サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« THE LAST MESSAGE 海猿 (試写会) | トップページ | 食べて、祈って、恋をして »

2010年9月17日 (金)

終着駅-トルストイ最後の旅-

愛は複雑
とりわけ夫婦の事は夫婦にしかわからない

Photo

公式サイト http://www.saigo-tabi.jp

同名小説(ジェイ・パリーニ著)の映画化

ワレンチン・ブルガコフ(ジェームズ・マカヴォイ)は、崇拝するロシアの文豪、レイ・トルストイ(クリストファー・プラマー)の秘書の職を得た。念願がかなってトルストイ邸へ行った彼は、遺言書の内容をめぐって対立する、トルストイ夫人ソフィア(ヘレン・ミレン)と、トルストイの弟子ウラジミール・チェルトコフ(ポール・ジアマッティ)の板ばさみとなる。
そしてトルストイ主義者のマーシャに惹かれながらも、彼女の型破りな考え方に困惑する。

実在の人物の話なので展開はわかっていますから、人物達をどういう視点でどう解釈するかですね。

悪女として名高いソフィア夫人。
でも長い結婚生活の中で、夫の思想が変わってしまい、その点についていけなくなっただけなのかも。愛していても、趣味や考え方がすべて同じということはないですからね。
夫人の場合は、どうしても妥協や容認ができなかったのでしょう。
著作権を家族に残して欲しいソフィアと、国に残そうとする夫と弟子。
子供たちの考えも一つでなく、母親の考えに同意する者と父親の考えに賛同する者がいる。

愛は面倒でやっかいだけど、愛のない生活はさみしい。
苦楽を共にする人がいるのは、心強いし支えにもなりますよね。

ジェームズ・マオヴォイは、またまたはまっている役ですねえ。(笑)
板ばさみになって困惑する様子には、笑ってしまいます。そして純情で、不倫経験もあるマーシャから迫られて初体験。完全に舞い上がっているし、マーシャにぞっこんになってしまう。(爆)
本当にこういう役にぴったり~。

Photo

トルストイが唱える理想の愛と、トルストイ夫婦の現実が、全く違う事にも困惑するワレンチン。
でも不仲であっても、互いに相手に対して全く愛情がなくなってしまっているわけではないのも、知るんですね。

マカヴォイの妻アンヌ=マリー・ダフが、トルストイの娘役で出演しています。
ヘレン・ミレンとクリストファー・プラマーは、さすがベテランの名優なので、全く違和感がありませんでしたね。

(鑑賞日9月14日)

« THE LAST MESSAGE 海猿 (試写会) | トップページ | 食べて、祈って、恋をして »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

ジェームズ・マカヴォイが良かったですねぇ。
実はこんなにフィーチャーされる役だとは思ってませんでした。
何せ、クリストファー・プラマーとヘレン・ミレンだし^^;
正直言って彼はこういう作品の方が似合う気がします。
若くてイケメンなんで、「ウォンテッド」みたいな作品にもオファーは
あるんでしょうが、「つぐない」や「ジェイン・オースティン 秘められた恋」
とかの方が地味だけど光ってましたし。

★KLYさん
秘書目線でみた話だったので、マカヴォイさんは重要な役でしたね。
ドラマ性の高い時代物が似合いますよね。

あ、久しぶりでHN間違っちゃった(笑)
これ、観ましたよ~ 思いがけず楽しい映画でしたねぇ
最初からずっと笑ってました。
マカヴォイ君がほんとにいい!!ぴったりねこういう役。
夫婦のことは夫婦にしかわからない・・
これは経験しないとわからないかもね(^^)

★マダムSさん
ご覧になっていらっしゃいましたか。
ジェームズ・マカヴォイは、本当にぴったりで良かったですよねえ。
ベテラン2人も、夫婦の様子を違和感なく演じていたと思います。

役者さんたちが見事で、文句のつけようがないのですが、やはりロシア映画を見なれてるもんで、どうしても違和感が付きまといました。
もうちょっとゆったり撮ってもらってもよかったなあ・・と。
マカヴォイ君は、拾いもんでしたわ!

★sakuraiさん
ロシア映画を数多く見られているsakuraiさんには、雰囲気がロシア的でないんですね。ロシアに限らず、ドイツやフランスを舞台にした映画も、アメリカで作るとなーんか雰囲気に違和感がありますよね。

マカヴォイさんが出演するのをご存じなかったんですね。わたしはマカヴォイさん出演作として、チェックしていました。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/36779245

この記事へのトラックバック一覧です: 終着駅-トルストイ最後の旅-:

» 終着駅 トルストイ最後の旅 [LOVE Cinemas 調布]
ロシアの偉大な作家にして思想家であるレフ・トルストイの晩年を描いた伝記映画。夫婦愛、人類愛の相克の内で苦しみながら遂には最後の旅に出るまでを、若き秘書の目線で描き出す。主演は『Dr.パルナサスの鏡』のクリストファー・プラマーと『クィーン』のヘレン・ミレン。共演に『つぐない』のジェームズ・マカヴォイ、ポール・ジアマッティらが出演している。監督はマイケル・ホフマン。... [続きを読む]

» 終着駅トルストイ最後の旅(2009) [銅版画制作の日々]
 原題:THE LAST STATION 東大作家と“世界三大悪妻”と名高い妻ソフィヤとの知られざる愛の物語。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。14日は東宝シネマズデイという事で1000円で鑑賞することが出来ました。タイトルから分かるように、ロシアの文豪トルストイのお話、晩年のトルストイと妻ソフィの姿を描いた伝記。イギリス、ドイツ、ロシアの合作だそうです。気になるのはすべて英語だということ。舞台はロシアなのに、英語っていうのは、どうも腑に落ちませんね。ベテラン俳優のヘレン・ミレンにクリ... [続きを読む]

» 「終着駅-トルストイ最後の旅-」終焉の時、あなたは…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[トルストイ] ブログ村キーワード  ロシア文学界の巨匠、レフ・トルストイ。トルストイと、“世界三大悪妻”の1人とされる彼の妻・ソフィヤ。「終着駅-トルストイ最後の旅-」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。本作は、大作家とその妻の晩年に於ける、愛と確執の姿を描いています。  50年近く結婚生活を送ってきたトルストイ(クリストファー・プラマー)と妻・ソフィヤ(ヘレン・ミレン)。晩年を迎えトルストイは、『人間は平等である』『自分を愛するように、神と隣人を愛せ』という信仰を根底に... [続きを読む]

» 「終着駅 トルストイ最後の旅」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; 世界三大悪妻というと、ソクラテスの妻クサンティッペ、モーツァルトの妻コンスタンツェ、そしてトルストイの妻ソフィアの名が挙げられるそうです。そのソフィアにヘレン・ミレン。トルストイにクリストファー・プラマー。トルストイ主義の社会運動家チェルトコフにポール・ジアマッティ。名優揃いの本作で、ひときわ輝いていたのがトルストイの秘書ワレンチンを演じたジェームス・マカヴォイです。トルストイとソフィアの間に深い愛情があることは確かなのです。しかし作家としてだけでな... [続きを読む]

» ★「終着駅 トルストイ最後の旅」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの3本目。 ヘロヘロだけど、ぐっときそうな作品を。 [続きを読む]

» *終着駅−トルストイ最後の旅−* [Cartouche]
[[attached(0,class=popup_img_500_332 width=450 height=299)]]      ***STORY***                 2009年 イギリス・ドイツ・ロシア       トルストイ主義者の青年・ワレンチンはトルストイの秘書に採用され、トルストイと同居する事となる。トルストイの妻・ソフィヤと対立するトルストイの一番弟子・チェルトコフから、ソフィヤの動向を報告するよう命じられていたワレンチンだが、ソフィヤにも気に入られ..... [続きを読む]

» 終着駅 トルストイ最後の旅 [だらだら無気力ブログ]
『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』などのロシアの文豪トルストイの 晩年を映画化した伝記ドラマ。トルストイの一番弟子と妻ソフィアが彼の 著作権の行方を巡って対立する様を中心に、晩年にトルストイの秘書として 派遣されてきた青年の視点から描く。 出演はトル…... [続きを読む]

» 「終着駅 トルストイ最後の旅」(2009) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
[[attached(0,class=popup_img_317_448 width=317 height=448)]] 出演: ヘレン・ミレン (ソフィヤ・トルストイ) クリストファー・プラマー (レフ・トルストイ) ジェームズ・マカヴォイ (ワレンチン) ポール・ジアマッティ (チェルトコフ) アンヌ=マリー・ダフ (サーシャ・トルストイ) ケリー・コンドン (マーシャ) ジョン・セッシ..... [続きを読む]

» 終着駅 トルストイ最後の旅 [心のままに映画の風景]
ロシアの偉大な作家レフ・トルストイ(クリストファー・プラマー)を、妻のソフィヤ(ヘレン・ミレン)は50年近く献身的に支え続けてきた。 ... [続きを読む]

» 終着駅 トルストイ最後の旅 [映画の話でコーヒーブレイク]
日比谷シャンテとBunkamuraル・シネマでしか公開していない本作。 2週前の水曜日、予定に絡めてレディースデイ割引をネット予約をしたにもかかわらず、 用事が終らず間に合わず・・・残念〜 今週で公開終了なので、午後日比谷での用事に合わせ...... [続きを読む]

» 『終着駅 トルストイ最後の旅』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:ドイツ&ロシア合作映画、マイケル・ホフマン監督&脚本、ジェイ・パリニ原作、ヘレン・ミレン、クリストファー・プラマー、ジェームス・マカヴォイ、ポール・ジアマッティ、アンヌ=マリー・ダフ、ケリー・コンドン出演。... [続きを読む]

» 終着駅 [映画的・絵画的・音楽的]
 こうした伝記物はあまり好みではないとはいえ、タイトルに惹かれたこともあって、少し前のことになりますが、『終着駅―トルストイ最後の旅』を見に日比谷のTOHOシネマズシャンテに行ってきました...... [続きを読む]

» 終着駅 トルストイ最後の旅 [迷宮映画館]
ロシア映画を見すぎたせいか、ずいぶんと忙しない映画に感じてしまった。 [続きを読む]

» 終着駅 トルストイ最後の旅 [こんな映画見ました〜]
『終着駅 トルストイ最後の旅』---THE LAST STATION---2009年(ドイツ/ロシア)監督:マイケル・ホフマン 出演:ヘレン・ミレン 、クリストファー・プラマー 、ジェームズ・マカヴォイ 、ポール・ジアマッティ、アンヌ=マリー・ダフ 、ケリー・コンドン 『戦...... [続きを読む]

» 映画『終着駅―トルストイ最後の旅―』★色々経験してこそたどり着けるところか [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/153658/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 レフ・トルストイ のこと→ コチラ ・トルストイ :クリストファー・プラマー ・妻ソフィア :ヘレン・ミレン☆ ・青年ワレンチン :ジェームズ・マカヴォイ ・ 弟子チェルトコフ氏 :ポール・ジアマッティ ← トルストイ運動..... [続きを読む]

« THE LAST MESSAGE 海猿 (試写会) | トップページ | 食べて、祈って、恋をして »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ