サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • キングスマン:ゴールデン・サークル

    5パーセントの奇跡

    ジオストーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« プリンセス トヨトミ | トップページ | 127時間 (試写会) »

2011年6月 9日 (木)

アジャストメント

運命の人

Adjustment

公式サイト http://adjustment-movie.jp

フィリップ・K・ディックの同名短編小説の映画化

最年少で下院議員となり、上院議員に立候補したデヴィッド・ノリス(マット・デイモン)は、ある日出会あった、ダンサーのエリース(エミリー・ブラント)に一目ぼれ。 しかし、突如現われた、“運命調整局”と名乗る男達に、拉致されてしまう。彼らは“運命の書”に記された通りの運命に従わせるため、軌道からはずれた者を、元の進路に戻すのが任務だと言う。
彼らの事を口外しない事とエリースに二度と会わない事を条件に、デヴィッドは解放されるが、それから3年たっても、彼女を忘れる事はなく、彼女とまた偶然会えないかと思い続けていた。

予告編だと、マットのアクション映画みたいですが、それを期待して見に行った男性は、がっかりしたでしょうね。
これはファンタジックなラブストーリーで、デートムービー向き。

家族を早くに亡くし不良だったデヴィッドが、政治家を志した。
24歳で下院議員になり、上院議員選挙も当選が確実視されていたけど、投票日直前に、パーティーで下半身を露出していたスキャンダルが大きく新聞に載り、惨敗。
トイレで敗北宣言の演説を考えている時に、エリースと出会う。
翌日運命調整局のハリー(アンソニー・マッキー)が、うっかり居眠りしてしまい、デヴィッドは乗る予定ではなかったバスに乗ってしまい、そこでエリースと再会します。

Adjustment_bureau2

そしてオフィスに行くと、見知らぬか男達が、なにやら奇妙な事をしています。

Adjustment_bureau4

バスに乗り遅れ、彼らの作業が終わった頃に、オフィスに到着する予定だったのに、姿を見られてしまった彼らは、デヴィッドを拉致して、状況を説明します。

Adjustment_bureau

エリースにまた会えないかと、エリースと出会ったバスに、3年乗り続けていたデヴィッド。(←普通そんな奴いないだろ)
また、上院議員選挙の時期になりましたが、その時通りを歩くエリースを発見。

Adjustment_bureau3

またまた軌道からはずれたデヴィッドを調整しようと、ハリーの上司のリチャードソンは、彼らよりベテランのトンプソン(テレンス・スタンプ)に調整を依頼します。
ハンマーとあだ名される、凄腕の調整役。

彼らがなぜ執拗にデヴィッドの運命を調整しようとするのか、彼らに逆らうとどうなるのか、トンプソンから聞いたデヴィッドは、一旦はエリースをあきらめようとしますが、やっぱり彼女への思いは変えられません。

必死に調整しようとする調整局と、どうしてもエリースと一緒になりたいデヴィッドとの攻防。

Adjustment_bureau5

調整局の連中が帽子をかぶっている理由とか、ドアが色んなところにつながっていて、近道になるとかが、面白かったです。
デヴィッドに味方する、ハリーも良かった。

運命はいったい誰が決めているのか。
調整局が気を配って調整しているは、重要な人物だけみたいじゃないの。差別を感じるわ。デヴィッドの家族の死も、調整局のせいらしいような発言もあったし。
キリスト教的要素もあるけど、どちらかと言うと、そういう哲学的なことより、デヴィッドとエリースのラブストーリーの要素のほうが強かった。

運命の恋の物語。
真実のキスで調整ができなくなるとか、超乙女チックねえ~。
コテコテラブストーリーが好きな人に、おすすめよん。(爆)

(鑑賞日6月8日)

« プリンセス トヨトミ | トップページ | 127時間 (試写会) »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

調整局ってクールな仕事人だとばかり思ってたのですが
いきなり、居眠りしてたのにはオイオイでした(笑)
他人の寝室に勝手に入れる超能力が有るんだから
なにも著名人を動かさなくても世界を変えられると思うんですけどね~(爆)

やはりマット・デイモンには見ていて安心感ありますね。
ヒロインのエミリー・ブラント、最近「ガリバー旅行記」で王女役でした。
俳優はみな良かったですね。
久々に見たテレンス・スタンプ、渋かったです。

楽しく見たのですが、ラストがなあ、、
フィリップ・K・ディック原作でこのラストはちょっと。
まあ、ディックらしいラストとハリウッド映画のラストは相反する部分もありますが、そこを何とかクリアして欲しかったです。
ディックのファンとしては、あのしちめんどくさいデスペレートな世界観をちょっとは出して欲しかったというか。
そういう話ではないのですが、SFとしてのギミックもほとんど出てこな
いですし。謎のノートの説明くらいは欲しかったかな。
途中が面白いだけに残念でした。

★itukaさん
天使は、堕天使とか結構うっかりさんとかいますからね。
突っ込みどころも多い設定でした。(爆)


★きささん
原作は未読ですが、原作の世界観がうまく描かれていないのでしょうか。
小説の映画化は難しいですね。

まあ、原作はほんの短編なので映画はほぼオリジナルです。
原作は冒頭に使われているくらい。
なのですが、SFファンにとってディックって巨大な存在なのでついつい期待してしまうのです。

★きささん
>原作は冒頭に使われているくらい。

そうなんですか。

ディックの原作だと、「ブレード・ランナー」見たいなのを期待してしまいますね。

今晩は~。
「ヒア アフター」を見た後の「アジャスメント」の予告。
今度こそマットくんのアクションに期待大~!って見たのに、
ちょっと肩透かし~でした。

でも、運命という言葉の魅力が惹きつけてくれましたけどネ。

★小米花さん
アクションを期待して見に行かれましたか。
それは残念でしたね。

わたしはラブストーリーと耳にしていたので、その点はよかったです。

先日観て来ましたが・・・。
ストーリ展開がイマイチと感じてしまいました・・・。
そこまでして引き裂かないといけない明確な理由も無い感じがしちゃったし、良いよ~っていうのもあっけなかった気がしちゃいました・・・。
あ、でも、あの帽子はほしいと感じてしまった・・・。

★yukiさん
突っ込みどころも多いですが、ま、軽いデートムービーというところでしょうか。

帽子は活用してみたいですよね。happy01

いつの間にかアクション俳優みたいになってしまってますが、こういうマットの方がぴたりと来るかなと思って見てました。
一途ってのがなんかほほえましい。。

★sakuraiさん
ボーンシリーズの前は、繊細な青年役が多かったですよね。
純愛が似合うかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/40021551

この記事へのトラックバック一覧です: アジャストメント:

» アジャストメント [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(10) 設定は面白いが、妙に人間くさいヤツらに苦笑い。 [続きを読む]

» アジャストメント [LOVE Cinemas 調布]
人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化。人間の運命が全てアジャストメント(調整)されていることに気付いた男が、それに逆らい自らの力で運命を切り開く姿を描いている。主演は『ヒア アフター』のマット・デイモン、共演に『ガリバー旅行記』のエミリー・ブラント。監督は『オーシャンズ12』や『ボーン・アルティメイタム』の脚本を務めたジョージ・ノルフィが初演出だ。... [続きを読む]

» 映画「アジャストメント」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「アジャストメント」観に行ってきました。フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班(Adjustment Team)」を原作とする、マット・デイモン主演のSF恋愛サスペンス作品。201... [続きを読む]

» アジャストメント [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE ADJUSTMENT BUREAU】 2011/05/27公開 アメリカ 106分監督:ジョージ・ノルフィ出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ 操作された《運命》に、逆らえ。 政治家のデヴ...... [続きを読む]

» 映画「アジャストメント 」調整班として働いてみたい [soramove]
「アジャストメント」★★★ マット・デイモン、エミリー・ブラント、 アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、 マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ 出演 ジョージ・ノルフィ監督、 106分 、2011年5月27日, 2011,アメリカ,東宝東和 (原作:原題:THE ADJUSTMENT BUREAU/調整班)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「運命操作局という組織が... [続きを読む]

» アジャストメント [映画的・絵画的・音楽的]
 『アジャストメント』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)映画の原題は「Adjustment Bureau」ですから(原作のタイトルも「Adjustment Team」)、専ら運命の調整を業務とする人たちを描いている作品ではないか、と思われるかもしれません。  ですが、「運命調...... [続きを読む]

» アジャストメント [voy's room]
nbsp; 将来を有望視されている若手政治家のデヴィッド(マット・デイモン)は、ある日エリース(エミリー・ブラント)という美しいバレリーナに一目惚れする。しかし、突然“アジャストメント・ビューロー(運命操作局)”と呼ばれる男たちが現れ、デヴィッドは拉致されてしまう。彼らの目的は、本来は恋に落ちる予定ではなかったデヴィッドとエリースを引き離し、「運命の書」に記述された“運命”に従わせることだった…。(cinema cafe net)★★★すべての運命は第三者によって操作されている・・・... [続きを読む]

» アジャストメント [りらの感想日記♪]
【アジャストメント】 ★★★☆ 映画(28)ストーリー 将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッド(マット・デイモン)はある日、美しい女性、エ [続きを読む]

» 「アジャストメント」 きれいにまとめてこじんまり [はらやんの映画徒然草]
ちょっと集中力がない状態で観賞してしまったので、評価が適正かどうかが自分的にも甚 [続きを読む]

» アジャストメント [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班」を映画化した作品。 上院議員選挙の有力候補だったものの選挙直前に発覚したスキャンダルのために落選した、デヴィッドは、偶然、エリースと出会います。彼女のおかげで「敗北宣言」で好評を博した彼ですが、彼女とは名前も聞... [続きを読む]

» アジャストメント [心のままに映画の風景]
将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッド(マット・デイモン)は、美しい女性、エリース(エミリー・ブラント)と出会い心惹かれる。 ある日、デヴィッドは、突如現われた“アジャストメント・ビューロー...... [続きを読む]

» アジャストメント (2011) [☆ひっくり返ったおもちゃ箱☆]
 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジェイソン・ボーン”シリーズのマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。人々の運命が超自然的な存在“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”によって管理されていることを知ってしまった主人公が、その得体の知れない巨大な力に反撃していくさまを描く。共演は「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のエミリー・ブラント。監督は「オーシャンズ12」や「ボーン・アルティメイタム」の脚本を手掛け、本作が監督デビューとなるジョージ・ノルフ..... [続きを読む]

» アジャストメント [こんな映画見ました〜]
『アジャストメント』---THE ADJUSTMENT BUREAU---2011年(アメリカ)監督:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント 、アンソニー・マッキー 、テレンス・スタンプ 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説をldquo;ジェ...... [続きを読む]

» 【アジャストメント】~SFサスペンスアクション~ [シバ美の主婦らしからぬブログ。]
★★☆☆☆(2、5)[E:diamond]製作年度 : 2011[E:diamo [続きを読む]

» アジャストメント 汝、何を望むとも・・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=28 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート2本目、「汝、何を望むとも、そを祈るに、既に受けたりと知れ、然らばそを得ん。」  スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが...... [続きを読む]

» 『アジャストメント』 マット・デイモンの功罪 [映画のブログ]
 マット・デイモンが主演することの功罪は何だろうか?  映画『アジャストメント』において、主演俳優としてマット・デイモンを迎えたことのメリットは、何といってもそのおかげで映画への注目が高まり、宣...... [続きを読む]

» アジャストメント [だらだら無気力ブログ]
人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジェイソン・ボーン” シリーズのマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。 人々の運命が超自然的な存在“アジャストメント・ビューロー(運命調整局) ”によって管理されていることを知ってし…... [続きを読む]

» 映画:アジャストメント [よしなしごと]
 SF映画だと思って観に行ったら肩すかし食らうよ。恋愛映画だと思って観に行ってと何度も念を押された作品、アジャストメントを見てきました。 [続きを読む]

» アジャストメント [迷宮映画館]
マットの政治家ってのも、なんかありだわ。 [続きを読む]

» アジャストメント [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
アジャストメント'11:米◆原題:1THE ADJUSTMENT BUREAU◆監督:ジョージ・ノルフィ◆出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ ... [続きを読む]

» アジャストメント [銀幕大帝α]
THE ADJUSTMENT BUREAU/11年/米/106分/SFサスペンス・ロマンス/劇場公開 監督:ジョージ・ノルフィ 製作:ジョージ・ノルフィ 原作:フィリップ・K・ディック『調整班』 脚本:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー...... [続きを読む]

» アジャストメント (The Adjustment Bureau) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョージ・ノルフィ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★★ 日々なんてものは偶然の積み重ねでしかないはずなのに、何をやっても上手くいく時期や、その反対に何をやってもダメな時期が続いたりしますよねぇ。特にダメな時期な…... [続きを読む]

» 映画『アジャストメント』 [闘争と逃走の道程]
 フィリップ・K・ディック原作、マット・デイモン主演のSFサスペンス。運命とは自分で切り拓くもの。いや、それともすべては、あらかじめ定められている……? アジャストメント―ディック短篇傑作選 (ハヤカワ...... [続きを読む]

» アジャストメント [いやいやえん]
マット・デイモン主演のなんていったらいいのかよくわからない作品です。SFサスペンス?ラブストーリー?ミステリー? 上院議員に立候補したデヴィットはあえなく落選する。次の日「調整員」が7時5分にコーヒーをこぼせられなかったために運命が狂ってしまうんですね、運命が変わりデヴィットはトイレで出会って惹かれたバレエダンサーのエリースと再会する。 調整員たちは人々の運命を変えないように「調整(アジャストメント)」するのが仕事。まるで神の仕事のようですね…それにしても、どこでもドアは便利。デヴィッド... [続きを読む]

» アジャストメント [普通の会社員の○○○な話]
(あらすじ) 自分の運命が調整管理されていることを知り、 運命を変えるべき、その [続きを読む]

» 【映画】アジャストメント…最高議長なら見かけましたけど、 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
4月に入って初めての更新です 途中、月初めの頃の強風やら、天気の話などを草稿していたのですが、時機を逸してしまったので全部却下しました で、早速は映画観賞記録 「アジャストメント」 (監督:ジョージ・ノルフィ、出演:マット・デイモン、エミリー・ブラン...... [続きを読む]

« プリンセス トヨトミ | トップページ | 127時間 (試写会) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COMING SOON

無料ブログはココログ