サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« SPACE BATTLESHIP ヤマト (試写会) | トップページ | GAMER (試写会) »

2010年11月26日 (金)

レオニー

ある母の生涯

Photo

公式サイト http://www.leoniethemovie.com

彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)の母の生涯を描いた映画

監督: 松井久子 「ユキエ」 「折り梅」

1901年のニューヨーク。フィラデルフィアの名門女子大学のブリンマー大学を卒業し、教鞭をとっていたレオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)は、文学の道に進む夢を持っていた。新聞の3行広告を見て、雇い主の日本人の青年詩人、ヨネ・ノグチ(中村獅童)と出会う。一緒に仕事をするうちに、レオニーは彼を愛し、そして妊娠する。
しかしヨネは日本へ帰ってしまい、シングルマザーとなったレオニーは、子供と共に、アメリカと日本の二つの国で、困難な時代を生き抜いていく。

全く知らない女性の話だったので、こんな生き方をした女性がいたんだと思いました。
小泉八雲の妻(竹下景子)や、津田梅子(原田美枝子)とも知り合いだったなんて。

共感できない部分もありましたが、一見の価値のある映画でした。

アメリカでもシングルマザーは大変だった時代なのに、しかも相手が日本人だなんて、周囲からの偏見は、かなりのものだったのではないでしょうか。

そして子供のために、100年以上前に、全く何も知らない日本へ来たなんて、ものすごい事ですよね。

しかも日本で、違う男性との子供を妊娠して出産。普通じゃ考えられないわ。

当時のアメリカでも、かなり異端的というか、進歩的な考えの持ち主だったレオニーは、本当に苦労したと思いますね。まあ、そういう困難に耐えうる精神があってこそともいえますが。

日露戦争のせいで、日本人に対する差別が大きくなり、ヨネ(野口米次郎)はアメリカから日本へ帰国。
第二次世界大戦もあったし、レオニーだけでなく、日本人との混血であった息子のイサムも、日本でもアメリカでも差別され、どれほど困難で辛い目にあったかと思うと涙。weep

レオニーも大変だったけれど、それは自分で選択した事。だから、幼い息子のイサムの辛さの方が、より大きく心に沁みました。

ヨネと別れてからも、ヨネの編集者としての仕事を続けたのは、経済的理由なのか、彼の才能を認めていたからなのか。両方だったのかなあ。
ヨネの才能は、愛していたのだと思います。

レオニーは、幼い息子の才能にも、早くから気づいていました。
彼女がアメリカに帰国すると、息子は医学部に通っていましたが、あなたは芸術家なのと言う。父親の才能を受け継いでいるのだと。

イサム・ノグチは、母親の姓で白人的な名前を名乗る事もできたと思うけど、どうして全くの日本名の“イサム・ノグチ”を名乗っていたのか、彼の思いを聞いてみたいなと思いました。

(鑑賞日11月24日)

« SPACE BATTLESHIP ヤマト (試写会) | トップページ | GAMER (試写会) »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

ちょっと見た限り自分勝手なほどに頑固なレオニーに驚くと共に、
その頑固な想いがイサムに向かったが故に彼の芸術家としての
才能を花開かせたのかなと思いました。
いきなりあの状況で「息子は医学校を辞めさせます。」って言い
切った時には、そりゃイサムじゃなくても何言い出すんだ!って
思いましたけど。^^;

★KLYさん
息子の天職は芸術家であると、息子が小さい頃からずっと思っていたのでしょうね。

そうですねえ。
あの生き方だったら、アメリカであっても相当な風当たりがあったでしょうね。
それでも自分を貫けるものの根源はなんだったんでしょう。
共感はできませんが、すごい女性だったと思います。
でも、映画の作りとしては、釈然としなところが多く、ちょっと・・でした。

★sakuraiさん
理屈ではなく、情熱を貫く女性だったのでしょうか。自分を生ききった人なのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/37833850

この記事へのトラックバック一覧です: レオニー:

» レオニー [LOVE Cinemas 調布]
世界的彫刻家イサム・ノグチの母親、レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた伝記映画だ。ニューヨークで野口米次郎と出会い、イサムを出産し、来日と様々な環境に身を置きながらも息子を愛し続ける母親を演じるのは『マッチポイント』のエミリー・モーティマー、野口米次郎は歌舞伎俳優の中村獅童が演じる。監督は『ユキエ』、『折り梅』の松井久子。... [続きを読む]

» レオニー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4,5点】 鑑賞前の個人的不安要素は、鑑賞後にはすべて消えていた。 [続きを読む]

» レオニー [映画通信みるみる]
100年前、ひとりで日本の地を踏み、天才を育てた女性がいた。その名はレオニー。 世界的に有名な芸術家イサム・ノグチの母、レオニー・ギルモアの物語。20世紀初頭のニューヨーク。これからは女性も...... [続きを読む]

» *『レオニー』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:日本映画、松井久子監督&脚本&制作、エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、クリスティーナ・ヘンドリックス、メアリー・ケイ・プレイス、柏原崇、山野海、大地康雄出演。... [続きを読む]

» レオニ―(2010)◆◇LEONIE [銅版画制作の日々]
世界的に有名な彫刻家、イサム・ノグチの母・レオニ―・ギルモアの物語を映画化。イサム・ノグチの展覧会が今から4年前に滋賀県にて開催さ... [続きを読む]

» 『レオニー』 [purebreath★マリーの映画館]
   おかあさん、あなたのストーリーを話してください。監督・脚本・・・松井久子原案・・・ドウス昌代出演・・・エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、柏原... [続きを読む]

» 『レオニー』 [ラムの大通り]
(英題:Leonie) ----レオニーって人の名前だよね。 だれのこと? 「彼女は、天才彫刻家イサム・ノグチの母親」 ----えっ。外国人っぽい読み方と思ってはいたけど、... [続きを読む]

» レオニー [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
レオニー10:日本◆原題:LEONIE◆監督:松井久子「折り梅」「ユキエ」◆出演:エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、クリスティーナ・ヘンドリックス、メアリ ... [続きを読む]

» 突き進む母〜『レオニー』 [真紅のthinkingdays]
 LEONIE  1901年、ニューヨーク。平凡な人生を嫌い、自然と芸術への強い憧憬を持つ レオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)は、ヨネ・ノグチ(中村獅童)という 名の詩人と出逢う。 ...... [続きを読む]

» レオニー [迷宮映画館]
彫刻家イサム・ノグチを育てた母の物語。 [続きを読む]

» 「レオニー」 [みんなシネマいいのに!]
 世界的彫刻家イサム・ノグチではなく、彼の母親レオニー・ギルモアの生涯を映画いた [続きを読む]

» 「レオニー」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
彫刻家のイサム・ノグチの母、レオニーの物語。 20世紀初頭、ニューヨークで日本の詩人と出会い、その子を生んで日本に渡ってくる。 でも、この詩人が不誠実な男で、日米で腐れ縁みたいになっていくんだけど、それで...... [続きを読む]

» レオニー(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
日本人の父とアメリカ人の母の間に生まれた芸術家イサム・ノグチの母レオニー・ギルモア。20世紀初頭を生き抜いたその波乱の生涯を、日米両国を舞台に描く。出演は「シャッターア ... [続きを読む]

« SPACE BATTLESHIP ヤマト (試写会) | トップページ | GAMER (試写会) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ