サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ターミネーター:ニュー・フェイト

    ベラのワンダフル・ホーム

    エンド・オブ・ステイツ

    シュヴァルの理想宮

    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

日本へのメッセージ

« クリスマスのその夜に (試写会) | トップページ | ダコタくんと秋葉原 »

2011年11月29日 (火)

かぞくはじめました

ふたりのイケメンジョシュ

Kazoku

作品サイト こちら

↑のチラシにある3月26日に公開予定だったけど、大震災の影響で、公開中止になってしまった作品を、レンタルで鑑賞しました。 

絶対見に行くと、決めていた作品です。

だって私の好きなイケメン、ジョシュ・ルーカスジョシュ・デュアメルが出演しているっていうんだもの。しかもふたり共、生で見たこともあるの。

ジョシュ・ルーカスは、「ポセイドン」のブルーカーペットで。

観客にサインして、マスコミ取材の方へ行くと、サインをもらった人たちが試写会場へ移動しちゃったので、柵のすぐ前で、遠くにいるジョシュを撮っていたの。
そうしたら、またサインしに私から5mくらいのところに来たので、思わず「ジョシューー!」と叫んだら、私の方を見て、ニコっとしてくれたのよ。
そのあとの、試写会の舞台挨拶でも見たの。

ジョシュ・デュアメルは、「トランスフォーマー/リベンジ」のレッドカーペットでサインももらったし。

だから公開を楽しみにしていたのに、残念でした。
もちろん。キャサリン・ハイグルも、「ロズウェル」の頃から知っているので好きです。

キャサリン演じるホリーは、ベイカリーショップを経営していて、ゆくゆくはレストランを経営するのが夢。ホリーとメッサー(ジョシュ・デュアメル)は、それぞれの親友のお膳立てでデートをする事になったけど、メッサーはホリーの大嫌いなタイプで、お互いこりごり。

その後ホリーの親友とメッサーの親友が結婚し、娘ソフィが生まれた1年後、事故で突然亡くなってしまった。遺言状で後見人に指定されていたのは、なんとホリーとメッサーで、ソフィのために親友夫婦の家で同居して、面倒を見ることになりました。

Life_as_we_know_it

ラブコメだから、展開は決まっています。

Life_as_we_know_it2

ホリーの店の常連客で、ホリーが秘かに恋していた相手サムが、ジョシュ・ルーカス。
ソフィの具合が悪くて、小児科に連れて行くと、なんとサムがいた。
そう、彼は小児科医。

メッサーは、スポーツ番組のディレクターになるのが目標。
女好きで、女性とは軽い付き合いのみ。結婚も子供を持つつもりもない。

すったもんだのあと、ホリーと良い仲になったと思ったら、栄転の話が来て、ソフィやホリーと別に暮らす事に。

でもハッピーエンドならないと、ラブコメではありません。(爆)

やっぱりふたりとも、ハンサムねえと見てました。(笑)

« クリスマスのその夜に (試写会) | トップページ | ダコタくんと秋葉原 »

未公開DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぞくはじめました:

» ■映画『かぞくはじめました』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
フェロモンむんむんだけど、どうしてもウマの合わないチャラ男と一緒に一つ屋根の下で赤ちゃんを育てることとなったシングル女性の奮闘を描いた映画『かぞくはじめました』。 最近台頭目覚ましいコメディエンヌキャサリン・ハイグルと、ワイルドさが魅力のジョシュ・デュアメル... [続きを読む]

» かぞくはじめました [いやいやえん]
キャサリン・ハイグル、ジョシュ・デュアメル共演のハートフルラブコメ。 親友同士の親友でお互い相性の悪い男女が、遺された赤ちゃんを通して惹かれあっていくというもの。展開としてはありきたりでオチもみえちゃうんだけど、それでもこの赤ちゃんが凄く可愛くってそれだけでも観てよかったなー。 外国ではよくシッターを使って出かけますが、これもそう。そのせいで一人娘の赤ちゃんソフィーだけが残される。後見人に指名されたのが親友同士だったってことなんだけど、普通は親類縁者の方に行きそうなもんだと思うんですけどどう... [続きを読む]

» 『かぞくはじめました』 [cinema-days 映画な日々]
かぞくはじめました 親友夫妻が交通事故死 残された遺児の後見人に 指名された二人は犬猿の仲だった... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Life as We Know It [続きを読む]

» かぞくはじめました [シネマ日記]
ケーブルテレビで見ました。キャサリンハイグルって最初の頃はあんまり美人じゃないし、好きなタイプじゃないなぁと思っていたのですが、だんだん彼女のコメディセンスに感心することが多くなってきた女優さんです。この作品も彼女が得意とするところの役柄はインテリ女性...... [続きを読む]

« クリスマスのその夜に (試写会) | トップページ | ダコタくんと秋葉原 »