サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ソーシャル・ネットワーク (試写会) | トップページ | デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ (試写会) »

2011年1月12日 (水)

ヤコブへの手紙 (試写会)

手紙に支えられて

Photo

公式サイト http://www.alcine-terran.com/tegami
1月15日公開

第82回米アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表作
上映時間75分

終身刑のレイラは、12年間いた刑務所から恩赦で釈放され、片田舎で一人暮らしのヤコブ牧師の家で働く事になった。仕事は届いた手紙を読む事と、返事を書く手伝いをする事。嫌々ながら仕事をするレイラだったが、ある日ヤコブへの手紙がぷつりと来なくなってしまう。

セリフも多くないし、主な登場人物は3人。でも、郵便配達人の出番は少ないので、ほぼ牧師とレイラのやりとりだけ。
なのに泣けてしまうのは、前半はヤコブ牧師の優しさを感じるからかな。大した事もないのに、なぜか涙が流れるのよ。

出所しても家も職もないから、渋々牧師の家へ行ったけれど、長くいるつもりの無いレイラ。牧師の目が見えないのを知ると、面倒だからと手紙をこっそり半分捨ててしまいます。返事を書くのも面倒だからと、差出人の名前は無いと言ったりしますが、ヤコブ牧師には、誰からの手紙かわかってしまいます。

ヤコブ牧師は、一人一人の相談や悩みに、丁寧に返事を出します。
手紙は一度だけの人、何度も送ってくる人と様々。

Photo

雨漏りのするボロ屋だけど、手紙が届かなくなるからと、ヤコブ牧師は用意された新しい家にも引っ越さない。

ある日からヤコブ牧師宛の手紙がぷっつり来なくなると、レイラは手紙がヤコブの生きがいであるのを知ります。目の見えない老牧師は、もう誰も自分を必要としないし、自分は何の役にも立たなくなった存在だと考え、すっかり気落ちして衰えて行きます。

一方レイラは、牧師の家を出て行こうとしますが、自分には他にどこにも行く場所がないのを痛感し、優しく接してくれる牧師に、心を許し始めます。

レイラは郵便配達人に、郵便を届けるふりをして欲しいと頼み、届いてもいない手紙を読むふりをします。

どんな内容を話すのかなあと思いましたが、まずは行方不明の飼い犬が見つかるように祈ってくださいと言う内容。でもこれが嘘だというのは、牧師にはわかっていたのではないでしょうか。

そして次に読み始めたのは、レイラからヤコブ牧師への手紙。
自分の子供の頃の事、罪を犯してしまった時の事や、その時の気持ちなど、告白の様な内容。
これが泣けるのよ~~crying

その次にレイラは、ヤコブ牧師から、ある人からヤコブ牧師に宛てられた何通もの手紙を渡されます。その内容もとっても大事なのに、字幕が背景の色とかぶってよく見えないのpunch
この手紙も泣けるのよ~crying

役目を終えて天に召されたのねえ~~と思ったラスト。
そして希望が感じられたラストでした。

ヤコブ牧師のような人のそばにいると、自分も心のきれいな善人になれる気がするぅ。

あなたもヤコブ牧師の愛と優しさに包まれてみませんか。

(鑑賞日1月11日)

« ソーシャル・ネットワーク (試写会) | トップページ | デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ (試写会) »

【映画】や行」カテゴリの記事

コメント

短い小さなお話だけど感動しました。
私はもしかしてレイラの前のおばさん?もホントは来てない
のに水増ししてたりとか、自分で出したりとかしてたのかな?
なんて一瞬考えちゃいました。^^;

犬の話は嘘だって解ってたよね。私もそう思います。
それで何を話すのかと思ったら…。あれは泣けました、
自らの人生を紡いだヤコブへの手紙…。
郵便配達人の「ヤッコ~~ブ」って呼び声が妙に耳に残ってます。

★KLYさん
差出人の名前はないとレイラが言っても、誰からの手紙かわかっているに、彼女を責めたりはしないんですよね。レイラの言動への牧師の対応の仕方が心に響いてくるんですよね。
ヤコブ牧師は神から与えられた使命を果たし終えたと思えるラストでした。

レイラのとつとつと語りだした自分のことには、ぐぐっと来ました。
淡々としながらも熱いものがありましたね。
なんだかハリウッド辺りがリメイクとか騒ぎ出すのではと、そんな動きはないことを祈りますわ。

★sakuraiさん
地味だけど、感動作でしたね。
泣けましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/38282781

この記事へのトラックバック一覧です: ヤコブへの手紙 (試写会):

» ヤコブへの手紙 [LOVE Cinemas 調布]
フィンランドの片田舎にある教会に一人で住む盲目の老牧師と、恩赦で刑務所を出所した元囚人の女性の交流を描いたヒューマンドラマだ。主演はカーリナ・ハザードとヘイッキ・ノウシアイネン。監督はフィンランドの俊英クラウス・ハロ。ヤコブ牧師の行動が、固く閉ざされた女性の心を溶かしていく繊細なタッチに注目。... [続きを読む]

» 《 ヤコブへの手紙 》 [映画 - Kz films -]
「人のために祈ることが、私の使命だと信じてきた。」 [Official] 殺人罪で終身刑に処されたレイラ(カーリナ・ハザード)は、ある日、恩赦により釈放を許されます。身寄りのない彼女は、この望みもしない措置に不満をぶつけますが、さらに、釈放後の働き口まで与えられます。... [続きを読む]

» ヤコブへの手紙 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。フィンランド映画。原題:POSTIA PAPPI JAAKOBILLE、英題:Letters to Father Jacob。クラウス・ハロ監督、カーリナ・ハザード、ヘイッキ・ノウシアイネン、ユッカ・ケイノネン、エスコ ... [続きを読む]

» 『ヤコブへの手紙』 世の中から必要とされていないのは誰だ? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  場内は号泣であった。  たった1時間15分の映画の中に、人を、人生を深く考えさせるものが詰まっていた。  『ヤコブへの手紙』の内容は驚くほどシンプルだ。  主要な役者は三...... [続きを読む]

» ヤコブへの手紙 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  登場人物は盲目の牧師ヤコブと、終身刑を恩赦され、ヤコブの家で働くことになったレイラと、たまに来る郵便配達の三人だけ。そしてほとんど会話もなく、舞台はヤコブの家と教会だけというかなり地味なフィンランド映画なのである。  そのうえ上映時間は僅か70... [続きを読む]

» 『ヤコブへの手紙』 [・*・ etoile ・*・]
'11.1.19 『ヤコブへの手紙』@テアトルシネマ これ見たかった! 仕事中、今日は水曜だからレディースデーじゃないかと思いつき、急遽行くことに決定! *ネタバレありです 「終身刑となり12年服役していたレイラは、恩赦により釈放となった。早速、ヤコブ牧師の家に住みで働くという仕事を紹介される。毎日届く手紙を盲目の彼の変わりに読んで欲しいというもので、行くあてのないレイラは渋々引き受けるが…」という話。これは良かった。1時間15分と短いけれど、生きること、生かされることがしっかりと描かれてい... [続きを読む]

» *ヤコブへの手紙* [Cartouche]
Postia pappi Jaakobille trailer 1970年代のフィンランドの片田舎で、レイラ(カリーナ・ハザード)は模範囚として恩赦を受け、12年間暮らした刑務所から釈放される。身寄りのない彼女は、不本意ながら、ある牧師の家に住み込みで働くことに。盲目の牧師ヤコブ(ヘイッキ・ノウシアイネン)はレイラに、毎日届く手紙を読み、返事を書くことを頼む。自転車に乗った郵便配達人(ユッカ・ケイノネン)が届ける手紙には、些細なことから誰にも打ち明けられないことま..... [続きを読む]

» ヤコブへの手紙 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヤコブへの手紙』を銀座テアトルシネマで見てきました。 (1)この映画は、さあこれからさらにどんな展開がというところで幕となります。ただ、そういう思いにさせられるのは、映画のそこまでの展開からのことではなく、単にその短さのためです。終わってみれば、確か...... [続きを読む]

» 『ヤコブへの手紙』:打ち棄てられたふたり、そして希望 @ロードショウ・ミニシアター [りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど]
フィンランドの田舎を舞台にした75分の秀作です。 タイトルのヤコブは盲目の老神父の名前。 そのヤコブの許へ、終身刑で収監されていた女性レイラが恩赦により釈放され、ヤコブに送られてくる何通もの手紙を代読し、返事を書くという役目でやって来ます。 しかし、ある日、ヤコブへの手紙へ送られてくる手紙は一通もなくなり、レイラは自らの過去を語ることになります・・・... [続きを読む]

» 映画『ヤコブへの手紙』。ぽろぽろ泣いちゃった。 [今日の素敵さがし]
 親を殺す。そういう酷い映画を2本観たが、昨日に観た東野圭吾原作の邦画『白夜行』は、ひどく後味の悪いものだった。以前あったと思われる社会の“包容力”、そんなもんを、単に刑事の絶叫でちらっと見せようとしたのだが、観てるほうはドン引き。それに比べ、この映画の、静謐なる作り手の志の高さ!... [続きを読む]

» ヤコブへの手紙 [迷宮映画館]
映画史上、かなり上位に入る仏頂面ヒロイン。これがまたいい! [続きを読む]

» ヤコブへの手紙(2009)□■POSTIA PAPPI JAAKOBILLE [銅版画制作の日々]
                    京都シネマにて鑑賞。 あ〜スル―しないで良かった!上映時間が午前中の2回ということで、なかなか時間が取れませんでした。仕事に行く前に何とか滑り込み、観れました。 最初に書きましたが、これは観なかったら後悔していたか...... [続きを読む]

» ヤコブへの手紙 [ダイターンクラッシュ!!]
2011年6月23日(木) 16:55~ キネカ大森1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『ヤコブへの手紙』公式サイト キネカ大森 名画座 老人映画特集。爺の部。 終身刑から恩赦となった屈強な中年女と盲目の老人牧師、弱い郵便配達人、登場人物3人だけ(正確には冒頭にもう一人いるが)の癒しの映画だ。 生真面目で優しい。 全国津々浦々からやってくる相談や祈りの手紙に返事をするのが牧師の日課だ。 牧師は盲目で手紙が読めないので、アシスタントを雇っている。 今までのアシス... [続きを読む]

» ヤコブへの手紙 Postia Pappi Jaakobille [映画の話でコーヒーブレイク]
「クレアモントホテル」との2本立てで見ました。 たった3人しか登場しない、言葉少ない静かなフィンランド映画です。 この2本立て、どちらもお勧めの心に残る作品です。    ***  *****************              ヤ コ ブ...... [続きを読む]

» mini review 12550「ヤコブへの手紙」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
1970年代のフィンランドの片田舎を舞台に、人を寄せ付けない元囚人と悩める人々を癒やす盲目の牧師との繊細な交流を描き、各国の映画祭で称賛された感動的な人間ドラマ。刑務所を出所したヒロインが牧師のために手紙を音読する日々と、二人の心に宿る絶望と希望とを淡々と...... [続きを読む]

» 「ヤコブへの手紙」 5つ★です [ポコアポコヤ 映画倉庫]
10日前迄に見ていたら、去年のベスト1にしたのに・・・。 [続きを読む]

» ヤコブへの手紙(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
嘘の手紙から生まれた希望の光。70年代のフィンランドの片田舎を舞台にした、手紙にまつわるハートウォーミング・ストーリー。優しい牧師と、深い悲しみによって心を閉ざしてし ... [続きを読む]

» 映画・ヤコブへの手紙 [読書と映画とガーデニング]
2009年 フィンランド 原題 Postia Pappi Jaakobille 終身刑で服役していたレイラ 模範囚だった彼女は恩赦で12年ぶりに刑務所から出て、ヤコブ牧師の家で働くことになる 仕事は、目が不自由なヤコブ牧師のところに届いた手紙を音読し、牧師の代わりに返事を書...... [続きを読む]

« ソーシャル・ネットワーク (試写会) | トップページ | デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ (試写会) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

COMING SOON

無料ブログはココログ