サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • キングスマン:ゴールデン・サークル

    5パーセントの奇跡

    ジオストーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ファミリーヒストリー 浅野忠信 | トップページ | この愛のために撃て »

2011年8月 8日 (月)

未来を生きる君たちへ (試写会)

LOVE & PEACE

In_a_better_world

公式サイト http://www.mirai-ikiru.jp
8月13日公開

米アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞受賞作

監督: スサンネ・ビア  「ある愛の風景」  「アフター・ウェディング」

医師アントン(ミカエル・パーシュブラント)は、妻子と別居中で、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。彼の長男エリアス(マークス・リーゴード)は、学校で執拗ないじめを受けていたが、彼のクラスに転校してきたクリスチャン(ヴィリアム・ユンク・ニールセン)は、エリアスをいじめていたソフスを殴り倒し、ナイフで脅した。暴力に暴力で仕返しをする事の無意味を説くアントンだが、クリスチャンは納得がいかない。

原題は“Haevnen”で、意味は「復讐」だそうです。

クリスチャンやエリアス、アントンの言動が、単純に○とかXとか決められない、ジレンマと苦悩を描いています。

「ある愛の風景」「アフター・ウェディング」と同じく、いい作品でした。
スサンネ・ビア監督の作品は、好きです。

どれも社会問題を扱いながら、家族愛を感じる作品ですよね。

アントンは難民キャンプで医療活動をしています。妻子とは、彼の浮気が原因で別居中。父親を慕うエリアスは、両親がよりを戻して欲しいと願っていますし、アントン自身も、妻とやり直したいと思っていますが、看護師の妻マリアン(トリーネ・ディアホルム)は、まだ夫を許す気にはなれません。

一方クリスチャンは、母親が癌で亡くなったばかり。父方の祖母の家に、祖母と父親(ウルリッヒ・トムセン)と一緒に暮らす事になりました。しかしクリスチャンは、父親は自分を愛していないと思っていて、父には反抗してばかり。

In_a_better_world4

家庭にそれぞれの問題を抱えている少年二人が、学校で出会います。二人はたまたま誕生日が一緒なこともあり、親しくなります。

いじめにあっているエリアスは、やり返すことはしませんが、転校が多かったらしいクリスチャンは、やられっぱなしでいては身を守れず、攻撃は最大の防御と考えています。弱虫だと思われたら、ずっといじめにあうからです。

クリスチャンは転校初日に、いじめられているエリアスを目にし、巻き添えを食らいます。
翌日また、トイレでソフスがエリアスをいじめようとしているのを目撃し、ソフスを殴り倒しナイフを突きつけて、もういじめるなと脅します。

アントンが息子2人とクリスチャンを連れて出かけた帰り、次男のモーテンがよその子と公園でケンカになり、割って入ったアントンは、駆け寄って来た相手の子の父親に、理由も訊かれずに殴られてしまいます。

Inabetterworld2

エリアスとアントンが、その男ラースの職場を突き止めたと聞いたアントンは、子供たちとラースの職場を訪れ、殴った理由を問いただしますが、ラースは再びアントンを殴ります。アントンは決して手を出すことなく、屈しない姿を子供たちに見せ、帰り道、殴るしか能のない愚か者で、殴り返す価値のない人間だとラースを評しますが、クリスチャンは報復しなかったアントンに納得がいきません。
祖父の作業場で大量の火薬を見つけたクリスチャンは、爆弾を作ってラースに仕返ししようと、エリアスに持ちかけます。

In_a_better_world

アントン一家はスウェーデン人で、デンマーク語の発音がよくできなかったりするのも、いじめの要因のひとつであるようです。

学校でのいじめは、どうするのが良いのでしょうかねえ。平和的に解決できれる方法があれば良いけど、親がやめろといっても、子供がやめるかどうかはわからないし。いじめっ子の親が、とんでもなく非常識な場合もあるだろうし。いじめられたくないから、いじめっ子の仲間になるのもいるし。
様々なケースがあって、簡単に答えはでませんよねえ。

でも本当に強い奴は、自分より弱いものをいじめたりしない。これはどこでも、同じではないかしら。

クリスチャンはラースに仕返ししようとしますが、仕返しの方法が行き過ぎですね。これが思わぬ結果を招き、クリスチャンも自分の行為を反省します。

屋上でのクリスチャンには、泣けました。突っ張って強がっていても、まだ子供なのよねえ。weep

クリスチャンとエリアスの友情はよかったですね。たとえ親でも、友情を大事にして、本当の事を言わない。良し悪しは別として、こういう事ってあるでしょう。

アントンのいる難民キャンプには、おなかを切り裂かれた妊婦が何度も運ばれてきます。胎児が男か女かを賭ける“ビッグマン”と呼ばれる男の仕業です。ある日ビッグマンが、脚の治療して欲しいとやってきます。アントンは医師の勤めだからと、彼を治療します。

罪を憎んで人を憎まずといいますが、現実にはなかなか難しいですよね。法がきちんと機能している国家や場所であれば、ビッグマンのような男は、とっくに死刑になっているでしょうけど。
ビッグマンの治療を続けていたアントンですが、ビッグマンの死者への冒涜的な言葉にキレてしまいます。

アントンも、自分の苦悩を誰にも話せず、やりきれない思いでいっぱいです。

赦しか復讐か。
ジレンマに陥り、苦悩する難しい問題です。

報復の連鎖は避けたいけれど、相手が攻撃をやめる気が全くなかったら...

アントンの乗るトラックを見送る、笑顔で走る無邪気なアフリカの子供達が、何度か映ります。大人になっても、この笑顔のままでいられる社会であって欲しいと願うばかりです。

生意気なヴィリアム・ユンク・ニールセンくん、イケメンになりそうで良いですねえ。
父親役のウルリッヒ・トムセンは、「ある愛の風景」の主役の人ですね。

(鑑賞日8月4日)

« ファミリーヒストリー 浅野忠信 | トップページ | この愛のために撃て »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

非暴力が全てを解決するというには、性善説なら成立するのですが、残念ながら世界はそうなってない訳で。
では暴力を止めるための暴力はどこまで許されるのか、というのは非常に重い問いですね。
綺麗事でない現実を考えるきっかけをくれる、優れた作品だと思います。

★ノラネコさん
どこまでが必要な暴力なのか、許される暴力なのか、線引きはとても難しいですよね。
現実を少しでも理想に近づけるにはどうしたらよいのかも、未来を生きる子供達に考えてほしい問題ですね。

今晩は~。
やっと見ました。
素晴らしい作品でした。
伝えたいテーマを、無理なくストレートに描いた映画で
本当に感激しました。

設定に無理がなくて、映画に入っていけました。
強いて言えば車があれだけぶっ飛ぶ爆弾を作ったところが、
少しだけ違和感があったかな。。。

★小米花さん
スサンネ・ビア監督は、優れた才能の持ち主だと思います。
どの作品も、秀作だと思いました。

今回もずっしりと重くのしかかってきたのですが、いろんな要素を詰め込んだかなああと感じました。移民のあたりのところが、ちょっとわかりにくかったです。
いつも眉間にしわが寄ってしまうスサンネ作品ですが、次回作はコメディとか。楽しみです。

★sakuraiさん
思いテーマですが、この監督はどれも希望を感じさせるラストで好きです。

次はどんなタイプのコメディーか、楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/41051978

この記事へのトラックバック一覧です: 未来を生きる君たちへ (試写会):

» 映画:未来を生きる君たちへ In a Better World 現状、今年のベスト・ワン候補。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
目前、理不尽かつ強力な「暴力」と対峙を余儀なくされた時、どう立ち回るか。 (それも大人も子供も関係なく) あるいは、ねじれた熟年夫婦の今後の関係。 離婚?それとも?! または母親を失った父と子供。 この微妙な関係を回復するどころか、さらに。。。 ざっと挙...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [LOVE Cinemas 調布]
第83回アカデミー賞外国語映画賞作品。2組の家族、特に父と息子の関係を軸に世の中に満ちている憎しみや暴力をどのように受け止めるのかを描き出した感動作だ。出演はミカエル・パーシュブラント、ウルリク・トムセンといったスウェーデンやデンマークを代表する俳優たち。監督は『アフター・ウェディング』のスサンネ・ビアが務める。... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [食はすべての源なり。]
未来を生きる君たちへ ★★★★★(★満点!) 殴られた。だから殴った。 戦争はそうやって始まるんだ。 2010年アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞受賞のデンマーク作品。 原題の意味は「復讐」。 2組の父子を軸に、10歳の息子を取り巻く学校でのいじめ、差別、暴力、母親の死・・・ 医者である父親はアフリカの難民キャンプで働いているが、ある日”ビックマン”と呼ばれる妊婦の腹を裂き、赤ん坊の性別を賭けるモンスターが怪我を負い運び込まれてくる。医師として助けるべきは理性、殺すべ... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ / H#198;VEN / IN A BETTER WORLD [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「ある愛の風景」や「アフター・ウェディング」のスサンネ・ビア監督最新作で、 今年のアカデミー外国語映画賞と、ゴールデングローブ賞をW受賞で話題のデンマーク映画 脚本は、これまでの他の作品も手がけてい...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [ここにあるもの]
赦せない思いと、赦せない苦しみ。その葛藤は世界中にある。 公開前から観たいと思っていたアカデミー賞最優秀外国映画賞受賞作品。 シネマライズっぽくないなぁ〜なんて思いなが ... [続きを読む]

» 「未来を生きる君たちへ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
NHKのテレビ番組みたいな日本題名も、英語題名の「IN A BETTER WORLD」も甘っちょろく感じるほどシビアな映画だった。 原題は「復讐」だもんね。 まさしく、暴力や憎しみの連鎖とその行きつく果てを描いたスサンネ・ビア監督の厳しくも切っ先鋭いドラマ。 先進国デン...... [続きを読む]

» 『未来を生きる君たちへ』 デンマークが生んだあの人のことを考えよう [映画のブログ]
 世の中には、大小様々な暴力が溢れている。  私は前回の記事(『スーパー!』 私たちが好きなものの正体)で、人間は暴力を振るう生き物なのだと書いた。  では私たちは、暴力を振るい振るわれ生きていく...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
遠く離れた北欧とアフリカで、暴力の連鎖が交錯する。 「未来を生きる君たちへ」は、本年度米アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞をダブル受賞するという快挙を達成した、デンマーク発の...... [続きを読む]

» ★未来を生きる君たちへ(2010)★ [Cinema Collection 2]
涼しい風をポチッ HAEVNEN IN A BETTER WORLD 憎しみを越えたその先で どんな世界を見るのだろう。 上映時間 118分 製作国 デンマーク/スウェーデン 公開情報 劇場公開(ロングライド) 初公開年月 2011/08/13 ジャンル ドラマ 映倫 PG12 【解説】 「ある愛の...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [心のままに映画の風景]
医師のアントン(ミカエル・ペルスブラント)は、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。 長男エリアス(マークス・リーゴード)は学校でいじめを受けていたが、ある日、転校して...... [続きを読む]

» 『未来を生きる君たちへ』 [シネマな時間に考察を。]
小夜啼鳥は心の赴く方へと羽ばたく。 その決断が美しい歌声になるとそう信じて。 『未来を生きる君たちへ』 2010年/デンマーク・スウェーデン/118min 監督:スサンネ・ビア 出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーネ・ディアホルム 理念ならいつも心の根底に... [続きを読む]

» *『未来を生きる君たちへ』* [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:デンマーク+スウェーデン合作映画、スサンネ・ビア監督、ミカエル・バーシュブラント、トリーネ・ディアホルム、ウルリク・トムセン、ヴィリアム・ユンク・ニールセン、マークス・リーゴード出演。... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [映画的・絵画的・音楽的]
 『未来を生きる君たちへ』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)デンマーク映画としては、『光のほうへ』を見たばかりながら、評判が高そうなので、映画館に行ってきました。  映画では、少年のエリアスとクリスチャンとの関係、2人とクラスメイトとの...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [こんな映画見ました〜]
『未来を生きる君たちへ』---HAEVNEN  IN A BETTER WORLDl---2010年(デンマーク/スウェーデン )監督:スサンネ・ビア出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーヌ・ディルホム、ウルリク・トムセン、ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン、マルクス・リ...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ○●HAEVNEN [銅版画制作の日々]
 憎しみを越えたその先でどんな世界を見るのだろう。 評価:rarr;(85点) HAEVNENとは、復讐という意味。今回の邦題は何か希望がありそうで、こちらのほうが良いね。 京都シネマにて鑑賞。 本当に、憎しみの先には、何があるんだろうか?ふと頭の中をよぎっ...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ  IN A BETTER WORLD [映画の話でコーヒーブレイク]
アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画をW受賞したデンマーク映画です。 こういう映画は東京の単館での公開が多く、横浜に来たとしても数ヶ月遅れですぐに終ってしまいます。 震災時、ひとり有楽町で心細い思いをして以来、ひとりで東京まで行くのがた...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年9月19日(月) 18:45~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『未来を生きる君たちへ』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。5本目。 苛め良くない!、復讐良くない!の話なのだが、テーマにも増してシビアなストーリーが展開される。 ストーリーで発生した大問題は、一旦治まっているのだが、日本語タイトルほどの希望は、その後にあるのだろうか。 復讐鬼みたいに育ってしまった少年は、本当に更正できるのか。復讐鬼に一方的にボコられた元祖虐... [続きを読む]

» よりよき世界に〜『未来を生きる君たちへ』 [真紅のthinkingdays]
 Hvnen  IN A BETTER WORLD  デンマーク郊外に住む少年エリアス(マルクス・リゴード)は、学校でいじめ に遭っている。エリアスの父アントン(ミカエル・パーシュブラント)はアフ...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「悲しみが乾くまで」のスサンネ・ビア監督が、暴力や憎しみに満ちた世界の中で、希望を見出していく人々の姿を描いた第83回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。出演は「暗殺の瞬間 ... [続きを読む]

» 『未来を生きる君たちへ』’10・丁・瑞 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ医師アントンは、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。長男エリアスは学校で執拗ないじめを受けていたが、ある日彼のクラスに転校してきたク... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [迷宮映画館]
うーん、教条くさい題名は何とかならなかったものか。。。 [続きを読む]

» 映画『未来を生きる君たちへ』を観て [kintyres Diary 新館]
11-54.未来を生きる君たちへ■原題:Haelig;vnen(英題:In A Better World)■製作年・国:2010年、デンマーク・スウェーデン■上映時間:118分■鑑賞日:9月1日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,000円□監督・原案:スサンネ・ビア□脚本・原案:アナス・ト...... [続きを読む]

» 「未来を生きる君たちへ」 IN A BETTER WORLD [俺の明日はどっちだ]
デンマークとアフリカの難民キャンプを舞台に、善と悪、愛と憎しみの線上で揺れ動く主人公たちが苦悩する姿を映し出し第83回アカデミー賞、第68回ゴールデン・グローブ賞で外国語映画賞をダブル受賞した話題作でもある本作、人間が持つ心の葛藤が見事に描かれていて、深...... [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:ストレス発散法  参加中 またしばらくレビューが空いてしまいました。(T^T) このところ忙しくて、 しかも物凄くストレス度が高い仕事でした。 なんでもいいから、気分転換がしたい。 その点、映画はてっとり早く気分転換が良くていいですね。(^^)... [続きを読む]

» 「未来を生きる君たちへ」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
最初の15分で、これは!!!という映画でした。 社会派なテーマのスザンネ・ビア作品。4つ☆半 [続きを読む]

» 未来を生きる君たちへ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【HAEVNEN/IN A BETTER WORLD】 2011/08/13公開 デンマーク/スウェーデン PG12 118分演出:スサンネ・ビア出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーヌ・ディルホム、ウルリク・トムセン、ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン、マルクス・リゴード 憎しみを越え...... [続きを読む]

« ファミリーヒストリー 浅野忠信 | トップページ | この愛のために撃て »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ