サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ウォール・ストリート (試写会) | トップページ | RED/レッド (試写会) »

2011年1月22日 (土)

愛する人

ペンダントに受け継がれる想い

Photo_2

公式サイト http://aisuru-hito.com

製作総指揮: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
監督・脚本: ロドリゴ・ガルシア  「彼女を見ればわかること」「パッセンジャーズ」

カレン(アネット・ベニング)、51歳。老いた母を介護しながら働く日々。14歳の時に初恋相手の子供を妊娠して出産したが、母の反対にあい、その子供は養子に出された。母とは共に暮らしながら分かり合えず、会ったことのない娘に想いを寄せて、届く事のない娘への手紙を書き続けている。だが母の死をきっかけに、娘を探し始める。

エリザベス(ナオミ・ワッツ)、37歳。弁護士として成功しながら、人と深くかかわる事を拒み、家族も恋人も作らず、一人きりで生きている。しかし思いがけず妊娠してしまい、彼女はキャリアを捨て、産む決意をし、産みの母に会おうと思い始める。

原題は“Mother and Child”

登場する女性達の心情が、とてもよく描かれていたと思います。
女性ならそれぞれの女性の言動に、共感できる部分が多いと思いました。

男性は、どこまで女性達の心情が理解できるのかなあ。

娘の人生を台無しにしたと後悔しながら、娘には直接謝罪することなく亡くなったカレンの母。

14歳で産んだ娘の事が、頭から離れる事はなく、人とのつながりを避けていて、気になる男性とも、素直に接する事ができない。母が通いの家政婦とその幼い娘と親しくしているのも気に入らない。しかし母が亡くなり、娘の自分に言えなかった母の気持ちを知り、気持ちの変化に伴い、人との接し方も変わる。そして良い伴侶を得て、表情や身なりにも変化が。

エリザベスは養父母との関係がよくなかったらしい。10歳の時養父が亡くなり、17歳の時から自立して生きてきて、養母とは疎遠。子供は要らないと、17歳の時にメキシコで違法に避妊手術をしていたのに、妊娠してしまう。しかしその事が、彼女を変えていく。

カレンもエリザベスも、人にも自分にも優しくできず無器用。過去の悲しみを抱えているとはいえ、それはやはり血のつながりによる類似点かしら。

カレンとエリザベス母娘にからんでくるルーシー(ケリー・ワシントン)。
夫の子供が産めず、養子縁組を決意する。
夫婦で下した決断だと思っていたのに、夫の真意は違っていた。

そしてルーシー夫婦に、生まれてくる子を養子に出そうとしたレイ。
彼女も母親との関係がよくないようで、子供は要らないと考えていたけれど、産んだら心情に変化が。

ルーシーやレイの母親の言動にも、納得させられる部分がありますね。

エリザベスは上司のポール(サミュエル・L・ジャクソン)と関係を続けながら、隣りの部屋に住む男性とも、ずっと関係を持っていました。
2人とも、エリザベスの方から誘っています。

妊娠しても、どちらの子かわからないんですね。

ポールは妻と死別しているけれど、妊娠中の妻を持ちながら、エリザベスと浮気するスチーブンに、マーク・ブルカス。「ナイト&デイ」でキャメロンの友人の消防士役だった俳優さん。

カレンの初恋相手で、今は妻子と暮らしているトムに、デヴィット・モース

養子を斡旋する修道女は、「24」の女性大統領役の女優だわ。

現在2児の母のナオミ・ワッツ。妊娠中のおなかは、自前だそうですね。

(鑑賞日1月19日)

« ウォール・ストリート (試写会) | トップページ | RED/レッド (試写会) »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

こどもは全てを変えると言うけれど、ホントそうなんだなぁと。
父親はいつでも本当に生物学的に父親かどうかは解らないわけで、
やはり血肉を分けて子を宿す母親の想いは特別なんだなと思わずに
いられません。
切ないのに暖かい、不思議な涙を流してしまいました。

★KLYさん
子供は女性は体の一部となるので、母性は特別なのでしょうね。
亡くなっても母から娘へとずっと受け継がれていく事で、希望が感じられました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/38467601

この記事へのトラックバック一覧です: 愛する人:

» 愛する人 [LOVE Cinemas 調布]
14歳で子供を産み落とした瞬間にその子を手放さなければならなかった母親とその娘が、37年ぶりに人生の転機を迎え引き付け合う…。『彼女を見ればわかること』のロドリゴ・ガルシア監督が『華麗なる恋の舞台で』のアネット・ベニングと『イースタン・プロミス』のナオミ・ワッツの2人を中心に描くヒューマン・ドラマだ。共演にケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソンが出演する。... [続きを読む]

» 愛する人 [心のままに映画の風景]
カレン(アネット・ベニング)は14歳で妊娠・出産し、やむを得ず赤ん坊を養子に出した。 母親の介護をしながらも、我が子を奪われたことへのわだかまりを捨てきれず、37歳になった実の娘に想いを馳せる日...... [続きを読む]

» 愛する人 / MOTHER AND CHILD [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね ←please click 「彼女を見ればわかること」「美しい人」など、女性たちの心情を鋭く捉えるロドリゴ・ガルシア監督作。 製作には、「バベル」などのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 ナオミ・ワッツ主演、母と娘の物語。 好きな映...... [続きを読む]

» ★愛する人(2009)★ [CinemaCollection]
MOTHERANDCHILD私も愛をつないでゆきたい、母のように──。上映時間126分製作国アメリカ/スペイン公開情報劇場公開(ファントム・フィルム)初公開年月2011/01/15ジャンルドラマ映倫PG12【解説... [続きを読む]

» 『愛する人』(2009)/アメリカ・スペイン [NiceOne!!]
原題:MOTHERANDCHILD監督:ロドリゴ・ガルシア出演ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング 、ケリー・ワシントン 、ジミー・スミッツ 、サミュエル・L・ジャクソン公式サイトはこちら... [続きを読む]

» 愛する人 [to Heart]
私も愛をつないでゆきたい、母のように──。 原題 MOTHER AND CHILD 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ/スペイン 上映時間 126分 映倫 PG12 監督・脚本 ロドリゴ・ガルシア 出演 ナオミ・ワッツ/アネット・ベニング/ケリー・ワシントン/ジミー・スミッツ/デヴィッド...... [続きを読む]

» 「愛する人」(2009) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
「彼女を見ればわかること」は未見なのですが、同じく脚本も手がけた 「美しい人」 の監督と聴くと、なるほどと納得でした。 「美しい人」もいろいろな年代の女性が主人公となりいくつもの物語がオムニバスで描かれていましたが、本作も軸になる3人以外にも出てくる女性は全て世の中の女性の代弁者のように描かれているんですね。 母から娘へ、そして孫へという血のつながりとは?というテーマはこれまでもいろいろな作品で伝えられてきましたが、本作ではかな..... [続きを読む]

» 『愛する人』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「愛する人」□監督・脚本 ロドリゴ・ガルシア □キャスト ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ジミー・スミッツ、デヴィッド・モース■鑑賞日 1月23日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 「親孝行したいときには親は居ない」 37年間、互いの名前も居場所も知らず、 産みの親に会いたい娘と、里子に出した娘に会いたいと思う母親。 その気持ちが行動に移すま... [続きを読む]

» 愛する人 [映画的・絵画的・音楽的]
 『愛する人』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)映画の冒頭が出産シーンであり、ラスト近くでも幼い子供と一緒に戯れるシーンがあり、全体として子供を巡る物語といえますが、その場合なら常識的には、父親の存在が一番に描かれてしかるべきと思えるところ、...... [続きを読む]

» 映画「愛する人 」人はきっと繋がっている。 [soramove]
「愛する人 」★★★★ ナオミ・ワッツ、アネット・ベニング、ケリー・ワシントン、 ジミー・スミッツ、サミュエル・L・ジャクソン出演 ロドリゴ・ガルシア監督、126分 、2011年1月15日公開 2009,アメリカ、スペイン,ファントム・フィルム (原作:原題:MOTHER & CHILD)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「14歳で妊娠し、子供を手放した過去が 忘れられない... [続きを読む]

» 「愛する人」 [みんなシネマいいのに!]
 14歳で妊娠して母親によって強制的に子供を養子に出され、今ではその母親を介護し [続きを読む]

» 母と子〜『愛する人』 [真紅のthinkingdays]
 MOTHER AND CHILD  14歳で出産、生まれた娘を母によって養子に出されたカレン(アネット・ベニング) は、ただ娘を思いながら生きていた。37歳になったその娘エリザベス(ナオミ・ワッ ツ)は...... [続きを読む]

» ■映画『愛する人』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ナオミ・ワッツが妊娠中に、大きなお腹で撮影に臨んだことでも話題になっている映画『愛する人』。 原題の『Mother & Child』が示す通り、様々な母と子ども(特に娘)を描いた物語です。 『バベル』、『21グラム』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが製作総指揮を手... [続きを読む]

» 映画『愛する人』を観て [KINTYRE’SDIARY]
11-8.愛する人■原題:MotherAndChild■製作年・国:2009年、アメリカ・スペイン■上映時間:126分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:1月22日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金... [続きを読む]

» 『愛する人』 [cinema-days 映画な日々]
愛する人 養子縁組に纏わる3組の 人間模様が交錯する... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Mother and Child(母と子) [続きを読む]

« ウォール・ストリート (試写会) | トップページ | RED/レッド (試写会) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ