サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« 未来を生きる君たちへ (試写会) | トップページ | ペーパーバード 幸せは翼にのって »

2011年8月11日 (木)

この愛のために撃て

巻き込まれた男 run

A_about_portent

公式サイト http://www.konoai-ute.com

監督: フレッド・カヴァイエ  「すべては彼女のために」

看護師を目指す看護助手のサミュエル(ジル・ルルーシュ)は、パリ市内の病院に勤務し、出産間近の妻ナディア(エレナ・アナヤ)と、仲むつまじく暮らしていた。
ある日、病院で不審な人物を見かけたあと、事故で運び込まれた患者の人工呼吸器が切られているのを発見。すぐに処置をしたので患者は助かった。
警察に色々事情聴取されたあと帰宅したのだが、突然家に押し入った謎の男に暴行され、気を失ってしまう。携帯電話の音で目覚めると、3時間以内にある男を病院から連れ出さないと妻を殺すと、男が脅迫してきた。理由もわからないうちに、妻を助けるため、必死の覚悟で要求に従うが、警察からも追われる身となってしまう。

監督デビュー作「すべては彼女のために」が、ハリウッドリメイクされたフレッド・カヴァイエ。
またまたスリリングなサスペンスです。

やはりサスペンスは、何も知らずに見に行くのが良いですね。
この監督、ハラハラドキドキの、緊迫感を出すのがとてもうまいです。
上映時間も85分とコンパクトで、娯楽作として面白かったです。

見ようと思っている人は、この先を読まないでね。

前作も今作も、男優さんのルックスは大したことないけど、妻役にはきれいな人を持ってきますねえ。前はダイアン・クルーガーで、今回は「トーク・トゥー・ハー」に出ていたスペイン美人さん。どちらもフランス人でないところも、興味深い監督の趣味。(笑)

まず、男が2人の男に追われている場面で始まります。必死に逃げる男が、追う男達に追いつかれ、撃たれそうになったときに、バイクにはねられてしまい、病院へ搬送されます。
その男を狙う男と、助けようとする仲間の男。

指紋照合から、事故にあった男がマフィアに雇われている殺し屋サルテ(ロシュデ・ゼム)とわかり、警察が動き出した時には、サミュエルがサルテを、外に連れ出していました。
サルテを追う謎の男達に加え、警察からも追われるサミュエル。

サミュエルとサルテは必死に追っ手をかわします。サルテの隠れ家へ連れて行かれたサミュエルは、テレビのニュースで、自分が一緒にいる男が殺し屋と知り、病院で事情聴取された女性刑事にこっそり電話で連絡しますが、なぜか彼女より先に、ヴェルネール刑事(ジェラール・ランヴァン)のグループが隠れ家に到着します。

ここで何かおかしいなと、思いますよね。そうしてヴェルネール刑事のグループの中に、なんと、サルテを追っていた2人の男の姿がー!
そのとたん、ヴェルネールに撃たれる女性刑事!
ひょえ~~。

事件の背後に、警察の腐敗があったんですねえ。

「すべては彼女のために」から考えて、サミュエルにとって悲惨な結末にはならないだろうと思って見ていても、ハラハラドキドキしました。

終盤、警察署内で、ヴェルネールの犯罪の証拠となるUSBを盗みだそうとするサルテ、妻を必死に探すサミュエル、トイレの窓から落とされそうになるナディア、この映像の切り替え方がうまくて、緊迫感がすごいんですよ。

で、ラストはなぜか事件から7年後となって、サミュエルの妻は、2人目を妊娠中。
そこへ出所したヴェルネールが、死んだとのニュースが。
この結末のための、7年後だったのねえ。

(鑑賞日8月10日)

« 未来を生きる君たちへ (試写会) | トップページ | ペーパーバード 幸せは翼にのって »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

私は何気にサルテ役のロシュディ・ゼムが好きで、彼の渋さが
スッカリ気に入ってしまいました。
共通の敵で仲間のようになりながらも、けじめはけじめってのも
やるなぁって^^
あんまり著名な人がいないけれど、実に上手いサスペンスを作る
監督さんだと思います。

見ました。これは面白かったですね。

監督の前作『すべて彼女のために』は未見ですが、見ないと。
これはとにかくピシッとタイトにまとまった快作です。

人を殺す事をなんとも思わない敵に素人が立ち向かうとなると、どうしてもご都合主義になりがちですが、本作はそこも良く考えられていて説得力ありました。
今年後半では今の所一番好きな映画かも。

★KLYさん
だれずに見られるうまいつくりですよねえ。
この監督、次はどんなのを撮るのでしょうか。


★きささん
とってもスリリングで、面白かったですね。

>今年後半では今の所一番好きな映画かも。

そんなに気に入られましたか。^^

こんちは、お邪魔します。

> そのとたん、ヴェルネールに撃たれる女性刑事!
> ひょえ~~。

ここが本当に「ひょえ~~」という感じでした。
この後、何が起こったのかを説明する展開の明確さが上手かったですね。

★ふじき78さん
訪問ありがとうございます。

謎解きを中盤で終わらせ、後半は間に合うかどうかハラハラする演出がうまかったですね。

本作が面白かったので「すべて彼女のために」DVDで見ました。
本作ほどではないですが、面白かったです。
リメイク版も楽しみです。

★きささん
今後も注目の監督さんですね。

本当に良く出来てました!!面白かった。
何にも中身を知らなかったので、楽しめましたよ。
サルテの役者さん!!インパクトありました。
この監督も要チェックですね。

★sakuraiさん
面白いのにハリウッド大作でないから、マイナー公開なのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/41168765

この記事へのトラックバック一覧です: この愛のために撃て:

» この愛のために撃て [LOVE Cinemas 調布]
デビュー作『すべて彼女のために』のハリウッドリメイクが公開間近なフレッド・カヴァイエ監督の第2作。準看護師の主人公が、誘拐された妊娠中の妻を救うためにとある殺し屋を助けるものの、警察や殺し屋を追う謎の人物に追われる羽目になる。その陰には汚い陰謀が渦巻いていた…。主演は『アデル/ファラオと復活の秘薬』のジル・ルルーシュ。共演にロシュディ・ゼム、ジェラール・ランヴァンが出演している。... [続きを読む]

» 「この愛のために撃て」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・フランス=ゴーモン/配給: ブロードメディア・スタジオ 原題: A bout portant 監督: フレッド・カヴァイエ 脚本: フレッド・カヴァイエ、ギョーム・ルマン 製作: シリル・ [続きを読む]

» 『この愛のために撃て』 [ラムの大通り]
(原題:A bout portant) ----これって、どこかで聞いたようなタイトル…。 あっ、『すべて彼女のために』だ。 「おおっ。まるで打ち合わせたみたい。(笑) この映画は、その作品で監督デビューを飾った フレッド・カヴァイエの新作。 プロットそのものはシンプル。 主...... [続きを読む]

» 『この愛のために撃て』 (2010) / フランス [Nice One!! @goo]
原題: A BOUT PORTANT 監督: フレッド・カヴァイエ 出演: ジル・ルルーシュ 、エレナ・アナヤ 、ロシュディ・ゼム 、ジェラール・ランヴァン 、ミレーユ・ペリエ 鑑賞劇場:ユーロスペース 公式サイトはこちら。 フレンチ・ノワール、しかもテンポがよかっ...... [続きを読む]

» 「この愛のために撃て」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
どの愛のために撃つんだ? あの愛のために撃つのよ! なるほど、その愛のために撃つのか! なんて、バカっ話をしている隙もないほどスピーディーに物語は展開する。 誘拐された妻を救うため、平凡な男が孤立無援の状態で疾走する姿を描くフランス映画。監督は、あまりな...... [続きを読む]

» 『この愛のために撃て』をユーロスペース1で観て、大傑作だふじき、みんな観に行け☆☆☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆☆☆うわあ、こんなにおもろいのにお客が5人だ】 どんな映画と言われれば『96時間』みたいな超アクションだけど、 主人公は元CIAとかじゃなくって、縁 ... [続きを読む]

» この愛のために撃て [映画的・絵画的・音楽的]
 『この愛のために撃て』を渋谷のユーロスペースで見ました。 (1)事前の情報がほとんど何もなかったところに、「ふじき78」さんが、そのブログ「ふじき78の死屍累々映画日記」の8月27日の記事において、「大傑作だ」とか「いやあ、おもろいよ」と述べていて、ちょうど夏...... [続きを読む]

» この愛のために撃て [ダイターンクラッシュ!!]
2011年9月2日(金) 19:00~ ユーロスペース1 料金:0円(会員ポイント利用) パンフレット:未確認 『この愛のために撃て』公式サイト ポール・ハギス、ラッセル・クロウでのリメイクが近々公開される「すべて彼女のために」の監督フレッド・カヴァイエの二作目。 テンポも良く、それなりの快作だった前作だが、逆襲をするとかでなく逃亡をするという姿勢が、気に入らなかった。 今回は、逃亡でなく逆襲であり、ついでに悪役が極悪であり、不思議なバディ要素もあり。 「ジャグラー ニューヨーク25時」を観た... [続きを読む]

» 映画「この愛のために撃て」知らない俳優ばっかり登場、でも文句なく面白い [soramove]
「この愛のために撃て」★★★★ ジル・ルルーシュ、エレナ・アナヤ、 ロシュディ・ゼム、ジェラール・ランヴァン、 ミレーユ・ペリエ、クレール・ペロー主演 フレッド・カヴァイエ監督 85分、2011年8月6日公開 2010,フランス,ブロードメディア・スタジオ (原作:原題:A BOUT PORTANT) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告を見た時、... [続きを読む]

» 「この愛のために撃て」 [It's a wonderful cinema]
 2010年/フランス  監督/フレッド・ガヴァイエ   出演/ジル・ルルーシュ      ロシュディ・ゼム  「すべて彼女のために」のフレッド・カヴァイエ監督の最新作。ちなみに「すべて彼女のために」のハリウッドリメイク「スリーデイズ」は9月に公開予定。ラッセル・クロウ主演、ポール・ハギス監督なので、こちらも楽しみ♪  妊婦の妻を何者かに誘拐された看護士の主人公は、病院に運び込まれた指名手配犯を連れて来いと要求される・・・というストーリー。  「すべて彼女のために」もそうでし... [続きを読む]

» 「この愛のために撃て」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 ハリウッドリメイクでも話題となった「すべて彼女のために」のフレッド・カヴァイエ監督最新作。誘拐された愛する妻を取り戻すため、最悪の状況で孤軍奮闘する中年准看護士の姿を描、くアクションサスペンスムービー。  正直、ここ最近の単館系とフランス映画にはピンと... [続きを読む]

» この愛のために撃て A BOUT PORTANT [映画の話でコーヒーブレイク]
今週水曜日、突然の冬到来。 一気に気温が下がった上に、雨  そんな中映画を見に横浜へ。 コンビニで飲み物を…でも冷たい飲み物はちょっとと躊躇っていたのですが 流石コンビニ! この日はあったかい飲み物販売していました ホッカホカ〜。 痒いところに手が届く、コ...... [続きを読む]

» この愛のために撃て [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「すべて彼女のために」のフレッド・カヴァイエ監督によるサスペンス。誘拐された妻を救うため、平凡な男が孤立無援の状態で疾走する姿を描く。出演は「アデル ファラオと復活の ... [続きを読む]

» この愛のために撃て [迷宮映画館]
テンポの良さに、タイトな作り、この長さにギュッと詰め込んだ逸品。 [続きを読む]

» 『この愛のために撃て』'10・仏 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじパリ市内病院勤務の看護助手サミュエルは妻が誘拐され、脅迫の電話がかかってくる・・・。感想『スリーデイズ』として、ハリウッドでリメイクされた『すべて彼女のために』... [続きを読む]

» この愛のために撃て [銀幕大帝α]
A BOUT PORTANT/10年/仏/85分/サスペンス/PG12/劇場公開 監督:フレッド・カヴァイエ 過去監督作:『ラスト3デイズ 〜すべて彼女のために〜』 脚本:フレッド・カヴァイエ 出演: ◆ジル・ルルーシュ…サミュエル 過去出演作:『アデル/ファラオと復活の秘薬...... [続きを読む]

» この愛のために撃て [だらだら無気力ブログ!]
最後までハラハラできる展開で大変面白いフレンチノワールだった。 [続きを読む]

» この愛のために撃て [いやいやえん]
「ラスト3デイズ~すべて彼女のために~」の監督さんです。 同じように、妻が窮地に立たされそれを救いに奔走する夫と言う図ですが、そこはやはり監督のセンスなのか、スピード感あるテンポのいい演出で引きこまれていきます。 「入院中のサルテを連れ出してこい」この無茶苦茶な要求に妻の命がかかっているため、サミュエルは従うしかない。しかしサルテの事件には汚職警官ヴェルネールが絡んでおり、富豪殺人事件とどう話が転んでいくのか全く予想がつかない状況に。とくに後半の大混乱な警察署内での攻防は、本当に緊張しま... [続きを読む]

» この愛のために撃て (À bout portant) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 フレッド・カヴァイエ 主演 ジル・ルルーシュ 2010年 フランス映画 84分 サスペンス 採点★★★★ 子供が3人いるんですけど、上の子2人の出産には立ち会えなかった私。女房が出産に向け入院中だった上に私は仕事の都合で県外に居たんで、「さっき産まれたよー…... [続きを読む]

» この愛のために撃て [新・映画鑑賞★日記・・・]
【A BOUT PORTANT】 2011/08/06公開 フランス 85分監督:フレッド・カヴァイエ出演:ジル・ルルーシュ、エレナ・アナヤ、ロシュディ・ゼム、ジェラール・ランヴァン、ミレーユ・ペリエ、クレール・ペロ、ムーサ・マースクリ、ピエール・ブノワ、ヴァレリー・ダッシュウ...... [続きを読む]

« 未来を生きる君たちへ (試写会) | トップページ | ペーパーバード 幸せは翼にのって »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ