サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« クレイジーズ (試写会) | トップページ | アメリア 永遠の翼 (試写会) »

2010年11月12日 (金)

100歳の少年と12通の手紙

神様に起こしてもらってね

100

公式サイト http://www.100-12.com

同名小説の映画化

原作・監督・脚本: エリック=エマニュエル・シュミット

白血病で小児病棟に入院中のオスカー(アミール)。彼の病状を知る周囲の大人達は、彼がいたずらをしても、怒りも笑いもしない。そんな大人達や両親にオスカーは腹を立て、誰とも口をきかなくなってしまう。
ある日オスカーは、病院内で偶然出会った、ずけずけと物を言う口の悪い宅配ピザの女主人、ローズ(ミシェル・ラロック)を気に入る。彼女は院長(マックス・フォン・シドー)とピザの宅配を条件に、大晦日までの12日間、毎日オスカーを訪ねる約束をする。
腫れ物に触るような態度の周囲の大人達と違い、ごく普通にオスカーに接するローズ。そして余命わずかのオスカーに、1日を10年と考えて過ごす事、毎日神様に宛てて手紙を書くことを提案する。

予告編を見ただけで涙が出そうなった作品です。
予想通り、ハンカチで涙を押さえながらの鑑賞となりました。
でも難病物ながら、湿っぽくなく、明るさを感じさせるお話です。

両親と院長の話を盗み聞きしたオスカーは、自分の病状を知ります。
院長から息子の病状の説明を受けた母親は、今日は息子に会えないと言って帰ります。無理もないですよね。とても平静を装って息子に会う自信がないのですから。
しかしオスカーは、自分に本当の事を言ってくれない両親に、腹を立てます。

両方の気持ちがわかるので、もうここでうるうる。

ローズが12日間ここへ来ると言うと、僕そんなに悪いのというオスカー。
あー、もうだめ。crying

誰も自分がもうすぐ死ぬと言ってくれないとオスカーが言うと、知ってるのに教える必要はないでしょとローズ。

余命いくばくもないから、かわいそう、かわいそうと接するのでなく、普通に接して、残された時間を少しでも、オスカーにとって楽しく有意義にと思うローズがいいですね。病院の規則破りも、オスカーのため。

ローズは離婚して、とりあえず母親に家に住んでいます。
病院も病人も苦手だけど、お金のためにオスカーに会いに来る事を承諾。
彼女もオスカーをかわいそうと思っているけど、その気持ちを表に出さないようにして、極力平然として接しています。

ラストの近くで、ローズにも娘や息子がいるのがわかります。彼女はオスカーの両親の気持ちも、充分わかっていたはずです。涙を見せずにオスカーに接するのは、大変だったと思いますよね。

オスカーだって、死ぬのは怖いけど、信仰が心の支えになってくれるときもあるんですね。
キリストの像を見ながら話すローズを見て、こういう説明の仕方もあるんだなあと思いました。

漫画チックでコミカルな映像もあるけど、子供が想像力を使って思い描くのには合っていると思いました。

オスカーが最後に書いた手紙にcrying

ローズが玄関前で、オスカーのお気に入りだった古い熊のぬいぐるみを抱くシーンで、またまたcrying

季節が過ぎ、ラストのシーンに映っていたのは、桜の花かしらね。

主役の男の子が、とっても可愛いお顔なのよ。
そして婦長役のアミラ・カサールがとっても美人。

Amiracasar_oscar

シャネルやゴルティエのモデルもしていたそうですね。

院長のマックス・フォン・シドーは、ハリウッド映画にもたくさん出演している俳優さん。

監督さんは、お父さんが小児科病院で運動療法士をしていたので、子供の頃は、病院の子供達とよく遊んでいたそうです。
その経験が、病院の子供達の様子をうまく描いているのかも知れませんね。

(鑑賞日11月10日)

« クレイジーズ (試写会) | トップページ | アメリア 永遠の翼 (試写会) »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、コナです。
TBありがとうございました。

この作品は、泣きました。
というか、年甲斐もなくグシャグシャになってしまいました。
期待以上の作品でした。

ラストは、ぼくも満開の桜だと見ました。
あの俯瞰は、みんなを見守るオスカーの目線・・・なのかも知れませんね?
悲しみで終わらないエンディングで良かったと思いました。

★コナさん
わたしも、赤い目で映画館をあとにするのは、恥ずかしかったです。
満開の桜は、希望を感じさせますよね。

病院の子供達も、とても明るくやんちゃな感じがよかったと思いました。

最初のデダシで、素敵な良い映画と思いました
涙、涙の作品だろうけど、きっと心もあったまるだろうし、なるほどと思ったりするさくひんなんだろうなと感じました
素敵な映画のお知らせ、ありがとうございました

★まっちゃんさん
残された時間をこういう風に過ごす方法もあるんだなと思いました。
残された方も、いつか会うまで元気に過ごさなくてはと思える作品でした。

そうだよね。
監督も言っていたけれど、あくまでも目線はオスカーであって、途中
挿入されるプロレスシーンなんかも、完全に彼の想像の世界。
そういう豊かな想像力があるからこそ1日を10年にって見立てる話
が成立するんだと思います。大人が相手じゃこうはいきませんもん。

でも、本当はそうした想像力は誰でも持ってたほうが良いんだと思う
のです。どこか漫然と毎日を生きてはいないかい?辛いことや哀しい
ことがあっても人生って素晴らしいよと教わった気がしました。

★KLYさん
豊かな想像力って大事だと思いますよね。
病院の子供たちも、子供らしいやんちゃさがあって、楽しかったです。

教条的な難病もので終わらなかったのが、よかったです。
オスカーもどこか達観しながら、普通の子供なんだよ!ということを誰かにわかってもらいたかったんでしょうね。
母親も、腫れものを扱うようにしてましたが、その気持ちもよくわかる。
丁寧にいろんな立場を上手に描く監督さんでしたね。

★sakuraiさん
それぞれに共感できる作りでしたね。
映画館のからの帰り道、思い出すと電車の中でも涙がでそうになり、困りましたよ。

確かに、最愛の息子を失う悲しみは想像を絶するだろうとは思いつつ、
ならば何故、あんなに聡明で可愛い息子と過ごす時間を惜しまないのか、
母なら、短い人生を閉じようとする息子を支えないでどうする、とイラッとするものがありましたが、
だからこそ、ローズがその大きな穴を埋めて余りある存在であってくれたことが
本当に嬉しかったです。
これほどの辛さを笑顔で乗り切るほうが、泣いているより難しいことだと思うから。

重苦しい空気になりそうなところを、軽やかに仕上げてあったことで、
オスカーも、わたしたちも救われた気がします。

★悠雅さん
>これほどの辛さを笑顔で乗り切るほうが、泣いているより難しいことだと思うから。

涙をこらえて接するのはとても難しいと思いますねえ。
こんな見送り方もあるのだと、悲しみが和らいだ気がしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/37598870

この記事へのトラックバック一覧です: 100歳の少年と12通の手紙:

» 『100歳の少年と12通の手紙』 ハンカチとティッシュは必携 [コナのシネマ・ホリデー]
『クロッシング』を観に行った日比谷シャンテで予告編を見て、どうしても観たくなった作品。神経が磨り減るようなサスペンス作とは対照的に、愛に満ちた<奇跡>と<感動>の物語でした。最後には、涙だけでなく洟まで出て、グシュグシュに... [続きを読む]

» 100歳の少年と12通の手紙 [LOVE Cinemas 調布]
『地上5センチの恋心』のエリック・=エマニュエル・シュミット監督が自身の書いた原作を映画化した作品。白血病に冒され余命僅か12日となった少年が、残された1日を10年に見立てて生を全うする感動のドラマだ。主人公オスカーには新人のアミール、主人公と共に残された12日間を共に過ごす心優しい女性ローズを『メルシィ!人生』のミシェル・ラロックが演じた。 ... [続きを読む]

» 100歳の少年と12通の手紙 [シネマ大好き]
 白血病で入院中の少年オスカー(アミール)。いたずらをしても、教師も看護婦も彼に気を使い、叱っても笑ってももらえない。そんな中、ピザ配達に来たローズ(ミシェル・ラロック)とぶつかって怒られ、微笑む彼。だが、面会日でない日にこっそり病院にやってきた両親が…... [続きを読む]

» 映画「100歳の少年と12通の手紙」クリスマスのほろ苦いおとぎ話 [soramove]
「100歳の少年と12通の手紙」★★★☆ ミシェル・ラロック、アミール、マックス・フォン・シドー、アミラ・カサール 出演 エリック=エマニュエル・シュミット 監督、105分 、2010年11月6日公開、 2008,フランス,クロックワークス、アルバトロス・フィルム (原題・作:OSCAR AND THE LADY IN PINK)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「主人公の... [続きを読む]

» 100歳の少年と12通の手紙 [心のままに映画の風景]
白血病を患い小児病棟に入院している10歳のオスカー(アミール)は、特別扱いをされることに飽き飽きしていた。 ある日、デリバリーピザのローズ(ミシェル・ラロック)の遠慮ない態度にオスカーは心を掴ま...... [続きを読む]

» 100歳の少年と12通の手紙 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年11月30日(火) 19:15~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『100歳の少年と12通の手紙』公式サイト フリーパス25本目。今年のフリーパスもラスト。本数は去年とタイの計25本だった。 白血病の少年の最後の12日間の話。 無菌室にいないし、外出もするので、どっかのケータイ小説みたいだが、それをアレコレ言うのは野暮だ。 この作品は、ファンタジーである。 よってもって、あまり湿っぽくない。 主人公の少年が、達観しているというか、老獪と... [続きを読む]

» 100歳の少年と12通の手紙☆独り言 [黒猫のうたた寝]
難病ものは単なるエッセンスのひとつ。死にゆく少年の言葉は深いなぁ・・・『100歳の少年と12通の手紙』観てきました。クリスマスが近づく12月20日・・・少年は偶然担当医が自分の両親に、彼の余命があとわずかだと話している声を聞いてしまう。ショックのあまり、今日は少年... [続きを読む]

» 100歳の少年と12通の手紙 [とりあえず、コメントです]
エリック・=エマニュエル・シュミット監督の創り上げた人気舞台劇&小説を自ら映画化した作品です。 予告編だけでも泣けてきそうな物語が見えてくるようで、とても気になっていました。 予想以上にコミカルで楽しい、でも、やっぱり最後は切なさでいっぱいの作品でした。 ... [続きを読む]

» 映画:100歳の少年と12通の手紙 [よしなしごと]
 日本で14館しか上映していない単館系映画100歳の少年と12通の手紙を観てきました。  自称映画ブログのクセして、映画の記事を書くのは約3週間ぶり!!! [続きを読む]

» 「100歳の少年と12通の手紙」 [みんなシネマいいのに!]
 白血病を患い小児病棟に入院している10歳のオスカーは、もう直らないことがわかっ [続きを読む]

» 100歳の少年と12通の手紙 [迷宮映画館]
とってもキリスト教的という、オスカーはイエスですな。 [続きを読む]

» 100歳の少年と12通の手紙 [悠雅的生活]
プロレスは人生の学校。思春期は苦難の時代。人生を味わうにはセンスが必要。 [続きを読む]

« クレイジーズ (試写会) | トップページ | アメリア 永遠の翼 (試写会) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ