サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 春のバラを見に | トップページ | パリより愛をこめて »

2010年5月20日 (木)

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (試写会)

終点までお願いしまーす train

Railways_2

公式サイト http://www.railways-movie.jp
5月29日公開

企画・制作: ROBOT
主題歌: 松任谷由美 「ダンスのように抱き寄せたい」

一流企業に勤める筒井肇(中井貴一)は、バリバリの仕事人間。会社では、取締役に昇進の話もある。しかし妻(高島礼子)や娘(本仮屋ユイカ)の心は、家庭を顧みない肇から離れる一方だった。
そんな中、田舎の母(奈良岡朋子)の病気や、会社の同期の親しい友人の突然の死をきっかけに、自分の人生を見つめ直し、子供の頃の夢だった、“バタデン”の運転士になろうと決意する。

“バタデン”とは、島根県の松江から出雲大社まで走る一畑電車

実話を基にしているって聞いた気がするけど、フィクションなのかしら。それとも、モデルになった人への配慮で、公式サイトに書かれていないのかしら。

仕事に追われ、いつもせかせかして、自分で気づかないうちに息切れしてしている主人公。母が倒れ、物作りが好きな同期の親友川平が、交通事故で突然亡くなった。リストラのため、川平が工場長を勤める工場を、閉鎖したばかりだった。そして心筋梗塞で倒れた肇の母親に悪性腫瘍が見つかり、余命は長くない。
自分らしい人生とは、人生で大事なものとはと考える。

50歳近くで、20代の青年に混じって試験や訓練を受けるのは、なかなか大変だと思います。
でも、やっぱり意志の問題ね。大企業で出世する人は、強い精神力があると思うんですよ。運や才能もあるけれど、強い意志がなければ、こういう転職はできないと思います。

メインは、企業戦士だった頃と、電車の運転士になってからの肇の変化かな。
好きでしている仕事だし、気持ちもゆったりきて、妻子との関係も少しずつ修復できていく。

地元密着のローカル電車なので、肇は乗車するお客さんを気遣ったために、遅延させてしまう事もしばしば。それでも、3分とか5分なんだけど、日本は時間に正確ですからねえ。
しかしお客さん達は、肇の優しさを忘れません。

肇と同期の新人運転士宮田に、これがデビュー作となる三浦友和・百恵夫妻の次男、三浦貴大。目はお母さん似ですが、二枚目って顔じゃないわね。ミュージシャンになった長男の方が、イケメンかな。

宮田は甲子園にも出場し、プロからもスカウトされたが、肘の故障で野球を断念。運転士になった理由は、肇と全く違う。

Raqilways5

肇と、彼の家族や周囲の人達とのかかわりを色々なエピソードを交えて、コミカルに、かつ感動的に描いた作品です。
田畑の空気を吸って、ほんわかする感じでした。

電車から見える、宍道湖や田畑の風景がいいですね。
主人公の自宅の最寄り駅が、無人駅の「いのなだ駅」だそうです。

Railways8

鉄道マニアではありませんが、鉄道で一番興味がもてるのは、車窓からの眺めかな。


私は祖母が亡くなる小学校一年まで、夏は母の田舎で1ヶ月過ごしていました。母の実家は農家だし、電車の窓からは一面に田んぼが広がっている所だったので、懐かしい感じでした。畑で割れたしまったとか、売り物にできないスイカは当然自宅用だったので、母の実家では、いつもスイカをいっぱい食べていましたね。近所の分家の子供達や、近所に嫁に行った叔母の子供達とかで、夏の昼間は実家にいつも子供がわんさかいて、みんなでスイカを食べたり、遊んだりしていましたよ。

(鑑賞日5月18日)

« 春のバラを見に | トップページ | パリより愛をこめて »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

田舎の風景っていいですよね。
ゆったりとした展開はまるでローカル線がゴトゴト走るかのようで
とても心地よかったです。
もっとも、子供の頃からの夢がえらいこと簡単に叶っちゃう事に若干の拍子抜け感を抱きつつも、まあもともとベタなストーリーだし~。
とか思いながら見てました。

★KLYさん
夢をかなえるのは、大人のファンタジーでしょうか。
日々の気持ちの変化や、家族や周囲の人達とのかかわりかたがメインなのかもと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/34691461

この記事へのトラックバック一覧です: RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (試写会):

» 『RAILWAYS (レイルウェイズ)』お薦め映画 [心をこめて作曲します♪]
「夢」を追いかける中年男のメルヘンに好感が持て、大きなスクリーンを電車が駆け抜ける様子が何とも言えず心地良い。少年少女の頃に戻って、忘れていた夢を追いかけたくなる作品。 [続きを読む]

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [LOVE Cinemas 調布]
東京の一流企業に勤めるエリートサラリーマンが50歳を目前に、幼い頃からの自分の夢だった「“一畑電車”の運転士になる」を実行に移す姿を中心に、家族の絆、人との触れあいを描いた人間ドラマだ。主演は『ザ・マジックアワー』の中井貴一、共演に『ドロップ』の本仮屋ユイカ、『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』の高島礼子が出演。監督は作品の舞台となっている島根出身の錦織良成。... [続きを読む]

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [だらだら無気力ブログ]
仕事に打ち込み、順調に出世をしてきたエリートサラリーマンが、母親の 病気などをきっかけに、50歳目前にして少年の頃の夢だった電車の運転士に なる姿を描いた感動ドラマ。 主演は『鳳凰 わが愛』の中井貴一、妻役は『犬と私の10の約束』の 高島礼子、娘役は『スウィ..... [続きを読む]

» 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 [Cinema + Sweets = ∞]
4/20に、なかのZERO大ホールであった『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の試写会に友達に誘ってもらって行ってきました。 ******************** チェック:仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追... [続きを読む]

» 映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 [FREE TIME]
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [花ごよみ]
ストーリーはというと、 50歳をすぐ目前にして、 仕事に追われる毎日を、 送っていた49歳の男が、 あるきっかけから、 今までの生き方を、 思いめぐらした結果、 子供の頃にあこがれていた、 電車の運転士の夢を、 実現することになる。   監督はこの映画の舞台となる 島根出身の錦織良成。 主人公、肇を演じるのは中井貴一、 その妻に高島礼子、 娘には本仮屋ユイカ。 ある日、故郷で一人暮らしを、 している母が倒れる。 それを契機に出雲に、 帰郷した肇(中井貴一)は、 今まで忘れていた夢を思い... [続きを読む]

» RAILWAYS (中井貴一さん) [yanajun]
中井貴一さんは、現在公開中の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に筒井肇 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

» 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」□監督・脚本 錦織良成 □脚本 ブラジリィー・アン・山田、小林弘利 □キャスト 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪 功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネグランデ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 誰しも幼い頃は「夢」持っていた。 それに向かって現実に夢を叶えられる人もいれば、 受験戦争... [続きを読む]

» 映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」大人のおとぎ話を見に行こう [soramove]
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」★★★☆ 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子 出演 錦織良成監督、130分 、2010年5月29日公開、2010,日本,松竹 (原題:RAILWAYS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「仕事一筋の男、筒井(中井貴一)は、 母親の見舞いに郷里に戻り、 子供の頃の夢を思い出した。 これは叶えられない大人の童... [続きを読む]

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [いい加減社長の日記]
またも、1週間遅れ^^; 最初予告編を観たときは地味な印象で、パスしようかと思ったんだけど。 なんとなく雰囲気が良さそうな感じを受けたので、土曜日の朝一で「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、土曜日としては少な... [続きを読む]

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語~心にしみる台詞の数々 [シネマでキッチュ]
島根の一畑電鉄に乗ったのは昨年のこと。 宿泊したなにわ一水というホテル近くの駅から出雲まで、車窓にうつる景色を眺めながらのんびりと電車に揺られた。 その一畑電鉄が登場する、島根が舞台の映画ということで、 懐かしい友達にひさしぶりに会えるような気持ちを抱えて映画を観にいきました。 「RAILWAYS ~49歳で電車の運転士になった男の物語」 映画本編の題名は「RAILWAYS」。 検索するとなぜか「... [続きを読む]

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[RAILWAYS] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年40本目(38作品)です。 【あらすじ】 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、順風満帆なサラリーマン生活を送る筒井肇(中井貴一)は、一人暮らしの母が倒れたのを..... [続きを読む]

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [単館系]
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっか... [続きを読む]

» mini review 10505「RAILWAYS」★★★☆☆☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。主人公の男を『亡国のイージス...... [続きを読む]

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
東京の大手家電メーカーに勤める筒井肇は、仕事一筋に生きてきた50歳を目前にしたサラリーマン。仕事に追われる忙しい毎日でしたが、母の急病で帰省したことをきっかけに、自分の生き方に疑問を感じるようになり、子どもの頃の夢だった電車の運転士になるべく、故郷の一畑鉄... [続きを読む]

» railways 49歳で電車の運転士になった男の物語 [のほほん便り]
偶然、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」を見たことから、実は最初の作品が評判良くて作られたパート2だと知り、いつか見てみたいなぁ…と思ってただけに、見ることができて嬉しかったです。 これも、じつに佳作! 映画が夢物語だとしたら、そういうう意味でも、本当に「あったらいいなぁ… こういうこと」世界ですよね。はからずして、少年時代の夢が叶ったんですから! それに、家族再生の物語 中井貴一の持ち味が十二分に活かされ、優しい誠実な運転手さんぶりも、出雲の車窓の風景も、じつにイイ... [続きを読む]

« 春のバラを見に | トップページ | パリより愛をこめて »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ