サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

« 月に囚われた男 | トップページ | 泣けそうなヴィゴの新作 »

2010年5月 8日 (土)

オーケストラ!

チャイコフスキーを弾いて

Photo

公式サイト http://orchestra.gaga.ne.jp

監督・脚本: ラデュ・ミヘイレアニュ  「約束の旅路」

ロシア・ボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働く、冴えない中年男アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)。かつてボリショイオーケストラの天才指揮者だったが、ブレジネフ政権下のユダヤ人排斥政策時に、ユダヤ系演奏家たち全員の排斥を拒絶して解雇された。
そんなある日、アンドレイが支配人の机を掃除していると、一枚のFAXが届いた。
それは出演できなくなった楽団の代わりにとの、パリのシャトレ座からの出演依頼だった。アンドレイは昔の仲間を集めてボリショイ交響楽団になりますし、2週間後のこのコンサートに、出演しようとする。

ロシア革命の時に多くの音楽家が亡命しましたが、1980年代のロシアで、ユダヤ人の排斥があったなんて、知りませんでしたー。

救急車やタクシーの運転手、蚤の市業者、ポルノ映画の音響効果など、様々な仕事で生計をたてているかつての仲間たち。悲しいながらも、コミカルに描いています。

アンドレイが演奏曲目にチャイコフスキーを選んだのには、大きな理由があります。かつてこの曲の演奏を、共産党に途中で中止させられたから。それともうひとつ...

アンドレイがソリストに指名したのは、パリ在住のスターヴァイオリニスト、アンヌ=マリー・ジャケ(メラニー・ロラン)。これにも、大きな理由と思いが...

Le_concert


シャトレ座の支配人はトランスポーターシリーズの、フランソワ・ベルレアンではありませんか。出てきただけで、なぜか笑ってしまいます。(≧m≦)

Concertl

シャトレ座は実在する劇場だそうですけど、劇場の経営が色々苦しいとか、ボリショイ交響楽団は出演料が安いからとか、笑いのネタにしちゃっていいのかしら。
撮影も全て本物の劇場で行なわれたそうですね。

コンサートの演奏までに、様々な困難な問題が。
昔の楽団員を説得して集める
偽造パスポートの用意
空港までの移動手段

パリに着いても、団員達がリハーサルに来なかったり、トラブルばかり。

Leconcert

↑のシーンも面白かったですね。
アンヌ=マリーは最初はバカにしていたけど、クラシックの曲も見事に弾きこなす右のおっさんに驚く。

それにしても、音楽の力は大きいですね。

チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調

これを聴くだけでも、見る価値があります。

でも、生でオーケストラの演奏を聴いた事がない人は、一度でいいから聴いてほしいですね。空気の振動、音の振動を体で感じるんですよ。映画で聴くのとは、空気が違います。生のすばらしさを知って欲しいですね。

アンドレがなぜこの曲を演奏したかったのか、過去に何があったのか、演奏中にアンドレの思いが挿入され語られます。

Concert

このシーンで泣けてねえ。crying
演奏したいという思いは、ずっと消えなかったのねえ。

001

このシーンでも、もらい泣き。weep

寄せ集め楽団の珍道中をコミカルに描きながら、過去の悲劇も告発しています。

(鑑賞日5月7日)

« 月に囚われた男 | トップページ | 泣けそうなヴィゴの新作 »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

前半のコメディ部分に色んな伏線を潜ませつつ、どこでまとめるのかと思いきやあの12分間の演奏。
レアの存在は大体想像がつく範囲だけれど、そもそもレアがアンドレイに、楽団員にとってどれほど大切な存在だったのか。30年の時を経てアンヌに引き継がれたレアのヴァイオリンの音色。音が彼らを導き、そして彼らが、レアが願ってやまなかった究極のハーモニーの完成をみる。感動で涙が止まらなかったです。

★KLYさん
みんなの思いが、最高のハーモニーを生みましたねえnotes

私はフランス映画際で見ました。
この作品、すっかり感動して、私の友達はもう一度見たいと言っていました。

前半は結構、ドタバタで笑わせてくれて、
でもあの15分間のチャイコフスキーの演奏は、私も感動して、涙が止まらなかったです。
それにしても、あのメラニー・ロラン、綺麗でしたねっhappy01

で、上映後のトークショーでは、主役のアレクセイ・グシュコブと監督が出場したけど、まぁ~、監督は面白い人でした。持参のカメラで、客席を撮ったりして・・・。
アレクセイはラフな服装で、映画の中の方が素敵な感じがしたけど、
用紙に書いた日本語の挨拶を真面目に読んで、感じよかったですscissors

★紫の上さん
映画祭でご覧になっていたんですね。私は、900円で鑑賞できる方を選びました。(爆)
やはりこういうコミカルな映画を撮る監督さんは、普段も面白いんですね。

こんにちは。
私もチャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調は感動!感動で聞いていました。

本当に圧巻でしたね!!

★Nakajiさん
音楽の力は絶大ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/34407808

この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラ!:

» オーケストラ!/ Le Concert [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click パリでオープニングNo1を記録し大ヒットした話題作{/onpu/} 日本でも先月のフランス映画祭で高評を得た。 タラの「イングロリアス・バスターズ」に主演していたメラニー・ロラン出演。 音楽もの(クラッシックも)好きなので、たまたま劇場で観た予告編で知って気になってた作品。 数日前に観たんだけど、既に日本でも観た方達が... [続きを読む]

» 『オーケストラ!』 Le Concert [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
生きる歓び、ここにあり。 パリのシャトレ劇場からボリショイ交響楽団への出演依頼のFAXを劇場清掃員のアンドレイが見つける。本国フランスで大ヒットしたという楽しくてハートウォーミングな感動音楽映画。日本でも客足は好調なようで観た人誰もが絶賛していると思えるほどに大好評。ミニシアター映画冬の時代とあっても、ギャガさんのマーケティング力は的確ということなのかな。その確実さがあるならば、さらに観客のことをもっと考えて、こういう音楽の素晴らしさを味わう映画は、音響のいい劇場でかけてくれればいいのになぁな... [続きを読む]

» オーケストラ! [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
落ちぶれた元楽団員のリベンジの物語は、笑いと涙の感動作だ。かつて一流オーケストラ・ボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレイは、ある事件が原因でキャリアの絶頂期に職を追われ、今はやむなく清掃員として劇場で働いていた。ある日、出演できなくなったオーケス....... [続きを読む]

» 『オーケストラ!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「オーケストラ!」□監督・脚本 ラデュ・ミヘイレアニュ □キャスト アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウ■鑑賞日 4月22日(木)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 突然の巡り合いと奇跡の演奏は偶然と必然が関わり合うものだ。 この映画の感動は当たり前だがラストシーンに集約される。 そのこと自体が決して良いことではないけれど、誰一人として傷つけるわけではない... [続きを読む]

» オーケストラ!(2009)LE CONCERT [銅版画制作の日々]
 さあ、人生を奏でよう。 5月1日、最終上映での鑑賞となりました。この手の作品なら、ミニシアター系なのですが、シネコン上映なんですね。キャストで知っているのは、メラニー・ロラン、フランソア・ベルレアンくらいかしら、、、、。ミュウ=ミュウは知っていましたが、彼女の出演作品は初めてです。 いやあ何が凄いって、やはりラストの演奏シーンですね。クラッシックに馴染みがない私でもこのシーンは圧倒されました。実はピアノをやっていた時期があるのですが、、、、。あまり上達することもなく辞めちゃいました。クラッシッ... [続きを読む]

» 【オーケストラ!】 [日々のつぶやき]
監督:ラデュ・ミヘイレアニュ 出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン   さあ、人生を奏でよう。 「ボリショイ交響楽団の元有名な指揮者であったアンドレは現在劇場の清掃係。 ある日支配人の部屋の掃除中に入ったファックス... [続きを読む]

» 「オーケストラ!」 [Zooey's Diary]
2009年フランス映画。 こんなマイナーな映画なのに、チネチッタはほぼ満席でした。 都心のミニシアターでもそうだったと聞きます。 ソ連時代の圧政で地位を奪われたロシアの元天才指揮者(今はしがない清掃員)が 昔の楽団仲間を集めてボリショイ交響楽団に成りすまし、パリ公演を行おうとする話。 荒唐無稽な話ですが…、よかったです。 最後の12分間の演奏シーンの為にこの作品はある、と断言できます。 そこまでは、どうしようもないドタバタコメディなのですが 最後のチャイコフスキーのバイオリン協奏曲の演奏シーンは、... [続きを読む]

» ♪『オーケストラ!』♪ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:フランス映画、ラデュ・ミヘイレアニュ監督、アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン出演。 [続きを読む]

» オーケストラ!  Le Concert [映画の話でコーヒーブレイク]
平均寿命はその国の健康状態、経済発展、社会病理の状況を集約して示す指標だそうです。 ロシア人の平均寿命ってどれくらいか御存知ですか? 10年ほど前、何かで読んで驚いた記憶があります。 OECDの平均が1960年頃から順調に右肩上がりで、2006年度女性82.5歳、男性76.7歳に対し、 ロシアでは、1960年代から女性はほぼ横ばいで72.5歳、男性に至っては10歳ほど下がって58.9歳で、 男女差が世界一大きいそうです。 一時男性年齢が64.8歳にまで上がりましたが、1991年のソ連邦崩壊前後から急... [続きを読む]

» オーケストラ!   (2009) [Chocolat Noir 76]
Bunkamura ル・シネマにて。予告編の雰囲気と日曜日の最終回は1000円というル・シネマのサービスもあるからか、満席でした。原題は、 Le Concert(協奏曲)、元々の「意志を合わせる」というイタリア語の意味は、鑑賞後にとても納得します。愛すべき人々が、とっても微笑ましい映画でした。フランスのコメディ映画なので、かなりドタバタというか、やや無理矢理な感じで(笑)物語は展開していきますが、それも全て観終わった後に思い返してみると、なかなか深い思いや風刺がこめられていま... [続きを読む]

» オーケストラ! [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】 演奏シーン以外は惹きつけられるものはなし。 [続きを読む]

» オーケストラ! [花ごよみ]
以前行って満席で見られなかった映画、 やっと見ることができました。 この映画、チケットが、 当たっているんです。 監督はラデュ・ミヘイレアニュ。 主人公の名はアンドレ(アレクセイ・グシュコフ)。 かつては指揮者をしていました。 それもロシア・ボリショイ交響楽団の 天才指揮者だったのです。 それが今はしがない清掃員。 1980年当時の、 ロシア政府の政策に対し 反対したことが原因なのです。 あることがきっかけとなって 昔の楽団仲間たちとともに ボリショイ交響楽団の再結成を計り にせのオーケス... [続きを読む]

» オーケストラ! [映画的・絵画的・音楽的]
 『オーケストラ!』を渋谷のル・シネマで見てきました。  この映画は連日大入りで、ル・シネマで別の映画を見た時でも、ロビーはこちらを見ようとする人で溢れ返っていました。我々が行った時も、公開されてからかなりの日が経過していますが、ほぼ満席でした。たぶん、PRというよりも口コミなどで、この映画の良さが浸透しているからでしょう!  さて、この映画は決してミステリー作品ではなく、どこまでもファンタジックなお話なのですが、映画の最後に至ってはじめて重要な真相が明らかとなります。ですから、その評価に当たっ... [続きを読む]

» 映画「オーケストラ!」ラストまでちょっと我慢、素晴らしい瞬間を待て。 [soramove]
「オーケストラ!」★★★★ アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン出演 ラデュ・ミヘイレアニュ監督、124分、2010年4月17日、2009,フランス,ギャガ (原題:LE CONCERT )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「かつて天才指揮者と呼ばれたアンドレは、 今は劇場清掃員をしている、 当局に抵抗したため、指揮棒を折られ没落したのだ、 そんな彼が... [続きを読む]

» オーケストラ! [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をモチーフに描く奇跡の物語。 ニセの楽団が奏でる究極のハーモニーが感動を呼び、フランスで大ヒット! 物語:かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。 ある日パリのシ...... [続きを読む]

» [映画『オーケストラ!』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆素晴らしい映画だった。  クライマックスでは、悲しみでなく、その、個々の人生が経た映像の密度の濃さで泣けてしまった。  30年前、ソ連はブレジネフ政権下の民族・文化弾圧で、名門楽団の指揮者の地位を追われた主人公アンドレ・・・、今は楽団の用務員をしているが、音楽への渇望は強い。  支配人の部屋を掃除していると、パリの有名な劇場からのオファーのFAXが届く。  アンドレは、そのFAXを懐にしのばせ、30年前に解散の憂き目にあったオーケストラチームを再結集し、パリに乗り込むのだった・・・。  ... [続きを読む]

» 映画:オーケストラ! [よしなしごと]
 相変わらず仕事が忙しく残業、残業。そして人事と管理課に目をつけられ・・・。そんなわけで映画も見る時間もなく、見ても記事にする時間もなく・・・。もう3週間くらい前に観た映画ですが、今回の記事はオーケストラ!です。... [続きを読む]

» ■映画『オーケストラ!』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ストーリーは荒いし、描写は大味だし、演技はフランス映画っぽく大げさだし…、でも、ラストには何故か感動して涙してしまう映画『オーケストラ!』。 なんというか、“音楽の力”というものを実感しました。 クラシックにはまったく明るくない私ですが、最後のコンサートでの... [続きを読む]

» オーケストラ! [C note]
数ヶ月前に観たやつなんですが・・・ ハラショー!トレビアン!すばらしー! ゲラゲ [続きを読む]

» 【映画】オーケストラ! [★紅茶屋ロンド★]
<オーケストラ! を観ました> 原題:Le Concert 製作:2009年フランス ←クリックしてね♪ランキング参加中 音楽は素晴らしい。 音楽は人の心を動かす力がある。 当たり前の事なんだけど、改めてこの作品でそれを認識したような気がします。 1980年、ロシアのボリジョイ交響楽団からユダヤ人が連行され、それに反対した天才指揮者のアンドレイも劇団を解雇。 いつしか復職することを願い、30年間も劇場の清掃員として働いていた、そんなある日。 パリのシャトレ座からボリジョイに出演依頼のフ... [続きを読む]

» オーケストラ! [銀幕大帝α]
LE CONCERT/09年/仏/124分/音楽コメディ・ドラマ/劇場公開 監督:ラデュ・ミヘイレアニュ 出演:アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン <ストーリー> 1枚のFAXを目にしたアンドレイはかつての仲間を集め、ボリショイ交響楽団代...... [続きを読む]

» オーケストラ! [to Heart]
原題 LE CONCERT  初公開 2010年 上映時間 124分 製作国 フランス 監督 ラデュ・ミヘイレアニュ 出演 アレクセイ・グシュコフ/メラニー・ロラン/フランソワ・ベルレアン/ミュウ=ミュウ/ドミトリー・ナザロフ かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今...... [続きを読む]

» オーケストラ! [のほほん便り]
コメディのツボや、お国事情もあいまって、分かりにくい部分も少なからずありましたが(あるいは、知ってると、もっと笑えたり感動できる?)ラストは本当に圧巻で、ブラボー!でした。 コミカル・音楽・痛快劇かな? さすがに、寄せ集めの、すちゃらか団員達。「んなアホな!」要素や、お茶目さがツーマッチだったり、突っ込みどころは満載ですが、 映画的・引力は抜群で、パリでヒットした、という噂に、なるほど!と思いました。 バイオリン・ソリストの彼女も美しくてヨカッタです。 最後に解明される諸々... [続きを読む]

« 月に囚われた男 | トップページ | 泣けそうなヴィゴの新作 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ