サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

    スプリット

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« メカニック | トップページ | グリーン・ランタン »

2011年9月11日 (日)

あしたのパスタはアルデンテ

自分らしく自分が決めた人生を

Aldente

公式サイト http://www.cetera.co.jp/aldente

老舗パスタ会社の次男トンマーゾ(リッカルド・スカルマチョ)は、故郷での共同経営者一族の晩餐会で、みっつの秘密を告白しようと決めていて、事前に兄アントニオ(アレッサンドロ・プレツィオージ)にそれを話した。
大学では経営学ではなく、文学部を卒業した事。家業を継がずに、作家になりたい事。そしてゲイである事。
しかし晩餐会でトンマーゾが告白しようとした矢先、兄が「僕はゲイです。」と告白してしまい、兄は勘当され、父はショックと怒りのあまり心筋梗塞で倒れてしまった。
トンマーゾは、自分もゲイだと告白するわけにもいかず、共同経営者の娘アルバ(ニコール・グリマウド)と、パスタ工場の仕事を任される羽目になる。

2008年のイタリア映画祭で、この映画のフェルザン・オズペテク監督の「対角に土星」を見ました。ゲイのカップルを中心とした群像劇でしたが、心に響く作品だったので、この映画も楽しみにしていました。

Mime_vaganti_direct
↑向かって右が監督です。(イタリア映画祭にて)

今作はとってもコミカルで、ユーモアたっぷりでした。
それでいて、家族の絆を感じさせる感動もありました。happy01

家族のあり方と、自分で選んだ人生を進むこと。
自分らしく生きたからといって、血のつながりは変わらないのです。
それぞれの生き方を受け入れてあげるのも家族ですね。

いっぱい笑って泣ける作品でした。

たぶん、脚本も良くできているからなのでしょう。

Mime_vaganti2

トンマーゾはローマで、医者であるマルコという恋人と一緒に暮らしています。
家族に告白する前に、まず兄に自分の秘密を打ち明けます。

Mime_vaganti3_2
晩餐会での兄の告白で父が倒れてしまい、自分もゲイだと言えば、父はショックのあまり死んでしまうかもしれない。そう考えて、トンマーゾはローマに帰らず、仕方なく兄の代わりとしてパスタ会社の仕事をします。

両親は、アントニオがゲイであるという事実を受け入れられません。
ゲイは病気で、治す方法があるのではと考えるのも、キリスト教徒などでは良くあることですね。
家の恥で、家族は周囲の笑い者になるという、世間体もあるんですよね。

お母さんはトンマーゾとアントニオの事について話すうち、トンマーゾもゲイらしいと気づきます。この様子も笑えちゃいますが、それに続くお父さんとお母さんの会話のシーンが、ますます笑えました。

個性的なキャラの登場人物たちも、とっても笑わせてくれました。
悪い男にだまされて駆け落ちした過去を持つ、アル中の叔母さんもなかなか楽しい。

トンマーゾのお姉さんは、兄と弟に挟まれて目立たない感じだけど、実は結構しっかり者。

おばあちゃんは、でんと構えていて、一族の柱って感じですね。
夫の弟ニコラと結婚前から愛し合っていたのに、何かの事情で結婚できなかったらしい。それでも、ずーーーっとニコラを愛し続けていたおばあちゃん。

トンマーゾがなかなかローマに戻らないので、マルコが友人達(当然ゲイ仲間)と様子を見に来ました。
どう見てもゲイだけど、トンマーゾの家族にばれないように頑張りま~す。
その様子がとにかく笑えます。


Mime_vaganti

ゲイ仲間だけでの海水浴の場面は、楽しいですよ~♪

「対角に土星」もイケメンが何人も出演していたけれど、今作も美男美女がいっぱい。
私の好みはマルコ役の俳優さんかな。
おばあちゃんの若い頃の夫や、その弟のニコラもイケメンなのよ。
おばあちゃん役の女優さんも、若い頃はかなり美人だったと思われるし、おばあちゃんの花嫁時代を演じた女優さんも美人。アル中おばさんだって、美人なのよ。役柄上、そう見えないようにしているけど。

ニコール・グリマウドも美人だしね、イタリア映画って、私好みの美男美女が多いので嬉しいのよん。

(鑑賞日9月9日)

« メカニック | トップページ | グリーン・ランタン »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

面白かったです。
コメディなんですが、無理な笑いではなく淡々としている所が良かったです。
俳優さんはみんな好演。
主人公の悩み、兄の苦悩、祖母の過去、それぞれの人物がとても魅力的に描かれていました。

祖母の決断は哀しいですが、ラストの祝祭はとてもよかったです。
久々にイタリア映画らしい映画を見たという気がしました。
ヒロイン、ニコールがきれいですね。ちょっと鈴木紗理奈に似てます。
邦題は見終わった後は合って無くもないですが、いまいちかな。
軽そうな感じがしますが、重い話を笑いにつつんだいい物語でした。

★きささん
くすくす笑っちゃう場面が多かったです。
ゲイに対する偏見がなくなるといいですね。

ご無沙汰しております。
2か月ほど休眠状態でしたが、また観て書いてます。
ヨロシクおねがいします。

みんな個性的で、美男美女揃いで楽しませてもらいました。
音楽もノリノリでしたし~。
同年代を持つ母親なので、笑いながらも家族っていいと再認識いたしました。
トラバを送らせて下さいね。

◆ほし★ママ。さん
お久しぶりです。
イタリア映画は、好みのルックスの役者さんが多くて楽しいです♪
家族の絆を感じるラストでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/41609821

この記事へのトラックバック一覧です: あしたのパスタはアルデンテ:

» あしたのパスタはアルデンテ [LOVE Cinemas 調布]
南イタリアのレッチェを舞台にしたヒューマンコメディ。一家の次男坊がローマから帰郷し、家族に重大な秘密を打ち明けようとするのだが、ひょんなことから大騒動に発展してしまう。主演は『輝ける青春』のリッカルド・スカマルチョ、共演に『副王家の一族』のアレッサンドロ・プレツィオージ、『シチリア!シチリア!』ニコール・グリマウドらが出演。監督はフェルザン・オズペテクが務める。... [続きを読む]

» あしたのパスタはアルデンテ [とりあえず、コメントです]
イタリアの小さな町を舞台に、それぞれの愛に悩む一家の姿を描いた作品です。 予告編を観て、久々にイタリア映画も面白そうだなと楽しみにしていました。 愛と家族の狭間で揺れる想いを切なくも優しく描いている物語でした。 ... [続きを読む]

» 人生も家族も終わらない〜『あしたのパスタはアルデンテ』 [真紅のthinkingdays]
 MINE VAGANTI  ローマで恋人と暮らす作家志望のトンマーゾ(リッカルド・スカマルチョ)は、 南イタリアの美しく保守的な街・レッチェに帰省する。家族の前で自分がゲイ であることを告白しよ...... [続きを読む]

» 映画『あしたのパスタはアルデンテ』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
予告を観て、バックに流れる「50mila」(YouTube)が、すごく耳に馴染み 『人生、ここにあり!』と同じくイタリア [続きを読む]

» 映画・あしたのパスタはアルデンテ [お花と読書と散歩、映画も好き]
2010年 イタリア原題 Mine Vaganti(歩く地雷) やはり邦題はいただけません イタリアン人情喜劇という話だったのですが映画冒頭ウェディングドレスを着た美しい女性が後ろを気にしながら足早に歩く姿廃墟のような教会の中に入った彼女は、若者の前でピストル自殺を...... [続きを読む]

» あしたのパスタはアルデンテ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭グランプリ「向かいの窓」のフェルザン・オズペテク監督による人情コメディ。老舗パスタ会社の後継者がゲイを告白したことで、騒動が起こる。出演は ... [続きを読む]

» あしたのパスタはアルデンテ [りらの感想日記♪]
【あしたのパスタはアルデンテ】 ★★★☆ 映画(2)ストーリー ローマに暮らす作家志望の青年トンマーゾ(リッカルド・スカマルチョ)。実家の老 [続きを読む]

» あしたのパスタはアルデンテ [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
あしたのパスタはアルデンテ 10:イタリア ◆原題:MINE VAGANTI ◆監督:フェルザン・オズペテク「向かいの窓」 ◆出演:リッカルド・スカマルチョ、ニコール・グリマウド、アレッサンドロ・プレツィオージ、エンニオ・ファンタスキーニ、ルネッタ・サヴィーノ ◆STORY◆南イ...... [続きを読む]

« メカニック | トップページ | グリーン・ランタン »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ