サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« ロスト・シンボル  ダン・ブラウン著 | トップページ | マックスくん »

2011年4月20日 (水)

ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路

才能があっても...

Nannerl_m1

公式サイト
 http://nannerl-mozart.com

18世紀中頃、ヨーロッパの音楽界を震撼させた神童ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトには、4才年上の姉、マリア・アンナ・モーツァルト(マリー・フェレ)、愛称ナンネルがいた。幼い頃から父レオポルトから音楽を学び、才能を開花させていたが、父レオポルト(マルク・バルヘ)は、“神童”と絶賛を浴びるヴォルフガング(ダヴィッド・モロー)を溺愛し、彼女には歌とクラヴィーアの演奏だけで、作曲の勉強やバイオリンに触れる事は許さなかった。
当時、作曲やバイオリン演奏は、男性のものとされていたからだ。
3年半にも及ぶ演奏旅行の最中、一家はヴェルサイユ宮で演奏する機会に恵まれる。パリ滞在中に、ナンネルはルイ15世の息子、王太子ルイ・フェルディナン(クロヴィス・フワン)と出会い、恋に落ちる。彼女の音楽の才能に気づいた王太子に作曲を勧められ、創作の歓びに目覚めていくが...。

これ、フランス映画だったんですね。モーツァルトだから、ドイツかオーストリアかなと思っていました。(^^ゞ

淡々としているし、面白いわけではないので、家でレンタルで見ていたら、寝てしまうでしょう。

モーツァルトに姉がいたのは事実ですが、王太子とのロマンスなどは創作。
ルイ15世についての知識がゼロだったら、きっと寝てたわね。

愛人が大勢いて、愛人との間の子供も多かったルイ15世。お気に入りのポンパドール夫人は、肖像画でも有名ですよね。マリー・アントワネットが嫁いだ頃は、デュ・バリー夫人が、宮廷でも幅をきかせていたし。

Nannerl_3

演奏旅行の途中で滞在した修道院で、ナンネルはルイ14世の娘ルイーズ(リザ・フェレ)と出会い、彼女が思いを寄せる音楽教師の息子ユーグに手紙を渡してほしいと頼まれます。ヴェルサイユに行って、ユーグに渡す時、15歳のナンネルは、妃を失ったばかりの17歳の王太子と出会います。

Nannerl_4

身分違いだから、男装して王太子に会うナンネル。けれど、身分違いの恋が実るはずもありません。

Nannerl_1

それにしても、ルネッサンス絵画のような顔立ちのヒロインのマリー・フェレは、この映画のルネ・フェレ監督の娘だそうで、なんとまだ15歳。日本人が若く見えるはずだわ。

ルイーズ役は彼女の1歳下の妹だけど、全然違いますね。

ナンネルは家族と離れ、音楽教師をして自活しますが、恋に破れ、また家族と行動を共にします。

演奏旅行の中で、少女から大人へと成長していき、現実を受け入れて行くナンネルが悲しい。

女性の仕事は限られていたし、財産のない女は、結婚しないと生活できないような時代ですからね。

クララ・シューマンも才能があったけど、女ゆえに、充分に才能を発揮できなかった。ナンネルは、それよりずっと前だし。

Nannerl_2

ヴォルフガング役の子は俳優ではなくて、パリの国立地方音楽学院在学中のバイオリン奏者なので、演奏シーンも違和感がありませんでしたね。

(鑑賞日4月19日)

« ロスト・シンボル  ダン・ブラウン著 | トップページ | マックスくん »

【映画】な行」カテゴリの記事

コメント

淡々と描くのがこの監督さんの特徴ですが、こういう物語にはもっと感情的な激しい起伏の描き方の方があってるんじゃないかなと思いながらの鑑賞でした。
寝そうな雰囲気ぷんぷんだったのですが、尻の痛さで寝てる暇ないでした。。

★sakuraiさん
フランス映画と知っていたら、見に行かなかったかも知れません。
盛り上がりのない映画でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/39672988

この記事へのトラックバック一覧です: ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路:

» ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路 [LOVE Cinemas 調布]
天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの姉、ナンネルにスポットを当てた人間ドラマ。素晴らしい才能に恵まれながらも、女性だったが故にで歴史の影に埋もれるしかなかった女性の姿を描き出す。主演は監督を務めたルネ・フェレの娘であるマリー・フェレ。共演に『ランジェ公爵夫人』のマルク・バルベ。美しいクラッシック音楽の裏にある哀しき想いが切ない。... [続きを読む]

» 映画『ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路』を観て [kintyres Diary 新館]
11-29.ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路■原題:Nannerl,La Sceur De Mozart■製作年・国:2010年、フランス■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:4月23日、ル・シネマ(渋谷)■料金:1,800円□監督・脚本・製作:ルネ・フェレ□製作・編集:ファビエ...... [続きを読む]

» ナンネル・モーツァルト  [迷宮映画館]
いつもの淡々とした描き方は、このテーマとは合わなかった感じ。 [続きを読む]

» ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路'10:フランス◆原題:NANNERL, LA SOEUR DE MOZART/MOZART'S SISTER◆監督:ルネ・フェレ◆出演:マリー・フェレ、マルク・バルベ、デルフィーヌ・シェイヨー、 ... [続きを読む]

» ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
モーツァルトの実姉ナンネルの知られざる真実と、フランス王太子との密かな恋の行方を描く。実際のヴェルサイユ宮殿でロケを敢行し、重厚なバロック音楽とともに絢爛な映像を創り ... [続きを読む]

» 映画『ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路』★残酷な恋の結末は深い愛の痛みか [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/155563/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 公式サイトです。 http://nannerl-mozart.com/pc/ 天才作曲家モーツァルトの、4歳年上の姉・ナンネルが14,5歳の頃のこと。 一家は演奏旅行の途中、修道院に立ち寄る。 ..... [続きを読む]

« ロスト・シンボル  ダン・ブラウン著 | トップページ | マックスくん »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ