サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ボブという名の猫

    ダンケルク

    僕のワンダフル・ライフ

    ドリーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ハートの問題 (イタリア映画祭にて) | トップページ | 月に囚われた男 »

2010年5月 3日 (月)

春との旅 (試写会)

老後の面倒は誰がみる

Photo

公式サイト http://haru-tabi.com
5月22日公開

原作・脚本・監督: 小林政広

まだ寒い、北海道の四月。
母の死後、春(徳永えり)は地元の小学校の給食係をして、元漁師の祖父・忠男(仲代達矢)を支えてきたが、廃校となって失職。東京に働きに出ようと考えるが、足の不自由な忠男を一人で置いて行く事はできない。そこで、老いた忠男の受け入れ先を求めて、長年疎遠になっていた、東北・宮城の各地に住む忠男の姉兄弟を訪ね歩く旅に出た。

単に、日時の都合よかったという理由で、応募した試写会です。(^^;

上映前に、小林政広監督の舞台挨拶がありました。

過去の映画で、スター俳優さんに色々脚本に注文をつけられたり、もう帰るぞとか脅されたりしたことがあって、スター俳優さんを起用するのは嫌だったけど、仲代さんには、いい脚本だとほめられて、脚本のせりふは変えませんと言われたそうです。
その代わり、演出が悪いとか言われたらどうしようかと思ったそうです。
仲代さんは偉ぶったり、わがままを言うこともなかったらしいですね。


さて、春と忠男が最初に訪ねるのは、一番そりが合わなかった、忠男の兄夫婦(大滝秀治,菅井きん)。

次に会いに行った弟の行男は、内縁の妻(田中裕子)から服役中だと聞かされる。
鳴子で温泉旅館を切り盛りする、しっかりものの未亡人の姉(淡島千影)。
仙台で不動産業をしている弟道男(柄本明)と、その妻(美保純)。

それぞれ家庭の事情と、忠男への愛憎がある。

自分は兄弟がいないので、実感することのない感情。
でも夫を見ていると、わかるところもあります。

兄には、いいたい事を言って、突っかかったりします。でも、兄として、一目置いているところもある。
弟達には、小さくて(体は大きいけど)守ってやるものという意識があるように思います。庇護してやるべき相手という感じかな。
特に末の弟には甘い。夫だけかなと思ったけど、他の兄弟も、末弟には皆甘いのよ。(笑)

忠男と道男は派手にけんかをしますけど、あの年であんなケンカができるなんていいなと言う、道男の妻。これには、同感。

姉だけには頭の上がらない忠男。
母親代わりでもあるのでしょうか。
姉に言われた事は、きつい説教も、素直に聞き入れています。
春を犠牲にしてはだめ。あんたは一人で生きて行くのよと。
忠男は結構わがままだし、春に甘えているもんね。

辛いから生きていけるというのも、一理あるなあと思いました。

春は祖父とその兄弟達の様子を見ていて、これまで会うつもりの全くなかった父(香川照之)に会いたくなります。

父が再婚していた事に、ショックをうける春。

父はなぜ離婚したのか。母はなぜ自殺したのか。
実は幼さいながらも、春は理由を知っていたんですね。どれだけ辛かっただろうと、もらい泣き。

前半はゆったりした流れなので、眠気がきましたが、旅館でのあたりから大丈夫でした。

ベテラン俳優さんたちが出演しているので、それぞれ説得力がある演技でした。
柄本明と仲代達矢の場面は、一番見ごたえがありました。

ぽっくり死んじゃうか、長患いするか、誰にもわかりませんからね。老人介護は社会問題ですよね。長生きすれば、子供が先に死ぬ事もあるし。
子供がいても、一人暮らししている人もいるし。難しいですよね。


昼間の試写会だったので、散歩がてらしばらく歩いて、夕食のレストランの場所まで行きました。
武道館の近辺は、キクザクラとか、何種類か満開の桜がありました。
ハナミズキもきれいでした。

Img_4067


天気がよくて暖かかったので、川に面したレストランで、外のテーブル席に座り、コース料理を注文しました。

前菜
Img_4069

メインディッシュは分けてもいいので、夫はピザ。
私は肉料理を頼んで、両方を味わいました。

Img_4071


肉は野菜の陰になって、おいしそうに撮れませんでした。
Img_4072

夫が頼んだデザート
Img_4073

わたしのデザート
Img_4074

久しぶりにちょっぴり贅沢して、おいしい料理を味わいました。happy01

(鑑賞日5月1日)

« ハートの問題 (イタリア映画祭にて) | トップページ | 月に囚われた男 »

【映画】は行」カテゴリの記事

ぶらり」カテゴリの記事

コメント

兄弟って、生まれたときから一緒にいる肉親であり、他人でもあり、ライバルでもあり、親友にもなれる。
そんな気がします。
それらの感情をうまーーく表現してました。

★sakuraiさん
>生まれたときから一緒にいる肉親であり、他人でもあり、ライバルでもあり、親友にもなれる。

兄弟って、そういう存在なんですね。

年老いても兄弟はけっっこう言いたいことを言いあえる。若い時には言えなかったことも、今なら遠慮なく、かもしれませんね。
誰しもくる老いですが、なるべく人には頼りたくはないもんです。
いつもTBありがとうございます。

★atts1964さん
高齢化で、老後の問題はいろいろありますねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/34381449

この記事へのトラックバック一覧です: 春との旅 (試写会):

» 映画「春との旅」の小林政弘監督ティーチイン付き試写会に行ってきました♪ [モコモコ雲を探しに♪]
映画「春との旅」の小林政弘監督ティーチイン付き試写会に行ってきました♪ 【題名】      「春との旅」  【出演者】 忠男: 仲代達矢、春: 徳永えり、金本重男: 大滝秀治、金本恵子: 菅井きん、木下: 小林薫、清水愛子: 田中裕子、市川茂子: 淡島千景、中井道男: 柄本明、中井明子: 美保純、津田伸子: 戸田菜津子、津田真一: 香川照之 【監督・脚本・原作】小林政弘 【あらすじ】 ..... [続きを読む]

» 春との旅 [象のロケット]
4月、まだ厳しい寒さの北海道。 元漁師の忠男は孫娘・春と2人暮らしをしていたが、ある日、春が給食の仕事を失ってしまう。 身体が不自由なため一人では暮らせないが、若い娘をいつまでも束縛するわけにもいかないと悟った忠男は、春と共に故郷・東北への旅に出る。 親類縁者の誰かに面倒を見てもらおうと思ったのだが…。 ヒューマンドラマ。 ... [続きを読む]

» 『春との旅』お薦め映画 [心をこめて作曲します♪]
さすがの俳優陣。親子、家族、老後の問題を、静かに鋭すぎる切り口で描いた社会派ホームドラマ。老いた身の哀しさ、寂しさ、もどかしさ、生への執着を捨てきれない情けなさが痛いほど伝わってくる。... [続きを読む]

» 春との旅(ティーチ・イン付) [LOVE Cinemas 調布]
『白夜』、『ワカラナイ』の小林政広監督が自身で綴った原作を映画化。足の悪い元漁師の祖父と孫娘が疎遠となっていた祖父の兄弟を訪ね歩く旅を描いた人間ドラマだ。主演は、本作を過去5本の指に入る脚本だと絶賛したという仲代達也と『アキレスと亀』の徳永えり。共演に大滝秀治、菅井きん、小林薫、田中裕子、淡島千景、柄本明、香川照之といった早々たる名優が顔を揃える。... [続きを読む]

» 『春との旅』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「春との旅」□監督・原作・脚本 小林政広 □キャスト 仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林 薫、田中裕子、淡島千景、柄本 明、美保 純、戸田菜穂、香川照之■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 人は、生きていく過程において、他人にかけた苦労や迷惑は、どんな誠意を持ってしても、許されるものではない。 ただ、同じ血が通う人間同士としては、親子兄弟の垣根を超えて、言葉にできない歩み寄りを... [続きを読む]

» 映画「春との旅」の小林政弘監督ティーチイン付き試写会に行ってきました♪ [モコモコ雲を探しに♪]
映画「春との旅」の小林政弘監督ティーチイン付き試写会に行ってきました♪ 【題名】      「春との旅」  【出演者】 忠男: 仲代達矢、春: 徳永えり、金本重男: 大滝秀治、金本恵子: 菅井きん、木下: 小林薫、清水愛子: 田中裕子、市川茂子: 淡島千景、中井道男: 柄本明、中井明子: 美保純、津田伸子: 戸田菜津子、津田真一: 香川照之 【監督・脚本・原作】小林政弘 【あらすじ】 ..... [続きを読む]

» 春との旅 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
足の怪我で漁師を引退した忠男と、その面倒を見てきた孫娘の春。春は、小学校の給食室で働いていましたが、その小学校が廃校となり、職を失います。春は、仕事のない田舎から都会に出ることを決意しますが、そのためには、忠男の世話してくれる人を見つけなければならず、疎遠にな... [続きを読む]

» 春との旅 [映画的・絵画的・音楽的]
 『春との旅』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。  実は、公開直後に同じ映画館に出向いたのですが、同時に「爆音映画祭」を開催していて音漏れがありますなどと言われてしまったので、見るのを遅らせたものです。  実際のところも、実に静かでしっとりとした作品ですから、音漏れのない環境で見ることができてよかったと思いました。 (1)さて、映画の方ですが、出演者には名だたる俳優が目白押しといった感じで、それだけでも十分に見ごたえがあります。主人公・忠男は仲代達也、その兄弟に大滝秀治と柄本明、姉に淡島千景... [続きを読む]

» 【映画】春との旅 [新!やさぐれ日記]
▼動機 キャストと予告編を見て ▼感想 今年になって初めて映画を観たと思った ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと疎遠だった親類縁者を訪ね歩く旅に出る。親族との気まずい再会を経るうちに、忠男はこれまで避けてきた過去と向き合わざるを得なくなる。そんな祖父の葛藤(かっとう)を間近に見ていた春にも、ある感情が芽生えていく。 ▼コメント 予告編の段階からこの映画... [続きを読む]

» 春との旅 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
北海道から東北・宮城へ__疎遠になった家族を巡る、旅のゆくえ。 ある日、突然__ひとりの老人が家を捨てた。孫娘、春があとを追った。 旅の始まりは、かつてニシン漁に湧き、今ではその面影すらとめない北海の寂れた海辺。 そこのあばら家で、ある老漁師と孫娘は、....... [続きを読む]

» 「春との旅」:亀沢四丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}家庭センターかあ。一緒に暮らすことを兄弟に拒否された老人の相談にも乗ってくれるのかなあ。 {/hiyo_en2/}ここは、子どもに関する相談に乗るところみたいよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、「春との旅」に出てくるような老人は、身の振り方をどこに相談すればいいんだ? {/hiyo_en2/}小林政広監督の「春との旅」は、19歳の孫娘と北海道の漁村で暮らす老人が、孫娘を独り立ちさせるために、自分は兄弟のところに身を寄せようと道内や東北を回るが、行く先々で煙たがられると... [続きを読む]

» 春との旅 [迷宮映画館]
仲代達矢!!渾身の一本。 [続きを読む]

» 「春との旅」 [みんなシネマいいのに!]
 2009年公開の映画で 外国・日本映画問わずぶっちぎりのダメ映画「白夜」 映画 [続きを読む]

» mini review 11521「春との旅」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
足が不自由な元漁師の祖父と仕事を失った18歳の孫娘が、疎遠だった親族を訪ね歩く旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。『愛の予感』などで国際的にも高い評価を受ける小林政広監督の8年越しの企画となる作品で、高齢者問題を切り口に生きることの意味を問いかける。主演...... [続きを読む]

» 『春との旅』 [『映画な日々』 cinema-days]
春との旅 孫の失職を機に別居を決意する祖父 しかし、身を寄せる積りの姉弟たちにも それぞれの事情があった... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:小林政広 『春との旅』... [続きを読む]

» 映画『春との旅』★身につまされる二人旅withPPK [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/153225/ ↑あらすじ・配役はこちらをご覧ください。 孫娘・春と暮らしてきた老人が、春の失職を機に 今後の人生を頼るべく、兄弟の家を訪ね歩く―― この作品は、身内(父)のことが、痛いほど思い浮かび 身につまされつつ、共感や嘆息に、まみれた作品でありました …… ..... [続きを読む]

» 映画・春との旅 [読書と映画とガーデニング]
2010年 日本 北海道に暮らす元漁師の忠男(仲代達矢)足が悪く、孫娘の春(徳永エリ)の世話がなくてはならない生活を送っていますところが、春は勤務先の学校が廃校になり失業してしまいます東京へ働きに行く決心をした春と、兄弟の元に身を寄せるために親族を訪ね...... [続きを読む]

« ハートの問題 (イタリア映画祭にて) | トップページ | 月に囚われた男 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

COMING SOON

無料ブログはココログ