サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« グリーン・ホーネット | トップページ | ザ・タウン (試写会) »

2011年1月29日 (土)

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (試写会)

誇り高き侍

Photo

公式サイト http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp
2月11日公開

実話の映画化

原作: 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 (ドン・ジョーンズ著)
監督: 平山秀幸 チェリン・グラック

太平洋戦争末期の1994年、サイパン島にアメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、畏れられたひとりの日本人がいた。
大場栄大尉(竹野内豊)。
彼は、最後47人になりながらも、仲間の兵士たちと共に、7月7日の玉砕後、512日間も敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた

原作を書いたのが元海兵隊員だったアメリカ人で、最初は日本語で出版された事に驚きました。
原作者は、大場栄本人に綿密な取材をしたそうですが、大場大尉は、戦後何をして暮らしていたのか気になりますね。戦犯にはならなかったのでしょうか。

チェリン・グラック監督は、「サイドウェイズ」の監督ですが、日系米国人の母を持ち、和歌山生まれで、高校卒業まで日本にいたとは驚き。

映画を見て、「太平洋の奇跡」は、あまりいい邦題とは思えませんでした。

実話だから淡々としているのは仕方ないかもしれませんが、大場大尉の人柄があまり丁寧に描かれていなかった。彼が考えた策は色々描かれていましたけどね。

大場大尉は日本人の民間人からも慕われていたらしいですが、日本人のパートは日本人監督が、アメリカ人のパートはアメリカ人監督と、ふたりの監督で撮っていたせいか、そういうセリフがあるだけで、慕われていた様子が伝わってきませんでした。慕われていく過程が省かれてしまっていたみい。一つ一つのエピソードはわかるけど、ストーリーが途切れ途切れなような気がしました。

史実としては、伝えてゆきたいですね。
戦争について知る事は、重要だと思います。

大場大尉は職業軍人ではないらしく、もとは地理の教師。
7月7日の死を覚悟の玉砕で生き残り、他の生き残った兵士達と、アメリカ軍から身を隠しながら抗戦していた。
兵士達だけの抗戦を考えていた彼は、途中で民間人の野営地を通り過ぎた後、そこが米軍に爆撃されたのを機に、民間人も守る事を決意。様々な策で米軍を翻弄し、仲間達を守ります。

そして迎えた1945年8月15日。日本が敗戦したあとも、彼は山を下りて投降することなく、抵抗し続けます。

一方アメリカ兵達は、日本の民間人が、なぜ断崖から投身自殺するのか、なぜ1944年7月7日の前夜に、現地の日本軍の上官たちが切腹したのか、大場達はなぜ投降しないのか、さっぱりわかりません。
その理由を教えるのが、日本に2年間の留学経験があるハーマン・ルイス大尉(ハーマン・マクゴーウァン)。
日本人の文化と考え方を説明します。そして大場を殺さずに、何とか投降させようとします。

2

8月15日のあと、大場は民間人達には、投降して捕虜になるようにと説得します。
食糧も医療品もなく、捕虜となったほうが生き延びられると判断したからです。

そして自分から降伏はしないが、上官の命令は絶対なので、命令書があれば投降するとルイス大尉に話します。
すると上官からの命令が届き、12月に大場大尉ら47人が、投降します。

ハーマン・マクゴーウァンは、父親の仕事の関係で、三沢基地に3年住んでいた事があるそうです。彼のしゃべる日本語は、所々よくわかりませんでした。

ルイスの上官ポラード大佐を演じているのは、アレック・ボールドウィンの弟、ダニエル・ボールドウィン。

井上真央は、米兵を憎む看護婦。
唐沢寿明が、スキンヘッドで背中や腕に刺青のあるヤクザな兵士役。

1

(鑑賞日1月26日)

« グリーン・ホーネット | トップページ | ザ・タウン (試写会) »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。見てきました!

前半の戦闘シーンは迫力ありましたね。ハリウッド作品をみている様でした。「プライベート・ライアン」とか・・・。

近年の邦画の戦争作品では、秀逸でした。

大場大尉をヒーローと描いてもいず、ことさら、戦争を美化してもいず、
ドキュメンタリーの様に淡々として、事実を描いているようで、良かったですねっ!!

私が一番印象に残ったシーンは、日本の兵士達が、投降のために、洗い清めた衣服をまとい、軍歌(歩兵の本領)を歌いながら、整然と行進する所です。
思わず息を飲むほど、神々しくて、感動しましたshine
正に、日本兵の誇りを感じました。

竹野内豊は、格好良いけど、軍人役としては少し線が細いかしら?と思ったけど、ピッタリでしたよね。
軍服の立ち姿が、凛として、ストイックな大場大尉を感じられました。
heart04
食料がないので、アメリカ兵みたいに太っていたら、おかしいものね?

★紫の上さん
ロケ地がタイだったので、日本では使用できない量の爆薬が使えたそうですから、すごい爆発でしたね。

満足な食事ができない状況ですから、竹野内さんは5キロくらい減量したそうですよ。

いろんな立場の人を、丁寧に描こうと、描こうとした結果、全体が薄くなった感じはしましたね。
それでも大場大尉の人柄めいたもんは、いつになく竹野内君の好演で、伝わったように思えました。
ぜひ、若い人に見てもらいたいもんだと!

★sakuraiさん
大場大尉の人柄はわかりますが、民間人に慕われる過程が薄くて、中嶋朋子が、突然大尉に言い寄る女に見えてしまいました。

>ぜひ、若い人に見てもらいたいもんだと!

是非戦争について知ってほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/38592021

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (試写会):

» 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 [ラムの大通り]
----これって、ずいぶん前から期待していた映画だよね。 あまり、戦争映画には興味がないと思っていたけど…。 「監督が贔屓の平山秀幸。 最近の日本の戦争映画って、 潜水艦や戦艦など海戦中心で、 こういう本格的な地上戦は あまり描かれなかっただけに ちょっと興味があ...... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- [LOVE Cinemas 調布]
太平洋戦争末期のサイパン島で僅か47人の兵を率いてアメリカ軍を翻弄した大場栄大尉の実話を映画化。主演は『さまよう刃』の竹野内豊。共演にショーン・マッゴーワン、唐沢寿明、井上真央、山田孝之ら豪華なキャストがそろう。監督は『必死剣 鳥刺し』の平山秀幸。アメリカ兵メインのシーンはUS監督のチェリン・グラックが演出した。... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男 [花ごよみ]
舞台は1944年、 太平洋戦争末期のサイパン島。 最後には47人の兵力に対して 圧倒的な人数のアメリカ軍。 その戦いの中、 大場栄大尉というアメリカ軍から恐れられ、 “フォックス”と呼ばれた日本人が存在した。 その実話を映画化。 監督は平山秀幸。 日本側の描写を平山秀幸、 アメリカ側の描写は、 アメリカ人のチェリン・グラック監督。 この映画は、 日本、アメリカ、双方の視点から 描かれています。 大場大尉役には竹野内豊、 唐沢寿明、井上真央、山田孝之らが共演。 大場大尉(竹野内豊)は 16... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれ... [日々“是”精進!]
「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男」を鑑賞してきました太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた実在の軍人、大場栄大尉... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男 [勝手に映画評]
事実に基づいた物語。太平洋戦争末期の1944年、サイパン島が玉砕してから、大場大尉の物語は始まる。援軍はもちろん、食料・弾薬はおろか、水も乏しい中、512日にも渡り抵抗を続け、最後は、連隊長からの正式の投降命令を受けて投降した。 大場大尉を演じたのは、竹野内...... [続きを読む]

» 「太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男」国民と兵を守るために512日間戦い続けた指揮官の人望 [オールマイティにコメンテート]
2月11日公開の映画 「太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男」を鑑賞した。 この映画は1944年7月に太平洋戦争で アメリカ軍がサイパン島に侵攻し殆どの日本軍は壊滅した ... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- [だらだら無気力ブログ]
太平洋戦争末期、激戦地となったサイパン島で部隊が壊滅した後も、残存する 47人の兵士を率いてアメリカ軍に立ち向かいながら200人ちかい民間人を守り、 アメリカ軍からフォックスとして恐れられた日本陸軍・大場栄大尉の実話を 元アメリカ兵ドン・ジョーンズの著作をも…... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
日本人の知らない、日本人の戦争。 第二次大戦下のサイパン島で、日本軍の玉砕後も、実に512日間も戦い続けた兵士達がいた。 「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−」は、神出鬼没のゲリラ戦で、“狐の様に...... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男- [映画鑑賞★日記・・・]
2011/02/11公開 日本 128分監督:平山秀幸出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、阿部サダヲ、唐沢寿明生きて、日本に帰ろう─ ... [続きを読む]

» 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」観に行ってきました。 大東亜戦争(太平洋戦争)で激戦が繰り広げられたサイパン島のタッポーチョ山で徹底抗戦を続け、民間人を守り通した大場栄大尉(通称フォックス)率いる47人の日本兵達の物語。 元アメリカ海兵隊のドン・ジョーンズがまとめた長編実録小説『タッポ... [続きを読む]

» 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 開戦から70年だから描けることは? [映画のブログ]
 『椰子の実』の歌を聴きながら、私は涙した。  この歌を作詞した島崎藤村は、忌み嫌われる戦陣訓の作成にも参画した人物である。にもかかわらず、日本の戦争映画では、しばしば平和を希求する曲として歌わ...... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男 とにかく生きるのだ・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=12 -3-】 大阪〜阪神地区を午後、仕事でウロウロしていたが、すごく雪が降ってビックリ! このまま降り続けたら、明日の朝までに数メートルの積雪にでもなるのではないかとびびったけど、夕方にはすっかり融けたようだ、とにかく大袈裟だ、関西人。  1944年、太平...... [続きを読む]

» 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」日本人は何処へ向かってきたのか [soramove]
「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」★★★☆ 竹野内豊、ショーン・マクゴーウァン、井上真央、 山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳出演 平山秀幸監督、128分、2011年2月11日公開 日本,東宝 (原作:原題:太平洋の奇跡)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「太平洋戦争時のサイパン島で、 わずかな兵力で米軍に抵抗を続けた 大場栄大尉率いる日本人将校たち。 決して自ら降伏はし... [続きを読む]

» 映画『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』劇場鑑賞 [続・蛇足帳〜blogばん〜]
 先日、映画『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』を観て来ました。この作品は、去年の11月だったかな?『十三人の刺客』を観に行った時に予告編を初めて観まして、久しぶりに予告だけで「観てみたい!」...... [続きを読む]

» 映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」 [FREE TIME]
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」を鑑賞。 [続きを読む]

» 太平洋の奇跡 〜フォックスと呼ばれた男 [迷宮映画館]
四面楚歌作戦は、効くなあぁ [続きを読む]

» ほんの少し勇気があれば・・・。『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』 [水曜日のシネマ日記]
太平洋戦争の激戦地サイパン島を舞台に日本人大場栄大尉の実話を映画化した作品です。 [続きを読む]

» 映画<太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−> [美味−BIMI−]
歴史に埋もれた、真実の物語。 アメリカから賞賛された日本人兵士・大場栄大尉。 これは絶望的な状況の中、 最後まで諦めずに生きぬいた大場栄大尉と、 その仲間達の実話に基づく真実の物語である。 「生きて、日本に帰ろう―。」 nbsp; <太平洋の奇跡−フォ...... [続きを読む]

» 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
サイパン陥落後も山の中に閉じこもってがんばった日本兵の物語。 あなた、戦争映画なんて興味あったっけ? イーストウッドの「硫黄島からの手紙」みたいなのかなあと思って観に行ったんだけど。 あれに比べるとどうも・・・って思ってるんでしょ?でも、イーストウッドと平...... [続きを読む]

» 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; □作品オフィシャルサイト 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 □監督 平山秀幸、チェリン・グラック□脚本 西岡琢也□原作 ドン・ジョーンズ□キャスト 竹野内 豊、唐沢寿明、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、岡田義徳、ベンガル、中嶋...... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡 ‐フォックスと呼ばれた男‐ [まてぃの徒然映画+雑記]
まだまだ知らないあの戦争の歴史がたくさんあることを、改めて強く思った映画でした。敗戦前夜のサイパン島、日本の勢力範囲だったときには民間人2万人、軍人3万人の日本人が暮らし... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男− [to Heart]
生きて、 日本に帰ろう── 製作年度 2011年 上映時間 128分 原作 ドン・ジョーンズ 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 脚本 西岡琢也/グレゴリー・マルケット/チェリン・グラック 監督 平山秀幸 音楽 加古隆 出演 竹野内豊/ショーン・マッゴーワン/井...... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡 (上) [WEBLOG:e97h0017]
本作のレビューを執筆するにあたっては、作品が有するテーマとその表現方法を明確に分けて書く必要があると感じています。プレビューで書いたとおり、私はこの映画は決して「反戦映画」ではないと考えます。実は日本人にとって「反戦」というテーマで映画を作る... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡 (下) [WEBLOG:e97h0017]
本作が当時の日本人を描くときに用いた基本的な表現方法にまずは言及しておきたいと思います。クリント・イーストウッド監督が「硫黄島の戦い」を2作品をもって描いたのは、戦争を切り取る視点が一方に偏らないようにする配慮によるものということになると思います。本作が日米双方の視点で描かれて... [続きを読む]

» フォックスと呼べる男・竹野内豊 [美容師は見た…]
『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』で、実在した大場大尉を演じた竹野内くんは、本当に見事に魅せてくれました。竹野内ファンでもあり、若い頃のイケメンな彼を思い返すと、こんな役を演じるようになったんだな~って感慨深くて…恋愛ものに萌え~だったあの頃が懐かし... [続きを読む]

» 「太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男‐... [狂人ブログ ~旅立ち~]
 ジョン・ジョーンズ原作の長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を、竹野内豊主演、「愛を乞う人」「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督で映画化。 第二次世... [続きを読む]

» 映画『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』 [闘争と逃走の道程]
 太平洋戦争末期。日本の重要な軍事拠点だったサイパン島が米軍の手に落ちた後も、山にこもり、少数の兵士を率いて実に512日にも渡って抗戦を続け、米兵たちから“フォックス”と呼ばれ恐れられた日本人がいた...... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡 [映画的・絵画的・音楽的]
 またまた遅ればせながら、『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)この映画を見終わって、かなりの人は、どうして主人公の大場大尉(竹野内豊)が、米軍に畏敬の念を持って“フォックス”と呼ばれたのだろう、と訝しく思うのでは...... [続きを読む]

» 映画:太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男 [よしなしごと]
 すごく久しぶりに有楽町スバル座に行きました。多分、小学生の頃に親に連れて行かれて依頼だと思います。小さくて汚いイメージだったんですが、だいぶ改装されたんですね。と言うわけで、今さらながら太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男を観てきました。... [続きを読む]

» 「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」 守るべきものは何なのか [はらやんの映画徒然草]
海外出張の帰りの飛行機の機内で観賞(行きは映画を観る気持ちのゆとりがなかった〜) [続きを読む]

» 太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 [小部屋日記]
(2011/日本)【DVD】 監督:平山秀幸 出演:竹野内豊、唐沢寿明、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、阿部サダヲ 生きて、日本に帰ろうー。 原作はドン・ジョーンズの実録小説「タッポーチョ『敵な...... [続きを読む]

» 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- [こんな映画見ました〜]
『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』 2011年(日本)監督:平山秀幸 出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央 、山田孝之、中嶋朋子、阿部サダヲ、唐沢寿明 太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人...... [続きを読む]

« グリーン・ホーネット | トップページ | ザ・タウン (試写会) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ