サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« アイアンマン2 (試写会) | トップページ | 今日からワールドカップ »

2010年6月 6日 (日)

アデル/ファラオと復活の秘薬 舞台挨拶付プレミア試写会

ナイトミュージアム in フランス?

Photo

公式サイト http://adele.asmik-ace.co.jp
7月3日公開

フランスの人気コミックの映画化

監督・脚本: リュック・ベッソン

1911年。
ジャーナリストのアデル(ルイーズ・ブルゴワン)は、双子の妹の命を救うため、《復活の秘薬》を手の入れようと、エジプトで、ラムセス2世の侍医の棺を探していた。
同じ頃パリでは、ジュラ紀の化石から孵化した、翼竜プテロダクティルスが空を飛び回り、大事件となっていた。

ベッソン監督と、主演のルイーズ・ブルゴワンの舞台挨拶がある、プレミア試写会に行ってきました。

監督は、プロモーションでもっと早く来日する予定でしたが、火山の噴火でヨーロッパの航空便が欠航になった時だったので、その時の来日が中止になったとテレビで聞きましたよ。
それでも、また都合をつけて来日してくれたんですね。

この試写会に応募したのは、ベッソン監督が見たかったからです。デブだけど、童顔ていうか、監督って顔が可愛いでしょ。(←理由はそれかよ)
もちろん、好きな作品が多々あるからでもありますが。

Adele_1

アデルの最初のポスターは、ヒロインの顔がはっきり出ていなかったので、まーた、ベッソン監督好みの般若顔かと心配でしたが、次のを見て、普通の顔でよかったと思いました。
(^-^;
コスプレして、テレビのお天気お姉さんをやっていた人なんですってね。

試写状を座席指定券に交換したら、前方の通路寄りの席だったんですよ。撮影禁止だし、ゲストを近くで見たいわけではなかったので、後方の中央部分の席がよかったのにと、ちょっとがっかり。
しかしこの席が、あとで思わぬ幸運を...

開演10分前に席に着くと、客席前方の下手に、司会の伊藤さとりさんを発見。えー、そこで待機してるの?と、驚きました。
で、ゲストはスクリーン前のステージの上手の出入り口から登場かなと思ったら、ムービーカメラが、客席後方を向いている。後方の非常口のドアが開いていて、ドアの向こうのあかりも点いている。

ゲストのふたりが、客席に挟まれた上手側の通路を通って、ステージまで下りてきました。

ルイーズさんは、映画と違ってシャープなアイメイクをしていました。映画で見るより、可愛いです。
しかし、顔がすごーく小さくて、脚がものすごーく長い。ハイヒールを履いていて、監督の胸のあたりに腰がある。首も、細くてながーい。

「Dr.パルナサスの鏡」のリリー・コールさんと同じく、体のパーツの比率が一般人とかけ離れていて、違う生き物に見えます。

ベッソン監督が起用する女優って、ミラ・ジョボヴィッチ以降、脚が長くてスタイル抜群だけど、ペチャパイよね。グラマラスな女性は、タイプじゃないのかしら。

監督は何回も来日しているけど、桜の頃に来日できないのを残念がっていました。

監督が、観客の中でパリに行った事がある方と問うと、何人かが手を上げたので、監督は続いて、1912年のパリに行った事がある方は? (爆)

監督はとってもお茶目で、舞台挨拶で冗談を言うだけでなく、ルイーズさんが司会者の質問の内容を、通訳さんに耳打ちして確認していると、上着を広げてルイーズさんと通訳さんを客席から隠すようにしたり、仕草もユーモアたっぷりでした。

好きな日本語はとの質問に、ルイーズさんは「キレイ」と答えていました。
女性は、可愛いとかきれいとか言われるのは、誰でも嬉しいですもんね。happy01
夜のルーヴル美術館の撮影では、いつもは日本人が150人位いて、ゆっくり見られないモナリザを見る事ができて、うれしかったそうです。

監督によると、映画の衣装は、手袋に至るまで、もう引退している昔の職人さん達に、作ってもらったそうです。

舞台挨拶が終わると、司会者が、客席の下手側の通路から戻るようにゲストに指示。
えー、私の席のそばの通路よ。
友人はルイーズさんに握手してもらいましたが、私はムッシュベッソンと声をかけて、監督に握手してもらう事に成功!good (ちょっとむちっとした感触の手でした。)
思わぬ出来事に、感激!!!happy01
席の位置のおかげだわ。

個人的に、おまけ付きの舞台挨拶になりました。


さて映画は、冒険物と言うより、コメディーって感じ。
冒頭のエジプトのシーンは、インディ・ジョーンズやハムナプトラみたいですが、冒険はその部分だけ。
あとはずっとパリが舞台となります。

原作はコミックなので、映画もとっても漫画チックな展開と笑い。
しかも、むかーしのコメディー映画みたいなスタイル。
くすくす笑えるけど、爆笑する感じじゃないし、つまらなくはないけれど、特別面白くもないから、日本での興行成績は厳しそう。

ベッソン監督には、やっぱりハードボイルドなアクション映画がいいみたい。
最近の映画は、どうもねえ。「アンジェラ」も映画としては、全然面白くなかったし。
監督作でなくて、プロデュース作品の方が面白いですよね。

世の中が不況の間は、面白いエンターテイメントを作って、不況が終わったら、また人を殺す映画を作るって言っているので、早く景気がよくなってほしいものです。

CGも、ハリウッド映画よりかなり劣っているシーンがあって、失笑してしまいました。予算の関係かしらね。
ただ、前方の席だったので、翼竜が迫ってくる場面とか、臨場感たっぷりで見られました。

勝気で行動派のヒロインはいいけど、繊細な演技ができる女優さんでないのが難点。

ヒロインのファッションは楽しめます。ミイラの復活に必要な教授を脱獄させようと、数々の変装をします。
豪華なドレスや帽子もたくさん出てくるので、目の保養になりました。

Adel003

Adele2

Adele_sec1

胸が全部見える入浴シーンもありますが、必要あるのか?

ミイラが復活するのはいいけど、何でエジプトのミイラが、フランス語しゃべるのよ。(爆)
ここに(ルーヴル美術館)ピラミッドを作ったらいいのにのセリフには、クスリ。

悪役で、マチュー・アマルリックが出演しているけど、すごいメイクで彼とはわかりません。
新聞売りの青年は見覚えがあるんだけど、どの映画に出ていたのかわかりませーん。
どなたかわかる方、教えてーー!

(鑑賞日6月8日)

« アイアンマン2 (試写会) | トップページ | 今日からワールドカップ »

【映画】あ行」カテゴリの記事

プレミア試写会」カテゴリの記事

コメント

風子さん
今晩は☆彡
おぉ~ベッソン監督、ルイーズさんに会われたのですか!
羨ましいですね。想像していた内容ではなく、、、、、。
あれって感じでした。アクションがもっとある方がいいのですが。

★mezzotintさん
冒頭のエジプトのようなシーンがずっと続くのかと思っていましたよ。
パリのコメディーでしたね。

うっひょおおお!!それはおいしかったですね。
ベッソンと握手って、語り草になりそう。
まあ、映画は大したことなかったですが、最近のベッソンの映画には、一切の期待を持ってないので、十分イケました!
監督はもうやらない方がいいですよね。
新聞売りに少年にはちょっと気づきませんでした。

★sakuraiさん
いやー、ベッソン監督と握手できるとは思いませんでした。

監督より、プロデューサー業の方がいいですね、ベッソン監督。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/35071682

この記事へのトラックバック一覧です: アデル/ファラオと復活の秘薬 舞台挨拶付プレミア試写会:

» 『アデル ファラオと復活の秘薬』 [ラムの大通り]
アデル ファラオと復活の秘薬 (原題: Les aventures extraodinaires d'Adele blanc-sec" ----この映画って、リュック・ベッソン監督の作品ニャんだって? あまり、そんな感じしないニャあ。 「そうだね。 ぼくなんか、観る前はフランソワ・トリュフォーの 『アデルの恋の物語』のリメイクかと勘違い。 ところが、宣伝サイドの言葉を借りれば いわゆる“女性版インディ・ジョーンズ”。 でもそれをベッソンが撮るなんてありなのか?って…。 主人公はルイーズ・ブルゴワン... [続きを読む]

» アデル [うろうろ日記]
試写会で見ました。コピーライターにだまされたー。と思ったのが第一印象です。正直、 [続きを読む]

» 映画「アデル ファラオと復活の秘薬」@ヤ... [masalaの辛口映画館]
 試写会の主催はラジオ日本「イエスタディポップス・ウィズ・シネマダイヤリー」さんだ。司会は横山明日香さん、映画上映前にスポンサー様からの抽選会が行われた。客席は8~9割... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [映画鑑賞★日記・・・]
【LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC】2010/07/03公開 フランス PG12 107分監督:リュック・ベッソン出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、フィリップ・ナオン、ニコラ・ジロー、ジャッキー・ネル...... [続きを読む]

» [映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これは悪いほうのリュック・ベッソンが作った作品かと思いきや、  予告編のアクション大作としての宣伝の仕方からはあまり想像できなかったのだが、  実はコメディ作品なんだと認識できたら、途端に、いいリュック・ベッソン作品だと理解できた。  何よりも、主演のルイーズ・ブルゴワンが可愛い^^  あの生まれながらの気品ある大人顔で、マイウェイでもあるハスッパささえも見せられると、物語もグレードアップされるってものだ。    ◇  その前に、関係ない話を・・・。  公開間近のアンジェリーナ・ジョ... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 とんでもない自己中女っ!(笑) [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=33 -10-】 Luc Besson (リュック・ベッソン)監督が好き、グランブルー、ニキータ、レオン、フィフスエレメントが特に好き、だからどんな映画かはよくわからんが(予告編って流れていたか?観てないぞ!)レイトショーで鑑賞。  1911年。パリでは、博物館に展示されていた卵の化石から翼竜・プテロダクティルスが孵化し、人々を襲うという事件が勃発していた。ジュラ紀の専門家エスペランデュー教授が翼竜を甦らせてしまったのだ。その頃、ジャーナリストのアデル・ブラン=セックはエジ... [続きを読む]

» アデル ファラオと復活の秘薬 [そーれりぽーと]
「『ミニモイ』三部作以外もう映画は撮らん」と言ってたリュック・ベッソン最新作は、ヒロインが主役のアドベンチャー映画? 『アデル ファラオと復活の秘薬』を観てきました。 ★★★ もしかしたらこういうアドベンチャーもの自体フランス映画では初めてなんじゃ? ハリウッド映画と同じ事をせず、“いかにお洒落で優雅に見せるか”に注力して作られているところにハマって観てました。 こんなにユルいアドベンチャー映画は観たことがないってノリ。 『ロマンシングストーン』から灰汁を抜いた感じ。 だいたい、冒頭の10分だけ... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬(2010) [銅版画制作の日々]
原題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC MOVX京都にて鑑賞。う〜ん想像していたようなものではなかったなあ。もっとアクションぽいものを期待していたんですけれど、、、、、。主人公アデル役のルイーズ・ブルゴワンはモデル出身だそうです。リュック・ベッソンが選んだベッソン作品の新しいミューズらしい。そうですね。この方はなかなか魅力的なのではないでしょうか。全編フランス語です。フランス語って結構早口ぽい感じがします。アデルもかなり早口でまくし立て... [続きを読む]

» 「アデル/ファラオと復活の秘薬」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 ジャック・タルディ原作の人気コミックを、鬼才リュック・ベッソン監督が映画化。20世紀初頭のフランスを舞台に、知恵と勇気と美貌を兼ね備えた女性ジャーナリスト・アデルが、... [続きを読む]

» ■映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
リュック・ベッソンが自ら監督を務めた映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』は、女流冒険作家アデル・ブラン=セックがフランス~エジプトを股にかけて活躍するヒロイン・アドベンチャー。 1976年に初めて発表された、フランスの国民的人気コミックを原作にしているそう。 日... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [だらだら無気力ブログ]
『レオン』『フィフス・エレメント』などで数々の印象的なヒロインを 描いてきたリュック・ベッソンが手掛けるファンタジー・アドベンチャー。 フランスの人気コミックシリーズを原作に、エジプト王家に伝わる秘薬を めぐる冒険が繰り広げられる。ヒロインに抜てきされたの..... [続きを読む]

» 映画「アデル/ファラオと復活の秘薬」これは久々の勘違いマンガ映画 [soramove]
「アデル/ファラオと復活の秘薬」★★★ ルイーズ・ブルゴワン、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ出演 リュック・ベッソン監督、107分 、2010年7月3日公開、2010,フランス,アスミック・エース (原題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「1911年、パリの自然科学博物館... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [悠雅的生活]
無政府主義者の陰謀。プテロダクティルス・ライダー。死後に生はあるか。 [続きを読む]

» アデル ファラオと復活の秘薬 [迷宮映画館]
アデルの周りに群がってる中年と年配のおっさんたちが多すぎ! [続きを読む]

» 「アデル /ファラオと復活の秘薬」 ベッソンの好きなもの詰め合わせ [はらやんの映画徒然草]
この作品はたぶんダメという方が多いでしょうね。 その理由は想像がつきます。 スト [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [りらの感想日記♪]
【アデル/ファラオと復活の秘薬】 ★★★ 映画(36)ストーリー 1911年。世界の不思議と秘宝を追う女性ジャーナリスト、アデル(ルイーズ・ [続きを読む]

» 「アデル/ファラオと復活の秘薬」 [みんなシネマいいのに!]
 あれ、リュック・ベッソンってもう監督はやらないって言ってなかったけ? やっぱり [続きを読む]

» 映画 ■■アデル/ファラオと復活の秘薬■■ [Playing the Piano is ME.]
リュック・ベッソン監督が結構好きなゴーンさんと 久しぶりの観劇。 遺跡アドベンチャーものだし リュック・ベッソンだし、面白そうと思って 見ましたが... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
アデル/ファラオと復活の秘薬10:フランス◆原題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC/THE XEXTRAODINARY ADVENTURES OF ADELE BLANC-SEC◆監督:リュック・ベッソン「アーサーとミニモイの不思議な国」「アンジェラ」◆出演:ルイーズ・ブルゴワン、....... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [Movies 1-800]
Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec (2010年) 監督:リュック・ベッソン 出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ フランスの同名人気コミックの実写映画化で、20世紀初頭のパリを舞台に、重体の妹を救う為、古代エジプトの秘薬を求めて奔走する女性ジャーナリストの活躍を描く。 てっきり、女性版インディ・ジョーンズが「トランスポーター」ばりのアクションを見せてくれるのかと思っていたら、カーチ... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [いい加減社長の日記]
「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! 」と迷ったけど、混んでいたので、こちらを選択。 新しい女性のヒーロー誕生というキャッチに魅かれて「アデル/ファラオと復活の秘薬 」を、土曜日のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん 」は、踊る効果か、ちょっと多... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★☆☆☆☆☆☆☆    (★×10=満点)    試写 ヤクルトホールにて鑑賞    2010年07月03日 公開  監  督:リュック・ベッソン キャスト:ルイーズ・ブルゴワン       ジル・ルルーシュ       ジャン=ポール・ルーヴ... [続きを読む]

» アデル [映画的・絵画的・音楽的]
 フランス版インディ・ジョ−ンズもあるいはおもしろいかもしれないと、『アデル ファラオと復活の秘薬』を丸の内ピカデリーで見てきました。  実は、7月31日の記事の冒頭で、「あるフランス映画を見ようと思って出かけたところが、狙った時間帯には上映されていないことがわかり」見逃してしまったというのがこの作品だったわけで、それが打ち切り間際だったところから、慌てて別の映画館を探して見た次第です(現在は、既にここでも違う作品が上映されています)。 (1)単に“フランスの冒険映画”ということで見てみたわけです... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [銀幕大帝α]
LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES DADELE BLANC-SEC/10年/仏/107分/アドベンチャー・アクション/PG12/劇場公開 監督:リュック・ベッソン 音楽:エリック・セラ 出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャ...... [続きを読む]

» 【映画】アデル/ファラオと復活の秘薬…下衆い勘繰り込み。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
今日の昼は九州北部でも雪が吹雪いていました。寒いです まずは近況… 世の中は三連休らしいですが、昨日2011年2月11日(金曜日・建国記念日)はお仕事でした …他は、特になにも無い…買い物に行ったのとレンタルしてた映画「魔法使いの弟子」を観たぐらいかなぁ。 本日20...... [続きを読む]

» アデル ファラオと復活の秘薬 [RISING STEEL]
アデル ファラオと復活の秘薬 LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC 2010年 フランス映画 ヨーロッパ・コープ製作 監督・脚本:リュック・ベッソン 製作:ヴィルジニー・ベッソ...... [続きを読む]

» アデル/ファラオと復活の秘薬 (Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 リュック・ベッソン 主演 ルイーズ・ブルゴワン 2010年 フランス映画 107分 アドベンチャー 採点★★ 小学生の頃、マンガ好きの後藤くんの影響で、「ちょっくら自分でも描いてみるか!」と無謀にもマンガ作りに挑戦してみた私。しかしながら、残念な絵心の持…... [続きを読む]

» 『アデル/ファラオと復活の秘薬』 [『映画な日々』 cinema-days]
アデル/ファラオと復活の秘薬 事故で病床にある妹の為、 古代エジプトの待医を探す女性ジャーナリスト 【個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Les aventures extraordinaires d'Adle Blanc-Sec... [続きを読む]

« アイアンマン2 (試写会) | トップページ | 今日からワールドカップ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ