サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« 15歳のダイアリー | トップページ | ジュリエットからの手紙 »

2011年5月16日 (月)

キッズ・オールライト

家族って

Kids_allright

公式サイト http://www.allright-movie.com

高校を卒業し、秋には大学に進学するジョニ(ミア・ワシコウスカ)は、弟のレイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)に、「生物学上の父親を知りたい。」と言われる。18歳になると、父親を知る権利があるからだ。
実はジョニ達の母親は、同性愛のカップル。医師として働くニック(アネット・ベニング)と、専業主婦のジュールス(ジュリアン・ムーア)。それぞれ精子の提供を受けて、子供を出産した。
オーガニックレストランのオーナーをしているポール(マーク・ラファロ)が遺伝学上の父親とわかり、ジョニとレイザーは母親達には内緒で、彼に会いに行く。

監督のリサ・チェデレンコも、精子提供を受けて出産しているそうですね。

親が同性愛のカップルではあるけれど、どこの家庭にもある、家族の問題や様子を描いていると思います。

親は子供を心配するし、子供が親に反発したり、夫婦仲がぎくしゃくしていたり。
子供が大きくなると、家族の生活スタイルも、転機をむかえますからねえ。

Kids_allright1

Kids_allright2

ジョニはニックが、レイザーはジュールスが産んだ子供。
2人は精子提供者のポールに会った事を内緒にしていましたが、母親達にばれてしまいます。

もう大学へ行くのだし、大人として扱ってほしいジョニ。
思春期真っ只中のレイザー。家族に男が彼一人だけなのも、父親を知りたいと思う要因の一つでしょう。
仕事が忙しいニック。
ジュールスは、仕事をしたいけどなかなかうまくいかず、忙しいニックとの関係もぎくしゃくしてきている。子供たちも手を離れて行くし、空の巣症候群もあると思います。

The_kids_are_all_rightmark

ポールは結婚歴もなく、気楽な独身を謳歌している。

ジョニとレイザーがポールにあった事から、家族内の問題が表面化し、亀裂が生じます。

子供達がポールと度々会う事で、家族を取られはしないかと、懸念するニック。
造園業を始めたいと思っていたジュールスは、ポールの自宅の庭の改造を依頼され、ポールの自宅に通ううち、彼と肉体関係を持ってしまいます。そしていけないと思いながらも、関係を続けてしまいます。

ポールとジュールスの関係に気づいて、傷つくニック。母親達の言い争いを聞いて、子供達もその事を知り、ショックを受けます。ポールを気に入っていたジョニは、特に。

独身生活を楽しんでいたポールは、子供達と会って、家族を持ちたいと考えるようになりました。でも家族がほしいなら自分で作ってと、ニックにどなられます。

家族って血のつながりだけでなく、苦楽を共に生活して築かれるものだもんね。

ジョニが大学の寮に入る日、ニック、ジュールス、レイザーが車で送っていきます。荷解きは一人でできるからと言ったジョニでしたが、一人きりの部屋を見渡して、寂しさを感じます。彼女がニックやジュールスと、抱き合うシーンは、娘を送り出す親の気持ちと、家族と離れるジョニの気持ちがよくわかって涙。
見つめるレイザーが、少し大人になっているように感じられるのも、良いですよ~。

ちょっとコミカルで、少し痛いけど、ハートフルで、温かい気持ちになれる映画でした。happy01

(鑑賞日5月14日)

« 15歳のダイアリー | トップページ | ジュリエットからの手紙 »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、家族ってそんなに都合よく作れるもんじゃないですもんね。
ポールも傷付いたけど、みんな傷付いたし
ジョニとレイザーも今回の一件でひと回り大きくなっていくことでしょうね。
良い映画でした。

★itukaさん
家族って、1日1日の長い積み重ねですよね。
家族の絆が感じられるラストが、良かったです。

風子さん、こんばんは。

家庭は親子一緒に暮らしてこそ築き上げられていくものなのでしょうね。
だからと言って、親子がずっと一緒に暮らせるわけではないから
親離れ子離れの時期はお互いに辛いけど、
それを乗り越えてこそ家族の絆がより一層強くなるのでしょうね。

★BCさん
親離れ、子離れの時期は、生活の転機ですが、家族の絆が試される時でもあるのでしょうね。

風子さん、こんにちは。

男性ブロガーさんに嫌われキャラだったニックですが(笑)
そんなエゴ的なものも含めて、家族のあり方、受け入れ方など、上手に描かれていると思いました。
離れることで、また一層の絆が深まりますよね。
ホント、巣立ち症候群を経験した者には、「しあわせの隠れ場所」「トイ・ストーリー3」と涙したのも思い出します(苦笑)

★オリーブリーさん
改めて家族について考えてみたくなる映画でした。

>巣立ち症候群を経験した者には

お母様でいらっしゃるオリーブリーさんには、思い出される事も多いのでしょうね。^^

風子さん、はじめまして

今の時代 いまどき ゲイにしろレズビアンにしろ 人間社会はいろんな 個性をもった 人たちがいます。

 常識やモラルを守っていれば どんな生き方してもいいとおもうんですよ。

 そりゃあ 人との意見が合わず 生理的に受け付けれないとか対立はありますよ。 同じ考えを持った生き方をしましても 不協和音はつきものだし・・・それは同性愛者同士でも例外じゃないと思いましたね。

 ニックは・・・ボクはそりがあわないでしょうね。でも案外 人の面倒見はよさそう・・・

 まあ、ボクが精子提供者ポールの立場でしたらアメリカンジョークと タメ口で こういいますね。

 「よっ、はじめまして オレ 精子マンのポールだ! あんた ニックだろ!以後よろしくな。  あんたのことは 堅物石頭のクソババアって聞いてるよ 厳しいけど 人から頼まれごとがあると断れない いいクソババアなんだろ!男の中の男のようなクソババアだ~って」  これを英語で言ってみたらどうなるか・・・ ボクはぜひ言ってみたいです。

★zebraさん
はじめまして。

人は誰でも長所と短所がありますからねえ。
ニックもポールも同じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/39734009

この記事へのトラックバック一覧です: キッズ・オールライト:

» キッズ・オールライト / THE KIDS ARE ALL RIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ママが二人!突然現れた遺伝子だけのパパ! レズビアンカップルの子供たちとの家庭に起きたあるドラマをユーモア込めて描く。 今年のアカデミー賞作品賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞の4部門でノミネート。 ...... [続きを読む]

» 「キッズ・オールライト」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
奥さまの名前はジュールス。そして、だんな様の名前はニック。ごく普通の二人は、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をし、ごく普通の子どもたちが生まれました。でも、ただひとつ違っていたのは……。 だんな様は女だったのです! 女二人が一緒になってどうやって子どもを...... [続きを読む]

» キッズ・オールライト [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(13) レズの熟練コンビの演技により、意外に見応えがあった。 [続きを読む]

» キッズ・オールライト [LOVE Cinemas 調布]
両親は母二人?!レズビアンの母二人と姉弟というちょっと変わった4人家族を描いたヒューマンドラマ。主演は『愛する人』のアネット・ベニングと『シェルター』のジュリアン・ムーア。アネットは本作で2010年のアカデミー賞主演男優賞にノミネート、作品自体も作品賞をはじめ4部門にノミネートされた。共演にマーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ。監督はリサ・チョロデンコが務める。... [続きを読む]

» キッズ・オールライト [Memoirs_of_dai]
訴えは良いが甘い男性の描き方 【Story】 レズのカップルであるニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)の子供達(ジョニ(ミア・ワシコウスカ)と弟レイザー(ジョシュ・ハ...... [続きを読む]

» ▽『キッズ・オールライト』△ [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:アメリカ映画、リサ・チョロデンコ監督、アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、ジョシュ・ハッチャーソン出演。 [続きを読む]

» 『キッズ・オールライト』(2010) / アメリカ [Nice One!!]
原題: THE KIDS ARE ALL RIGHT 監督: リサ・チェンデンコ 出演: アネット・ベニング 、ジュリアン・ムーア 、ミア・ワシコウスカ 、マーク・ラファロ 、ジョシュ・ハッチャーソン 鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ 公式サイトはこちら。 まず、設定自...... [続きを読む]

» 『キッズ・オールライト』 [ラムの大通り]
(原題:No Strings Attached) ----この映画って確かアカデミー賞にもノミネートされたんだったよね。 「うん。 「月刊シネマグランプリ」では4月公開映画の第一位に輝いている」 ----タイトルからすると子供たちが主人公みたいだけど…。 「ぼくはキー・ビジュアルから...... [続きを読む]

» キッズ・オールライト [心のままに映画の風景]
レズビアンカップルのニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は、 同じ男性の人工授精で生まれた18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)と、15歳のレイザー(ジョシュ・ハッチャーソ...... [続きを読む]

» 「キッズ・オールライト」ごくごく普通の(?!)“ホーム・ドラマ” [シネマ親父の“日々是妄言”]
 『奥様の名前は、ジュールス。そして、旦那様(?)の名前はニック。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも、ただひとつ違っていたのは、2人とも…女性だったのです…(^^;』第68回ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル/コメディ部門)2冠(作品賞&主演女優賞)に輝く本作、「キッズ・オールライト」(ショウゲート)。はい、いたって普通のホームドラマです…いや、普通じゃないか?!  レズビアンの夫婦であるニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)、そ... [続きを読む]

» キッズ・オ―ルライト(2010)▽▲THE KIDS ARE ALL RIGHT [銅版画制作の日々]
 青空の下、共に生きる。 家族になる。 京都シネマにて鑑賞。 風変わりな家族です。でもそんな違和感を感じさせない、カラッとした家族関係! アネット・ベニングは超ショートヘアー、えらいイメージが変わった。ジュリアン・ムーア演じるジュールズとレ○ビアン夫...... [続きを読む]

» 映画『キッズ・オールライト』を観て [kintyres Diary 新館]
11-32.キッズ・オールライト■原題:The Kids Are All Right■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:107分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月6日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:0円(ポイント利用)□監督・脚本:リサ・チョロデンコ□脚本:スチュアート・...... [続きを読む]

» キッズ・オールライト [くまさんの再出発日記]
「どうして愛している人を傷つけるのかしら。ロシア文学を読めば分かる?」 監督 リサ・チェンデンコ 出演 アネット・ベニング (Nic) ジュリアン・ムーア (Jules) ミア・ワシコウスカ (...... [続きを読む]

» キッズ・オールライト [A Day In The Life]
DVDにて観賞 解説 ある風変わりな家族を通し、真の愛情や家族のあり方を見つめた人間ドラマ。 長年共に暮らしてきた同性カップルの子どもたちが、自分たちの父親を捜し 始めたことから起きる騒動をコミカルに描く。 監督は、『しあわせの法則』のリサ・チョロデンコ。... [続きを読む]

» キッズ・オールライト [いやいやえん]
中年ゲイカップルというのはあっても、中年レズビアンカップルというのはちょっと珍しいかな。同じ精子提供者との間にそれぞれが産んだ子供2人と4人で楽しく生活していたが、精子提供者である「父親」に興味を持った子供達、という図柄。 アネット・ベニング、ジュリアン・ムーアのカップルに、精子提供者のマーク・ラファロ。娘のミア・ワシコウスカに弟のジョシュ・ハッチャーソン。 母親が2人いるってなんかヘンな感じ。生活にも細かそうな気がするよね、アレしてコレしてとかうるさそう。でも逆にそんなことがないから仲... [続きを読む]

» キッズ・オールライト [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:2012年楽しみなこと 参加中 脚本ゼミのメンバーで作る、 映画を観る会で作品を決めるのが私の番であった時、 他の作品を選んでから、この作品を知りました。 こちらを先に知ってたらこの作品にしたと思います。 以来、ずっと気になっていました。 ジュリ... [続きを読む]

» キッズ・オールライト [ぷち てん てん]
ちょっと変わった家族だけど、ああこういう事はどの家族でもあるよねって思うよ。 ジュリアン・ムーアの思い切りのよい脱ぎっぷりも見れるよね〜^^ [続きを読む]

» 『キッズ・オールライト』 [cinema-days 映画な日々]
キッズ・オールライト レズビアンカップルの子供たちが 精子提供者に会った事から起こる波乱 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Kids Are All Right [続きを読む]

« 15歳のダイアリー | トップページ | ジュリエットからの手紙 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ