サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • マイティ・ソー バトルロイヤル

    ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« サマーフェスティバル 2011 映像と音楽 | トップページ | シャンハイ »

2011年8月27日 (土)

親愛なるきみへ (試写会)

チャニングを傷つけたら許さないわよ

Dear_john

公式サイト http://www.cinemacafe.net/official/shinkimi
9月23日公開

原作: きみを想う夜空に(ニコラス・スパークス著)
監督: ラッセ・ハルストレム  「ギルバート・グレイプ」「サイダーハウス・ルール」「ショコラ」

2001年の春、陸軍の特殊部隊の兵士ジョン(チャニング・テイタム)と大学生のサヴァナ(アマンダ・サイフリッド)は、海辺で出会った。すぐに惹かれあい、一緒の時間を過ごすが、ジョンの休暇が終わる二週間後、別れのときが来た。ジョンは、一年経ったら除隊して戻ってくると約束して赴任地へ、サヴァナは大学へ戻った。ふたりは絆を信じて、手紙を通じて心をさらに通わせていたが、その年の9月11日に、運命は大きく変わってしまった。
ジョンは2日間の休暇中に故郷に戻り、サヴァナに任務延長を志願する事を告げ、戦地へ戻って行った。次第にサヴァナからの手紙が来なくなり、数ヵ月後ジョンに届いたのは、彼女からの別れの手紙だった。

日本公開をずっと待っていた作品。

原作者 大好き。
監督 大好き。
主演男優 大好き。
これは見るしかないでしょ


早く見たくて、あちこちの試写会に応募しましたよ。

チャニング中心に見た感想なので、悪しからず。m(_ _)m

今作のチャニング、すっごくいいです!
このチャニング大好き!


マッチョな役が多いチャニングですが、誠実で一途な青年をうまく演じているので、めちゃ感情移入してましい、もらい泣きしちゃいました。
主人公の心の揺れが、すごく良くわかるのよ。
そばにいて支えてあげたくなりますわん。

Dear_john6

冒頭は、チャニングのサーフィンシーン。
チャニングの体目当ての人には、たまらないでしょう。(爆)

Dear_john2

海に落ちたサヴァナのバッグを、ジョンが飛び込んで拾った事から始まるふたり。
出会った時から感じるものがあり、恋に落ちます。

ふたりで満月を見つめるシーンがあるのですが、一瞬、アマンダ主演の「赤ずきん」を思い出し、どこからか狼が来ないかと思っちゃいました。(爆)

Dear_john5

デートを重ね、互いの親にも会いに行きました。
ジョンはちょっと変わった父親(リチャード・ジェンキンズ)と二人暮らしですが、サヴァナはそんな父親にも、愛情を持って接してくれます。

ジョンの父親は自閉症なのですが、リチャード・ジェンキンズの演技がすばらしい。
さすがですねえ~~。

Dear_john4

赴任地と大学に戻ってからは、互いに相手からの手紙を心待ちにする日々。

ジョンの父親がなぜコインの収集を始めたのか聞かれたジョンが、返事で出した手紙が良かったですね。ジョンが自分と父親との関係や、父親の気持ちを改めて見つめ直すきっかけにもなったと思います。
父は息子のジョンを、とてもとても愛しているの。

しかし楽しい手紙のやり取りも、9.11で変わってしまいます。

手紙でサヴァナが他の男と婚約した事を知らされたジョンは、彼女からの手紙を全て燃やしてしまいます。
傷心の彼は、あちこちの任地へ赴き、除隊せずに、軍人としてキャリアを積む道を選びます。

そして数年後、アメリカに戻ったジョンを待っていたのは、脳卒中で入院中の父親。
自分がそばにいれば、こんな事にならなかったのではと悔やんだりします。

Dear_john3
↑ジョンが父親宛に手紙を書いて読むんだけど、このシーンで泣けた泣けた。crying

父の葬儀の後、サヴァナの様子を見に行ったジョン。そう、彼はずっと彼女を忘れられなかった。
そこで思いがけない事実を知ります。

車の中でひとり泣くチャニングにも、またまたもらい泣き~。weep

戦地で死んでしまうかもしれない人を待つ、サヴァナの気持ちもわからなくはないけど、やっぱりジョンに感情移入してしまいます。
そしてジョンはいい人過ぎる~~。

一緒に見に行った友人は原作を読んでいるので、ラストは原作と違うと言っていました。

チャニングを満喫できて、満足でした。(笑)

ロマンチックなラブストーリーが見たい人におすすめ。

サヴァナと家族ぐるみの付き合いがあり、自閉症の息子を持つティムに、「E.T.」の主役だったヘンリー・トーマス

(鑑賞日8月23日)

« サマーフェスティバル 2011 映像と音楽 | トップページ | シャンハイ »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

>チャニングを傷つけたら許さないわよ
で、引き込まれた記事です(笑)。

確かに素敵でしたねチャニング演じたジョン・・・。
いやチャニングがぁ。。。

女性から見ても、ジョンに感情移入しちゃいましたね。
だって、彼はふられる理由はないもの・・・。
任務延期だって、そういう状況だったし・・・。

ラストは、確かにハリウッドらしい終わり方でした。
原作は違うのですね~。

★小米花 さん
チャニングはお気に入り俳優の一人なので、思い切り感情移入しちゃいましたよ。^^ゞ

原作を読みましたけど、苦しく切ないラストでしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/41353024

この記事へのトラックバック一覧です: 親愛なるきみへ (試写会):

» 2011年4月30日 『親愛なるきみへ』 シネマート六本木 [気ままな映画生活]
今日は、『親愛なるきみへ』 を鑑賞です。 まだ邦題は決まっていません。 【ストーリー】  「メッセージ・イン・ア・ボトル」「きみに読む物語」で知られるニコラス・スパークス原作のベストセラー(邦題「きみを想う夜空に」)を名匠ラッセ・ハルストレムが映画化したラブストーリー。ドイツ駐在の特殊部隊兵士ジョンはアメリカ帰郷中に、女子学生サバナと出会う。2人はすぐに恋に落ちるが、ジョンの仕事のために離ればなれに。文通しながら遠距離恋愛を続け、ジョンの除隊後に結婚を約束する2人だったが、9・11の同時多発テロ... [続きを読む]

» 【映画】親愛なるきみへ [★紅茶屋ロンド★]
<親愛なるきみへ を観て来ました> 原題:Dear John 制作:2010年アメリカ 超久しぶりの試写会です。ずっと引越しの準備やイロイロな手続きと暑さと疲れで…試写会もお休み状態でした。 でも、今回は「トーキョー女子映画部」さんと映画配信SNSサイトGacchi「ガッチ」さんとのコラボ企画試写会という事で、これは参加しなくては!と意気込んで参加してきました。 今回の作品は「親愛なるきみへ」。題名からしても超恋愛物っぽい…。 ちゃんとした作品の内容は知らなかったんだけど、どうも主演にア... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [とりあえず、コメントです]
ニコラス・スパークス著の『きみを想う夜空に 』を原作に描いたラブストーリーです。 アマンダ・サイフリッドがキラキラしている予告編を観て、観たいなあと思っていました。 『きみに読む物語』の作者らしい繊細なラブストーリーが綴られていました。 ... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [Memoirs_of_dai]
手紙とエラーコインで 【Story】 2週間だけの休暇で故郷に帰ってきた軍人のジョン(チャニング・テイタム)はある日、海に落ちたバッグを拾ったことがきっかけで、大学生サヴァナ(アマンダ・セイフラ...... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [to Heart]
恋のときめき、愛の痛み。 その2週間は、永遠になった。 原題 DEAR JOHN 製作年度 2010年 上映時間 108分 原作 ニコラス・スパークス『きみを想う夜空に』(エクスナレッジ刊) 脚本 ジェイミー・リンデン 監督 ラッセ・ハルストレム 出演 チャニング・テイタム/アマン...... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [こんな映画見ました〜]
『親愛なるきみへ』---DEAR JOHN---2010年(アメリカ)監督:ラッセ・ハルストレム出演:チャニング・テイタム 、アマンダ・サイフリッド、ヘンリー・トーマス、リチャード・ジェンキンス 「きみに読む物語」の原作者ニコラス・スパークスのベストセラー『きみを...... [続きを読む]

» 〜『親愛なるきみへ』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:アメリカ映画、ラッセ・ハルストレム監督、チャニング・テイタム、アマンダ・サイフリッド、ヘンリー・トーマス、スコット・ポーター、リチャード・ジェンキンス出演。 [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「きみに読む物語」の原作者ニコラス・スパークの小説『きみを想う夜空に』を、「HACHI 約束の犬」のラッセ・ハルストレム監督が映画化。帰省中の故郷で恋に落ちた米軍兵士と女子大 ... [続きを読む]

» 『親愛なるきみへ』 [・*・ etoile ・*・]
'11.09.18 『親愛なるきみへ』(試写会)@赤坂区民センター 某お友達から招待券を頂いた。実はこれyaplogで当選したのだけど『ゲット・ラウド』の試写会にお誘い頂き、どうしても見たくてそちらを選択。すごく気になっていたので、見れて良かった♪ 東京国際映画祭(TIFF)のプレイベント上映会ということで、昨年の様子などの映像で構成された映画祭の紹介VTRの上映後、関係者の方から今年のオープニング作品とクロージング作品、その他オススメ作品の紹介があった。ブラピ主演のクロージング作品『マネーボー... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [心のままに映画の風景]
2001年春、休暇で帰郷した特殊部隊の兵士ジョン(チャニング・テイタム)は、サヴァナ(アマンダ・セイフライド)と知り合い恋に落ちる。 2週間後、赴任地へ旅立ったジョンと大学が始まったサヴァナは、手...... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ (試写会) DEAR JOHN [まてぃの徒然映画+雑記]
王道のうっとりするようなラブストーリー、男は大変だけどね。 2週間の休暇で父親のもとへ帰っていたジョン(チャニング・デイタム)は、大学の休暇で別荘に来ていたサヴァナ(アマンダ・セイフライド)と知り合い、お互い恋に落ちる。 1年後には除隊してサヴァナのも...... [続きを読む]

» 同じ月を見ている〜『親愛なるきみへ』 [真紅のthinkingdays]
 DEAR JOHN  2011年。チャールストンの海岸で、休暇中の軍人ジョン(チャニング・テイタム) は女子大生のサヴァナ(アマンダ・サイフリッド)と出逢い、恋に落ちる。  9.11によって引き...... [続きを読む]

» 不完全燃焼の恋の行方。『親愛なるきみへ』 [水曜日のシネマ日記]
米軍特殊部隊に所属する青年と女子大生のラブストーリーです。 [続きを読む]

» 親愛なるきみへ☆DEAR JOHN [銅版画制作の日々]
恋のときめき、愛の痛み。その2週間は、永遠になった。 評価:+5rarr;45点 MOVX京都にて鑑賞。 「ショコラ」、「サイダー・ハウスルール」、そしてデップ&デカプリオの名作「ギルバート・グレイプ」でお馴染のラッセ・ハルストレム監督作品。どれも好きだっ...... [続きを読む]

» [映画『親愛なるきみへ』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これは、なかなか斬新なラブ・ストーリーでしたね。  一筋縄でいかない大人の恋愛話を、まだまだ若い二人のカップルが演じます。  物語を簡単に言うと、軍人である青年と、大学生である娘が、夏のバカンスの帰郷で知り合う。  恋に落ちるも、二週間後には別れの時...... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [映画的・絵画的・音楽的]
 『親愛なるきみへ』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)たまには少し軽目のものがいいのではと思い、また例のアマンダ・サイフリッド(いつの間にか、劇場用パンフレットの表記は、セイフライドからこちらの方に変わっています!)が出演するということもあって、...... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [食はすべての源なり。]
親愛なるきみへ ★★☆☆☆(★2つ) 昨年、一足お先に機内鑑賞。 兵士のジョンが帰省中に女子学生サバナと恋に落ち、戦地に戻った後も遠距離恋愛を続ける、という「きみに読む物語」の原作者と同じらしい。 「きみに読む物語」も好きじゃないし、2日で落ちた恋が一生ものになる?みたいな。 例によって途中他の人と結婚した、(遠距離恋愛に耐えられなくて?そんな時私を必要としてくれた人がいたから?) けど、忘れなくて最後再会・・・。 あ~の~さ~ 側にいると決めたなら、突き通せよ。中途半端が一番周りを傷つける... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年10月9日(日) 18:50~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『親愛なるきみへ』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。21本目。 戦争(この場合、911以降)が引き裂く男女の話だが、戦死するのかと勝手に思っていたら、女が寂しさに耐えかねて他の男に走るという話だった。 と、少しガッカリしていたら、実はそこには深い訳があり、何と終わり方は「ラヴソング」を思い起こさせるものだったので、結果として満足だ。 アマンダ・サイフリッドは、... [続きを読む]

» 映画『親愛なるきみへ』を観て [kintyres Diary 新館]
11-63.親愛なるきみへ■原題:Dear John■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:108分■字幕:尾形由美■鑑賞日:10月10日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円 □監督:ラッセ・ハルストレム□脚本・共同製作:ジェイミー・リンデン□原作:ニコラス・ス...... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [いやいやえん]
チャイニング・テイタム&アマンダ・セイフライドさん共演です。 米軍の特殊部隊に所属するジョンと女子大生のサヴァナ。二人の恋は手紙というやり取りで発展していく。しかし、同時多発テロが起こり、時勢によって二人は引き裂かれてしまう…というお話。 たった2週間と18時間の恋。切ない話なんですけど、しかし後半に二人を引き裂いたのはヒロインの行動からだったことがわかってしまい、ちょっと微妙な気持ちになってしまいました、共感しづらい展開になっちゃって。やはり遠距離は難しいってのが答えなのかもしれない。... [続きを読む]

» 親愛なるきみへ [映画感想メモ]
お父さんとのエピソードの方が泣ける。 いい加減あらすじ ジョンは軍の特殊部隊所属 [続きを読む]

» 映画『親愛なるきみへ』★ラストシーンに救われた想いがしました。 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
映画レビューしました。(ネタバレ表示なしです) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id340308/rid26/p1/s0/c1/ 作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/156838/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 &n..... [続きを読む]

« サマーフェスティバル 2011 映像と音楽 | トップページ | シャンハイ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

COMING SOON

無料ブログはココログ