サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ノクターナル・アニマルズ

    ローガン・ラッキー

    ジャスティス・リーグ

    gifted/ギフテッド

日本へのメッセージ

« ペーパーバード 幸せは翼にのって | トップページ | サマーフェスティバル 2011 映像と音楽 »

2011年8月22日 (月)

ツリー・オブ・ライフ

地球の歴史のごくごく一部のある家族

Tree_of_life

公式サイト http://www.movies.co.jp/tree-life

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作

製作: ブラッド・ピット他
監督・脚本: テレンス・マリック  「天国の日々」 「シン・レッド・ライン」 「ニュー・ワールド」

成功した実業家ジャック(ショーン・ペン)は、人生の岐路で、少年時代を回想する。両親と2人の弟と共に過ごした日々。一見平穏な家庭だが、ジャックにとっては心安らぐ場所ではなかった。社会的な成功と富を求め、力こそが全てと信じる厳格な父(ブラッド・ピット)と、愛に満ちた母(ジェシカ・チャステイン)との狭間で葛藤していた。

カンヌ映画祭のパルムドールは、たいてい大衆受けする娯楽作品ではありませんよね。
マリック監督は大学で哲学を教えている人で、過去の作品も哲学的な感じ。作品の評価は高くても、興行収入を稼ぎ出す作品を撮る人ではない。
そのつもりで見に行きましたが、今回今まで以上に哲学的で、一番大衆受けしないと思われるし、鑑賞中寝てしまう人もいると思う作品でした。

映像はとても美しいのですが、冒頭からしばらくは、天地創造から生命の誕生。恐竜時代を経て、現代に至る過程を描いていて、せりふはほとんどない。

ジャックの少年時代の話も、せりふはわずかで、観客側がそれぞれに感じ取る内容。
単細胞の私は、楽しく躍動感のある映画が好きなので、こういうふわ~~っとした雰囲気のは、あまり好みでないの。
もっと徹底して幻想的なら、また感想も違うかも。

映画が悪いというわけでなく、単に好みでないだけですぅ。

ジャックの父は、息子達に立派な男として尊敬されたと同時に、音楽家志望だった夢に敗れた自分と違って、息子達には成功者となって、富と力を手に入れて欲しいと願っています。

ジャック少年は、厳格な父に反発したり、自分にはない楽器や絵の才能を持つ次男に嫉妬したり、両親の夫婦喧嘩にも、複雑な思いを抱きます。
母は、なぜあんな父親との暮らしに耐えられたのだろうかとか。
その一方で、母親に悪態をついたりもする。

父親は息子達を愛しているけど、なかなかうまく彼らにに伝わらない。

ま、大体男って、虚勢を張りたがる。
父親やジャックの様子は、誰にでもあることで、男性の方がより共感するのではないでしょうか。

甲斐よしひろさんが、「子供のころは、絶対おやじのようになりたくないと思った。でも、おやじの生き方もわかるようになった。」とずっと前に話されていました。

父親と同じ生き方をしようとは思わないけど、父親の人生も理解できるようになったということでしょうか。
誰しも、そんなもんじゃないでしょうかね。

天国の門をくぐったと思われる映像がありますが、これもジャックの意識の中の世界なのかも知れません。

父と息子のストーリーだから、少し醒めた目で見ていたのかも。そのせいで、この映画に浸れなかったのかも。
少女の目線から語られる家族の話なら、恐竜時代までの雰囲気ともっとマッチする、幻想的な感じになったかも?

それとも、価値観に同意できないところがあったからかな。
生き物って、人間に限らず世俗に生きていて、利己的だと思うんですけど。
生き残るために、餌や縄張りの争いは、多かれ少なかれあるでしょう。

少年達は監督の意向で、テキサス出身の素人の子達をオーディションしたそうですね。
長期間のオーディションで、ジャック役に残った3人がとても仲良くなったので、彼らのその様子から、三兄弟役に決めたんですってね。
長男役に決まったのは、ハンター・マクラケンくん。

Tree_of_life2

次男役のララミー・エップラーくんは、ブラピ似の可愛い子ですね。happy01

Tree_of_life1_2

(鑑賞日8月19日)

« ペーパーバード 幸せは翼にのって | トップページ | サマーフェスティバル 2011 映像と音楽 »

【映画】た行」カテゴリの記事

コメント

風子さん、こんにちは~TB、ありがとうございました。

そうですね~この作品に問題があるわけでなく、自分との相性の問題ですね。
ブラピにペンとくれば、演技合戦を期待する人もいるだろうし(苦笑)
子供達はホント良かったですね!!

★オリーブリーさん
ブラピの出演作でなければ、ミニシアター系公開だったかなとも思いました。
個性的な監督さんの作品は、相性の良し悪しがありますね。

子役の子達は素人ながら、いい雰囲気でしたね。

小難しい・・と思わせつつ、結構普遍的で、ものすごくパーソナルなテーマで、あたし的には意外な感じ。
個人的には、好みです。
少年たちの見事な演技に目を奪われました。

★sakuraiさん
わたしはちょっと退屈してしまいました。

子役は演技経験のない子達と言うことで、
監督の演出がよかったのかな。

そうですねえ。
あれは演技って言うんじゃなく、佇まいそのものですかね。

★sakuraiさん
子供達には台本を渡さず、場面ごとに監督が説明したそうですが、オーディションで残ったのは、やはりそれだけの感性を持っている子達だったのでしょね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/41230678

この記事へのトラックバック一覧です: ツリー・オブ・ライフ:

» 生命の不思議。『ツリー・オブ・ライフ』 [水曜日のシネマ日記]
第64回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」を受賞した作品です。 [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE TREE OF LIFE】2011/08/12公開 アメリカ 138分監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン 父さん、あの頃の僕はあなたが嫌い...... [続きを読む]

» *『ツリー・オブ・ライフ』* [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:アメリカ映画、テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン、フィオナ・ショウ、 ハンター・マクケラン出演。 [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [LOVE Cinemas 調布]
本年度カンヌ国際映画祭パルムドール授賞作品。現代に生きる主人公が人生の曲がり角にたったとき、子供の頃の家族や兄弟との暮らしを回想する。出演はブラッド・ピット、ショーン・ペンのハリウッドを代表するスターたち。ピットが厳格な父を、ショーンが成人した長男を演じているが、物語で主に主人公として描かれるのは子ども時代のジャックだ。監督はテレンス・マリック。... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [心のままに映画の風景]
厳格な父親(ブラッド・ピット)、愛情溢れる母親(ジェシカ・チャステイン)に育てられた長男のジャック・オブライエン(ショーン・ペン)は、人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。 1950...... [続きを読む]

» 『ツリー・オブ・ライフ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ツリー・オブ・ライフ」 □監督・脚本 テレンス・マリック □キャスト ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン■鑑賞日 8月13日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  これか...... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ/ブラッド・ピット、ショーン・ペン [カノンな日々]
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『ニュー・ワールド』のテレンス・マリック監督の作品です。予告編を観ると壮大なドラマという感じなんですけど、そのお話の中身は複雑そ ... [続きを読む]

» ツリ―・オブ・ライフ(2011)■□THE TREE OF LIFE [銅版画制作の日々]
父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだったhellip; 8月16日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。 2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた、あのテレンス・マリック監督作品です。テレンス・マリック作品は「シン・レッド・ライン」だけ鑑賞していま...... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
ブラッド・ピットとショーン・ペンというハリウッドを代表する2大演技派スターが初共演を果たし、今年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた話題作!監督を務めるのは ... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★【3点】(10) 眠い!とにかく眠くなった(爆) [続きを読む]

» 『ツリー・オブ・ライフ』 [ラムの大通り]
(原題:The Tree of Life) ----この映画、スゴくヒットしてるとか。 でも、途中で退席する人も多いんだって? 「うん。 どうやらカンヌでパルム・ドール賞受賞ということと、 ブラッド・ピット、ショーン・ペンという ふたつの要素で集客しているらしい。 でも、なにせ...... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [Akira's VOICE]
天地創造。生々流転。   [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ / THE TREE OF LIFE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click カンヌ映画祭で、パルムドール受賞 「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督/脚本times;ブラッド・ピットtimes;ショーン・ペン ブラピは製作にも参加。 maru♪ちゃんのお誘いで試写にて鑑...... [続きを読む]

» ★ツリー・オブ・ライフ(2011)★ [Cinema Collection 2]
涼しい風をポチッ THE TREE OF LIFE  <タイトルの「ツリーオブライフ」とは、旧約聖書の創世記にある 「生命の樹」になぞらえたもののようです> 父さん、あの頃の僕は あなたが嫌いだった… 上映時間 138分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開...... [続きを読む]

» 映画「ツリー・オブ・ライフ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ツリー・オブ・ライフ」観に行ってきました。 ……しかしいきなりで何なのですが、この映画、製作者達が一体何をテーマにしたかったのかすらも意味不明な作品構成です。 一応公式サイト等の紹介によれば、1950年代のとある家族にスポットを当てた物語とのことなのですが、作中では何故か数十億年前の地球&生物... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [迷宮映画館]
テレンス・マリック節、全開! [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [こんな映画見ました〜]
『ツリー・オブ・ライフ』---THE TREE OF LIFE---2010年(アメリカ)監督:テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン 、ジェシカ・チャステイン 、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー 、タイ・シェリダン 「天...... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ (2011) [☆ひっくり返ったおもちゃ箱☆]
 「天国の日々」「ニュー・ワールド」の名匠テレンス・マリック監督が、1950年代のアメリカに暮らすある家族の物語を、圧倒的なヴィジュアルと共に、壮大かつ根源的な視点から描き出すヒューマン・ドラマ。主演は「イングロリアス・バスターズ」のブラッド・ピット、共演に「ミルク」のショーン・ペンとハリウッド期待の実力派ジェシカ・チャステイン。2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた。  成功した実業家ジャック・オブライエンは人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思い..... [続きを読む]

» 『ツリー・オブ・ライフ』(2011) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: THE TREE OF LIFE 監督: テレンス・マリック 出演: ブラッド・ピット 、ショーン・ペン 、ジェシカ・チャスティン 、フィオナ・ショウ 、ハンター・マクケラン 公式サイトはこちら。 TOHOシネマズデイにつき行って参りました。 子どもたちは「トラン...... [続きを読む]

» 「ツリー・オブ・ライフ」 万物の理 [はらやんの映画徒然草]
テキサスのとある家族の生活を描きながら、人とは、生命とは、宇宙(世界)とは何か、 [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [sailor's tale]
Watcher Of The Skies [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ツリー・オブ・ライフ』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)『イングロリアス・バスターズ』で快演を披露したブラッド・ピットや『ミルク』のショーン・ペンらが出演し、またカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品でもあることから、随分と期待を...... [続きを読む]

» 唯一無二の [笑う学生の生活]
19日のことですが、映画「ツリー・オブ・ライフ」を鑑賞しました。 ブラット・ピット、ショーン・ペン カンヌ パルムドール受賞作 と 話題作ですが・・・ 何より テレンス・マリック監督の新作ということ まさに、監督色が強い 一筋縄ではいかない作品でした 正直 全...... [続きを読む]

» 『ツリー・オブ・ライフ』 信仰があれば幸せなのか? [映画のブログ]
 エデンの園の中央には、二本の木が生えているという。  一つが知恵の樹、もう一つが生命の樹(Tree of Life)である。  『旧約聖書』の『創世記』に登場する生命の樹は、孫悟空が食べた蟠桃(ばんとう)のご...... [続きを読む]

» 「ツリー・オブ・ライフ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「シン・レッド・ライン」「ニュー・ワールド」で知られる「伝説の監督」テレンス・マリック最新作にして、第64回カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。  ブラッド・ピット×ショーン・ペンの2大ハリウッドスター共演でも注目を浴びた本作。ハーバードとオックスフォー... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ 最後まで堪えてちゃんと観た・・・・ε-(;ーωーA フゥ… [労組書記長社労士のブログ]
 1か月ぶりの映画だ、観たい映画がこの間無かった。 【=46 -8-】 予告編で観ているとどんな映画なのかは解らなかった、しかし本年度カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いているということもあり期待値は高い!  かつて父が望んだように仕事で成功を収めたジャック...... [続きを読む]

» いのちを巡る物語〜『ツリー・オブ・ライフ』 [真紅のthinkingdays]
 THE TREE OF LIFE  オブライエン家の長男ジャック(ショーン・ペン)は二人の弟とともに、厳格な 父(ブラッド・ピット)と慈愛に満ちた母(ジェシカ・チャスティン)に育てられた。 都会で...... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [映画の話でコーヒーブレイク]
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた本作。 カンヌ映画祭で賞を獲得した作品って・・・いま一つよくわからない難解なものが多くって。 本作はどうなんかなぁ?と思いつつ、鑑賞。 隣に座った母娘がうるさくって・・・劇場マナー映像からエンディングが流れるまで、 ...... [続きを読む]

» 「ツリー・オブ・ライフ」 [みんなシネマいいのに!]
 長年映画を観ているが、ドンパチ撃ち合いや、どつきあっているカンフー映画、アニメ [続きを読む]

» 「ツリー・オブ・ライフ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
テレンス・マリック、いつかこういう映画をつくるんじゃないかと思ってた。 “こういう”って? 自然とか神とか精神的なものにググッと寄った、ある意味宗教的な映画。 でも、50年代アメリカの父子の葛藤の物語よ。 そう、そう、そうなんだよ。テレンス・マリックって、...... [続きを読む]

» ■映画『ツリー・オブ・ライフ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
太古の昔、宇宙の始まりから連綿と続く、いのちの営みを、美しい映像で描き出した唯一無二の映画『ツリー・オブ・ライフ』。 ブラッド・ピットとショーン・ペンという二大俳優が出演している本作ですが、この作品は俳優の演技を見るというよりも、映画の中にあるすべてを“体感... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ(原題: The Tree of Life) [マチルダベイビー!]
とある映画館のメンズ・デーにブラッド・ピットとショーン・ペンが親子役という映画『ツリー・オブ・ライフ』を見に行ってきました。 [続きを読む]

» 映画レビュー 「ツリー・オブ・ライフ」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
ツリー・オブ・ライフ  原題:The Tree Of Life 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 シン・レッド・ラインのテレンス・マリックが放つ、50年代のアメリカの家族を題材にし、訴えかける...... [続きを読む]

» 映画:ツリー・オブ・ライフ 宗教観を語った内容に、感性が合うか合わないか、がポイントか [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。 評判が天地のように別れていたので、DVDスルーしようと思っていた。 すると「抽象的な映像が多いから、DVDだとつらいかも」という話もあって、新宿での公開最終日に駆け込み(汗) オープニングで、旧約聖書のヨブ記38章の4節が引...... [続きを読む]

» 映画『ツリー・オブ・ライフ』を観て [kintyres Diary 新館]
11-53.ツリー・オブ・ライフ■原題:The Tree Of Life■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:138分■鑑賞日:8月27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督・脚本:テレンス・マリック□撮影監督:エマニュエル・ルベツキ□美術:ジャッ...... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [銀幕大帝α]
THE TREE OF LIFE/11年/米/138分/ドラマ/劇場公開 −監督− テレンス・マリック −製作− ブラッド・ピット −脚本− テレンス・マリック −出演− ◆ブラッド・ピット…オブライエン 過去出演作:『イングロリアス・バスターズ』 ◆ショーン・ペン…ジャック 過去出演作:...... [続きを読む]

» ツリー・オブ・ライフ [いやいやえん]
苦痛・難解というより睡魔との闘い。 父息子の葛藤と生命の繋がりを同一哲学視し、要するに難解すぎて意味が解らないといったような作品^;観る人を選ぶよ〜気をつけよう。 前半のドキュメンタリー映像(生命誕生から進化していく映像)でどうしようかと思ったのですが、かろうじて寝ずに鑑賞。ただ映像と音楽は美しいしどこか儚い雰囲気も良いとは思う。 厳格な父をブラッド・ピットさん、成長した長男にショーン・ペンさん。 力こそが正義…というわけではないけれど、厳格な父と、大らかで優しい母、その中で確立して... [続きを読む]

» 【映画】ツリー・オブ・ライフ…前半5分で寝て安眠を楽しむ…みたいな映画なのかもな。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
昨日、2012年9月29日(土曜日)は、アップルストアで新型のipod touchを予約 本当はもっと前に予約する筈だったのですが、刻印で悩み続けて昨日まで…悩んだ結果の刻印は名前と生年月日だけだったりもするんですけどね 本日、2012年9月30日(日曜日)は、ホテルアルモニー...... [続きを読む]

« ペーパーバード 幸せは翼にのって | トップページ | サマーフェスティバル 2011 映像と音楽 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ