サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

ザ・タウン (試写会)

また会える ここか あの世で

Thetown

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thetown
2月5日公開

原作: 「強盗こそ、われらが宿命」 (チャック・ホーガン著 上巻下巻)
監督・主演: ベン・アフレック

ボストン北東部のチャールズタウンは、アメリカでどこよりも多く銀行強盗事件が発生する。そこに暮らす若者達は、愛情と憎しみをこめて、その街を“タウン”と呼ぶ。
この街から抜け出すつもりだったダグ(ベン・アフレック)は、プロホッケーの選手になる夢は破れ、今は強盗グループのリーダー的存在。ある銀行襲撃の際、仲間のジェム(ジェレミー・レナー)が支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に取った。彼女を途中で解放したが、彼女がチャールズタウンの住人だったことを知り、ダグは状況を確認するために、正体を隠して彼女に近づく。
クレアはダグが犯人の一味とは気づかず、2人は思いがけず、恋に落ちてしまう。

続きを読む "ザ・タウン (試写会)" »

2011年1月29日 (土)

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (試写会)

誇り高き侍

Photo

公式サイト http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp
2月11日公開

実話の映画化

原作: 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 (ドン・ジョーンズ著)
監督: 平山秀幸 チェリン・グラック

太平洋戦争末期の1994年、サイパン島にアメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、畏れられたひとりの日本人がいた。
大場栄大尉(竹野内豊)。
彼は、最後47人になりながらも、仲間の兵士たちと共に、7月7日の玉砕後、512日間も敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた

続きを読む "太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (試写会)" »

2011年1月25日 (火)

グリーン・ホーネット

カトーにコーヒーをいれてほしいcafe

Green

公式サイト http://www.greenhornet.jp

監督: ミシェル・ゴンドリー

ブリット・リード(セス・ローゲン)は、新聞社の社長の放蕩息子。父の急死で突然社長となったブリットは、父の運転手のカトー(ジェイ・チョウ)とともに正義に目覚め、ロスの街の犯罪を一掃する決心をする。
カトーは実は天才発明家で、2人はハイテク装置満載の愛車ブラック・ビューティーを駆って、悪党達を斬っていく。

続きを読む "グリーン・ホーネット" »

2011年1月24日 (月)

ブローン・アパート (試写会)

坊やを奪われた母親

Blown_apart

公式サイト http://blown-apart.com
1月29日公開

原作: 息子を奪ったあなたへ (クリス・クリーヴ著)
監督: シャロン・マグアイア  「ブリジット・ジョーンズの日記」

ロンドン、イーストエンド。
ある晴れた5月1日、4歳の息子と夫をサッカー観戦に送り出した“若い母親”(ミシェル・ウィリアムズ)は、パブで知り合った男ジャスパー(ユアン・マクレガー)と、自宅のソファで激しく抱き合っていた。するとテレビに、スタジアムでの大規模な自爆テロが映し出された。彼女の夫と息子も犠牲になり、罪悪感と喪失感に彼女の心は引き裂かれる。
ジャスパーや夫の上司テレンス(マシュー・マクファディン)が、彼女の心を癒そうと近づくが、彼女は警察が隠そうとする驚愕の真実を知ってしまう

続きを読む "ブローン・アパート (試写会)" »

2011年1月23日 (日)

RED/レッド (試写会)

ジジババチーム参上

Red

公式サイト http://www.movies.co.jp/red
1月29日公開

グラフィックノベルの映画化

監督: ロベルト・シュヴェンケ  「フライトプラン」

元腕利きのCIAエージェントだったフランク・モーゼス(ブルース・ウィリス)は、引退して年金暮らし。唯一の楽しみは、年金課の担当者サラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)との電話の会話だった。
ある夜フランクは、暗殺部隊の襲撃を受ける。フランクはかつての仲間達と共に、誰が何のために暗殺命令を出したのか、突き止めようとする。

続きを読む "RED/レッド (試写会)" »

2011年1月22日 (土)

愛する人

ペンダントに受け継がれる想い

Photo_2

公式サイト http://aisuru-hito.com

製作総指揮: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
監督・脚本: ロドリゴ・ガルシア  「彼女を見ればわかること」「パッセンジャーズ」

カレン(アネット・ベニング)、51歳。老いた母を介護しながら働く日々。14歳の時に初恋相手の子供を妊娠して出産したが、母の反対にあい、その子供は養子に出された。母とは共に暮らしながら分かり合えず、会ったことのない娘に想いを寄せて、届く事のない娘への手紙を書き続けている。だが母の死をきっかけに、娘を探し始める。

エリザベス(ナオミ・ワッツ)、37歳。弁護士として成功しながら、人と深くかかわる事を拒み、家族も恋人も作らず、一人きりで生きている。しかし思いがけず妊娠してしまい、彼女はキャリアを捨て、産む決意をし、産みの母に会おうと思い始める。

続きを読む "愛する人" »

2011年1月21日 (金)

ウォール・ストリート (試写会)

ゴードン・ゲッコー イズ バック

Wallstreet

公式サイト http://movies.foxjapan.com/wallstreet
2月4日公開

ウォール街(1987)の続編

監督: オリバー・ストーン

2008年、ウォール街の若きトレーダーのジェイコブ(シャイア・ラブーフ)は、勤め先の投資銀行が突然破綻した。父親のように慕っていた経営者のルー(フランク・ランジェラ)は自殺し、ジェイコブ自身も破産寸前。それが金融業界の黒幕ブレトン(ジョシュ・ブローリン)の陰謀だと知った彼は、2001年に8年の刑期を終えて出所した、元大物投資家のゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)に助言を求める。しかしゴードンはジェイコブの婚約者ウィニー(キャリー・マリガン)の父親でもあった。ゴードンは絶縁状態の娘との仲を取り持つ事を条件に、ジェイコブに協力する。

続きを読む "ウォール・ストリート (試写会)" »

2011年1月18日 (火)

僕が結婚を決めたワケ

言うべきか言わざるべきか

Photo

公式サイト http://boku-kekkon.jp

監督: ロン・ハワード

ロニー(ヴィンス・ボーン)は、シカゴで車のエンジンデザインの会社を経営する実業家。相棒でエンジニアのニック(ケヴィン・ジェームズ)とは、大学時代からの親友。仲の良いニックとジェニーヴァ(ウィノナ・ライダー)は、ロニーの理想の夫婦。
ロニーはジェニーヴァから紹介されたベス(ジェニファー・コネリー)と付き合っていて、愛し合っているが、束縛しない関係に満足している。しかし、今プロポーズしないとベスを失うとジェニーヴァに忠告され、翌月のベスの誕生日にプロポーズをすると決めた。
数日後、ロニーはプロポーズの場所にしようとした植物園へ下見に行き、そこでジェニーヴァの浮気現場を目撃してしまう。

続きを読む "僕が結婚を決めたワケ" »

2011年1月15日 (土)

デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ (試写会)

性格に問題ありの男ふたりの珍道中

Duedate

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/duedate
1月22日公開

監督: トッド・フィリップス  「ハングオーバー!」

妻の出産を5日後に控えた建築家のピーター(ロバート・ダウニーJr.)は、アトランタでの仕事を終え、ロスの自宅へ帰るために、飛行機に乗り込んだ。ところが、ある男のせいでテロリストに間違えられ、なんと搭乗拒否に。
財布や身分証などは飛び立った飛行機の中で、レンタカーも借りられない。そんなピーターの前に、彼をトラブルに巻き込んだ俳優志望の男イーサン(ザック・ガリフィアナキス)が、レンタカーに乗って現れ、ハリウッドに行くので、同乗しないかと誘ってきた。ピーターは嫌々ながら、仕方なく車に乗ったが...

続きを読む "デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ (試写会)" »

2011年1月12日 (水)

ヤコブへの手紙 (試写会)

手紙に支えられて

Photo

公式サイト http://www.alcine-terran.com/tegami
1月15日公開

第82回米アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表作
上映時間75分

終身刑のレイラは、12年間いた刑務所から恩赦で釈放され、片田舎で一人暮らしのヤコブ牧師の家で働く事になった。仕事は届いた手紙を読む事と、返事を書く手伝いをする事。嫌々ながら仕事をするレイラだったが、ある日ヤコブへの手紙がぷつりと来なくなってしまう。

続きを読む "ヤコブへの手紙 (試写会)" »

2011年1月10日 (月)

ソーシャル・ネットワーク (試写会)

天才の考える事は凡人にはわかりませーん

Socialnetwork

公式サイト http://www.socialnetwork-movie.jp
1月15日公開

原作: 「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」(ベン・メズリック著/青志社)     
監督: デヴィッド・フィンチャー

2003年、ハーバード大学に通う19歳の学生で、コンピュータープログラミングの天才のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、親友のエドゥアルド・サベリン(アンドリュー・ガーフィールド)とともに、大学内の出来事を自由に語りあえるサイトを作ろうという計画を立てる。2人で始めたこの小さな計画は、瞬く間に大学生たちの間に広がり、ナップスター創始者のショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、ついには社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと一気に成長を遂げていく。そして若くして億万長者になったマークだが、成功と同時に、エドゥアルドとの間には亀裂が生じはじめ、権利問題で告訴される。

続きを読む "ソーシャル・ネットワーク (試写会)" »

2011年1月 4日 (火)

お正月は

温泉でのんびりしておりました。

日本海側とかは、大雪で大変だったようですが、太平洋側の1日と2日はとってもいいお天気。

Sea2

谷間に見えるのは、九十浜海岸。


2

爪木崎の野水仙群生
水仙は香りがいいですよねえ。

Sea3_2

Sea1

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ