サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

    ジョン・ウィック:チャプター2

    パワーレンジャー

    トランスフォーマー/最後の騎士王

    スパイダーマン:ホームカミング

日本へのメッセージ

« SUPER 8/スーパーエイト | トップページ | アンダルシア 女神の報復 »

2011年6月27日 (月)

テンペスト

赦し

Tempest_2

公式サイト http://www.tfc-movie.net/tempest

シェイクスピア作品の映画化

監督: ジュリー・テイモア  「タイタス」 「フリーダ」 「アクロス・ザ・ユニバース」

ナポリ王アロンゾー(デヴィッド・ストラザーン)の一行は、アロンゾーの娘とチュニス王の婚礼の帰途、突然の嵐にあう。船が難破し、絶海の孤島に散り散りとなってたどり着いた。実は嵐は、この島に住むプロスペラ(ヘレン・ミレン)が、魔術を使って起こしたものだった。彼女はかつてミラノ大公だったが、腹黒い実弟アントーニオ(クリス・クーパー)の謀略に乗ったアロンゾーたちにより、娘のミランダ(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、12年前に追放されてしまった。プロスペラは、空気の妖精エアリエル(ベン・ウィショー)を操り、彼らに復讐しようとしていた。

血生臭い復讐劇だった「タイタス」は、映画を見たというより、美術館で絵画や彫刻を鑑賞したって感じでした。
面白いとは思わなかったので、今回もそんな感じだろうと見に行きました。
目当ては映像と、何気に豪華な俳優陣です。
「タイタス」よりは、映画っぽかったです。

テイモア監督の映像は、特に色のコントラストや、構図が独特ですよね。
今回も、幻想的な映像とか、とてもよくできていたと思います。
ただ、演出やセリフの口調が舞台的で、やっぱり映画としては面白くない。もうちょっと違う演出をして欲しかったですね。

そこへいくと、ケネス・ブラナーのシェイクスピア映画って、わかりやすくうまく演出されているんだなあと思いましたね。

原作ではヘレン・ミレンの役は男性ですが、女性になったことで、娘への愛情が母性的であり、エアリエルとの関係も、恋愛感情が混じっているようですね。

プロスペラ        ヘレン・ミレン
ナポリ王アロンゾー   デヴィッド・ストラザーン
王弟セバスチャン    アラン・カミング
顧問官ゴンザーロー  トム・コンティ
アントーニオ       クリス・クーパー
エアリエル        ベン・ウィショー
ファーディナンド     リーヴ・カーニー
ミランダ         フェリシティ・ジョーンズ
ステファノ        アルフレッド・モリーナ
トリンキュロー      ラッセル・ブラッド
キャリバン        ジャイモン・フンスー

俳優陣は実力派がそろっていて、仕草や表情がうまいなあと思いました。

ヘレン・ミレンはとても威厳が感じられました。
あとは、好きなフンスーとウィショーに目が行きましたね。
ウィショーはスケジュールの都合で、ロケ地のハワイに来られなかったので、ああいう映像になったそうですね。ただしCG加工した物ではなく、アナログ加工なんだとか。

ウィショー、ずっと全裸でしたよね~。びっくりしました。

Thetempest_reeve_2

あら、なかなかのイケメンが出てると思ったのが、リーヴ・カーニー。
「ヒマラヤ杉に降る雪」で、イーサンの少年時代を演じた子なんですってね。知らないうちに、こんな素敵な青年に成長して、去年11月から、ミュージカル版スパイダーマンの舞台で、主役をやってるんですって。
今後、チェックしとかなきゃ。

(鑑賞日6月25日)

« SUPER 8/スーパーエイト | トップページ | アンダルシア 女神の報復 »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

ドキュメンタリー映画祭に埋没してました・・。
やっと復帰。ドキュメンタリー映画は、マジに疲れるのですが、ときどき凄いのがあるんでやめられません。
へーー
>「ヒマラヤ杉に降る雪」で、イーサンの少年時代を演じた子なんですってね。
そうだったんですか。これは要チェックですね。
私はシェークスピアもん大好きなんで、これも楽しめました。
古めかしい台詞回しですが、これもシェークスピアの特徴と思って聞いてました。

★sakuraiさん
リーヴ・カーニーは、要チェックですよねえ。

バズ・ラーマン監督のロミオとジュリエットみたいに、台詞回しは古くても、映画として楽しめる演出にして欲しかったなあと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/40481601

この記事へのトラックバック一覧です: テンペスト:

» テンペスト [LOVE Cinemas 調布]
2011年に執筆400年を迎えるシィクスピアの同名戯曲をベースに映画化。弟の裏切り国を追われた女王の復讐物語だ。主演はオスカー女優ヘレン・ミレン。監督をジュリー・テイモアが務める。2010年アカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされただけあって、特徴的な衣装デザインが印象に残る。... [続きを読む]

» *『テンペスト』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:アメリカ映画、ジュリー・テイモア監督&脚本、ウィリアム・シェイクスピア原作、サンディ・パウエル衣裳、ヘレン・ミレン、トム・コンティ、デヴィッド・ストラザーン、ジャイモン・フンスー、アルフレッド・モリナ、ベン・ウィショー、ラッセル・ブランド、フェ...... [続きを読む]

» テンペスト [映画の話でコーヒーブレイク]
日比谷シャンテでしか見れないと思っていた「テンペスト」。 ららぽーと横浜のTOHOシネマズ上映中ではないですか!? 電車で行くと遠いのですが、車で行けば以外に近いことに気づき早速行ってきました。 原作がシェイクスピアであることは知っていましたが、本を読んだこ...... [続きを読む]

» 『テンペスト』 (2010) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: THE TEMPEST 監督・脚本: ジュリー・テイモア 原作: ウィリアム・シェイクスピア 出演: ヘレン・ミレン 、ラッセル・ブランド 、リーヴ・カーニー 、トム・コンティ 、クリス・クーパー 試写会場: スペースSF汐留 公式サイトはこちら。 お誘いをいた...... [続きを読む]

» 映像でシェイクスピアを [笑う学生の生活]
24日のことですが、映画「テンペスト」を鑑賞しました。 シェイクスピア最後の作品である本作 いやー かなり好きでしたね 好みは分かれそうですが シェイクスピアであり、舞台監督出身のジュリー・テイモアということで 舞台色を強く感じました  まぁ そこが好みでも...... [続きを読む]

» 映画『テンペスト』を観て [kintyres Diary 新館]
11-41.テンペスト■原題:TheTempest■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■字幕翻訳:佐藤恵子■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円 □監督・脚本・製作:ジュリー・テイモア□原作:ウィリアム・シェイクスピア□撮影監...... [続きを読む]

» テンペスト [C note]
シェイクスピア最後の戯曲と言われている作品を映画化。 てか、テンペスト=あらし、 [続きを読む]

» テンペスト [だらだら無気力ブログ]
シェイクスピア最後の作品として知られ、2011年に執筆400周年を迎える 「テンペスト」を大胆な解釈を加えて実写化。 オフ・ブロードウェイで同戯曲の演出経験があるジュリー・テイモアが 監督を務め、肉親の陰謀で国を追われたミラノ王プロスペローを女王に 置き換え、古…... [続きを読む]

» テンペスト [迷宮映画館]
ジュリー・テイモアならではのぞくぞくするタッチ! [続きを読む]

» テンペスト [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
テンペスト'10:米◆原題:THE TEMPEST◆監督:ジュリー・テイモア「アクロス・ザ・ユニバース」◆出演:ヘレン・ミレン、ラッセル・ブランド、リーヴ・カーニー、トム・コンティ、クリス ... [続きを読む]

» テンペスト [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE TEMPEST】 2011/06/11公開 アメリカ 112分演出:ジュリー・テイモア出演:ヘレン・ミレン、ラッセル・ブランド、リーヴ・カーニー、トム・コンティ、クリス・クーパー、アラン・カミング、ジャイモン・フンスー、フェリシティ・ジョーンズ、アルフレッド・モリナ...... [続きを読む]

» テンペスト [ゴリラも寄り道]
テンペスト [DVD](2012/03/02)ヘレン・ミレン、ラッセル・ブランド 他商品詳細を見る内容(「Oricon」データベースより) シェイクスピア最後の傑作を完全映画化!ナポリ王アロンゾーは 娘の婚礼の帰途、海上...... [続きを読む]

» テンペスト [こんな映画見ました〜]
『テンペスト』---THE TEMPEST---2010年(アメリカ)監督: ジュリー・テイモア 出演:ヘレン・ミレン、ラッセル・ブランド、リーヴ・カーニー、クリス・クーパー 、フェリシティ・ジョーンズ 解舞台の演出家出身のジュリー・テイモア監督が、シェイクスピア...... [続きを読む]

» テンペスト [シネマ日記]
シェイクスピアの最後の作品を映画化。舞台版の演出経験のあるジュリーテイモアが監督を務め、主人公を女性に変更してアレンジしている。ジュリーテイモアってなかなかにユニークな世界観を持った監督さんですね。12年前実の弟アントーニオクリスクーパーの陰謀によりミラ...... [続きを読む]

« SUPER 8/スーパーエイト | トップページ | アンダルシア 女神の報復 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ