サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • LOGAN/ローガン

    パトリオット・デイ

    ハクソー・リッジ

    パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

日本へのメッセージ

« X-MEN:ファースト・ジェネレーション | トップページ | 奇跡の6日間 アーロン・ラルストン著 »

2011年6月19日 (日)

BIUTIFUL ビューティフル (試写会)

父として生きた

Biutiful

公式サイト http://biutiful.jp
6月25日公開

カンヌ映画祭主演男優賞受賞

監督: アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ  「バベル」 「21グラム」

スペインのバルセロナで、幼い2人の子供をひとりで育てながら暮らすウスバル(ハビエル・バルデム)。生活のために、時には非合法な仕事もしていた。
そんな彼はある日、医師から末期がんで、余命2ヶ月と告げられる。

あいからわず、イニャリトゥ監督作は暗~~い。
社会の最底辺にいる人達を描き出します。その様子が、見ていて悲惨で辛い。
「恋するバルセロナ」と違って、バルセロナの闇の現状は、こんななのかと思いました。

ただこれまでのように、必要以上に時間軸をシャッフルしていないので、その点は見やすかったです。

失業率の高いバルセロナにいる不法移民たち。
ウスバルは、アフリカ系移民やアジア系の移民の、ブローカーのような事をしています。そして死者の声を聞ける霊媒師で、その仕事もしています。

そんな中、病院で診察を受けると、前立腺がんで、それが転移していて、治療しても余命は2ヶ月だと宣告されてしまいます。

別れた妻は、ヤク中で身持ちが悪い。
兄も、子供を任せられるような人ではない。
元妻や兄、子供達にも、自分の病状を話せません。

自分の死後、子供の面倒を任せられる相手がいない。
とりあえず、できるだけお金を稼ごうとします。

不法移民たちに、良かれと思った事が裏目に出たり、辛い毎日の中、日に日に症状は悪化し、死期が近づいてきます。

彼にできるのは、子供達を愛することだけ。
自分を覚えていて欲しいと望むだけ。

苦しみながら必死に生き、子供を愛するパルデムの演技は、胸に刺さります。

冒頭の真っ白な林の中で話している相手は、誰なのかと思いましたが、ラストで同じ場面が出てきました。会話の意味とその場所が意味するものが、わかりました。

誰にでも死は訪れます。でもそれがいつ、どのようにやってくるのか、わかりません。

辛い映画ですが、静かに心に沁みる感じでした。

(鑑賞日6月16日)

« X-MEN:ファースト・ジェネレーション | トップページ | 奇跡の6日間 アーロン・ラルストン著 »

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

感動で涙がボロボロなわけでもないし、霊能力を持っているからと言っても
別にそれで何かをするわけでもない。淡々と死に行く2ヶ月間、とある男が
極普通のほかの親と同じように子供に愛を注ぎ、自分がいなくなった後を
心配する姿を描く…。奇跡が起こるわけでもないからいわゆる救いがある
わけでもないけれど、それでも目が釘付けになってしまいました。
やっぱり非常にシビアな現実だからこそ、逆に我々にとっても無意識のうち
に身近に感じられてしまうのかもしれませんね。

★KLYさん
幼い子供の事が心残りな、ごく普通の父親でしたね。

>やっぱり非常にシビアな現実だからこそ、逆に我々にとっても無意識のうち
に身近に感じられてしまうのかもしれませんね。

そうですね。現実にいる父親像として感じられましたね。

重い現実を投げかけた映画でしたね。

状況を察した娘とトイレで抱き合いながら泣くシーンに、私も涙ポロポロでした。
移民や不法滞在者を扱う映画は他にもありますが、
サスペンス、アクションぽいのが多いです。
この映画はそれとは違うトーンで、胸が痛かったです。

★小米花さん
死期が迫っても、現実にできる事は、いつもどおりのことでしかないんですよね。辛い現状でした。せめて子供達の心に残ればと思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/40378231

この記事へのトラックバック一覧です: BIUTIFUL ビューティフル (試写会):

» 【映画】BIUTIFUL/ビューティフル [★紅茶屋ロンド★]
<BIUTIFUL/ビューティフル を観て来ました> 原題:Biutiful 製作:2010年スペイン・メキシコ合作 cinema.cafeさんのご招待で観て来ました。 主演のハビエル・バルデムが第83回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた作品です。ハビエルはペネロペ・クルスと結婚して、この年はいろんな意味でステップアップしたんじゃないでしょうか。 監督は「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。実はこの監督の作品、どれも見た事が無く…(またかよ)上映時間も2時間40分... [続きを読む]

» BIUTIFUL ビューティフル / Beautiful [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click チラシのバビ様の顔アップ、目だけでも十分訴えられる説得力とその凄い存在感 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作「BIUTIFUL ビューティフル」は6/25〜公開決定 アカデミー賞主演男優賞、英国...... [続きを読む]

» BIUTIFUL ビューティフル [LOVE Cinemas 調布]
『21グラム』、『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作。バルセロナを舞台に、移民や不法滞在者への仕事のブローカーで稼いでいる男が末期がんに冒される。絶望に打ちひしがれながらも、残された子供たちの為に生き抜こうとする姿を描いている。2010年のカンヌ国際映画祭でパルムドールにノミネートされると同時に、主演ハビエル・バルデムは男優賞に輝いた。 ... [続きを読む]

» ■映画『BIUTIFUL ビューティフル』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
かねてより交際のあったスペインの名花ペネロペ・クルスととうとう結婚し、私生活でもノリにノッているハビエル・バルデム。 この映画『BIUTIFUL ビューティフル』は、そんな彼にカンヌ国際映画祭主演男優賞をもたらした作品。 『ノーカントリー』でアカデミー賞助演男優賞を... [続きを読む]

» 「BIUTIFUL ビューティフル」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Biutiful」 2010 メキシコ/スペイン ウスバルに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「コレラの時代の愛/2007」「それでも恋するバルセロナ/2008」「食べて、祈って、恋をして/2010」のハビエル・バルデム。 マランブラにマリセル・アルバレス。 アナにハナ・ボウチャイブ。 マテオにギレルモ・エストレラ。 イヘにディアリァトゥ・ダフ。 監督、製作、原案、脚本に「バベル/2006」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリト。 ウスバルはバルセロナの裏社会で、中国やアフ... [続きを読む]

» 映画レビュー 「BIUTIFUL ビューティフル」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
BIUTIFUL ビューティフル  原題:Biutiful 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 実際に高い失業率や移民が社会問題となっているバルセロナの裏社会を背景に、ある日突然余命2か月を宣告...... [続きを読む]

» ビューティフル BIUTIFUL [映画の話でコーヒーブレイク]
第63回カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞、アカデミー賞主演男優賞・外国語映画賞ノミネートの、 2010年メキシコ映画です。 日経夕刊「シネマ万華鏡」で黒澤明の「生きる」へのオマージュと紹介されていたので見ることに。 の数・・・いくつだったか、忘れました   ...... [続きを読む]

» BIUTIFUL ビューティフル [こんな映画見ました〜]
『BIUTIFUL ビューティフル』---BIUTIFUL---2010年(スペイン/メキシコ)監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ 「21グラム」「バベル」...... [続きを読む]

» BIUTIFUL ビューティフル(2010) [銅版画制作の日々]
      ldquo;絶望rdquo;の中にも必ずldquo;光rdquo;は存在する。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 「21グラム」「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作です。今回は群像映画ではなく、一人の男の生きざまに焦点を当てた...... [続きを読む]

» 『BIUTIFUL ビューティフル』 [シネマな時間に考察を。]
吹き荒ぶのは風の音か、海の音か。 人生の終盤にみた暗澹たる雲行きの中、 群舞する鳥のように足取りは風向きを追って。 残した者への最後の愛を集めて。 『BIUTIFUL ビューティフル』 2010年/スペイン・メキシコ/148min 監督・脚本:アレハンドロ・ゴンサレス・イニ... [続きを読む]

» 生きる男 [笑う学生の生活]
1日のことですが、映画「BIUTIFUL ビューティフル」を鑑賞しました。 バルセロナの裏社会で生計を立て 暮らしている男 しかし 余命が少ないと知り・・・ 2人の子ども、情緒不安定な妻 霊媒師、闇取り引き 生きるために、子どもたちのために まだ 死ねないと 必至に...... [続きを読む]

» BIUTIFUL ビューティフル 生きるってことは辛いのだけど、しかししっかりと意味があることなのだ。 [労組書記長社労士のブログ]
 我が家は淀川のスーパー堤防の上に建っているマンションの川側の8階。 そういえばこの夏、夕食にお鍋をやった日以外にクーラーは一度も使っていない、寝室もだ。 扇風機だけで平気、昼間だと俺ならさすがに我慢できないかも知れないけど、妻は別にへっちゃらだそうだ、...... [続きを読む]

» ■『BIUTIFUL ビューティフル』■ [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:スペイン+メキシコ合作映画、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、 エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン出演。... [続きを読む]

» 映画「BIUTIFUL ビューティフル」砂上の楼閣を守り続けるということ [soramove]
「BIUTIFUL ビューティフル」★★★★ ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、 エドゥアルド・フェルナンデス、 ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン 出演 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督 146分、2011年6月25日, 2010,スペイン、メキシコ,ファントム・フィルム (原作:原題:BIUTIFUL)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「スペ... [続きを読む]

» 『BIUTIFUL ビューティフル』 石ころの意味 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  「成仏」とは仏教用語である。  カトリック教徒が圧倒的に多いスペインを舞台とした映画を語るのに、あまり適した言葉ではないが、あいにくと日本語には他にこれといった表現がない...... [続きを読む]

» ビューティフル [映画的・絵画的・音楽的]
 『BIUTIFUL ビューティフル』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)映画の主人公ウスバル(ハビエル・バルデム)は、よくもまあこれだけあるものだと見ている方が感心してしまうくらい、たくさんの問題を次から次へと抱え込みながら、それらをなんとか解...... [続きを読む]

» 映画『BIUTIFUL ビューティフル』を観て [kintyres Diary 新館]
11-43.BIUTIFUL ビューティフル■原題:Biutiful■製作年・国:2010年、スペイン・メキシコ■上映時間:148分■鑑賞日:7月10日、TOHOシネマズ・シャンテ■料金:1,600円□監督・脚本・製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□脚本:アルマンド・ボー、ニ...... [続きを読む]

» BIUTIFUL/ビューティフル [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
バルセロナの闇社会で生きる男が余命2ヶ月と知らされ、子供たちのために奮起する姿を描く感動の人間ドラマ。監督は、「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。出演は ... [続きを読む]

» BIUTIFUL ビューティフル [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
BIUTIFUL ビューティフル'10:メキシコ・スペイン◆原題:BIUTIFUL◆監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バベル」◆出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥア ... [続きを読む]

» BIUTIFUL ビューティフル [A Day In The Life]
DVDにて早くもリリース、早速レンタル観賞 解説 バルセロナを舞台に、闇社会に生きる男が末期がんで余命 いくばくもないことを知り、愛する子どもたちのために精 いっぱい尽くそうと奮起する感動作。 『バベル』の名匠アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ が監督... [続きを読む]

« X-MEN:ファースト・ジェネレーション | トップページ | 奇跡の6日間 アーロン・ラルストン著 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ