サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

    ボブという名の猫

    ダンケルク

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ヤギと男と男と壁と | トップページ | 違うのがほしかったけれど »

2010年8月27日 (金)

瞳の奥の秘密

目は口ほどにものを言う

Photo_3

公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp

2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画

定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、25年前の忘れがたい殺人事件を題材に小説を書こうと決意し、元上司のイレーネ・ヘイスティングスを訪ねる。

25年前、ベンハミンは赴任してきたイレーネに一目ぼれ。以来ずっと彼女を愛していましたが、自分の気持ちを彼女にはっきり告げる事はありませんでした。彼女にはすでに婚約者がいたし、彼女は裕福な家庭の大卒で、ベンハミンは貧しく高卒だったから。
イレーネも彼の気持ちに気づきつつも、ベンハミンが告白してくれないので、婚約者と結婚。25年後の今は、ふたりの子供がいます。

ベンハミンは1度結婚しましたが、離婚して今はひとり暮らし。イレーネと再会し、いまだに彼女への気持ちが変わっていない事を、改めて自覚します。

彼が書こうとしているのは、23才の新婚の美人女性教師が、強姦されて殺された事件。
被害者の夫リカルドは銀行員。
ベンハミンと彼の部下のパブロは、被害者の幼なじみイシドロ・ゴメスが容疑者ではとめぼしをつけましたが、上司の命令を無視し、強引で違法な捜査をした事で、事件は未解決として処理されてしまいます。

しかし一年後、駅でリカルドと再会したベンハミンは、彼が毎日違う駅で容疑者を現われるのを待っているのを知り、捜査の再開を嘆願します。
ゴメスの母親宅にあったゴメスの手紙から、彼がサッカーチームのラシンの熱心なファンであると推測し、ラシンの試合会場で容疑者を捜すベンハミン達。
何とか彼を逮捕しますが、事件はここで終わらないんですね。

人はいろいろ変わっても、変わらない部分がある。
これがある真実へとベンハミンを導きます。

変わらないもの。
ゴメスがラシンファンである事。

リカルドの亡くなった妻への愛。そして、犯人に対する思い。
彼は、犯人には死刑でなく、終身刑を望んでいます。死ねばその時点で犯人は解放されるけど、自分は死ぬまで空虚な日々を送る。だから、犯人には終身刑で、死ぬまで空虚な日々を送ってほしいと。

ベンハミンの場合は、イレーネに対する気持ち。彼女以外の女性は愛せなかった。

小説を書いていて、現在のリカルドとゴメスはどうしているのか知りたくて、ベンハミンは彼らの住所を調べます。そしてリカルドと再会したベンハミンは、衝撃の事実を目にすることに...

事件の展開は、アルゼンチンの政情を知らないとわかりにくい部分もあるかと思いますが、なかなか見ごたえがありました。

苦労して折角逮捕したのに、ゲリラに関する情報提供と引き換えに、ゴメスは釈放されてしまい、ベンハミンとパブロは彼に命を狙われるなんてね。
しかも25年後の今も、あの事件がすっかり終わってはいない事を知るベンハミン。

ただ、イレーネとベンハミンの今後は、かなり大変でしょう。その点は、当人達もわかっているようですけど、イレーネの夫に、ちょっと同情しちゃいます。(^^ゞ

被害者役の女優さんがすごくきれいだったわ。

Carla

(鑑賞日8月25日)

« ヤギと男と男と壁と | トップページ | 違うのがほしかったけれど »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

TB,ありがとうございました♪

そうそう、被害者役の女優さんがきれいで、ここはかなり心を摑まれたんですが、
どうにもちょっとテンポとか、セリフとかで、どうにものれなくなっていってしまいました。
主人公のキャラが、、惹かれなかったからかも(´艸`)

うわ~、上の写真が被害者役の女優さんですか。めっちゃ可愛い♪
なんだか清純ぽそうだけど大胆な芝居でしたね。^^;
作品の方は見事な脚本でした。25年越しの事件の解明と恋愛、
双方に伏線がありつつ、それを上手く覆い隠していました。
流石はオスカーですね。

★kiraさん
主人公のキャラは、好みが分かれるかもしれませんね。
わたしも、主人公には特には惹かれませんでした。


★KLYさん
私はイレーネより、被害者の女優さんに目が行っちゃいましたよん。
目の表情から相手の心理を読み取るのがよかったですし、展開もうまくできていたと思います。

TB&コメントありがとうございました♪
ストーリー展開は面白かったのですが、一つ引っかかるとなんだか入り込めなくなっちゃうものですね~^^;
自分的には残念な映画でした。

それにしても理不尽な時代はどこの国でもありますね。
というか、いつの時代もあるということでしょうか。

被害者の女優さん、ホント、綺麗でしたね~
でも、あまりに悲惨で心が痛みました。(ーー゛)

こちらからもTBさせてくださいね♪

★choroさん
既婚者としては、イレーネの今後はちょっとねえ。

被害者は本当にかわいそうでした。

この映画、とっても楽しみにしていたもので、見れて本当にうれしかったです。
で、期待通り!!素晴らしかったです!
脚本の見事さに、いろんな伏線が嫌味じゃなくて効いてるところのうまさとか、よかった!!
パブロの何気ない一言で笑わさせてもらって、ぐぐっと泣かせられ・・。
ほんとによかったです。
あたしは、イレーネの今後というより、ベンハミンが気持ちを素直に吐露したことが大事だったんだなあと思いました。
出演は短いながら、きれいな女優さんでしたね。もったいない出演でしたが、インパクトは大でした。

★sakuraiさん
そちらでも公開されたんですね。

>ベンハミンが気持ちを素直に吐露したことが大事だったんだなあと思いました。

ずっと言えなかったんですものね。これからの人生を、素直に前向きにというのはよかったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/36299491

この記事へのトラックバック一覧です: 瞳の奥の秘密:

» 瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞{/m_0151/} ええもうそれだけの理由で、全く内容も知らないままで観て来ました〜 アルゼンチンアカデミー賞17部門ノミネートで、13部門制覇の快挙。 アルゼンチンで歴史的ヒットをした作品なんだとか。 監督/脚本は、ファン・ホセ・カンパネラ。 主演はファンホセ監督作常連のリカル... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密/リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル [カノンな日々]
本国アルゼンチンでは大ヒットを記録し第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品です。70年代の軍事政権下のアルゼンチン社会を背景に過去の記憶に支配され苦悩する男の姿を描くサスペンス・ドラマ。 出演はその他に、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ、カルラ・....... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [to Heart]
ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 原題 EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES 製作年度 2009年 製作国... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [LOVE Cinemas 調布]
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・ホセ・カンパネラ。意外な事実に直面するラストに驚かされる。... [続きを読む]

» 映画レビュー「瞳の奥の秘密」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
El Secreto De Sus Ojos◆プチレビュー◆殺人事件が浮き彫りにするのは壮絶な愛と哀しみ。サスペンスとしてもドラマとしても一級の傑作。 【95点】 刑事裁判所を退職したベンハミンは、25年前の未解決事件を題材に小説を書き始める。1974年に起こった残忍な殺人事件は、政...... [続きを読む]

» ★瞳の奥の秘密(2009)★ [CinemaCollection]
THESORCERER'SAPPRENTICEELSECRETODESUSOJOSTHESECRETINTHEIREYESブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。上映時間129分製作国スペイン/アル... [続きを読む]

» 「瞳の奥の秘密」(2009) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
[[attached(0,class=popup_img_300_426 width=300 height=426)]] アカデミー外国語映画賞受賞作品は、おのずと毎年期待したくなりますね。 本作も2009年度の受賞作ということで、ミニシアター系ながら新聞の映画評にも大きくとりあげられたり、映画ファンの方なら期待されていた方も多いと思います。アルゼンチンの映画なんて観る機会が少ないですよね。私もほとんど観た記憶がないのですが、サッカーや、..... [続きを読む]

» 『瞳の奥の秘密』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:スペイン+アルゼンチン合作映画、フアン・ホセ・カンパネラ監督、リカルド・ダリン、ソレダー・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ出演。 [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [小部屋日記]
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 本年度アカデミー賞外国語映画賞を受賞。 本国のアルゼンチンでは34週間というロングランの大ヒットを記録。サスペンスとロマンスが入り混ざった物語。 25年前の残虐な殺人事件と秘めた愛を忘れ... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
闇に葬られた事件を小説にすることで、失われた過去と向き合う男の物語。本年度アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞し、アルゼンチンのアカデミー賞でも13部門を制覇。物語:刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意する....... [続きを読む]

» 「瞳の奥の秘密」 熱い国から来た映画   [アタマにシャンプー、ココロにシネマ。]
☆☆ 好き好きだとは思いますが、この主人公の顔、ちょっと暑苦しくないですか。ひげもじゃのラテン系の顔って、クソ暑い夏に見る顔じゃないよなあ、と思ったのは、ぼくだけ?そんな邪心に満ちた気持ちで観たものだ... [続きを読む]

» 映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 アルゼンチン映画は二ヶ月くらい前の「アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち」以来。 だが、アチラは音楽映画なのに対し、こちらは現代劇。 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にない感性を発見して面白い。 この映画では、  「アルゼンチン流、怨念」  「アルゼンチン流、友情」  「アルゼンチン流、愛情」  「アルゼンチン流、ストーリーテリング」             などを感じることができ、大変新鮮だった。 つまり一言で... [続きを読む]

» 映画「瞳の奥の秘密」人は誰も決して忘れてはならない秘密を持っている [soramove]
「瞳の奥の秘密」★★★★ リカルド・ダリン、ソレダー・ビリャメル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ 出演 フアン・ホセ・カンパネラ 監督、129分 、2010年8月14日公開、2009,スペイン、アルゼンチン,ロングライド (原題:EL SECRETO DE SUS OJOS )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「主人公ベンハミン(リカルド・ダリン)は、 忘れがたいある事件を題材... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [映画、言いたい放題!]
一月に一回開催している、映画を観る会。 今回の作品の選択権は私です。 第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞しているこの作品を選びました。 「海を飛ぶ夢 」等など、この作品の受賞作品は 私の好みのものが多いし、 おすぎさんが褒めていることもあって。 って、最近... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [映画的・絵画的・音楽的]
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼らが昔携わったことのある殺人事件の物語との二つが絡み合うように描かれています。  裁判所を定年退職したベンハミンは、時間的な余裕が出来たことから、25年前に取り扱った殺人事件を基に小説を書こうとし、そのことをやはり25年ぶりに再会したイレーネに... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [Movies 1-800]
El secreto de sus ojos (2009年) 監督:フアン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ 今年のアカデミー賞で外国語映画賞を獲得したアルゼンチン映画で、20年以上前の殺人事件に関わった者達の忘れ得ぬ思いをサスペンス形式で描くドラマ。 1999年、退職した裁判所職員ベンハミンは二十数年前に自身が担当した忌まわしき殺人事件について執筆しようと思い立ち、かつての同僚で今は検事となったイレーネがいる元職場を訪れる・・・ ... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [映画の話でコーヒーブレイク]
本年度アカデミー賞最優秀外国語賞受賞を取ったアルゼンチン映画です。 アルゼンチンの映画を初めて見ました。 サスペンスというだけで、どういうストーリーか知らずに見たのですが・・・、 最後までグイグイ引き込まれ、見終わった後ちょっと席を立てないほどの衝撃を受けました。 感動というよりも「胸にど〜んと重いものを引き受けた感じ」とでも言いましょうか、 帰りの電車の中でもそんな想いを抱えながら帰りました。    *********************            瞳   の 奥... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密(2009) [銅版画制作の日々]
 EL SECRETO DE SUS OJOS 9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国のアルゼンチンアカデミー賞でも主要な部門を含む17部門でノミネート、何と13部門で独占受賞という快挙。 もちろん世界参加となる。そしてあのアカデミーで外国映画賞、カンヌ国際映画祭も制するんですね。あのミヒャエル・ハネケ監督の「白いリ... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年10月3日(日) 16:20~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『瞳の奥の秘密』公式サイト アカデミー外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画。 ミステリーであり、ラブストーリーである。 25年前の事件を掘り下げるが、納得のいかない事項があり、それを追求してたどり着いた驚愕の事実は、とても恐ろしいものだ。 最後は、平和裏に終了。でも、亭主と子供どうするんだ? 映画は全編グイグイ引っ張る面白さがある。 ... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密~temoからteamoへと [シネマでキッチュ]
アルゼンチン映画 「瞳の奥の秘密」 この映画のエッセンスをたった一語でみごとに語ってみせる場面がありました。 こんなシーンです。 手書きの文字「te mo」・・・・(スペイン語で「怖れる」) そこに主人公が「a」という文字を書き加える。すると、 「teamo」・・・(スペイン語で「愛する」)に変化する。 「怖れる」を「愛する」に変えるのに必要だったのはたった一語でした。Aという文字です。 (小道具... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [迷宮映画館]
これはすごい!!傑作だ。 [続きを読む]

» 「瞳の奥の秘密」 EL SECRETO DE SUS OJOS [俺の明日はどっちだ]
・ 25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、葬られた事件の真相と改めて対峙していくなかで、次第に封印していたはずの愛も甦らせていくさまを巧みな脚本と演出で描き出していく極上のラブ・サスペンス・ミステリー。 ... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [ぷち てんてん]
この映画8月から公開されている。アカデミー賞外国語賞を取った作品。aoさんの所で紹介されていて、そういえばこちらでも公開していたっけ(しかも今週で終わる)と気がつき慌てて... [続きを読む]

» 『瞳の奥の秘密』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。シークエンス自体についての記載もあり。第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチンのファン・J・カンパネラ監督による『瞳の奥の秘密』。封印された真犯人。アルゼンチンに... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密■情熱の様々な顔 [映画と出会う・世界が変わる]
巧妙に出来た映画とはこういうものを言うのだろう。物語を映像で見せることに徹したというべきか、鑑賞者への挑戦とでもいうべきか非常に見応えがあり、もう一度見たいと思わせる。... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [映画鑑賞★日記・・・]
【EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES】2010/08/14公開 スペイン/アルゼンチン PG12 129分監督:フアン・ホセ・カンパネラ出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハ ... [続きを読む]

» mini review 11520「瞳の奥の秘密」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一...... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [☆ひっくり返ったおもちゃ箱☆]
 2009年に本国アルゼンチンで公開されるや歴史的な大ヒットとなり、みごとアカデミー外国語映画賞にも輝いたサスペンス・ドラマ。25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、葬られた事件の真相と改めて対峙していくなかで、次第に封印していたはずの愛も甦らせていくさまを巧みな脚本と演出で描き出していく。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督は人気TVシリーズの演出などでハリウッドでも活躍するアルゼンチンの俊英フアン・ホセ・カンパネラ。  刑事裁判所を定年退職..... [続きを読む]

» 瞳の奥の秘密 [こんな映画見ました〜]
『瞳の奥の秘密』---EL SECRETO DE SUS OJOS THE SECRET IN THEIR EYES---2009年(スペイン/アルゼンチン)監督:フアン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル 、パブロ・ラゴ 、ハビエル・ゴディーノ 2009年に本国アルゼンチンで公...... [続きを読む]

» 『瞳の奥の秘密』'09・西・亜 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難いある事件を題材に小説を書き始める・・・。感想ブラジル映画は、何本か観た事あるけどアルゼンチンの映画観るの、初めてかもな... [続きを読む]

« ヤギと男と男と壁と | トップページ | 違うのがほしかったけれど »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

COMING SOON

無料ブログはココログ