サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ボブという名の猫

    ダンケルク

    僕のワンダフル・ライフ

    ドリーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« わたしの可愛い人−シェリ | トップページ | クレイジーズ (試写会) »

2010年11月 6日 (土)

SP 野望篇

岡田君のアクションがすごーい!

Sp

公式サイト http://sp-movie.com

「仕方ないだろ。大義のためだ・・・」
チームリーダー尾形(堤真一)の、耳を疑うような発言に、猜疑心をぬぐい切れない井上(岡田准一)。あの出来事から1ヶ月。
尾形率いる四係のメンバーは、六本木ヒルズのイベント会場で警護に当たっていた。そんな中、これから起こりうる惨劇を特殊な能力“シンクロ(同調)”で感じ取った井上は、傘を持ったスーツ姿の男をマークするよう仲間に知らせる。だが笹本(真木よう子)が声をかけた途端、その男は逃走。井上らは、都内のど真ん中で壮絶な追跡の末、男を確保したが...

ドラマは見てましたよ。
ええー!堤真一もテロの仲間だったのかって場面で、終わったのよね。
ドラマを見ていないと、人間関係はよくわからないと思いますが、アクションは楽しめるでしょう。

日本に革命を起こそうとするグループは、政府機関の中枢にも入り込んでいる。
そして与党幹事長は、彼らを騙して利用しようとしている。
香川照之は、悪役ぶりがはまってますねえ。

映画は謎解きはドラマより薄く、アクションエンターテイメントとなっていますね。

フジテレビの番組だけど、冒頭の場面はお台場ではなく、テレ朝の目の前の、六本木ヒルズアリーナよ。

冒頭の追跡劇がすごい!

岡田君が、トム・クルーズばりのアクションを見せてくれました。
とにかく走るし、車の屋根を何台も駆けて行くし、トラックの荷台で闘いも、ハラハラドキドキ。そこで終わらず、さらに地下鉄の構内でも。

この役のために、ドラマの時も体を鍛えていると言っていましたし、アクションションの振付も考えたりしているという事でしたが、映画ではさらにグレードアップしてます。
体づくりだけでなく、色々な武術を学んだとか。
ここまでやってくれるとは、思いませんでした。

男前の真木よう子のアクションは、後半で見られます。

続く革命篇は、来年3月の公開ですね。

(鑑賞日11月3日)

« わたしの可愛い人−シェリ | トップページ | クレイジーズ (試写会) »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

ああ、聞きたかった~~!
実は先日、見て、娘が昨夜見てなんだけど。
私のセリフ聞き間違いか?

北朝鮮からミサイルで、議員が向かう時、「議員の1人位死んだって・・」と言ったと私は思ったのだが、娘は「警備の1人が死んだって・・」と聞いたと・・

そりゃ途中で本当に狙われているのは誰だ?の世界だけど。
最初の襲撃の目的は、議員じゃなかったかい???

昨夜、2人で議論よ。
でも、一緒に見たわけじゃないし、私の記憶違い?
娘の勘違い??

思わず教えてもらおうって来ちゃったです

★まっちゃんさん
すみませーん。
実は食後に見たのがいけなかったのか、途中うとうとしてしまいまして、はっきり覚えていません。
お役に立てなくて申し訳ないです。coldsweats01

目の保養にたっぷりと堪能させていただきました♪
でへ^^;
まったくおばさんですが、そういう楽しみ方でいいんですよね、これは。
さっさと後篇が見たいですわ。

★sakuraiさん
楽しみ方は、個人の自由です。

>さっさと後篇が見たいですわ。

そうそう、さっさと次に行ってくださいって思います。

遅くなりましたが、TBありがとうございます。

映画ならではのスケール感も、
連続ドラマの時に比べたら、内容は残念な感じでした。

この後にテレビでやってた
「革命前日?」の方がまだ良かったような気も。

革命篇もまだ見てません。

どうも邦画とは相性が悪いようです(笑)

★Yoshimiさん
テレビドラマが好きだったので、見に行った作品です。
邦画としてはがんばっていたけど、まあ、こんなもんかなあって感じでした。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/37340887

この記事へのトラックバック一覧です: SP 野望篇:

» SP 野望篇 [LOVE Cinemas 調布]
危険察知の特殊能力をもつ主人公のSPとその仲間たちの活躍を描いた「SP 警視庁警備部警護課第四係」の映画版第1弾。主演の岡田准一はこのために2年に渡って格闘技の訓練を積んだという。堤真一、真木よう子、香川照之、松尾諭、神尾佑らレギュラーメンバーに、今回は香川照之も加わる。監督はテレビシリーズから引き続き波多野貴文が務めた。岡田たちSPの圧巻のアクションシーンに注目。 ... [続きを読む]

» SP 野望篇 [Akira's VOICE]
興奮とツッコミどころ満載!!   [続きを読む]

» 映画「SP 野望篇」アクション最高!でも人物描写は薄い。 [soramove]
「SP 野望篇」★★★☆ 岡田准一、真木よう子、香川照之、松尾諭、神尾佑、堤真一出演 波多野貴文監督、98分 、2010年10月30日、 2010,日本,東宝 (原題:SP)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「冒頭の六本木ヒルズのテロ防止シーンと それに続く犯人追跡のアクションは なかなか見ごたえがあった、 出だしから良い予感、 次の「革命編」に続くので ラストはあっけないが次... [続きを読む]

» SP 野望篇 [迷宮映画館]
とりあえず、前編完了。総合的な評価は全部見てからに。 [続きを読む]

» SP 野望篇 [映画鑑賞★日記・・・]
2010/10/30公開 日本 98分監督:波多野貴文出演:岡田准一、真木よう子、香川照之、松尾諭、神尾佑、堤真一、山本圭要人警護に当たるSPの活躍を描いたテレビドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版2部作の前編。ドラマは大好きで見てきましたが映画化の....... [続きを読む]

» SP 野望篇 ドラマ版からの人しか無理かな〜 [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=47 -13-】 アンディ・アイアンズがデング熱によって亡くなったらしい! 32歳という若さ、あのスタイリッシュなサーフィンがもう見れない・・・ 素晴らしいレギュラーフッターだった、ご冥福を祈る。  内閣総理大臣を狙ったテロと官僚の謎の自殺。そして尾形の衝撃の発言「仕方がないだろ。大義のためだ…」。そして1カ月の時が過ぎ、東京の街は何事も無かったかのように毎日が過ぎていたが、そのウラでは、日本という国家のシステムを根底から揺るがすようなテロが企てられていた。公安の目をかいく... [続きを読む]

» SP 野望篇 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
SP 野望篇10:日本◆監督: 波多野貴文「SP」(TV) ◆出演:岡田准一、真木よう子、香川照之、松尾諭、神尾佑、野間口徹、堤真一◆STORY◆ある日、尾形率いる四係のメンバーは、六本木ヒルズのイベント会場で警護に当たっていた。そんな中、これから起こりうる惨劇を特...... [続きを読む]

» SP 野望篇 [ぷち てんてん]
台風が来ると言われていたが、こちらではそれほどの事はなかった。映画館が、なんだかすご~く混んでいてびっくり!チケット売り場までの列が半端じゃなくって。なににみんな並んで... [続きを読む]

» SP 野望篇 [花ごよみ]
脚本はテレビドラマと同じく金城一紀。  監督は波多野貴文。  主演は警視庁警護課第4係に勤務する、 井上薫演じる岡田准一。 真木よう子、松尾諭、 それに上司の堤真一等、 テレビドラマでの、 おなじみメンバーに、 与党幹事長役の 香川照之が加わります。 幼い頃のトラウマを抱えている、 SPの井上薫(岡田准一)。 この記憶ゆえ一種の特殊能力を持ち、 危険を予知することができる。 このドラマシリーズは、 きっちり欠かさず… といいたいところですが、 遅い時間帯だったので、 時々、居眠りをし... [続きを読む]

» SP・野望編■革命は出来るか? [映画と出会う・世界が変わる]
いきなりの緊迫、そしてアクションシーンで引き込まれる。快調な出だしで、今後の展開に期待を持たせる。なにしろ、次は「革命編」で、日本映画には珍しいポリティカル・アクション... [続きを読む]

» SP 野望篇☆衝突する二つの運命.。 [☆お気楽♪電影生活☆]
 「仕方がないだろ。大義のためだ・・・。」 [続きを読む]

» SP 野望篇 [食はすべての源なり。]
SP 野望篇 ★★★☆☆(★3つ) やっと観ました!SP野望編。 「岡田君の、岡田君による、岡田君のための映画」との友達評価をきいていて、「とりあえず岡田君かっこよすぎ(すごすぎ)」というのも納得。ありえないけれども!(笑) 「大義のため、多少の犠牲は仕方ない」という意見には同感ですが、大義が達成されたところで、結局変わらないんじゃね?という冷めた意見を持ってしまう悲しい今日。 革命編(完結編)が気になる!と思ったけど、もうほぼほぼ上映終わってますな・・・ ...... [続きを読む]

» 映画『SP野望編』を観て [kintyres Diary 新館]
10-67.SP野望編■配給:東宝■製作年・国:2010年、日本■上映時間:98分■鑑賞日:11月6日、渋東シネタワー(渋谷)■入場料:1,300円スタッフ・キャスト(役名)□監督:波多野貴文□原案・脚本:金城一紀□製作:亀山千広、藤島ジュリーK□音楽:菅野祐悟◆堤真...... [続きを読む]

« わたしの可愛い人−シェリ | トップページ | クレイジーズ (試写会) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

COMING SOON

無料ブログはココログ