サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

« 来年はアレックスくんが | トップページ | お正月は »

2010年12月30日 (木)

きみがくれた未来

前へ 未来へ

Charlie_st_cloud

公式サイト http://kimi-mirai.jp

小説「きみがくれた未来(原題The Death and Life of charlie St. Cloud)」の映画化

原作・製作総指揮: ベン・シャーウッド
監督: バー・スティアーズ 「17歳の処方箋」「セブンティーン・アゲイン」

ヨットレースで優勝したチャーリー(ザック・エフロン)は、奨学金を得て、スタンフォード大学への進学も決定していた。しかし高校の卒業式の夜、友人宅へ向かう途中で、衝突事故に遭遇。運転していたチャーリーは、救命士フロリオ(レイ・リオッタ)のおかげで奇跡的に死の淵から呼び戻されたが、同乗していた11歳の弟サム(チャーリー・ターハン)は、命を落としてしまった。
弟を守れなかった罪悪感で自分を責めるチャーリーは、葬儀の最中に墓地の裏の森に駆け込んでしまう。すると彼の目の前に、サムが現われた。チャーリーは生前と変わらず夕暮れの時間に、毎日野球の練習を一緒にする事を約束する。
そして5年後、彼は大学進学もヨットもあきらめ、弟が埋葬されている墓地の管理人として働き、ひっそりと暮らしていたが、高校時代の同級生で、ヨットレースのライバルでもあったテス(アマンダ・クルー)が、単独世界一周ヨットレースに挑戦することを知る

身内の死は誰でも悲しい。しかも仲が良かった幼い弟。
労働者階級の母子家庭のチャーリーは、奨学金を得ていても、大学進学は経済的には大変です。母親が仕事を増やし、弟の子守りを頼まれたけど、来週には入隊してしまう同級生の送別会へ車で向かいます。
そんな時、事故に遭って弟が亡くなってしまったので、よけいに自分を責め、弟の死を受け入れられません。

日没の大砲の音を合図に、毎日弟と野球の練習をして5年。

Charlie_st_cloud_2

チャーリーには弟以外にも、他人には見えない人が見えるんですね。
これがうまく展開されますね。

入隊した同級生のふたりのうちの一人と、墓地で会います。会話の内容から、もうひとりは地雷で亡くなっているのですが、実は話している相手も死んでいて、チャーリーが働いている墓地に墓があり、そこで話しているんですね。

テスとの事も、あれはチャーリーだけに見えたことだったんだと、あとからわかるようになっているんですね。
この見せ方がうまいと思いました。

原作も読んでみようかな。

弟との時間を一番にしていたチャーリーですが、テスが地元に帰って来た事で、心境に変化が。
彼女に惹かれていく気持ちと、ヨットへの思いも次第に強くなっていきます。

Charlie_st_cloud_3

亡くなった人を忘れたくない気持ち、忘れてしまうのではと考えるのも恐い気持ち。それがよく表現されていたと思います。
幼いサムが、ひとりで旅立つのが不安な気持ち。身内の死による、様々な気持ちが伝わってきましたし、共感できました。

会えなくなっても、自分の人生を歩んでいっても、亡くなった弟との絆は変わらない。そう思えた時、チャーリーは未来へ踏み出せるんですね。

チャーリーを助けたフロリオは、心停止したチャーリーが今生きているのには何か意味があるはずといいますが、弟の死に囚われていたチャーリーには、そう思えませんでした。
しかしテスがテスト走行中に行方不明になったと知り、フロリオの言葉を思い出すんです。

ファンタジックなストーリーですが、喪失、希望、再生へと進む感動作でした。チャーリーとサムに泣かされましたわ。

もうチャーリーにはサムの声だけが聞こえ、姿は見えなくなってしまったけれど、その時の森でのふたりの様子と会話がよかったですねえ。

ふたりの母親役のキム・ベイシンガーは、意外にもちょい役程度の出演でしたね。

ザックはヨットの訓練もしたせいもあってか、↓の肉体美。
Charliestcloud_1

上半身裸のシーンもあります。(*^m^)

(鑑賞日12月29日)

« 来年はアレックスくんが | トップページ | お正月は »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/38101427

この記事へのトラックバック一覧です: きみがくれた未来:

» 『きみがくれた未来』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:CHARLIEST.CLOUD監督:バー・スティアーズ出演:ザック・エフロン、アマンダ・クルー、チャーリー・ターハーン、キム・ベイシンガー、レイ・リオッタ(TOHOシネマズ1か月フリーパ... [続きを読む]

» きみがくれた未来 [LOVE Cinemas 調布]
『セブンティーン・アゲイン』のバー・スティアーズ監督とザック・エフロンのコンビが送るヒューマンドラマだ。自らの運転する車の事故で弟を亡くした兄が罪の意識から立ち直り、新しい人生を歩みだすまでを描いている。共演に『アイ・アム・レジェンド』のチャーリー・ターハン、「エクトプラズム 怨霊の棲む家」のアマンダ・クルー。一皮向けたザック・エフロンの熱演に注目だ。... [続きを読む]

» きみがくれた未来 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】 “私を見つけて”なるメモの突っ込みは置いとこう。 [続きを読む]

» 『きみがくれた未来』(ザック・エフロン) [ラムの大通り]
(原題:Charlie St. Cloud) ----亡くなってしまった弟の想い出を大切にする兄か…。 ハートウォーミングでちょっとノスタルジック。 こう... [続きを読む]

» きみがくれた未来 [だらだら無気力ブログ]
『ハイスクール・ミュージカル』シリーズのザック・エフロンを主演に 迎えた奇跡の感動ドラマ。弟を亡くした罪の意識と未来への希望との狭間で 揺れ動く青年が、新たな愛の出会いを機に進むべき人生を見出していく姿を ファンタジックに描く。 共演に『エクトプラズム …... [続きを読む]

» 映画 ■■きみがくれた未来■■ [Playing the Piano is ME.]
なんと!「オーケストラ!」を見たのが9月! ほぼ4ヶ月ぶりの映画館でした! [続きを読む]

» きみがくれた未来 [映画的・絵画的・音楽的]
 少し軽い感じのものを見てみようということで、『きみがくれた未来』をTOHOシネマズみゆき座で見てきました。 (1)お話としては単純なものです。  主人公の高校生チャーリー(ザック・エフロン)は、母親と弟のサム(チャーリー・ターハン)とともに暮らしていましたが...... [続きを読む]

» きみがくれた未来 [りらの感想日記♪]
【きみがくれた未来】 ★★★☆ 映画(2)ストーリー ヨットの才能に恵まれた高校生チャーリー・セント・クラウド(ザック・エフロン)は、スポー [続きを読む]

» 映画『きみがくれた未来』を観て [KINTYRE’SDIARY]
11-1.きみがくれた未来■原題:CharlieSt.Cloud■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:99分■字幕:杉山緑■鑑賞日:1月1日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,000円スタ... [続きを読む]

» きみがくれた未来 [銀幕大帝α]
CHARLIE ST. CLOUD/10年/米/99分/青春ドラマ/劇場公開 監督:バー・スティアーズ 原作:ベン・シャーウッド『きみがくれた未来』 出演:ザック・エフロン、アマンダ・クルー、チャーリー・ターハン、キム・ベイシンガー、レイ・リオッタ <ストーリー> 弟・サ...... [続きを読む]

» きみがくれた未来 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【CHARLIE ST. CLOUD】 2010/12/23公開 アメリカ 99分監督:バー・スティアーズ出演:ザック・エフロン、アマンダ・クルー、チャーリー・ターハン、キム・ベイシンガー、レイ・リオッタ サム、最愛の弟。ずっと一緒だよ。つないだ手は一生離さない。 ヨットでスタンフ...... [続きを読む]

» きみがくれた未来 [小部屋日記]
Charlie St. Cloud(2010/アメリカ)【DVD】 監督: バー・スティアーズ 出演:ザック・エフロン/アマンダ・クルー/チャーリー・ターハン/オーガスタス・プリュー/ドナル・ローグ/キム・ベイシンガー/レイ・リオッタ サム、最愛の弟。ずっと一緒だよ。 つないだ...... [続きを読む]

» きみがくれた未来 ★★★ [パピとママ映画のblog]
「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」のザック・エフロン主演で贈る感動のドラマ。ヨットで将来有望だった青年が交通事故で弟を失い、絶望に陥るが、同じ夢を追い続ける女性との出会いによって新たな生き方を見つけ出してゆく。監督は「セブンティーン・アゲイン...... [続きを読む]

« 来年はアレックスくんが | トップページ | お正月は »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ