サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • キングスマン:ゴールデン・サークル

    5パーセントの奇跡

    ジオストーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« SP 革命篇 | トップページ | 戦火のナージャ (試写会) »

2011年4月 3日 (日)

ザ・ファイター

勝つために

The_fighter

公式サイト http://thefighter.gaga.ne.jp

実話の映画化

監督: デヴィッド・O・ラッセル  「スリー・キングス」

マサチューセッツ州ローウェルに住むプロボクサーのミッキー(マーク・ウォールバーグ)。
才能のあるボクサーだったが、今はヤク中になっている異父兄のディッキー(クリスチャン・ベール)と、マネージャー役の母アリス(メリッサ・レオ)の言われるままに試合を重ねるが、一度も勝利できずにいた。
そんなある日、ディッキーが薬物に手を出し逮捕され、ミッキーは巻き添えで、大事な右手の拳を警官につぶされてしまい、リングから遠ざかっていく。しかし恋人シャーリーン(エイミー・アダムス)の支えもあり、ミッキーはもう一度リングに上がる決意をする。

1ヵ月ぶりに当たった試写会がこの作品でしたが、地震の影響で中止になり、シネコンへ見に行きました。

製作にも名前を連ねるマーク・ウォールバーグは、2005年から体作りを開始。しかし、製作資金が集まらず、ディッキー役も、当初予定していたマット・デイモンが降板し、次のブラッド・ピットも降板して製作も危ぶまれ、最終的に決まったのが、クリスチャン・ベールでした。
監督も、当初は「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキーに決まっていました。

それが助演男優、助演女優とオスカーをゲット。何が幸いするかわからないものです。

人間ドラマであり、家族のドラマでもある感動作でした。

The_fighter3

クリスチャン・ベールは、役作りで減量して髪を抜き、歯並びまで変えちゃったなんてねえ。
ヤク中の時の目や動作と、刑務所から出てきた時の表情の違いは、さすがの演技力です。

The_fighter4

メリット・レオも、過保護な母親を熱演。

The_fighter2

真面目なお嬢さん役が多いエイミー・アダムスも、バーで働く女性を見事に演じていました。

家族に翻弄され、なかなかはっきり物が言えないマーク・ウォルーグもよかったです。

ミッキーとディッキーは父親が違うので、名字が違う。映画では母親のアリスが、9人の子供がいると言っていましたね。

Thefighter_sister

姉妹たちにずらっと並ばれたら、普通はびびっちゃうけど、もともと走り高飛びの選手だった気の強いシャーリーンは、姉妹軍団に負けない。(笑)

仲良し家族なのはいいけれど、ディッキーはヤク中でだらしなく、アリスは無知。

警官でジムのトレーナーを務めるオキーフやシャーリーンから、兄や母と手を切らないと、試合に勝てないと言われ、決心をするミッキー。
恐妻家のお父さんも協力してくれます。なかなか家族をよくわかっている、いいお父さんです。(お父さん役の俳優さんは、本人と瓜二つ)

しかしヤク中になっても、ディッキーがボクシングに関しては才能がある事は認めざるを得ないミッキー。
彼には、家族もシャーリーンもオキーフも必要なのよ。
一人じゃない。みんなで頑張る。

ミッキーが母や兄に、本音をぶつける場面が良かったです。

映画の冒頭とラストは、ディッキーとミッキー兄弟がインタビューを受けるシーンですが、ラストのディッキーのセリフと表情に、ちょっとうるっときましたよ。

ボクシングに詳しい人なら、さらに感動するのではないかしら。
試合の場面で使用したカメラは、当時と同じ物で、カメラのアングルやカットも同じだそうです。

エンドロールで、本物のミッキーとディッキーの映像がありますが、ディッキーは、本当に陽気でおしゃべりで、ミッキーは真面目な感じの人ですね。happy01


Photo

マーク・ウォルバーグは、「インヴィンシブル/栄光へのタッチダウン」でも、実在の人物を演じています。
失業して妻も家を出て行き、どん底生活だった30歳のパハーリ。大学フットボールの経験のない彼が、地元のプロのアメフトチームが開催した、一般からの公開オーディションを受けて、ただ一人キャンプに参加が許されました。
こちらも、夢に挑戦した感動作です。

(鑑賞日3月30日)

« SP 革命篇 | トップページ | 戦火のナージャ (試写会) »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

当初、ディッキー役にマット・デイモンの名があったとは興味深いです。
ワタシ的にはマークとマットのルックスが似てると思ってますので(笑)
しかも、マットのヤク中演技も興味津々です。

★itukaさん
>ワタシ的にはマークとマットのルックスが似てると思ってますので

どちらも猿顔ですもんね。(爆)
真面目な青年役が多いマットのジャンキーぶりも、見てみたかったですね。

遅まきながら、やっと見てきました。
最初は近くのシネコンで上映していないので、流そうと思ったけど、
見て良かったです。
ボクシングの映画ながら、家族愛の映画でしたね・・。
4人の俳優達の演技があってこその作品でした。
それにしても、あの「ダークナイト」のクリスチャン・ベイルがぁぁぁ~!
俳優は凄いですね。なりきり度が・・・。

★紫の上さん
クリスチャン・ベールは「マシニスト」といい、すごいですねえ。

マットとマークだと、似過ぎかもですね。
脇役をここまで引き立たせる主役ってのもまた貴重な存在かなあとも思います。
やはりここは、なりきり王のベイルがよかったです。
しっかし、強烈な家族でしたね。

★sakuraiさん
ベールの役作りは、いつもすごいですね。

家族の仲がいいのは良い事だと思いますが、こんな強烈な家族と付き合うのは、ビビリますぅ。

TBありがとうございます。

1年前はこの作品からのオスカー受賞でしたね。

特に、クリスチャン・ベイルのすごさに
他の俳優が追いつけてないようにさえ感じました。

メリッサ・レオも存在感たっぷりでしたね。
見た目より、実年齢が若かったので驚きでしたけど(笑)

★Yoshimiさん
クリスチャン・ベールは、いつもストイックに徹底して役作りしますよねえ。
やっぱりすごいです。

友達とDVDで見ました。

今回は厳しいコメントに なります。

問題児な母親と兄貴でしたね。母親を演じたメリッサ・レオがアカデミー賞の助演女優賞と兄貴を演じたクリスチャン・ベイルが助演男優賞を受賞した演技力は さすが!

ウォルバーグ演じるミッキーに重荷にさせていたのは まぎれもない事実。急遽代役の相手選手は体重差がありすぎな無茶な対戦を組ませてたり 特に兄貴は 薬や暴力沙汰で 足をひっぱりまくって・・・・

ミッキーは家族に甘過ぎですよ!それが元で前の奥さんと別れて娘との親権も無いんでしょうし、トレーナーや恋人のシャーリーンにも散々迷惑かけて・・・・

 親父さんが連れてきてくれたプロモーターがミッキーに声をかけてきたとき それを快く思わない母親は親父さんと恋人のシャーリーンを罵倒して気分が悪かったです。

 "家族は家族、ボクシング・ビジネスはボクシング・ビジネス"の区分けをしないと・・・・

 ボクの小さいときの知り合いのレストランのご主人とその息子さんも そうでしたが、息子さんが後を継ぎたいと言った時 父親であるご主人は・・・

 "よそでメシ食ってこい"と言ったそうです。身内がそばにいては しがらみや甘えが出て 腕を磨くのに妨げになるから よそで修業して一人前になってこいって事です。

 母親と兄貴は そう言うべき立場なんです!ホントにミッキーのためを思うなら よそのジムでトレーニングを積ませてやればよかったんですよ。

★zebraさん
血のつながりって簡単には割り切れないものがあるので、ミッキーもなかなか離れられなかったのではと思います。
ヤク中やアル中はどこにでもいるアメリカですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/39449543

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ファイター:

» ザ・ファイター/ THE FIGHTER [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリッnbsp;クしてね larr;please click nbsp; アカデミー賞作品賞ノミネートで話題の作品 実在のボクサー、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクランド... [続きを読む]

» ザ・ファイター [LOVE Cinemas 調布]
実在したアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの半生を描いたスポーツ伝記ドラマだ。主演に『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ。共演のクリスチャン・ベイルとメリッサ・レオは今年のアカデミー賞助演男女優賞を受賞し、全体でも6部門にノミネートされた作品だ。監督は『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル。典型的なボクシングドラマだが、その展開が心地良い。... [続きを読む]

» 『ザ・ファイター』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THEFIGHTER監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:マーク・ウォールバーグ 、クリスチャン・ベール 、エイミー・アダムス 、メリッサ・レオ 、ジャック・マッギー鑑賞劇場 ... [続きを読む]

» このクリスチャン・ベイルを観よ!!〜『ザ・ファイター』 [真紅のthinkingdays]
 THE FIGHTER  1993年、マサチューセッツ州ローウェル。父親の違う兄弟、ディッキー・エ クランド(クリスチャン・ベイル)とミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ) は、ボクシングとい...... [続きを読む]

» ザ・ファイター [銅版画制作の日々]
凄いわあ〜!何が、、、?クリスチャン・ベールです。この作品のためでしょうね。かなり減量したその顔は凄く目が奥に引っ込んでいました。昔観た「マシニスト」で眠れない男を演じた時と同じです。正直ちょっと気持ち悪いし怖い。 今回はドラッグ中毒者の元プロボクサ...... [続きを読む]

» ザ・ファイター [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★☆【2,5点】(18) クリスチャン・ベイルの初オスカー作品ということで [続きを読む]

» 『ザ・ファイター』(アカデミー賞特集第一夜) [ラムの大通り]
(英題:The Fighter) 「よし。 今週は、アカデミー賞関連の作品について喋っちゃおう。 まずは、この『ザ・ファイター』」 ----でも、これって想像ついちゃうよね。 いわゆる、ダメ男のサクセス・ストーリーでしょ? 「うん。それはそうなんだけど、 この映画がこれま...... [続きを読む]

» ザ・ファイター [to Heart]
頂点へ。 原題 THE FIGHTER 製作年度 2010年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 116分 脚本 スコット・シルヴァー/ポール・タマシー/エリック・ジョンソン 監督 デヴィッド・O・ラッセル 音楽 マイケル・ブルック 出演 マーク・ウォールバーグ/クリスチャン・ベイ...... [続きを読む]

» ザ・ファイター [心のままに映画の風景]
低所得の労働者階級が暮らすマサチューセッツ州、ローウェル。 兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)は、天才ボクサーとしてスポットライトを浴びたものの、ドラッグで身を崩し、かつての栄光にしがみつ...... [続きを読む]

» 「ザ・ファイター」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
過去の栄光にすがるヤク中の兄を演じるクリスチャン・ベールが凄い。 [続きを読む]

» 映画「ザ・ファイター 」自分の出来ることをやり遂げる人は少ない [soramove]
「ザ・ファイター 」★★★★ マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、 エイミー・アダムス、メリッサ・レオ出演 デヴィッド・O・ラッセル監督、 110分、2011年3月26日公開 2010,アメリカ,ギャガ (原作:原題:The Fighter )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← アカデミー賞の6部門ノミネート、 クリスチャン・ベイルが助演男優賞を メリッサ・レオは助... [続きを読む]

» ■『ザ・ファイター』■ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:アメリカ映画、デヴィッド・O・ラッセル監督、マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック・マッギー、フランク・レンズーリ出演。... [続きを読む]

» 「ザ・ファイター」 愛情からの自己投影、または自己投影からの愛情 [はらやんの映画徒然草]
本作はボクシングを題材にした作品ですが、「ロッキー」のようなサクセスストーリーで [続きを読む]

» 劇場鑑賞「ザ・ファイター」 [日々“是”精進!]
「ザ・ファイター」を鑑賞してきました「ディパーテッド」のマーク・ウォールバーグが自ら製作・主演を務め、実在のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの波瀾のボクシング... [続きを読む]

» やっかいな家族というもの [笑う学生の生活]
6日のことだが、映画「ザ・ファイター」を鑑賞しました。 実在のプロボクサー、ミッキー・ウォードが世界チャンピオンを目指すが トレーナーでもあり 麻薬に溺れる兄、過保護な母がおり・・・ ボクシングものともいえるのだが それ以上に家族ドラマといった感じが強いで...... [続きを読む]

» ザ・ファイター [悠雅的生活]
ローウェルの誇り。ヘッド&ボディ。一発逆転。 [続きを読む]

» ザ・ファイター [小部屋日記]
The Fighter(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:デビッド・O・ラッセル 出演:マーク・ウォールバーグ/クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/メリッサ・レオ 歓声と怒号の中、 兄貴の声だけが聴こえていたーー。 実在のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウ...... [続きを読む]

» 映画『ザ・ファイター』を観て。。。管理人「ぴあ」に4度目の登場! [kintyres Diary〜Goo Version]
11-26.ザ・ファイター■原題:The Fighter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:林完治■鑑賞日:3月26日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・O・ラッセル□脚本:スコット・シルヴァー、...... [続きを読む]

» 映画:ザ・ファイター [よしなしごと]
 ボクシングには全く興味がないので、スルーしようかと思っていたのですが、評判がいいので見に行く事に。と言うわけで今回の記事はザ・ファイターです。 [続きを読む]

» 「ザ・ファイター」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
クリスチャン・ベールといえば、「ダークナイト」とか「ターミネーター4」とかで主役を張るものの、どうも押しに欠けて脇役に食われてしまう感があったんだけど、こんどの映画は、これまでの弱腰イメージを打破して、とうとう脇役でありながら主役を食う側に回った。 脇...... [続きを読む]

» 「ザ・ファイター」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「スリー・キングス」のデヴィット・O・ラッセル監督最新作。実在のプロボクサーミッキー・ウォードと、その兄ディッキー・エルクンドの半生を、マーク・ウォールバーグ主演で映画化。  実話がベースとはいえ、どこまで真実かは存じ上げないが、それにしたって素晴らし... [続きを読む]

» ザ・ファイター [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
実在のプロボクサー、ミッキー・ウォードをモデルにリング上での熱き戦いや、家族との葛藤、絆を描くヒューマンドラマ。監督は「ハッカビーズ」のデヴィッド・O・ラッセル。出演は ... [続きを読む]

» ザ・ファイター [迷宮映画館]
今まで見てきたボクシング映画の中で、もっともリアルに感じた。 [続きを読む]

» ■映画『ザ・ファイター』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
相変わらずのカメレオンぶりのクリスチャン・ベールの怪演と、メリッサ・レオのモンスター・マザーな演技でアカデミー賞助演男優&女優賞獲得の本命とも言われている映画『ザ・ファイター』。 ちなみに、アカデミー賞6部門にて7ノミネートされています。 メリッサ・レオの方が... [続きを読む]

» ザ・ファイター [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ザ・ファイター'10:米◆原題:THE FIGHTER◆監督:デヴィッド・O・ラッセル「ハッカビーズ」「スリー・キングス」◆出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダム ... [続きを読む]

» ザ・ファイター [銀幕大帝α]
THE FIGHTER/10年/米/116分/伝記スポーツ・ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・O・ラッセル 製作:マーク・ウォールバーグ 製作総指揮:ダーレン・アロノフスキー 出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・...... [続きを読む]

» ザ・ファイター (The Fighter) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デヴィッド・O・ラッセル 主演 マーク・ウォールバーグ 2010年 アメリカ映画 116分 ドラマ 採点★★★★ よその家族って、とっても奇異な感じに映る事ってありますよねぇ。たまに遊びに行ったりすると、習慣の違いなり考えの違いなりに「うわぁ」ってなるこ…... [続きを読む]

» ザ・ファイター [こんな映画見ました〜]
『ザ・ファイター』---THE FIGHTER---2010年(アメリカ )監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ 、ジャック・マクギー ミッキー・ウォードとその兄でかつての名ボクサー、...... [続きを読む]

» ザ・ファイター [普通の会社員の○○○な話]
(あらすじ) 自分勝手な兄や母親により成長しきれないボクサー。 ある女性との出会 [続きを読む]

« SP 革命篇 | トップページ | 戦火のナージャ (試写会) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ