知的でキュートな女子高生役を演じている。恋のお相手となる30代の男性を演じるのは『エスター』のピーター・サースガード。監督はデンマークのロネ・シェルフィグ。思春期のちょっと背伸びしたがる女の子の心情を描いた甘酸っぱさが初々しい。... [続きを読む]

» 「17歳の肖像」大人でもない、子供でもない…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[キャリー・マリガン] ブログ村キーワード  “アカデミー賞・主要3部門(作品賞・主演女優賞・脚色賞)ノミネート”をはじめ、世界で数々の映画賞を受賞した本作。「17歳の肖像」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。1960年代のイギリスを舞台に、多感な少女の成長する姿を、瑞々しく描きだしています。  1961年、ロンドン郊外の街に住むジェニー(キャリー・マリガン)は、成績優秀な16歳の普通の高校生。パリに憧れ、シャンソンのレコードを聞き、楽団でチェロを弾き、友人とのお喋りに花を... [続きを読む]

» 17歳の肖像/ An Education [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞3部門にノミネートされた注目作。 監督は「幸せになるためのイタリア語講座」のデンマーク人女性、ロネ・シャルウィグ。 脚本は「アバウト・ア・ボーイ」「ハイ・フィデリティ」のニック・ホーンビィ。 イギリスの女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回想録「An Education」(教育)を... [続きを読む]

» 「17歳の肖像」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; みずみずしくて、危なかしくて、痛々しくも輝いている17歳。アカデミーで主演女優部門にノミネートされていたキャリー・マリガンの圧倒的な存在感に打ちのめされました。時代は1961年から62年にかけて。16歳から17歳へ。主人公ジェニーの青春が始まる瞬間のお話です。私たちが今、「60年代」と聞いて連想する解放された自由奔放な若者像は63年以降の姿らしいのです。1963年…ビートルズの人気が上昇しはじめ、ローリング・ストーンズも現れ、「チャタレイ夫人の恋人」... [続きを読む]

» 17歳の肖像 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
17歳の少女の危うさと、痛みを乗り越えるしなやかさがまぶしい英国映画の佳作。1961年、ロンドン郊外で暮らす成績優秀なジェニーは、両親の期待を背負って名門オックスフォード大学を目指していた。平凡で退屈な彼女の毎日を一変させたのが、偶然出会った年上の男性デイヴィ....... [続きを読む]

» 『17歳の肖像』 [ラムの大通り]
(原題:An Education) 「いやあ。これはよかったな。 試写室も超満員。 入れない人も出て、 急きょ、2回の追加が決まったくらい」 ----へぇ〜っ。監督も主演も知らないニャあ。 でもアカデミー賞作品賞にノミネートされたんだよね。 「監督はデンマーク生まれの女性ロネ・シェルフィグ。 主演は新鋭キャリー・マリガン。 彼女はアカデミー賞主演女優賞にノミネート。 『パブリック・エネミーズ』にも出ているらしい。 この映画、 原作は辛口女性ジャーナリストのリン・バーバーの自伝。 それを『ハイ・フ... [続きを読む]

» 「17歳の肖像」あ〜あ・・・ [ポコアポコヤ 映画倉庫]
これがアカデミー賞とかにノミネートされたのは、、、何故・・?? 他の映画と比較して、特に抜きんで優れてる・・・って風には、私には感じ... [続きを読む]

» 17歳の肖像 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★☆☆    (★×10=満点) 試写  Sony Pictures Entertainmentにて鑑賞 2010年04月17日公開   監  督:ロネ・シェルフィグ キャスト:キャリー・マリガン       ピーター・サースガード       ドミニク・クーパ... [続きを読む]

» 17歳の肖像 [りらの感想日記♪]
【17歳の肖像】 ★★★☆ 映画(祭)(21)ストーリー 1961年、ロンドン郊外。16歳の少女ジェニー(キャリー・マリガン)は、両親が期待 [続きを読む]

» 「17歳の肖像」(2009) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
          [[attached(0,class=popup_img_304_448 width=304 height=448)]] クリックで公式サイトへ 時代は少し昔の話とは言え、同じ高校生の危ういときめきや成長を描いた作品でも、やはりこれはイギリス映画だなぁと思いました。(^^) 自分的には明るいけれどストレート過ぎるアメリカのものより、ちょっとシックでかつ鋭いところを突いているイギリス作品の方が何となくしっくりくるの..... [続きを読む]

» 『17歳の肖像』(2009)/イギリス [NiceOne!!]
原題:ANEDUCATION監督:ロネ・シェルフィグ出演:キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリ... [続きを読む]

» ■映画『17歳の肖像』 [Viva La Vida!]
16歳の少女が、ある年上の男性と出会い、恋をしながら大人になって行く姿を描く映画『17歳の肖像』。 17歳まではバージンを守ると決めていた彼女、17歳になって以降は本格的な“大人の恋”に突き進みます。 でも、大人の恋に潜むリスクを見ぬけるほど、17歳はオトナじゃな... [続きを読む]

» 「17歳の肖像」 AN EDUCATION [俺の明日はどっちだ]
・ 舞台はビートルズもまだデビューしていない1961年、ロンドン郊外の町トゥイッケナム。 聡明で美貌にも恵まれ、保守的な両親の元オックスフォード大を目指す16歳の少女がふとしたことから35歳の男と知り合いやがて恋に落ちることで知ることとなる「大人」の世界。 普段の学校生活では味わえない刺激的でぞくぞくする異体験、そしてショッキングな失望も経験しながらやがて大人の階段を上る姿を瑞々しく描いた佳作。 冒頭近く雨降る中、30代のデイヴィッドがあの当時の名車『ブリストル』の中から、チェロを抱えながら雨に濡... [続きを読む]

» ◇『17歳の肖像』◇ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:イギリス映画、ロネ・シェルフィグ監督、キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴィア・ウィリアムズ、ドミニク・クーパー出演。... [続きを読む]

» 17歳の肖像(2009)An Education [銅版画制作の日々]
  あの頃に戻っても、                 私は私を止めたりしない。 5月8日、公開初日のレイトショーにて鑑賞。公開を楽しみにしていた作品です。割引ディまで待てず、レイトショーなら1200円で鑑賞できるので、早速足を運びました。 サンダンス映画祭や英国アカデミー賞などで受賞!アカデミー賞などでも数々の賞にノミネートされたこの作品、かなり気になっていました。 青春ドラマです。誰もが一度は体験したい、大人の恋への憧れや未知なる世界ってありますよね。そんな世界を経験し、恋をする。そしてお... [続きを読む]

» 17歳の肖像 [だらだら無気力ブログ]
女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、60年代初頭 のロンドンで暮らす16歳の少女の恋と挫折と成長を描いた青春映画。 多感で好奇心旺盛でパリにあこがれる16歳の少女がひょんなことから出会った 30代の男性と恋に落ち、進学するための勉強しかしてこなかった..... [続きを読む]

» 17歳の肖像 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】 危ういなー!背伸びする少女の行きつく先は・・・。 [続きを読む]

» 17歳の肖像 [Art-Mill]
原題は『An Education』、教育とういうことで、誰でもが何時かは通る道というように解釈していいのでしょうか。邦題「17歳の肖像」というには、ちょっとシリアス展開であり、後味もなかなかビターな味わいです。イギリスらしく階層性の厳しい社会事情も垣間見えました。ところどころにその階層社会の違い、優越感、劣等感などが皮肉っぽく描かれています。1960年代の物語ですから、現在から比較すれば相当に女性の社会進出が遅れている時代の話です。「ケンブリッジを出て、夢は教師あるいは公務員?」という学校の先生... [続きを読む]

» 17歳の肖像 [迷宮映画館]
あまりのあほ娘に目が点・・。 [続きを読む]

» 映画「17歳の肖像」教育と教養の深い深い溝 [soramove]
「17歳の肖像」★★★☆DVD鑑賞 キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク 出演 ロネ・シェルフィグ監督、100分、2010年8月7日公開、2008,フランス、ベルギー、ドイツ,アルシネテラン (原題:AN EDUCATION )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「第82回アカデミー賞3部門ノミネート作品。 こんな地味な映画もちゃん... [続きを読む]

» mini review 10497「17歳の肖像」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
イギリスの人気記者リン・バーバーの回想録を基に、ベストセラー作家のニック・ホーンビィが脚本を手掛けた注目の青春ムービー。年上の男性と劇的な恋に落ち、それまでの人生が一転する少女の変化と...... [続きを読む]

» これはビートルズがまだレコードデビューする1年前のお話。「17歳の肖像」 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・結末に触れています。「君のチェロが心配だ」。栗色のブリストルが停る。物語・1961年、ロンドン郊外のジェニー(キャリー・マリガン)はオックスフォード大学に進学させようと躍起になる父親に反発を感じな... [続きを読む]

» 17歳の肖像 [映画通信みるみる]
知識として理解しようとした17歳。 イギリスの女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回想録を映画化した本作。主人公のジェニーを演じたのは、撮影当時22歳の女優、キャリー・マリガン。その童顔と透明...... [続きを読む]

» 17歳の肖像(2009) AN EDUCATION  [極私的映画論+α]
 原題は「教育」っていうよりも、「てほどき」って感じかな?(笑) [続きを読む]

» 17歳の肖像 [☆ひっくり返ったおもちゃ箱☆]
大きな時代の転換期を目前にした60年代初頭のロンドンを舞台に、多感で好奇心旺盛な16歳の少女が、はるかに年の離れた30代のプレイボーイと恋に落ちたことで体験する危うくも刺激的な日々と、揺れる心の軌跡を瑞々しいタッチで綴る思春期ドラマ。英国の女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、「幸せになるためのイタリア語講座」のロネ・シェルフィグ監督が映画化。ヒロインを演じたキャリー・マリガンは各方面から絶賛され、一躍ハリウッド期待の新星として大いに注目を集める存在に。共演は「ニュース..... [続きを読む]

» 17歳の肖像 [いやいやえん]
キャリー・マリガン主演。なんとも可愛らしくてとても初々しい。 1961年、ジェ二ーはオックスフォード大学を目指す16歳。苦手なラテン語もチェロの練習も進学のために頑張り、味気ない日々。ある大雨の日、チェロを抱えてずぶ濡れのジェ二―は高級車に乗った30代のデイヴィッドに話しかけられるが…。 お金に余裕がある大人の男に翻弄される少女ジェニー。クラシックコンサートやナイトクラブ、絵画のオークションなど、今まで経験したことのない世界に連れまわさせて刺激的な大人の社交の世界に浸っていくが、彼にはあ... [続きを読む]

« アリス・イン・ワンダーランド | トップページ | 第9地区 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ