サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ベラのワンダフル・ホーム

    シュヴァルの理想宮

    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

日本へのメッセージ

« ナイト&デイ | トップページ | さらば201系? »

2010年10月14日 (木)

約束の葡萄畑~あるワイン醸造家の物語 (試写会)

ワインの味は造り手そのもの

Photo_3

公式サイト http://yakusoku-wine.com
10月23日公開

原作: “The Vintner's Luck”(エリザベス・ノックス著)
監督: ニキ・カーロ 「クジラの島の少女」「スタンドアップ」

19世紀、フランス・ブルゴーニュ地方。
葡萄農園の小作人のソブラン(ジェレミー・レニエ)は、自分のワイナリーを持ち、最高のワインを造る事を夢見ていた。父親の反対を押し切って、村娘セレスト(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)と結婚し、ワイン醸造家になる野心に燃えていた。
ある夜彼は、謎めいた天使のザス(ギャスパー・ウリエル)と出会う。
ソブランはザスの助言をヒントに、ワインを造り始める。

フランスが舞台の話で、ジェレミー・レニエやギャスパー・ウリエルが出演しているけど、セリフが英語でした。

農夫の役なので、ジェレミー・レニエは体格もそれなりに作っていますね。ジャンキー役だった「ロルナの祈り」の時なんか、すっごく減量してガリガリだったわよね。

邦題通り、醸造家の主人公の人生を描いた映画。

Vintners_luck3

彼は雇われてただ葡萄を造るだけでなく、シャトーに負けないワインを造り、醸造主任になる夢を持っています。しかし彼の情熱は周囲には理解されず、笑われるだけ。

そんな時天使と出会い、セレストに手紙で告白しろ言われます。一年後、ふたりの結婚を祝福しに来るとも。

Vintners_luck2

天使はズボンはいてます。(笑)
ギャスパー君のきれいな胸板は、鑑賞できます。
彼がどんな天使かが、ミソでした。

天使の羽をペンにしてラブレターを書いたら、すごく効きそうな感じしますよね。
恋する乙女の時に欲しかったわ。(爆)

1年後、天使と再会したソブランは、毎年同じ日に会うことを条件に、天使から葡萄の木をもらい、それを自宅のそばの土地に植えます。

ワイン造りの資金を稼ごうと、ソブランはナポレオン隊に入りますが、九死に一生を得て帰って来ると、父親は亡くなっていて、葡萄畑は荒れ果てていました。

ソブランは、自分の前に天使が現われるのは、自分が幸運だからだと、自分には運がついている、順風満帆な人生が約束されていると、勝手に思い込むんですね。
だから悪い事があると、ザスに毒づきます。
しかし、いい事も悪い事もあるのが人生。災いは自分のせいではないとザスは説明するんですけどね。

農園の持ち主だった伯爵の死後、彼の姪の男爵夫人オーロラ(ヴェラ・ファーミガ)が農園を相続します。

Vin

ソブランが毎年天使と会っている事を知らない妻のセレストは、夫と男爵夫人の仲を疑い、嫉妬に苛まれます。

Vintners_luck4

「クジラの島の少女」の主人公を演じたケイシャ・キャッスル=ヒューズは、16歳で未婚の母となり、話題になりましたよね。この映画で、セレストの次女、幼いニコレット役は、彼女の娘だそうです。

葡萄に限らず、作物を育てるのは、手間と労力と愛情が必要で、それに加えて、天候という自分ではコントロール要素も加わりますよね。
それがよくわかる内容でした。


農家の方々に感謝して、いただきますを言わなければと、改めて感じます。

そしてラブストーリー。

ソブランとセレスト
ソブランと男爵夫人
ソブランと天使ザス
それぞれ異なる愛の形


ザスがギャスパー・ウリエルなので、ふたりの様子は同性愛のように見えてしまうんですけど、原作ではどのように描かれているんですかね。

ソブランは、幸せな人生を送った。そう思えるので、いい余韻に浸れます。

人生苦あれば楽あり。
誰でもそうですよね。

ワイン造りに情熱を燃やし、すこし贅沢な暮らしができるようになると、初心を忘れて、努力を怠ってしまうソブラン。
特別なことでなく、人間ならよく陥りやすいことですよね。

誰でも共感できる部分がある映画だと思います。

葡萄園が舞台で思い出すのは、メキシコが舞台の「雲の中で散歩」。
キアヌのラブストーリーでは、一番好きな映画です。
「雲の中で散歩」でも、葡萄の木を霜から守るための方法が出てきますが、この映画は時代がずっと前なので、方法が違いますね。

「雲の中で散歩」は、火事で葡萄園の木が消失。
この映画では、病気でだめになって焼却処分。
でも、大丈夫な木が残っているところは同じね。

(鑑賞日10月13日)

« ナイト&デイ | トップページ | さらば201系? »

【映画】や行」カテゴリの記事

コメント

記事にも書いたのですが、実は私はワインがあまり好きじゃないんです。
でもこういう作品観ちゃうと、飲む側も美味しく飲まないとだめだなぁなんて
思ったりもしました。
にしても相変わらずジェレミー上手いですね。そして天使だけにウリエル?
とか一人思ってました…。^^;

★KLYさん
ワインはお好きではないですか。
好みの味のワインに出会った事がないだけかもしれませんよ。

ウリエルみたいな天使なら、誰でも魅了されちゃうかしらん。

大変ご無沙汰しております(ノ_-。)。先日はメッセージありがとうございました。(本当に色々すみません…)
「約束の葡萄畑~・・」試写会で観られたのですね、いいなぁ。
今週行こうかと悩んで止めてしまいましたが、感想を読んでやっぱり行こうかしら〜とまた悩んでおります。
こちらはしばらく試写会の予定がないのと、公開している映画では邦画が多いのと、自分の身が大変なので、映画は少し落ち着いてしまうかもです。(ストレス溜まって行くかもですが☆)
出来るだけブログを読ませていただきますね。(いつも口ばかりになっていて、反省)
ありがとうございました。

★kiryuさん
お久しぶりです。
ちょこちょこ試写会には行かれてるんですね。

ミーハーなわたしは、好きな俳優が出演していると、見に行ってしまいます。(爆)
都合が良ければ、映画館へ足を運んでください。^^

うちも農家なんですが、ってあたしは一切手伝ってないですが、豊作もあれば、不作もある。いい時もあれば悪い時もある・・・って、誰よりも実際に畑で働いてる農民が身にしみてわかってるはず。
ちょっと意味不明な天使に言われなくても・・と、一番に感じたのでした。
ワインの美味しさが、もうちょっとストレートに伝わってくるとなあ・・などと思ったり。。

あたしも「雲の中で散歩」、お気に入りです。病気にやられる木のところは、私も思い出しました。
あのキアヌ!いいですよね。

★sakuraiさん
映画では葡萄やワインの香りがしないのが残念ですね。

雲の中で散歩のキアヌ、大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約束の葡萄畑~あるワイン醸造家の物語 (試写会):

» 約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語 [あーうぃ だにぇっと]
監督・脚本: ニキ・カーロ [続きを読む]

» 約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語 [LOVE Cinemas 調布]
19世紀のフランスはブルゴーニュ地方を舞台に、最高のワインを生み出すことに生涯を費やした一人の男の半生を描く。主演に『夏時間の庭』のジェレミー・レニエ、共演に『ハンニバル・ライジング』のキャスパー・ウリエル、『マイレージ・マイライフ』のヴェラ・ファーミガらが出演。監督は『クジラの島の少女』のニキ・カーロ。ワインと人の結びつきを強く感じさせる人間ドラマだ。 ... [続きを読む]

» 約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語 [シネマ大好き]
 自分でワインを醸造するする夢をもつ葡萄畑の小作人ソブラン(ジェレミー・レニエ)。美しい娘セレスト(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)に恋するも父親に反対され、ワイン作りの夢も取り合ってもらえない。そんなある夜、天使(ギャスパー・ウリエル)が現れ、彼の助…... [続きを読む]

» 約束の葡萄畑〜あるワイン醸造家の物語 [心のままに映画の風景]
1808年、ブルゴーニュ地方。 若き葡萄農家、ソブラン(ジェレミー・レニエ)は、最高のビンテージワインを造る醸造家となる夢を持っていた。 ある日、天使ザス(ギャスパー・ウリエル)がソブランの前に...... [続きを読む]

» 『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』 [シネマな時間に考察を。]
希望と絶望のはざまで生み出す極上のワインに、 芳醇な人生の奥深い味わいを。 『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』 2009年/ニュージーランド、フランス/126min 監督・脚本:ニキ・カーロ 出演:ジェレミー・レニエ 、ケイシャ・キャッスル=ヒューズ 葡... [続きを読む]

» 約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語◆◇THE VINTNERS LUCK [銅版画制作の日々]
 19世紀 ブルゴーニュ、そこは天使が舞い降りる丘。 nbsp; [続きを読む]

» 約束の葡萄畑 [Art-Millー2]
約束の葡萄畑ー あるワイン醸造家の物語ー 英題:THE VINTNER'S LUCK 監督・脚本: ニキ・カーロ 原作:エリザベス・ノックス 脚本:ジョーン・シェッケル 製作年:2009年 製作国:ニュージーランド/フランス キャスト ジェレミー・レニエ ギャスパー・ウリエル ヴェラ・ファーミガ ケイシャ・キャッスル=ヒューズ オフィシャルサイト   ワインというものは何故にこんなにも個性的なんだろう。 フランスのブルゴーニュが舞台であるが、物語は英語で... [続きを読む]

» 約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語 [迷宮映画館]
しっとり、じっくり見せるのかと思いきや、、、せわしない映画だった・・。 [続きを読む]

» 映画『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』を観て [kintyres Diary〜Goo Version]
10-69.約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語■原題:The Vintners Luck■製作年・国:2009年、ニュージーランド・フランス■上映時間:126分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:11月13日、ル・シネマ(渋谷)■料金:1,800円 スタッフ・キャスト(役名)□監督...... [続きを読む]

» 「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
クジラの島の少女、スタンドアップのニキ・カーロ 監督作品ということもあって、レンタル。 [続きを読む]

« ナイト&デイ | トップページ | さらば201系? »