サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

« 終着駅-トルストイ最後の旅- | トップページ | 悪人 »

2010年9月18日 (土)

食べて、祈って、恋をして

贅沢な自分探しの旅

Photo_2

公式サイト http://eat-pray-love.jp

自伝的同名小説(エリザベス・ギルバート著)の映画化

ニューヨークで活躍する女性ジャーナリストのリズ(ジュリア・ロバーツ)は、現在の生活は自分が望んでいる生活ではない事に気づき、離婚を決意し、本当の自分を探すため、イタリア、インド、バリ島を巡る、1年間の旅に出る。

監督は、「ハサミを持って突っ走る」のライアン・マーフィー。
「ハサミを持って突っ走る」も自伝的小説の映画化でしたね。

ん~~、あまり主人公に共感できなかったな。

恋愛体質の女?

男性とどういう関係を彼女は望んでいるのか。
長く続く関係を望んでいるなら、それに合う男性を選んで付き合わなきゃ。
単に好きになったからって付き合って、あなたはずっと一緒に暮らしていける相手じゃないわと捨てちゃうってどうよ。
どう見たって、その事が付き合い始めた時にわかる相手なのによ。

自分では意識してないし、悪気はないんだろうけど、結局男を振り回しているこういう女って嫌いなのよ。

薬療師が自分を許しなさいと言うけど、彼女に必要な事は違うのではと思ってしまいます。

リズの夫にビリー・クラダップ。
離婚裁定中に恋に落ちる男性にジェームズ・フランコ。

E1_2

でもって、貧乏人にはできない旅よね。
いかにもニューヨークの金持ち的。

インドでの朝の詠唱の時に、内装が気になるだなんて。
東洋人は無の境地とか、心を無にするとか、そういう観念があるものね。
写経というのもあるから、リズが薬療師から書き写しを頼まれたのを、コピー機でコピーして製本しちゃうのも、アメリカ的だなあと思いました。

主人公より、酒とドラッグに溺れて家族を失ったリチャード(リチャード・ジェンキンズ)や、離婚して離れて暮らす息子を思うフェリペ(ハビエル・パルデム)に共感できました。

フェリペと彼の息子の関係が、とってもいいではないですか。(T-T)

そしてイタリアでのイタリア語の先生ジョバンニは、2008年のイタリア映画祭で見た「対角に土星」に出ていたイケメン Luca Argentero ではありませんか♪
この映画より、「対角に土星」の方が、ずっときれいに撮れてるけど。

Luca_julia

旅行先各地の風景は、とても素敵で楽しめました。

(鑑賞日9月17日)

« 終着駅-トルストイ最後の旅- | トップページ | 悪人 »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

そそ、私も同じくで、こんなん金持ちじゃなきゃ出来ないじゃんて思いました。
イタリアの料理の凄く美味しそうな様子や風景はよかったんですけどね。
結局最後はクトゥに言われたままって、一体1年間何してきたんだと。(笑)

★KLYさん
精神修行じゃなかったのかって思いました。(笑)

見てこられたのですね。
予告で、実際にあった話みたいな前振りはあったけど、アメリカってちょっと何かすると本になって、映画になる国だな・・みたいな感想を持ちましたね。
見ていないけど、有名なジュリアロバーツだけど、予告だけで、良いわって思ってしまった私でした

★まっちゃんさん
アメリカ人と東洋人の感覚とか意識の違いを、ちょこちょこ感じる映画でした。

お金持ちの知識人マダムというのは、ああいう生き方も許されるんですね。
そんなにうらやましくもないけど。
占いで、ハビエルさんとも別れる・・っていわれたら、また分かれるんでしょうかね~。
悲しくも、時間の無駄な映画になってしまいました。

★sakuraiさん
一般人にはこんな贅沢できませんよね。

時間の無駄な映画でしたか。(笑)

こんにちは♪

私も共感できなかったんですよね~
ただの、ニューヨークの金持ち的なたびって感じでしたよね~!!!
結局、一文無しになっても、1年間旅できるんでしょって思ってしまいましたわ~

こんにちは~♪

やっぱりねぇ~私もそうでした。主人公になんら共感出来なくて、あまりハマれませんでした。
そもそも彼女は何を求めていたんでしょうね、旅に。
そして何を学んだというのでしょう?サッパリ分からなかったわ~残念ながら。
ジュリアのファンなので、彼女の笑顔を観れたことだけは良かったです。
お料理も風景もフツウだと思ったし。

★Nakajiさん
取材旅行という事で、出版社から旅行費用を出してもらったらしいですけどね。どっちにしても、庶民には無理ですね。


★由香さん
ほんと、何を学んだのでしょう。
結局、あなたの生きたいように生きればって思ってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/36779268

この記事へのトラックバック一覧です: 食べて、祈って、恋をして:

» 『食べて、祈って、恋をして』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:EATPRAYLOVE監督:ライアン・マーフィー原作:エリザベス・ギルバート出演:ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、ジェームズ・フランコ、ビリー・クラダップ公式サイトはこ... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、離婚と失恋を経た後、すべてを捨てて... [続きを読む]

» 「食べて、祈って、恋をして」みた。 [たいむのひとりごと]
三拍子揃えて軽快なイメージとなっている邦題だけど、組合せとしては「祈って」がちょっとばかり異色。内容を思えば確かに「祈って」で良いのだけど、「食べて」とくれば次は「呑んで、歌って」だよなぁ~なんてつら... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [銅版画制作の日々]
 原題:EAT PRAY LOVE いよいよ公開されました。早速初日に鑑賞して来ました。ジュリアの魅力満載の作品でした。何と140分、2時間20分ですか。確かにちょっと長かったかな。途中中弛みもあったりして、ちょっとウトイウト・・・・。ヤバいわ〜(汗)でもすぐに立ち直って鑑賞。これは、男性志向ではないような感じもしますが、、、、。観た方どう思われるかしら? 自分探しの旅というのが本作の一番の見どころ。何か女の人ってこういう旅に憧れますよね。 人生のすべてを賭けてーーーいま自分を解き放つ。 ジ... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [LOVE Cinemas 調布]
エリザベス・ギルバートのベストセラー自伝的小説を映画化。ニューヨークの女性ジャーナリスト離婚、失恋を経てイタリア、インド、バリ島を巡る自分探しの旅に出る様子を描いたヒューマンドラマだ。主演はオスカー女優のジュリア・ロバーツ。共演に『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコらが出演している。監督はライアン・マーフィー。... [続きを読む]

» 「食べて、祈って、恋をして」ジュリア・ロバーツ in 地球の歩き方?! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[食べて、祈って、恋をして] ブログ村キーワード  小説家であり、ジャーナリストでもあるエリザベス・ギルバートの自伝的小説の映画化。「食べて、祈って、恋をして」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“世界的ベストセラー”“世界中の女性から絶大な支持”ってことなんですが、当然のことながら(?)原作未読の吾輩から言わせてもらいますと、コレは“究極に贅沢な自分探しの旅の顛末記”ですな。う~ん、こりゃ理解に苦しむわ~。  ニューヨークで活躍するジャーナリスト、リズ(ジュリア・ロバーツ... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [こんな映画見ました〜]
『食べて、祈って、恋をして』 ---EAT PRAY LOVE--- 2010年(アメリカ) 監督:ライアン・マーフィー 出演:ジュリア・ロバーツ リズ・ギルバート ハビエル・バルデム フェリペ ジェームズ・フランコ リチャード・ジェンキンス 女流作家エリザベス・ギルバートの世界的ベストセラーとなった自伝的小説を映画化。 ニューヨークでジャーナリストとして活躍するリズ。 毎日忙しくも安定した結婚生活を送り、その人生は順風満帆に見えた。しかし、どこか満たされない思いを募らせ... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして / Eat Pray Love [勝手に映画評]
女性作家エリザベス・ギルバートの自伝的小説の映画化。一年にわたり、イタリア(食べる)、インド(祈る)、インドネシア(恋をする)の3カ国を放浪した物語。 女性ってよく“自分探し”に出かけますが、これは、その“自分探しの旅”の映画です。なので、はっきり言うと、映画そのものに特に話の盛り上がりがあったり、サスペンスがあったりするわけでも、淡々と日々が過ぎていきます。タイトル中に“祈って”とあったので、もう少し悟り的な啓示を得たのかと思いましたが、そうでもありませんでした。私が男性だからなのか、特に共感す... [続きを読む]

» 「食べて、祈って、恋をして」 [みんなシネマいいのに!]
 ニューヨークで活躍する女性ジャーナリストが、仕事も結婚生活も絶好調なのに、どこ [続きを読む]

» 映画「食べて、祈って、恋をして」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; インターネットでUS版の予告編を観て、面白そうだと思い原作本を読んだのが、この春。長くて暑い夏を経て、ようやく日本公開。芸術の秋、読書の秋、そして何よりも食欲の秋にぴったりです。ジュリア・ロバーツ演じる主人公リズはNY在住のライター。泥沼離婚と、若い恋人との破局…傷心のどん底で、善き娘、善き恋人、善き妻であることに一所懸命だったこれまでの自分を振り返り、娘でも恋人でも妻でもない、一人の人間としての自分を取り戻したいという思いに駆られ旅に出る物語。いわ... [続きを読む]

» 「食べて、祈って、恋をして」 [みんなシネマいいのに!]
 ニューヨークで活躍する女性ジャーナリストが、仕事も結婚生活も絶好調なのに、どこ [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして/EAT, PRAY, LOVE [いい加減社長の日記]
あんまり、期待はしてなかったんだけど、ジュリア・ロバーツは、好きだし・・・ ということで、金曜日に「食べて、祈って、恋をして 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、ちょっと少なめかな。 「食べて、祈って、恋をして 」は、大きめのスクリーンで、3割程度。... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
全世界40カ国以上に翻訳され800万部を突破した、アメリカの女性作家エリザベス・ギルバートの自伝的エッセイを、ジュリア・ロバーツ主演で映画化。共演は、スペイン出身のオスカー俳優ハビエル・バルデム、映画や舞台の監督や脚本も手がける美形俳優ジェームズ・フランコほか...... [続きを読む]

» 女はそれを我慢できない?!『食べて、祈って、恋をして』 [水曜日のシネマ日記]
離婚を切っ掛けに自分探しの旅に出た一人の女性の物語です。 [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [★YUKAの気ままな有閑日記★]
久しぶりに映画館に行ったゾ〜【story】ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、離婚と失恋を経た後、全てを捨てて自らを探す旅に出る。イタリアでは食の快楽を追求し、インドのアシュラムでは精神力を高めるべくヨガと瞑想に励む。そして、最後に訪れたインドネシアのバリ島では、彼女の人生を大きく変える出会いが待っていた―     監督 : ライアン・マーフィー     原作 : エリザベス・ギルバート【comment】ジュリアは良かったんだけど、、、映画としてはイマイチだ... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [Movies 1-800]
Eat Pray Love (2010年) 監督: ライアン・マーフィー 出演: ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンス、ヴィオラ・デイヴィス エリザベス・ギルバート作全米ベストセラー小説の映画化で、現状に満足できない女性が自分探しの旅に出て、大切な何かを見つけるという話。 自己中心的な夫に愛想を尽かして離婚を決意したリズは、その後に出会った年下の恋人ともしっくりいかず、人生を再考すべく、1年間の海外旅行に出かける・・・ タイトル通り、イタリアで食べて、インドで祈って... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [迷宮映画館]
・・・・ [続きを読む]

» 「食べて、祈って、恋をして」(2010) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
[[attached(0,class=popup_img_302_448 width=302 height=448)]] この作品、実話なんですね〜原作は著者の自伝と知ったのは映画を観た後だったのですが驚きました。というのも、私のような行動範囲の狭い者からすると(笑)、映画を見た限りでは非現実ぽくて、こんなに恵まれているのに1年もかけて世界を廻っちゃうなんてすご〜い!って感じで、おとぎ話チックに見えたんですよね〜(笑) 午後の鑑賞だったせ..... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [Peaceナ、ワタシ!]
「本当の自分」を見つけるためにー。 ジュリア・ロバーツ主演『食べて、祈って、恋をして』を観てきました! 公開後、初のレディースデー(しかも休前日)での鑑賞だったせいか、新宿や有楽町の映画館では18時から19時代開始の回はネットで確認する限り満席に近い状態。いくら話題作とはいえ、最前列で観るのはちょっとな~…というわけで、池袋で鑑賞しました。(池袋の映画館、多分「初」です) 仕事帰りでギリギリに入場する人が多かったのと、本編前のCMが意外と短かく、いきなり始まった(最初はセリフ付きのCMかと…)のと... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
食べて、祈って、恋をして10:米◆原題:EAT PRAY LOVE◆監督:ライアン・マーフィー◆出演:ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンス ジェームズ・フランコ、ビリー・クラダップ、ヴィオラ・デイヴィス◆STORY◆ニューヨークで作家・ジャー...... [続きを読む]

» 映画「食べて、祈って、恋をして 」いつまでたっても自分探し、これ真実 [soramove]
「食べて、祈って、恋をして 」★★★ ジュリア・ロバーツ、ジェームズ・フランコ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンズ出演 ライアン・マーフィー監督、140分、2010年9月17日公開、2010,アメリカ,SPE (原題:EAT,PRAY,LOVE)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「イルカを殺したり、クジラを食べる人達はキライ、 そんなジュリア・ロバーツも映画の宣伝だから... [続きを読む]

» 『食べて、祈って、恋をして』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「食べて、祈って、恋をして」□監督 ライアン・マーフィー □脚本 ジェニファー・ソルト□原作 エリザベス・ギルバート □キャスト ジュリア・ロバーツ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンス、ジェームズ・フランコ、ビリー・クラダップ■鑑賞日 9月20日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  この映画、女性なら、かなり共感できるデキだと思うんだけどなぁ〜 これはニューヨークでジャーナリストとして活躍す... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
世界的ベストセラーとなったエリザベス・ギルバートの自叙伝を映画化した作品。 ニューヨークで作家として成功したリズは、仕事にプライベートに忙しい日々を送っていましたが、どこかで満足できずにいました。バリを訪れた彼女は、ある占い師との出会いから、自分の抱えている... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [Diarydiary! ]
《食べて、祈って、恋をして》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - EAT P [続きを読む]

» 【映画】食べて、祈って、恋をして [★紅茶屋ロンド★]
<食べて、祈って、恋をして を観て来ました> 原題:Eat, Pray, Love 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 シネマカフェさんから劇場鑑賞券を頂きました! 一人でこっそり観に行こうと思っていたんだけど、券が2枚あるから彼氏と一緒に観て来ましたよ~♪ この映画のPRの為、主演のジュリア・ロバーツが初めて日本に来日した事も記憶に新しいと思います。ジュリアにとっても、日本にとってもこの作品は思い入れの深い作品ですね。 エリザベス・ギルバートが自らの体験を元... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして (2010) [Chocolat Noir 76]
NYでジャーナリストとしてスタートし、作家として成功したエリザベス・ギルバートの自伝的小説の映画化。出演俳優の魅力と、イタリア・インド・バリの景色が美しい、女性のための映画として楽しめる作品だと思いました。今回は、原作の翻訳を先に読んでから映画を見たのですが、それが良かったような気がしています。というのは、インドでのヨガ修行での苦悩について、本ではかなりのページが割かれていて、裕福な家庭で育ちでキリスト教徒(プロテスタント)の作者にとって、異教の精神世界や瞑想によって徹底的に自己と向き合うということ... [続きを読む]

» 食べて、祈って、恋をして [ケントのたそがれ劇場]
★★★  ジュリア・ロバーツは美しいし、風景や建物も美しい。そして美味しそうなイタリアン、ことにパスタの盛り付けには美しさも感じられた。またジュリアの大きな口には、美味しい料理が良く似合う。そして各シーンにマッチした音楽が実に美しい。  ところがである、ス... [続きを読む]

» ■映画『食べて、祈って、恋をして』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
「彼のことが大好きなの。でも、大好き過ぎて、彼と一緒にいるとホントの自分じゃなくなっちゃうの!! だから、彼のことは好きだけど、別れたい…」 「私ってなんなの? ホントは何がやりたいの? 今の自分でホントにいいの?」 「恋って何? 結婚って何? これで私はホント... [続きを読む]

» 【映画】食べて、祈って、恋をして…どうでもいい話なのに長い [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
近況報告から… 先週、2011年3月27日(日曜日)は鳥栖プレミアムアウトレットに服を買いに行きました。 ガソリンの供給がどうなるかも先々不安なこんな時期に高速道路使ってまで行くのかい…とは思いましたが、まぁ多少必要に迫られた部分もあってですねぇ 個人的な収穫は...... [続きを読む]

« 終着駅-トルストイ最後の旅- | トップページ | 悪人 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ