サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • 美女と野獣

    パッセンジャー

    キングコング:髑髏島の巨神

    LION/ライオン ~25年目のただいま~

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ゴースト・ライター ロバート・ハリス著 | トップページ | ミッション:8ミニッツ (試写会) »

2011年10月12日 (水)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

エモーション・キャプチャーの猿

Rise_apes

公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwaku

サンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を開発中。ジャングルで捕らえられた一匹の猿が、その新薬の投与により、目覚しい知能の向上を見せるが、突如所内で大暴れし、警備員に射殺されてしまった。しかしその猿は妊娠していて、生まれたばかりの小猿を、ウィルは自宅に連れ帰り、“シーザー”と名づけて育てることにする。所長からプロジェクトの中止を言い渡されたが、同居中の父親(ジョン・リスゴー)がアルツハイマー病を患っているウィルは、新薬の研究を止められなかった。
3年後、シーザー(アンディ・サーキス)は母から特殊な遺伝子を受け継ぎ、並外れた知性を発揮し始める。

なぜ猿が惑星の支配者となったのか、猿の惑星エピソード0となる本作。

新薬を開発したウィルのせいだったのね。
登場人物の中で、実は1番悪い奴?(爆)

エモーション・キャプチャーにより、CGの猿の顔の表情による感情表現がリアルになりました。
さらに、猿を演じた俳優たちはほとんどがスタントマン出身で、スタント・コーディネーターを務めたシルク・ドゥ・ソレイユ出身のテリー・ノータリーは、猿を演じる俳優たちのために「アーム・エクステンダー」という、腕に取り付けて長さを調節できるようにした義腕のようなものを開発したそうです。猿のような動きのために、色々考えたんですねえ。

以下、ネタバレストーリーです。

3歳になったシーザーの知性を見て、新薬の効果を確信したウィルは、研究所からこっそり薬を持ち出して、父親に投与します。すると翌朝、病状がすっかり改善していました。

その頃、ウィルは動物園の獣医のキャロライン(フリーダ・ピント)と知り合います。

それから5年後。
父親の病状が、また悪化します。隣人とトラブルを起こした父親を助けようとして、シーザーはその隣人を傷つけてしまいます。

Rise_apes2_2

この隣人、見たことある俳優さんだと思ったけど、鑑賞中は何に出演していたか思い出せませんでした。テレビシリーズ「スターゲイト:アトランティス」のマッコイ博士じゃないの。

で、シーザーは類人猿保護施設へ入れられて、ウィルと引き離されてしまいます。人間と暮らしていたシーザーは、施設内の猿のコミュニテイに溶け込めず、施設の飼育員からは虐待されます。

施設の所長がブライアン・コックスで、その息子で、施設内の猿達を虐待するのは、「ハリー・ポッター」のドラコ役だったトム・フェルトン。陰険で憎たらしい役を好演してます。

Rise_apes3

自分だけでなく、施設内の猿達に対する人間の態度や処遇を見て、シーザーはある決意をし、秘かに計画を立てて、着々と行動していきます。

ウィルがシーザーを引き取りに来た時、ウィルの手にある首輪を見て、帰宅を自ら拒んだシーザー。彼の決意は決定的になります。
シーザーは、ウィルの想像をはるかに超え、驚異的に進化していたのです。

一方ウィルは、さらに強力に改良した新薬を開発し、チンパンジーに実験で投与。
しかしその新薬は、猿には害がないが、人間を死にいたらせるものだった。

知らずに感染してしまった隣人のパイロットが、ニューヨーク行きのフライトに向かうなんてね。

アルツハイマーは、脳が壊れていくから、そばで見ているウィルの気持ち、何とか治療薬を開発したい気持ちは共感できます。

ただ、自然の摂理に人間はどこまで介入していいのか、難しい問題ですね。

Riseoftheplanetoftheapes_2

Riseoftheplanetoftheapes

(鑑賞日10月10日)

« ゴースト・ライター ロバート・ハリス著 | トップページ | ミッション:8ミニッツ (試写会) »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

良かれと思ってやった・・・というのが一番たち悪いんですよね。
なんだかお猿さんたちがあまりにリアルすぎて、逆に入れませんでした。
アナログの昔の方がなか好きかも・・。

★sakuraiさん
エモーション・キャプチャーによるシーザーの表情は、人間そのものって感じでしたね。

シーザーの表情がストレートすぎて、いいような悪いような。

CGとロード・オブ・ザ・リングのゴラムを演じたアンディ・サーキスのシーザーの演技はいいですが、ちょっと個人的にはお話に乗れなかったかな。
割と話が暗いですし、猿の惑星である必然性も薄いし。
最後のゴールデンブリッジ上でのアクションはかなり凄いですけどね。
主人公役のジェームズ・フランコ、久々のジョン・リスゴーも好演していました。
しかし主人公の行動は無茶すぎというか。

★きささん
結末が決まっていますから、当然、話は暗くなりますね。
人間の傲慢さが招いた出来事だったと。

CGはすごかったけど、私も違う理由で、あまり乗れなかったです。

風子さんは、乗れなかったんですか…残念。

私は、製作者の術中にすっぽりはまったかも~
ゴリラくんに涙腺崩壊でした。

◆ほし★ママ。さん
ゴリラくんは、感情豊かだったんですけどね。

相変わらずたくさんの映画、ご覧ですね~。
すごいな~、うらやましい~~(^^)
私は今、ゲームにはまってしまって、全く映画が見れないんですよーーー(^^;

この映画、あんまり期待してなかったのに、とっても面白かったです。
オリジナルの1作目につながる話ですが、
ストーリーも自然で、なるほどな~と、納得できました。
この続編もできるのかな。

★kuuさん
興味はそのときによって変わりますからね。
好きなことができる時間があるのはいいですよ。

続編の製作は、予定しているのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/42372638

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の惑星:創世記(ジェネシス):

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [LOVE Cinemas 調布]
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス・キャプチャーの第一人者アンディー・サーキスが演じている。監督はルパート・ワイアット。... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす。出演は「127時間」のジ ... [続きを読む]

» 『猿の惑星:創世記<ジェネシス>』 [ラムの大通り]
(原題:Rise of The Planet of the Apes) ----これ観たの昨日だよね。 スゴく興奮して帰ってきてたけど、 でもリメイクでしょ? 何年か前にもティム・バートンが監督したんじゃなかったっけ。 確かリ・イマジネーションとか言って…。 「いやあ。 こう言ってはバートン...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(10) 新薬開発が絡んでくる映画に外れなし! [続きを読む]

» 猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった〜 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [悠雅的生活]
知性が宿る瞳。人間への絶望。霧に煙る橋。 [続きを読む]

» やりすぎ。【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス) [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス) RISE OF THE PLANET OF THE APES 【あらすじ】 現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。人類のごう慢さが、猿の知能... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)☆★RISE OF THE PLANET OF THE APES字幕スーパー版 [銅版画制作の日々]
 これは人類への警鐘! 評価:rarr;90点 MOVX京都にて初日に鑑賞しました。本作は今までのシリーズのリメイクではなく、新作であり、オリジナルストーリーです。 見ごたえありました。お猿さんたちの表情や動きもなかなかのもので、ぎこちなさも無く、素晴らし...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [心のままに映画の風景]
アメリカ、サンフランシスコ。 科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を実験投与したメスのチンパンジーに、驚異的な知能発達があることを確認した。 しかし、...... [続きを読む]

» 分かっていなかったのは人間だけ。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [水曜日のシネマ日記]
高度な知能を持つ猿とそれを取り巻く人間の物語です。 [続きを読む]

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようになったのか?』という謎の起源を描きます。ま、「エピソード・0」的な映画とも言えますね。  製薬会社の研究所に勤める神経科学者・ウィル(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を開発中に、実験で投与していたチンパンジーの知能が飛躍的に発達したことに気付く。研究成果を発表しようとした矢先、そ... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [新・映画鑑賞★日記・・・]
【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス これは 人類への 警鐘 あの『猿の惑星...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [ともやの映画大好きっ!]
(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES) 【2011年・アメリカ】試写&劇場で鑑賞(★★★★★) 1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直し。 一匹の猿の驚異的な進化から始まり、地球の支配者が人間から猿へと取り代わっていく様を描くSFアクション。 現...... [続きを読む]

» 【映画】猿の惑星:創世記 [★紅茶屋ロンド★]
<猿の惑星:創世記 を観て来ました> 原題:Rise of the Planet of the Apes 制作:2011年アメリカ 公開前に、あまり評判のいい話を聞かなくて、そんなの自分で見なきゃ判断できないのは分かっているけどやっぱり気になってしまう小さい人間です、こんにちは。 第一作目の「猿の惑星」が公開されたのは1968年。 その後、爆発的な人気の波に乗って続編が次々と作られ、リメイクも含めて6作品にもなるこの「猿の惑星」シリーズ。 その第一作目の、もっと昔、何故猿たちが知能を得て... [続きを読む]

» 映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観に行ってきました。 往年のSF映画「猿の惑星」の全く新しいシリーズとして位置付けられる、「猿の惑星」誕生のエピソードを扱った作品。 今作の監督を務めたルパート・ワイアットによれば、「他の映画との関連はなく、オリジナル・ストーリーである」とのことだそうで、200... [続きを読む]

» 人間は万物の霊長か?〜『猿の惑星:創世記/ジェネシス』 [真紅のthinkingdays]
 RISE OF THE PLANET OF THE APES  アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社の研究員ウィル(ジェームズ・フランコ) は、アルツハイマーの特効薬を開発していた。その薬を投与されたチンパンジ...... [続きを読む]

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 [みんなシネマいいのに!]
 「猿の惑星」はその話の面白さ、特に最後のオチ、さらには猿のメイクのリアルさで話 [続きを読む]

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 様々なメディアに影響をもたらした、SF映画の金字塔的作品。その前日譚を、ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ主演で映画化。  過去の名作がモチーフなだけに、取っつきにくい内容かと思いきや、意外にもSF初心者にも分かりやすい、いい意味で敷居の低... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:予定が一日ぽっかり空いたとき何する? 参加中 先月はほとんどレビューを書かなかったので 今月こそは! というわけで行って来ました、映画館。 この映画は、最初、また新たな猿の惑星の話かと思い、 それはもう結構と思って、 観る気はなかったのだけれ... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2011年10月7日 配給:20世紀フォックス 監督:ルパート・ワイアット 出演:ジェームズ・フランコ,フリーダ・ピント,ジョン・リスゴー 鑑賞日:2011年10月7日 MOVIX亀有 シアター10(座席数460) 【ストーリー】 サンフランシスコの製薬会社研究所に勤める神経化学者ウィルが実験用に観察していた一匹のチンパンジーに驚くべき知能が示された。そのチンパンジーには開発中のアルツハイマー病の新薬が投与されていたが、突如暴れ出し、警備員に射殺さ... [続きを読む]

» 映画「猿の惑星:創世記〈ジェネシス〉」新しいシリーズの始まりの予感 [soramove]
「猿の惑星:創世記〈ジェネシス〉」★★★★ ジェームズ・フランコ、リーダ・ピント、 アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー主演 ルパート・ワイアット監督 106分、2011年10月7日公開 2011,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原作:原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか... [続きを読む]

» 猿の惑星 創世記 [迷宮映画館]
フランコ君を堪能はしたんですが・・・・ [続きを読む]

» シネトーク82『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』●シーザーの“サル芝居”に負けたフランコ(笑) [ブルーレイ&シネマ一直線]
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「TOHOシネマズってマナーCMが多すぎないか?」 シネトーク82 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 RISE OF THE PLAN... [続きを読む]

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・フェ...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記 ジェネシス [映画の話でコーヒーブレイク]
前回の「セヴァンの地球のなおし方」を見た後に本作を鑑賞。 環境問題のドキュメンタリーを見た後でこの映画の鑑賞は、ちょっときつかったです。 子供の頃見た1968年制作チャールトン・へストン主演の「猿の惑星」。 ここはどこなんだろう?と思っていた「惑星」が実は地...... [続きを読む]

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 [はらやんの映画徒然草]
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ [続きを読む]

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス]
猿の惑星:創世記(ジェネシス) 製薬会社に勤める神経科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を投与していた猿の、並々ならぬ知能の発達に驚き、上司や同僚に成果を発表するが、その途中突如暴れだした猿が射殺されてしまい、所長からプロジェクトの中止を言い渡される。 しかし、アルツハイマー病を患う父親のために研究を止めるわけにはいかない彼は、射殺された猿がその身に宿していた赤ん坊を連れて帰り“シーザー”と名付けて育てることに。 や..... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...... [続きを読む]

» 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 正しいスピンオフ映画 [はらやんの映画徒然草]
「X-MEN」シリーズの最新作であるこちらの作品は、プロフェッサーX、マグニート [続きを読む]

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
ここ数年の映画以外は全く疎い私でも『猿の惑星』は、何度か観ています。 でも、それは総てテレビ放映です。 数年前にもBSで [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [食はすべての源なり。]
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 前評判通り面白かったですよ~。 チンパンジーの表情が豊かで、ちょっとかわいそうになります。実際に俳優さんが演じて、CGで加工されているそう。 ただ、もっと人間社会が猿に乗っ取られるところまで描くと思っていたので、ちょっと不完全燃焼感が・・・。 呼び方が違ったんだけど、モンキーとAPEだとAPEの方が... [続きを読む]

» 「猿の惑星:創世記」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
サルに人類の存在が脅かされる壮大な話かと思ったら、思ったより小じんまりした、ひとつの町の中の話だった。 まだまだ、ジェネシス、創世記だからね。本番はこれからよ。 でも、人類とサルが存在を賭けて対決するのかと思ったら、人類が滅亡するのはサルのせいじゃない...... [続きを読む]

» 猿の惑星 創世記 ジェネシス [CINEMA CHECK!]
    <ストーリー> 製薬会社でアルツハイマー治療薬を研究するウィル(ジェームズ・フランコ)は、猿の知能が驚異的に発達するクスリを開発するが、研究は、失敗。その猿の子どもを引き取ったウィルは、猿にシーザーと名前をつけて育てるのだが、シーザーは、並外れた知能を発揮する・・・。 <感想> 見終わっての感想は、まず、「あぁ、面白かった!」でした(^^)。 「猿の惑星」 のあの衝撃のラストは、どうして起こったことなのか。 その謎が解き明かされます。 ..... [続きを読む]

» ここから始まる・・・ [笑う学生の生活]
20日のこと、映画「猿の惑星 創世記」を鑑賞しました。 オリジナルの1作目 「猿の惑星」の前日談ともいえる内容で なぜ 猿に支配されてしまったのかという・・・ とはいえ シリーズ関係なく 1つの作品として 良く出来ていて 面白かったですね エンタテインメント性...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 [単館系]
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...... [続きを読む]

» 『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いかなと思いなおし、結局先に映画館へ。 とりあえず、オリジナル版を知らなくても楽しめる内容になってました。 勿論シリーズを知っていればニヤリとするような小ネタも挟んではいますが、プリークエルとは言っても1作目へ直結する内容ではなく、今後の展開如何ではかなり違ったストーリー、否、”猿の惑星”にならない... [続きを読む]

» ■映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
あの名作「猿の惑星」シリーズのエピソード1的物語『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。 猿が知性を身に着け、人類が滅亡へのカウントダウンに入るまでの出来事を描いています。 その一連の出来事の根底にあるのは、家族への“愛”。 家族への“愛”=人間の“エゴ”でもあ... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ... [続きを読む]

» 映画:猿の惑星:創世記 [よしなしごと]
 うちの親父はSFは嫌いなんだけど大のチャールトン・ヘストンファン。そんな親父がテレビで見ていた猿の惑星を一緒に見ていました。子供心ながら、ラストの衝撃は忘れられません。そんなわけでティム・バートンの猿の惑星 ― Planet Of The Apesも楽しみにしていたのに、正直イマイチでした。そんなわけで今回はリメイクではなく初代猿の惑星以前の地球を描いた作品と言うから期待大です。予告編もおもしろそうだし。と言うわけで今回の記事は猿の惑星:創世記です。... [続きを読む]

» 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て [kintyres Diary 新館]
11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット□脚本・...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [銀幕大帝α]
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン 過去出演作:『127時間』 ◆フリーダ・ピント…キャロライン 過去出演作:『スラムドッグ$ミ...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [いやいやえん]
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。 正直「猿の惑星」の話なんてもう忘れちゃってるもんで(借りようと思ってたら見つからなかった)改めて第1作となる作品とのことなので、それはそれで良かったのかも知れない。 あとゴリラ!ゴリラが男前! 人間側からすれば、サル達が怖いのなんのって。人間が猿に支配されるという斬... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記 (Rise of the Planet of the Apes) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ…... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 [単館系]
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記 [我が頭に巣くう映画達]
37点 2011年のアメリカ映画で、 監督はルパート・ワイアット、主演はジェームズ・フランコです。 ジェームズ・フランコは「スパイダーマン」シリーズで主人公の友人役をしている人ですね。 アルツハ...... [続きを読む]

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [こんな映画見ました〜]
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』---RISE OF THE PLANET OF THE APES---2011年(アメリカ)監督:ルパート・ワイアット 出演:ジェームズ・フランコ 、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス ピエール・ブール原作のSF映画の金字塔「猿の...... [続きを読む]

» 【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか? [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、一部...... [続きを読む]

« ゴースト・ライター ロバート・ハリス著 | トップページ | ミッション:8ミニッツ (試写会) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ