サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« クレイジー・ハート | トップページ | ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (試写会) »

2010年6月23日 (水)

ザ・ウォーカー

30年もかからないでしょう

Photo_2

公式サイト http://www.thewalker.jp

製作: ジョエル・シルバー
監督: アレン&アルバート・ヒューズ  「フロム・ヘル」

大規模な戦争により文明が崩壊した世界で、“ウォーカー”(デンゼル・ワシントン)と呼ばれる男は、世界にただ一冊残された本を携え、30年間ひたすら西を目指して旅をしている。本を守るため、行く手を阻む敵は容赦なく殺す。
一方、汚染されていない水源を支配して大勢の盗賊を手下に持ち、街に君臨するカーネギー(ゲイリー・オールドマン)は、ある本を捜していた。それをウォーカーが持っていると知り、彼の本を奪おうとして、死闘を開始する。

デンゼル・ワシントン主演の大作なのに、意外と上映館が少ないなと思っていましたが、日本では大衆受けしない、宗教色の強い内容だからなんですね。たぶん。

信者でない私は、ふーんと眺めて、感情移入することはなかったです。

まず設定に、突っ込みどころ満載。推測される主人公の道のりは、30年もかからないと思うの。それ以前に、字が読める人も、いっぱいいると思うのよ。30年たっていたら、場所によるでしょうけど、もっと復興してないか? 作物が育つ地域に大勢が移動していて、暮らしているのではとも思うし。肉だけ食ってればいいみたいな感じなのが、アメリカよねえ。
まあ設定に文句を言っても仕方ないので、受け入れて鑑賞しましょう。

貴族だけど民主主義者だった、サドの小説を思い出しました。確か、「王は宗教なんか信じていない。民衆を操るために必要なだけ。」というような登場人物のセリフがあった。これには共感する部分が多いです。

カーネギーは、ウォーカーの本があれば、民衆を支配できると考えているんです。
辛い時って、誰でも心のより所を求めたりしますからね。

ウォーカーの持っている本は、戦争の原因とも考えられて、戦後焼かれてしまって、現存するのは彼が持って一冊のみらしい。
カーネギーは文字の読めない手下達に、本を捜させている。彼らは見つけた本を残らず持って帰り、その中に「ダヴィンチ・コード」もありました。(笑)

映画の内容はともかく、必要最小限の動きで敵を倒す、時代劇みたいなデンゼルのアクションはかっこよかったです。
「サブウェイ123」で大幅に増やした体重を、この映画で大幅に減量して、シャープな体形になっています。アクションは、ブルース・リーの弟子のダン・イノサントと、「ボーン・アルティメイタム」のスタント・コーディネーターのジェフ・イマダに講義を受けたそうです。

ガンアクションもあるけれど、ナタや剣、弓のアクションが好きです。

Bookofeli2_2

インテリヤクザのカーネギーの盲目の情婦クローディアが、ジェニファー・ビールス。
その娘ソラーラに、ミラ・クルス。

Book_of_eli_0

本を守ろうとするあまり、大切な事を忘れていたウォーカー。そう、大事なのは、本そのものではなく、内容とその精神。本か、それともソラーラの命かの選択を迫られた瞬間、それに気づきます。


カーネギーの手下のレッドリッジが、なかなかかっこいいオッサンだなと思ったら、「パニッシャー:ウォーゾーン」のレイ・スティーヴンソンだったのね。

街の修理屋っていうかエンジニアみたいなのに、トム・ウェイツ。

ウォーカーとソラーラが途中で立ち寄る家の夫婦が、マイケル・ガンボンとフランシス・デ・ラ・トゥーア。ダンブルドア校長と、フランスの魔法学校の校長じゃないの。(笑)

西の地で、マルコム・マクダウェルも登場します。

ラストでまたまた突っ込み。
撃たれたのに、そんなに長くもつのか?
もっと早く死ぬでしょ、イーライ。

ソラーラがiPodのイヤホンをするシーンは、ウォーカーへの思いや、今後に対する強い意志が感じられて、とても印象的でした。

あと、点字本だったという展開は、よかったですね。

(鑑賞日6月19日)

« クレイジー・ハート | トップページ | ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (試写会) »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

殆ど同じような感想でした。

>まあ設定に文句を言っても仕方ないので、受け入れて鑑賞しましょう

結局この通りなんですよね。(笑)どう考えたっておかしいだろ?ってな
部分は見ないことにしないと話すすまないから。^^;
点字のラストは意表を突かれました。中身をすりかえてあるんじゃないか?
とは思ってましたがそうくるとはね~^^

★KLYさん
なんじゃこりゃな設定でした。

マッドマックスみたいな感じなのかと思っていましたが、キリスト教の話でしたね。

ラストの点字は予想できませんでしたわ。

こんにちは~♪
減量したデンゼルのアクションはカッコ良かったです!
映像もなかなか好みだったのですが、、、
やはり宗教色の強い物語にはあまり馴染めませんでした~coldsweats01

★由香さん
こういう宗教がらみの話は、冷めた目で眺めてしまいますわ。

はなっから突っ込むのやめてしまったので、素直に見てました。
神の啓示か、「座頭市」と続けて見てしまったんですよ・・・。

レイ・スティーブンソン!!よかったですね。
存在感たっぷり。
「ローマ」というWOWOWの連ドラで見たのですが、すんごいドラマで面白かった!!
あのときのマッチョぶりを思い出しました。

★sakuraiさん
イーライが座頭市だったとは最後まで気づきませんでした。
レイ・スティーヴンソンは、やっぱり脇役でも目立ちますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/35274685

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ウォーカー:

» ザ・ウォーカ―(2010)THE BOOK OF ELI [銅版画制作の日々]
運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。 20日(日)は、MOVXディ。1000円で鑑賞出来るということで行って来ました。観たのは、19日より公開されたこの作品です。アカデミー賞受賞俳優、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの共演ということで、ちょっと期待もあったり。。。。。 さて観終わってどうだったか?う〜んところがですね。えぇこれでお終いなの?っていうような結末、、、、。それから少々中弛み状態となり、途中でzzzzz状態となり、ちょっと見逃す場面もあったり(汗)ゲイリー・オールド... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩き続けている。そんな中、彼の前に、本を探し続ける独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が現れ―     監督 : アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ 『フロム・ヘル』【comment】   超〜〜〜辛口感想です。      しかも、いきな... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [映画鑑賞★日記・・・]
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ....... [続きを読む]

» 「ザ・ウォーカー」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; デンゼル・ワシントン主演。廃墟となったアメリカの荒野を西に向かって歩きつづける男の話。ちょっと苦手なアクション&バイオレンス要素も多分にあったのですが、ストーリーのユニークさ、テーマの興味深さ、凝った撮影と構図…等々、見どころが多く満足度の高い映画でした。原題は“The Book of Eli”イーライ(Eli)が運んでいるThe Book。「空が光った(最終戦争を意味する)後、生き延びた人々は、この本を焼き払った。戦争の原因をつくったものとして…」... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [LOVE Cinemas 調布]
『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に『ダークナイト』のゲイリー・オールドマン、他に『マックス・ペイン』のミラ・ニクスも出演している。監督は『フロム・ヘル』のアレン・ヒューズと、アルバート・ヒューズ。... [続きを読む]

» ◆『ザ・ウォーカー』◆ ※ネタバレ少々 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:アメリカ映画、アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ監督、ジョエル・シルバー製作、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、トム・ウェイツ出演。 [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。 [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [りらの感想日記♪]
【ザ・ウォーカー】 ★★★★ 映画(34) ストーリー イーライ(デンゼル・ワシントン)という名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [だらだら無気力ブログ]
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲー..... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [悠雅的生活]
荒廃した大地。西へ往く男。両刃の剣。 [続きを読む]

» 映画「ザ・ウォーカー」ただ一つ守りたい本があった [soramove]
「ザ・ウォーカー」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、ジェニファー・ビールス出演 アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、118分 、2010年6月19日、10,アメリカ,角川映画、松竹 (原題:THE BOOK OF ELI )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「やはり人類には明るい未来というのは 無いのだろうか、 ここで描かれるのも、たぶん... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [りらの感想日記♪]
【ザ・ウォーカー】 ★★★★ 映画(34) ストーリー イーライ(デンゼル・ワシントン)という名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に [続きを読む]

» ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方が映画そのものを表しているので、邦題はミスだと思う。  核戦争により文明が崩壊した未来。世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ。しかし、彼はその目的地を知らない。本に触れる者をためらわずに誰で... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
世界はすべてを失った。残されたのは、たった一冊の本!男はそれを抱え、ひたすら歩き続ける。運べ、西へ。その本を__。 男はなぜ、歩むのか?、何が書かれた本なのか?、戦慄の新世紀サスペンス・アクション。 物語:近未来、人類はほぼ滅亡しており、生き長らえた人々...... [続きを読む]

» 映画「ザ・ウォーカー」 [FREE TIME]
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» ♯33 「ザ・ウォーカー」 [ここはここ]
映画 「ザ・ウォーカー」 THE BOOK OF ELI を観ました       アルバート・ヒューズ / アレン・ヒューズ監督 2010年 アメリカ いつもなら映画を観る前には、できるだけ避けてるネタバレ記事。今回は我慢できずに、ちらっと拾い読みしたのがドーンとネタバレ核心であった。 でも、今作では逆に興味がわいて観たので、いいか〜。 で、私ネタバレ入りでしか書けないので、映画未見の方で嫌な方は避けてくださいネ。 荒んだ終末世界で、この世に一冊だけ残った本を、ひたすら西へ向かって運ぶ旅を続... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [迷宮映画館]
狙ったわけじゃないんですよ。・・・「座頭市」と続けて見てしまったあたし。 [続きを読む]

» ★ザ・ウォーカー(2010)★ [CinemaCollection]
THEBOOKOFELI運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/06/19ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー [ぷち てんてん]
なに見る~?とダンナに聞かれ「アイアンマン2」かなって答えたら、意外にも「ザ・ウォーカー」の方がいいんじゃない?って言うんで、こっちにしてみた。私は単純明快アメコミの世界... [続きを読む]

» 「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・ [はらやんの映画徒然草]
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK [続きを読む]

» ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI [いい加減社長の日記]
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー 」を、金曜日の夕方に鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー 」は、大きめのスクリーン... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (The Book of Eli) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、…... [続きを読む]

» mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...... [続きを読む]

» 【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ というこ... [続きを読む]

» 『ザ・ウォーカー』 [『映画な日々』 cinema-days]
ザ・ウォーカー ”空が光って”30年。 本を持ってひたすら西に向う ”ウォーカー”旅する男の目的とは... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Book of Eli [続きを読む]

» 世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー [RISING STEEL]
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...... [続きを読む]

« クレイジー・ハート | トップページ | ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (試写会) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ